武豊騎手とメイショウ松本好雄オーナーの絆とは?データが示す奇妙奇天烈な復調の根拠

(C)smile

ページ:
1 2

3

騎乗回数の減少は武豊騎手復調の証拠?

武豊騎手は今年に入ってからメイショウの馬に乗る機会が少なくなっている。

11年が77頭、13年が52頭、14年が63頭だったのに対し、8月中旬に差し掛かった今年は25頭。ここ数年と比較すると減少していることが分かる。一体、どうして騎乗依頼が減っているのだろうか?

おそらく、原因は武豊騎手の復調にある。

復調したことで武豊騎手には各方面から声がかかるようになった。社台グループを筆頭に騎乗回数が回復し始め、GIや重賞で勝負できる馬を託されることも多くなった。それにつれてメイショウの馬に乗る機会が少なくなっているのだ。

「苦しい時代を支えてきたのに、有力馬から騎乗依頼が来たらそっちにいくのか!」という声が挙がりそうなところである。ただし、そう思わないであろう人物が一人だけいる。それこそ、松本好雄、その人ではないだろうか。

つながりや絆を大切にする松本オーナーのことだ。むしろ武豊騎手の復活を誰より喜んでいるはず。おそらく有力馬に騎乗して大レースを勝つ天才の姿を笑顔で見守っているのではないだろうか。

武豊騎手が事あるごとに松本オーナーへの感謝を口にしているように、2人の関係はいつまでも良好である。

メイショウの馬に乗らないことが武豊騎手復調の根拠――。

何にも代えがたい絆が2人の間にあるからこそ、この奇妙奇天烈なデータが武豊騎手の復活を示す根拠になるのだ。

【関連記事】
武豊騎手情報が満載!武豊に関するコラムなどコンテンツまとめ
武豊とディープ産駒で儲けろ!回収率100%を超える4つの条件とは?
武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?
キズナと武豊騎手の凱旋門賞挑戦断念が大正解な5つの理由とは?
彼女欲しけりゃペルーサになれ!稀代の愛され馬から学ぶ4つのモテテク

ページ:
1 2

3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


JIN

JIN競馬TIMES編集長

投稿者プロフィール

東京都生まれ。スポーツ系出版社に入社してWEBや雑誌制作に携わった後、フリーランスに。2010年に開設した公式サイト『JIN競馬』でコラムや予想を執筆。2013年に『当たり馬券がザクザク!! サンデー系馬キャラ分析のツボ』を上梓。公式メールマガジンや株式会社マイナビの『競馬予想グランプリ』でプロ予想家として予想を提供中。公式サイト: http://jinkeiba.com/

この著者の最新の記事

関連記事

人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る