カテゴリー:予想・考察・回顧

ジャパンカップ2017の予想分析…マカヒキ復活の兆しも狙いは次走以降?

(C)MAZIMICKEY

最強世代のダービー馬として、威厳を示したい。

2017年11月26日、東京競馬場でジャパンカップ(GⅠ、芝2400m)が行われる。外国馬を含めてGⅠ馬9頭が顔をそろえ、ダービー馬も3頭がエントリー。

なかでも注目を集めているのは今年のダービー馬レイデオロだが、昨年のダービー馬マカヒキも世代の頂点を極めた東京芝2400メートルの舞台で復権に燃えている。

果たして、マカヒキは復活を遂げられるのか? その可能性を探っていこう。


復権への予兆

ハイレベルといわれた現4歳世代だが、皐月賞馬ディーマジェスティは引退が発表され、菊花賞馬サトノダイヤモンドは今秋全休が明かされている。それだけに、4歳のエース格として、マカヒキにかかる期待は大きい。

ただ、今年は4戦して連対なし。春は、単勝1・7倍の圧倒的1番人気に支持された京都記念で3着と期待を裏切り、続く大阪杯も2番人気に支持されながら4着と案外な結果だった。ダービーを勝って燃え尽きてしまったのか。そういわれても仕方ないところだが、少なくとも「終わった」と考えるのは早計だ。

まず春の2戦に関しては、友道調教師が「海外遠征による見えない疲れがあったのかも」と話しているように、3歳秋のフランス遠征が影響したようで、馬体の張りも3歳時に比べると今ひとつに映った。陣営のトーンもそれほど上がらず、本調子でなかったことは確かだ。

しかし、春を早々に切り上げて休養したことが功を奏した。今秋の2戦は着順こそひと息だが、内容は決して悪くない。毎日王冠(6着)は休み明けで、内田騎手がテン乗り。スタート後に行き脚がつかず、直線でもインで前が壁になって進路を切り替えるシーンがあった。情状酌量の余地はある。前走の天皇賞(秋)は2着サトノクラウンと並ぶメンバー中2位の上がり3ハロン38秒6をマークして5着。自慢の切れ味が生かせない極悪馬場の中、久々にこの馬らしい脚を使ったと言っていい。

追い切りでも、春はやや気負いが見られたが、この中間は落ち着いて好気配を漂わせている。1週前は、稍重の栗東CWコースで長めから追われ、7ハロン95.0の猛時計。ラスト1ハロンも11.8秒でまとめており、文句なしの内容だ。一戦ずつ確実に良化しているとみていいだろう。


上向く調子の一方で不安材料も

となれば、今回に期待が高まるところだが、それは果たしてどうか。まず課題は距離だ。全姉ウリウリは、重賞2勝の内訳が、芝1600メートルと芝1200メートル。血統背景から、本質的には短~中距離向き。3歳時は絶対能力の高さでカバーしたが、友道調教師も示唆しているように、適性距離はおそらく2000メートルまで。2400メートルへの距離延長は割り引きと考えていい。

また、友道調教師や担当の大江助手も話しているように、3歳春の時点で馬体はほぼ完成していた。馬体重を見ても、ダービー時が502キロで、前走時が504キロ。古馬になって成長しているとは言えない。

今回も前走と同様に、道中はスタミナを温存して、しまいの切れ味にかける競馬になることが予想される。幸いにも天気予報を見る限り、ジャパンカップは良馬場が見込めそうだが、スローペースの瞬発力勝負でどこまで差を詰められるかといったところ。結論としては、復調はしているものの、ここで勝ち負けを争うまでは厳しいか。

とはいえ、能力は世代屈指で、今年の春に比べれば状態がいいことは確か。今後、狙うとすれば、東京や京都外回りのような広いコースで、芝2000メートル以下のレースに出走してきたときがオススメだ。


ジャパンカップ2017枠順発表!決定した出走予定馬と騎手、過去10年の傾向は?

(C)Horse Race Photo Studio

2017年11月26日、東京競馬場でジャパンカップ(GI/芝2400m)が行われる。

キタサンブラック、レイデオロ、サトノクラウン、シュヴァルグランらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

23日には枠順が確定。キタサンブラックは2枠4番、レイデオロは1枠2番、サトノクラウンは6枠12番、シュヴァルグランは1枠1番に入った。

なお、全枠順と、過去10年のジャパンカップにおける枠順傾向は以下のとおりだ。


ジャパンカップ・概要

2017年11月26日(日) 5回東京8日目 19頭 [仮想出馬表]
【11R】  第37回ジャパンカップ
3歳以上・オープン・G1(定量)(国際)(指定) 芝2400m (C)

ジャパンカップ枠順

馬名性齢斤量
11シュヴァルグラン牡557
12レイデオロ牡355
23ギニョール牡557
24キタサンブラック牡557
35サウンズオブアース牡657
36イキートス牡557
47ディサイファ牡857
48ソウルスターリング牝3 53
59レインボーライン牡457
B510ブームタイム牡657
611マカヒキ牡457
612サトノクラウン牡557
713シャケトラ牡457
714アイダホ牡457
815ワンアンドオンリー牡657
816ヤマカツエース牡557
817ラストインパクト牡757

枠番別集計

枠番着別度数
1枠2- 2- 2- 6/12
2枠2- 0- 1- 9/12
3枠2- 1- 1- 6/10
4枠1- 0- 0-12/13
5枠0- 3- 1- 8/12
6枠0- 1- 0-10/11
7枠1- 0- 2-11/14
8枠2- 3- 1-10/16
枠番勝率複勝率単回値複回値
1枠16.7%50.0%60120
2枠16.7%25.0%16558
3枠20.0%40.0%12498
4枠7.7%7.7%169
5枠0.0%33.3%075
6枠0.0%9.1%026
7枠7.1%21.4%6555
8枠12.5%37.5%297116

馬番別集計

馬番着別度数
1番1- 1- 1- 4/ 7
2番1- 1- 1- 2/ 5
3番0- 0- 0- 4/ 4
4番2- 0- 1- 5/ 8
5番1- 0- 0- 2/ 3
6番1- 1- 1- 4/ 7
7番1- 0- 0- 3/ 4
8番0- 0- 0- 9/ 9
9番0- 2- 0- 4/ 6
10番0- 1- 1- 4/ 6
11番0- 0- 0- 6/ 6
12番0- 1- 0- 4/ 5
13番0- 0- 1- 3/ 4
14番0- 0- 0- 7/ 7
15番2- 0- 1- 3/ 6
16番1- 2- 0- 5/ 8
17番0- 1- 1- 1/ 3
18番0- 0- 0- 2/ 2
馬番勝率複勝率単回値複回値
1番14.3%42.9%5485
2番20.0%60.0%68170
3番0.0%0.0%00
4番25.0%37.5%24787
5番33.3%33.3%12046
6番14.3%42.9%125120
7番25.0%25.0%5230
8番0.0%0.0%00
9番0.0%33.3%0106
10番0.0%33.3%045
11番0.0%0.0%00
12番0.0%20.0%058
13番0.0%25.0%035
14番0.0%0.0%00
15番33.3%50.0%263133
16番12.5%37.5%512156
17番0.0%66.7%0150
18番0.0%0.0%00

ジャパンカップ2017の予想分析…3歳牝馬ソウルスターリング優勝への4つの条件

(C)Ko-Mei

11月26日、東京競馬場にて行われるジャパンカップ(GI/芝2400m)。エリザベス女王杯(モズカッチャン)、マイルチャンピオンシップ(ペルシアンナイト)に続く3歳馬の躍進は見られるのだろうか。

ジャパンカップに出走する3歳馬は2頭。神戸新聞杯(GII/2400m)を休み明けで勝ったダービー馬レイデオロと毎日王冠、天皇賞(秋)と古馬相手に惨敗したオークス馬ソウルスターリングだ。秋華賞、菊花賞を目指さない3歳馬としては珍しいローテーションとなったこの2頭は、古馬相手にどのような戦いを見せるのか。

今回はソウルスターリングに着目して展望していく。


近走を振り返って

オークスを勝利しての休み明け、毎日王冠で1番人気に推されたソウルスターリングは8着でのゴールとなった。やや出負けしたが二の脚を使ってハナを取る競馬となった。その後は上手くスローペースに持ち込んだものの3〜4角でペースが上がらず、早い段階でダイワキャグニーに並ばれ、そこで仕掛けざるを得なかったように見える。

上がりの速い脚がないぶん直線でのキレ勝負には対応できなかった。もう少し3〜4角でじわじわペースを上げていければ展開は変わったかもしれない。

休み開け2走目の天皇賞(秋)、不良馬場の古馬一級戦に挑んだソウルスターリング。今回も少し出負けのスタートとなり、中団外めにポジションを取った。勝ち馬と2着馬は内を通って進んだが、内を突ける位置におらず、外を回ることとなった。早めに追い出されてそれなりに伸びるも前からは離されて6着。

スタートで再び出負けしたことから前への意識が薄れ、外を回る展開となった。武豊騎手、M. デムーロ騎手に続き、内を突くことのできる騎手だったため、残念な位置取りとなってしまったのは言うまでもない。

もっとも、相手は古馬一線級、不良馬場など不安要素は多かった。6着という結果はそこまで悲観するべきものではないだろう。

ジャパンカップでの復活に向けて

では、ジャパンカップでオークス以来となる勝利を挙げるためのポイントはどこにあるのだろうか?


古馬相手に戦った近2走を振り返り、ジャパンカップで巻き返しを狙うために重要なポイントを挙げていこう。

ポイント① スタート

まず1つ目はスタートだ。毎日王冠ではスタートで出負けしたことによって、脚を使ってハナを取りに行った。また、天皇賞(秋)では出負けしたことで前には行かず中団外に付くことになった。スタートによって後手後手に回ってしまい、スムースな競馬ができていない。スタートをしっかり決めてスムースに先行できれば、本来の競馬ができる可能性は高まる。

ポイント② 枠

2つ目は枠だ。ジャパンカップは東京芝2400mで行われ、コーナーを4つ回ることになる。内枠が比較的有利であり、オークスの時と同じように内枠の偶数番に入ることも重要な要因となる。外枠になるようなら少し割り引かなければならない。

ポイント③ 馬場

3つ目は馬場だ。C. ルメール騎手は天皇賞(秋)のあと「馬場は大丈夫です」とコメントしているが、桜花賞の結果も踏まえると、馬場の悪化は不安要素として挙げざるを得ない。もっとも、最近は重馬場での重賞開催の多さが目立つとはいえ、現時点で週末の東京に雨予報はない。古馬一線級と良馬場でのリベンジマッチが期待できそうだ。

ポイント④ 騎手

最後は鞍上だ。ジャパンカップでソウルスターリングに跨るのは、これまで乗っていたC. ルメール騎手ではなく、C. デムーロ騎手である。C. ルメール騎手は2頭の3歳馬からレイデオロを選んだことになる。

ソウルスターリングのことを知り尽くしているルメール騎手が乗れないというのは、少なからずマイナス要素と捉えられる。

ただし、C.デムーロ騎手もトップジョッキーの一人だ。大幅な鞍上弱化とはならない。真っ向勝負ではキタサンブラックやレイデオロらとの力勝負でかなわない可能性が高いだけに、いかに鞍上が3歳牝馬をエスコートするかに注目が集まる。

まとめ

3歳牝馬のクラシック戦は一瞬のキレで勝ち切れることもあるが、古馬相手のジャパンカップはそうはいかないだろう。ソウルスターリングにはキレる脚がないぶん、先行して古馬を押し切るだけのスタミナがあるかを試す一戦になる。

3歳牝馬の斤量が非常に魅力的であることは明確で、これを生かして見応えのある粘り込みを見せられるかどうかが焦点となる。そのためには枠や馬場に恵まれること、そして新コンビとなったC. デムーロ騎手とスタートからスムースな競馬をすることが重要となる。

最近の3歳牝馬の好走は疑うことなくそのレベルの高さを顕示している。これまでに負かした馬が古馬相手にGIを勝った今、ソウルスターリングもその力を存分に発揮したいところだ。



京都2歳S2017の予想分析…タイムフライヤー初重賞制覇へ!6つの期待と1つの不安

(C)@dawasaphoto

2017年11月25日、京都競馬場でラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス(GⅢ/芝2000m)が行われる。

元々、長い間オープン特別として行われていたこのレースは2014年から重賞に格上げされ今年で第4回を数える。

オープン特別時代を含めると過去には皐月賞馬ヴィクトワールピサ、菊花賞馬エピファネイア、変わったところでは後々中山大障害を制することになるマーベラスカイザーなど数々の名馬を輩出してきた2歳戦の中では重要なステップレースである。

ここでは、今回の出走予定馬中、最有力と目されているタイムフライヤーに期待してその根拠などを述べていきたい。


期待① 前走内容

前走、10月28日に京都競馬場芝1800メートルで行われた、2歳限定オープン特別の萩ステークスでタイムフライヤーは重馬場のコンディションの中2着のオーデットエールに4馬身、0.7秒もの差をつけて圧勝した。

雨・重馬場の悪条件下ではあったものの後方2番手から進んだタイムフライヤーは、直線大外強襲から一気に突き抜け、未勝利戦、オープン特別と2連勝を飾った。

7頭立てと少頭数での圧勝とはいえ、非常に強い内容での勝ち方だったといえる。

期待② 前走着順

オープン特別時代を含めた過去10年で前走1着の馬はこれまで52頭出走して7勝2着7回3着9回、勝率13.5%、複勝率44.2%という成績を残している。

期待③ 前走競馬場

前走を京都競馬場で走った経験のある馬がこのレースでは結果を残している。


過去10年でこれまで61頭出走して8勝2着5回3着8回、勝率13.1%、複勝率34.4%という成績となっている。

期待④ 距離適性

過去10年の傾向を見ると1800m以上のレースで連対しているかどうかで成績がはっきり別れている。

連対あり 10勝 2着10回 3着 9回 着外 44回 勝率13.7% 複勝率39.7%
連対なし 0勝 2着 0回 3着 1回 着外 19回 勝率 0.0% 複勝率 5.0%

期待⑤ 血統

父、もしくは母父がサンデーサイレンスである馬がほぼ上位を独占しているのが京都2歳ステークス。

特にタイムフライヤーの父であるハーツクライの産駒は重賞に格上げされて以降のここ3年で3頭が3着以内に入っている。

2014年 ベルラップ    1着
シュヴァルグラン 3着
2015年 アドマイヤエイカン 3着
2016年 ワンダープチュック 4着
アダムバローズ   10着

京都競馬場芝2000mでの種牡馬別成績を見てもハーツクライ産駒はディープインパクトの次に良い成績となっていて、タイムフライヤーには心強いデータだ。

期待⑥ 馬主

タイムフライヤーの馬主であるサンデーレーシングと京都2歳ステークスの相性はよく、これまで6頭出走して1勝2着1回3着2回、勝率16.7%、複勝率66.7%の結果を残している。

さらに重賞に格上げされてからに限定すれば以下の成績である。

2014年 ベルラップ  1着
2016年 ヴァナヘイム 2着


不安 出走回数

ここまで、データを背景に期待できる点を多く述べてきたが、1点だけ不安なデータがある。

新馬戦で2着に敗れているため、今回がデビュー後4戦目の出走となるタイムフライヤー。

実は過去10年でキャリアの多い馬ほど成績が良くないのである。

過去1戦 5勝 2着5回 3着5回 着外11回 勝率19.2% 複勝率57.7%
過去2戦 1勝 2着2回 3着5回 着外 9回 勝率 5.9% 複勝率47.1%
過去3戦 1勝 2着2回 3着0回 着外15回 勝率 5.6% 複勝率16.7%

過去3戦して1着にきているのは、昨年の勝ち馬で今年の弥生賞馬であるカデナではあるが、明らかにキャリアが少ない馬が優勢な結果となっている。

まとめ

前走の勝ちっぷりからも今回の走りが注目されるタイムフライヤー。

一足先に先週の東京スポーツ賞2歳ステークスでワグネリアンが堂々とクラシック街道の先頭に立ったが、それに続く1頭として、ここを勝ち抜けて名乗りを上げたいところだ。


ジャパンカップ2017の予想分析…シュヴァルグラン初GI制覇への3つのカギ

(C)masakin0712‏

待望の瞬間へ、栄光のゴールへ――。

2017年11月26日、東京競馬場でジャパンカップ(GI/芝2400m)が行われる。キタサンブラック、レイデオロ、サトノクラウンらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

伏兵の一角として波乱を狙うのが、シュヴァルグランだ。昨年のJC3着馬であり、今年の天皇賞春でも2着に入った実力馬。しかし、GI制覇にはあと一歩のところで届いていない。

果たして、シュヴァルグランは栄光に手がとどくのか?


ミルコ・デムーロに振られた事実

はじめに挙げておかなければならないのが、ミルコ・デムーロ騎手に“振られてしまった”ことだ。言うまでもなく、大きな痛手である。

M・デムーロ騎手は今年のGIで驚異的な勝負強さを発揮している。特にオークス以降の成績は……

———————————–
馬名 レース名 着
———————————–
ペルシアンナイト マイルチG1 1
モズカッチャン エリザベG1 1
サトノクラウン 天皇賞秋G1 2
キセキ 菊花賞G1 1
モズカッチャン 秋華賞G1 3
レッドファルクス スプリンG1 1
サトノクラウン 宝塚記念G1 1
レッドファルクス 安田記念G1 3
アドミラブル 東京優駿G1 3
アドマイヤミヤビ 優駿牝馬G1 3
———————————–

騎乗機会10連続で馬券に絡み、うち5回で勝利。まさに「優勝請負人」と呼ぶにふさわしい。そんなデムーロ騎手には数多くの騎乗依頼がある。言い換えれば、デムーロ騎手は「選べる立場にある」ということだ。

今回、デムーロ騎手が選んだのはサトノクラウンだった。宝塚記念の覇者であり、天皇賞秋の2着馬だ。シュヴァルグランは騎乗騎手争いで一歩出遅れてしまったわけである。


ポイント① レース質はどうなる?

では、その中でシュヴァルグランがGIを勝つために必要な要素とは何なのか?

まずはレースの質がカギを握っている。

シュヴァルグランは中距離馬というよりステイヤーだ。阪神大賞典を勝ち、天皇賞春で2着。また、スタミナの問われるアルゼンチン共和国杯も勝っている。

ジャパンカップとアルゼンチン共和国杯は100mしか違わないが、コース形態上、2500mのほうが遥かにスタミナが求められるようになっている。よって、ジャパンカップは得意条件からズレるのだ。

よって、シュヴァルグランにとって有利な展開……例えばハイペースでスタミナが問われる展開になることが“必須条件”といえる。

ポイント② 馬場状態

次に馬場状態もカギになる。ある程度スタミナの問われるような馬場状態になったほうが好都合なのだ。

これに関しては、シュヴァルグランに追い風になっている。

ジャパンカップは東京の最終週に行われる。ただでさえ、馬場が良くないことが多いことに加え、今年は雨が続いて不良馬場の中で開催が行われていた。馬場が痛み、スタミナが問われる状態になる可能性は十分にある。

ポイント③ 位置取りが命運を左右する

そしてもう一つカギになるのが、位置取りだ。シュヴァルグランはスタートが上手ではないため、どうしても位置取りが後ろになってしまう傾向にある。しかし、後方から全馬を差し切るような瞬発力は持っていない。

むしろ、好位置につけて持ち前のスタミナを生かして粘り切るような競馬のほうが合っている。


今年の天皇賞春や、昨年のアルゼンチン共和国杯がそうだった。直線の入り口では5番手以内につけ、上がりを3〜5位でまとめてフィニッシュ、という競馬がいいわけだ。

まとめ

以上のように、シュヴァルグランの特徴を考慮すれば、これらすべてが噛み合って初めて、GI制覇を成し遂げる可能性が出てくる。

果たして、どんなレースになるのだろうか。すべての答えは、11月26日に出る。


Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る