カテゴリー:予想・考察・回顧

小倉大賞典2018の競馬予想分析…ダノンメジャーが重賞初制覇への3カ条?

(C)masakin0712‏

悲願の初重賞制覇へ。

2018年2月18日、小倉競馬場で小倉大賞典(G3/芝1800m)が行われる。ダッシングブレイズ、ダノンメジャー、ストレンジクォーク、スズカデヴィアスらが冬の小倉を締めくくるハンデ重賞に挑む。

そのメンバーの中からこの記事ではダノンメジャーに注目する。

2歳時から息の長い活躍を見せる同馬だが、このメンバーに入っても好走出来る可能性はあるのだろうか?今回は3つのポイントから分析を進めていこう。


ポイント① 本格化した今ならベスト距離は1800m

2歳時から活躍を見せクラシックにも駒を進めた同馬であるが、オープンクラスでは厳しいレースが続いていた。

降級し再度のオープン入りを果たした後もパッとしないレースが続き、去年のこのレースでも11着と大敗してしまった。

オープンの壁を感じたところではあったが、休み明けの都大路Sから馬が一変。オープンクラスでも十分戦えるようになってきた。

理由としては、テンに前に行く先行競馬をしっかりと会得できるようになった気性面の成長と、馬体のパワーアップがあるだろう。

ここで、昨年のこのレースより後のダノンメジャーのレース成績を距離別に分析してみる。

1400m 5
1600m 6 13 4
1800m 1 3 1

マイルCSの13着を除けば安定感が光るが、何よりも1800mで馬券を外していないのは大きな魅力である。

単純に従来より長い距離に適性がシフトしているという可能性と、1400mには対応している点で、根幹距離(マイル)のキレ勝負が合わない可能性も考えられる。

そういった面でも今回の1800mは距離的にベストな条件と言えるだろう。

ポイント② 同条件で勝鞍あり

去年の小倉日経オープンでは、今回のレースと同コース・同距離で完勝している点も見逃せない。勝ちタイムは1:46.1。

単純なタイム比較でも、去年の小倉大賞典の勝ち馬(マルターズアポジー)のタイムとコンマ3秒差であり、去年のダノンメジャーの小倉大賞典の時計からはコンマ9秒差を詰めている。

去年のこのレースの後の休養で馬が本格化した理由の裏付けでもあるだろう。

ポイント③ 低調なメンバーでさらに展開利も

去年のこのレースの敗因は、マルターズアポジーのつくる淀みないペースに付き合ってしまったという点にあるだろう。

ダノンメジャーの好走パターンは、テンに出していって、どこかで1F緩めて再度ロングスパートをかける形である。そういった点でも、理想はハナや番手でラップをコントロールするポジションだろう。

今回の出走予定馬を見渡してみると、これといって先手を主張しそうな馬は居ないようだ。


出走してくればヤマカツライデンだろうが、ヤマカツライデンは若干1800mでは忙しい印象もあり、前に行ければダノンメジャーがペースのカギを握るのは間違いないだろう。

まとめ

以上、ダノンメジャーの好走ポイントを3点挙げたが、何よりも去年よりメンバーが低調な印象もあり、重賞初制覇の舞台は整ったといえるのではないか。去年の小倉日経オープンのようなレースができれば、アッサリ戴冠があってもおかしくはないだろう。


フェブラリーS2018の競馬予想分析、結果発表!回収率230超のデータ該当馬とは?

(C)arima0208

2018年2月18日、東京競馬場でフェブラリーS(GⅠ/ダート1600m)が行われる。テイエムジンソク、ゴールドドリーム、ノンコノユメ、サンライズノヴァ、ケイティブレイブ、アウォーディー、ベストウォーリアらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップした。では、人気、血統、枠順、ローテーションなどから導き出したデータに合致するのはどの馬なのか?

5つの消しフィルターを通したとき、残る馬を探っていくことにしよう。


消しデータまとめ

今回、ピックアップしたデータは以下だ。

ポイント1 人気薄は消し!
ポイント2 前走4着以下は消し!
ポイント3 高齢馬は消し!
ポイント4 関西馬以外は消し!
ポイント5 前走右回りは消し!

※詳細は過去の記事を参照

一つずつ、見ていくことにしよう。

ポイント1 人気薄は消し!

フェブラリーSでは2014年に単勝16番人気のコパノリッキーが勝利してはいるが、他のレースと同様に人気薄が馬券圏内に入ることは多くはなく、単勝8番人気以下の人気薄を検討の対象とすることは得策と言えない。

馬名人気予想オッズ
アウォーディー724.9
インカンテーション617.4
キングズガード1268.4
ケイティブレイブ512.3
ゴールドドリーム12.5
サウンドトゥルー941.0
サンライズノヴァ36.3
テイエムジンソク22.7
ニシケンモノノフ13170.9
ノボバカラ16415.9
ノンコノユメ48.2
ベストウォーリア825.2
メイショウスミトモ14276.3
ララベル15366.7
レッツゴードンキ1053.0
ロンドンタウン1164.7

人気薄・単勝8番人気以下の出走馬は……

キングズガード
サウンドトゥルー
ニシケンモノノフ
ノボバカラ
ベストウォーリア
メイショウスミトモ
ララベル
レッツゴードンキ
ロンドンタウン

まずはこの馬たちが消える。

ポイント2 前走4着以下は消し!

前年秋から中央・地方各競馬場で行われてきたダートGⅠがフェブラリーSで一区切りになることから、毎年豪華メンバーが揃い大いに盛り上がりを見せる。そのため、前走大敗した馬の巻き返しはほとんどなく、馬券圏内に入るのは難しい。

馬名前走着順
アウォーディー3
インカンテーション7
キングズガード6
ケイティブレイブ1
ゴールドドリーム1
サウンドトゥルー5
サンライズノヴァ2
テイエムジンソク1
ニシケンモノノフ15
ノボバカラ10
ノンコノユメ1
ベストウォーリア7
メイショウスミトモ7
ララベル4
レッツゴードンキ6
ロンドンタウン5

前走4着以下は……

インカンテーション
キングズガード
サウンドトゥルー
ニシケンモノノフ
ノボバカラ
ベストウォーリア
メイショウスミトモ
ララベル
レッツゴードンキ
ロンドンタウン

ここではこの馬たちが消える。

ポイント3 高齢馬は消し!

ダートのトップクラスの馬は芝よりも長い間にわたって活躍を続けることも多いが、フェブラリーSにおいては7歳以上の高齢馬が活躍する機会は限られている。

馬名馬齢
アウォーディー8
インカンテーション8
キングズガード7
ケイティブレイブ5
ゴールドドリーム5
サウンドトゥルー8
サンライズノヴァ4
テイエムジンソク6
ニシケンモノノフ7
ノボバカラ6
ノンコノユメ6
ベストウォーリア8
メイショウスミトモ7
ララベル6
レッツゴードンキ6
ロンドンタウン5

7歳以上の高齢馬は……

アウォーディー
インカンテーション
キングズガード
サウンドトゥルー
ニシケンモノノフ
ベストウォーリア
メイショウスミトモ

ここではこの馬たちが消える。


ポイント4 関西馬以外は消し!

関東馬・関西馬・地方馬の所属で比べた場合、地方馬よりは確実に中央馬のほうが優勢、さらには関東でのレースとは言え、西高東低の傾向を覆すことは出来ず、圧倒的に関西馬が活躍するレースとなっている。

馬名所属
アウォーディー関西
インカンテーション関西
キングズガード関西
ケイティブレイブ関西
ゴールドドリーム関西
サウンドトゥルー関東
サンライズノヴァ関西
テイエムジンソク関西
ニシケンモノノフ関西
ノボバカラ関東
ノンコノユメ関東
ベストウォーリア関西
メイショウスミトモ関西
ララベル地方・大井
レッツゴードンキ関西
ロンドンタウン関西

関西馬以外は……

サウンドトゥルー
ノボバカラ
ノンコノユメ
ララベル

ここではこの馬たちが消える。

ポイント5 前走右回りは消し!

現在、フェブラリーSのステップレースとされているレースのほとんどが左回りの競馬場で行われていて、前走右回りの競馬場で走った馬の成績は奮わない。

馬名前走場所
アウォーディー川崎・左回り
インカンテーション大井・右回り
キングズガード東京・左回り
ケイティブレイブ川崎・左回り
ゴールドドリーム中京・左回り
サウンドトゥルー川崎・左回り
サンライズノヴァ東京・左回り
テイエムジンソク中京・左回り
ニシケンモノノフ京都・右回り
ノボバカラ東京・左回り
ノンコノユメ東京・左回り
ベストウォーリア東京・左回り
メイショウスミトモ川崎・左回り
ララベル大井・右回り
レッツゴードンキ香港・右回り
ロンドンタウン大井・右回り

前走右回りの競馬場で走った馬は……

インカンテーション
ニシケンモノノフ
ララベル
レッツゴードンキ
ロンドンタウン

ここではこの馬たちが消える。

残った激走馬候補とは?

さて、ではいくつかの消しフィルターをくぐり抜け、ここまで残った馬はいるのだろうか? それは……

ケイティブレイブ
ゴールドドリーム
サンライズノヴァ
テイエムジンソク


今回の激走馬候補は4頭。馬券の軸にするもよし、相手に加えるもよし。どんな扱いにするにせよ、気にかけてみるのがいいのではないだろうか。


小倉大賞典2018の競馬予想分析、結果発表!回収率約270のデータ該当馬とは?

(C)masakin0712

2018年2月18日、小倉競馬場で小倉大賞典(GⅢ/芝1800m)が行われる。ウインガナドル、ダッシングブレイズ、ダノンメジャー、トリオンフ、クインズミラーグロ、ヒットザターゲット、スズカデヴィアスらが出走を予定しているが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵は果たしているのか?

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップした。では、人気、血統、枠順、ローテーションなどから導き出したデータに合致するのはどの馬なのか?

5つの消しフィルターを通したとき、残る馬を探っていくことにしよう。


消しデータまとめ

今回、ピックアップしたデータは以下だ。

ポイント1 極端な人気薄は消し!
ポイント2 母父・ロイヤルチャージャー系プラスマイナー系は消し!
ポイント3 社台ファーム生産馬は消し!
ポイント4 前走上位人気馬は消し!
ポイント5 斤量55kg以下は消し!

※詳細は過去の記事を参照

一つずつ、見ていくことにしよう。

ポイント1 極端な人気薄は消し!

主場開催の重賞が春のGⅠに直結するトライアルレースということもあって荒れる要素が少ないことが多い一方で、小倉大賞典はローカル開催のハンデ重賞らしく高配当となることが多いが、それでも単勝11番人気以下の極端な人気薄を検討の対象とすることは得策と言えない。

馬名人気予想オッズ
ウインガナドル14
クインズミラーグロ59.1
クラリティスカイ1259.6
ケイティープライド1489.7
サトノアリシア929.0
サトノスティング15163.3
スズカデヴィアス69.2
ストレンジクォーク716.8
タイセイサミット1378.4
ダッシングブレイズ24.2
ダノンメジャー45.3
トリオンフ34.3
ハッピーユニバンス16270.5
ヒットザターゲット823.1
マサハヤドリーム1157.7
ヤマカツライデン1041.1

極端な人気薄・単勝11番人気以下での出走馬は……

クラリティスカイ
ケイティープライド
サトノスティング
タイセイサミット
ハッピーユニバンス
マサハヤドリーム

まずはこの馬たちが消える。

ポイント2 母父・ロイヤルチャージャー系プラスマイナー系は消し!

血統からポイントを探すと母父・ロイヤルチャージャー系やマイナー系が不振の傾向にある。

ロイヤルチャージャー系といえば、ディープインパクトやオルフェーヴルに代表されるように現在の日本種牡馬界の王道とも言える血統だが、小倉大賞典での母父系で集計した場合、過去10年で1頭も勝馬を出せていない。

馬名母父・血統分類
ウインガナドルトゥルビヨン系
クインズミラーグロナスルーラ系
クラリティスカイロイヤルチャージャー系
ケイティープライドニアークティック系
サトノアリシアニアークティック系
サトノスティングロイヤルチャージャー系
スズカデヴィアスロイヤルチャージャー系
ストレンジクォークロイヤルチャージャー系
タイセイサミットネイティヴダンサー系
ダッシングブレイズマンノウォー系
ダノンメジャーニアークティック系
トリオンフロイヤルチャージャー系
ハッピーユニバンスロイヤルチャージャー系
ヒットザターゲットナスルーラ系
マサハヤドリームロイヤルチャージャー系
ヤマカツライデンロイヤルチャージャー系

母父・ロイヤルチャージャー系プラスマイナー系は……

ウインガナドル
クラリティスカイ
サトノスティング
スズカデヴィアス
ストレンジクォーク
ダッシングブレイズ
トリオンフ
ハッピーユニバンス
マサハヤドリーム
ヤマカツライデン

ここではこの馬たちが消える。

ポイント3 社台ファーム生産馬は消し!

ローカル開催の重賞となるとGⅠなどの大きなレースでは、なかなかチャンスが巡ってこない個人経営の生産牧場でも活躍するチャンスが巡ってくる。

個人経営の生産牧場でも活躍できるということは馬券圏内に入ってくる馬の比率で社台グループが占める割合が自然と減るが、その中でも社台ファーム生産馬の成績は極端によくない。

馬名生産牧場
ウインガナドル新冠橋本牧場
クインズミラーグロ富田牧場
クラリティスカイパカパカファーム
ケイティープライドノーザンファーム
サトノアリシアノーザンファーム
サトノスティング社台ファーム
スズカデヴィアス辻牧場
ストレンジクォークノーザンファーム
タイセイサミット社台ファーム
ダッシングブレイズKenneth L. Ramsey & Sarah K. Ramsey
ダノンメジャーノーザンファーム
トリオンフレイクヴィラファーム
ハッピーユニバンスノーザンファーム
ヒットザターゲットノースヒルズマネジメント
マサハヤドリーム社台ファーム
ヤマカツライデンフジワラフアーム

社台ファーム生産馬は……


サトノスティング
タイセイサミット
マサハヤドリーム

ここではこの馬たちが消える。

ポイント4 前走上位人気馬は消し!

通常、消去法では前走で下位人気馬を消しと判断することが多いが、ローカル開催のハンデ重賞というレース性質もあって、前走でGⅡやGⅠの格が上のレースに出走して人気がなかった馬が小倉大賞典では挽回して馬券圏内に入ってくることが多い。

馬名前走人気
ウインガナドル7
クインズミラーグロ9
クラリティスカイ10
ケイティープライド11
サトノアリシア6
サトノスティング9
スズカデヴィアス4
ストレンジクォーク10
タイセイサミット13
ダッシングブレイズ5
ダノンメジャー6
トリオンフ3
ハッピーユニバンス15
ヒットザターゲット10
マサハヤドリーム13
ヤマカツライデン7

前走上位人気馬(単勝1番人気から4番人気)は……

スズカデヴィアス
トリオンフ

ここではこの馬たちが消える。

ポイント5 斤量55kg以下は消し!

ハンデ戦ということで斤量に注目すると、軽ハンデ馬が活躍するかというとそうでもなく、レースに出走する他馬との比較では能力があるとハンディキャッパーに評価された馬のほうが好走できていることがわかる。

馬名斤量
ウインガナドル54
クインズミラーグロ53
クラリティスカイ57
ケイティープライド52
サトノアリシア51
サトノスティング53
スズカデヴィアス56.5
ストレンジクォーク54
タイセイサミット56
ダッシングブレイズ57
ダノンメジャー56.5
トリオンフ54
ハッピーユニバンス51
ヒットザターゲット56
マサハヤドリーム54
ヤマカツライデン55

斤量55kg以下の馬は……

ウインガナドル
クインズミラーグロ
ケイティープライド
サトノアリシア
サトノスティング
ストレンジクォーク
トリオンフ
ハッピーユニバンス
マサハヤドリーム
ヤマカツライデン

ここではこの馬たちが消える。


残った激走馬候補とは?

さて、ではいくつかの消しフィルターをくぐり抜け、ここまで残った馬はいるのだろうか? それは……

ダノンメジャー
ヒットザターゲット

今回の激走馬候補は2頭。

馬券の軸にするもよし、相手に加えるもよし。どんな扱いにするにせよ、気にかけてみるのがいいのではないだろうか。


ダイヤモンドS2018の競馬予想分析…プレストウィックがクリアすべき3つのポイント

(C)MAZIMICKEY

2018年2月17日、東京競馬場でダイヤモンドステークス(GⅢ/芝3400m)が行われる。

プレストウィックはレースを使い込めない体質の弱さなどがあり出世が遅れたが、昨年9月の丹頂ステークスでオープン初勝利を飾ると、前走のステイヤーズステークスでも3着と好走。明けて7歳となったが、ここに来ての充実ぶりが目立つ。

昨年のダイヤモンドステークスは5着。アルゼンチン共和国杯→ステイヤーズステークスと出走して臨む昨年と同じローテーションで、雪辱を期す。重賞初制覇へクリアすべきポイントを挙げていく。


ポイント① 大型馬

一般的に長距離戦は、馬体重が重い馬より軽い馬の方が有利と言われる。過去10年のダイヤモンドステークスで、馬体重520kg以上で出走した馬の成績は【1・1・2・24】と今ひとつ。優勝したのは、53kgの軽ハンデだったモンテクリスエス(2009年)のみで、敗れた馬の中には3番人気以内に推された馬も4頭いた。

ダイヤモンドステークスより距離が長いステイヤーズステークスを含めても、過去10年に520kg以上で出走した馬は【1・1・4・39】と、やはり不振だ。

大型馬のステイヤーとして、不利なデータを覆すことができるか。

ポイント② ダイワメジャー産駒

スピードとパワーを武器にGIを6勝したダイワメジャーは、種牡馬になっても自身と同様のタイプの産駒を多く出している。

同産駒はこれまでにJRA重賞を27勝しているが、うち実に25勝が1600m以下。1800m以上になると、急激に信頼度が下がる。1800mの重賞ですら、カレンブラックヒルが2勝したのみで【2・3・5・66】。そして、2000m以上では【0・6・5・74】と、さらに振るわなくなる。

父の産駒として新たな扉を開くことができるか。

ポイント③

大型馬らしく典型的な叩き良化型で、これまでレース間隔が2か月以上空いたときは【0・1・1・11】と、久々を苦手としている。2年連続で出走した丹頂Sを見ても、約2か月ぶりだった一昨年は2番人気で4着に敗れたが、叩き2戦目で迎えた昨年は、前走6着から巻き返した。

今回は前走から2か月以上とレース間隔が空いた点がカギになる。しかも馬体重が絞りづらい冬場で、昨年のこのレースは前走比プラス14kgで出走していただけに、馬体重はしっかりとチェックしておきたい。

まとめ

ダイワメジャー産駒としては珍しく、長距離のレースばかりを使われてオープンまで上り詰めた遅咲きのプレストウィック。6度目の重賞挑戦で、今度こそチャンスをものにすることができるだろうか。


ダイヤモンドS2018の競馬予想分析…フェイムゲームが信用できないワケとは?

(C)MAZIMICKEY

貫禄を見せつけるか――。

2018年2月17日、東京競馬場でダイヤモンドS(GⅢ/芝3400m)が行われる。数少ない長距離重賞の1つであり、関東馬はここをステップに天皇賞に向かう馬も多い。また平地ではステイヤーズSに次ぐ長さの距離であり、生粋のステイヤーが集う。

今年の注目は2014年、2015年と連覇を成し遂げたフェイムゲームだ。今回は現役のステイヤーの王者とも言えるアルバートがいないこと、その他重賞馬不在という背景からもフェイムゲームが人気を集めるだろう。

果たしてフェイムゲームはアルバート不在のダイヤモンドSを勝ち3勝目を挙げるが出来るのか?

今回はフェイムゲームの不安要素を紹介する。


不安要素① 年齢

ダイヤモンドSの過去10年のデータを見ると4歳馬の成績が良く、次いで5歳馬、6歳馬というふうに年齢が上がるにつれて成績が下降している。また7歳馬は勝ち馬がいるが8歳馬以上になると複勝率ですら僅か10%に満たない数字となっている。

フェイムゲームも例外ではなく、4歳時に初制覇、5歳時に連覇を達成。続いて6歳時では3着、昨年の7歳時では6着とデータが示すように年齢とともに成績が下降していることがわかる。昨年はその後、目黒記念制覇、ステイヤーズSでアルバートに次ぐ2着など年齢のわりにはまだまだ健在ともいえる実績を残しているが、8歳になった今年は更なる上積みは期待できずデータが示すように厳しい戦いが予想される。

不安要素② 脚質

過去10年のデータを見ると中団でレースをしていた馬の成績がとび抜けて良い。続いて先行、逃げが良い結果を残しており、後方、特に追い込みなどの直線一気では複勝率で見ても10%にも満たない。長距離レースゆえにスローペースになりやすいことが原因だろう。逆に後方でレースをしていても途中で動いていった馬は結果を残している。これはもう騎手に委ねるしかないといえる。

フェイムゲームは後方でレースをするタイプであり、途中で動くというよりも直線一気のタイプである。今までのようなレースでは厳しいといえる。しかし、前走では先行して結果を残しており、今回も先行出来ればまだ希望はある。ルメール騎手の騎乗に注目したい。

不安要素③ ハンデ

過去10年の勝ち馬は53kg~58kgである。出走頭数を考えれば53~57kgが最も良い結果となっている。今回フェイムゲームは58.5kgであり、過去58.5kgで勝った馬はいない。4歳や5歳次の充実期ならば好走する可能性もあるが、8歳となり年齢的に衰えを感じさせる今ではこのハンデは苦しいのではないだろうか?

まとめ

いかがだっただろうか? 長距離の絶対王者アルバートがおらず、他に有力馬らしい馬もいない今回はフェイムゲームは負けられない立場といえる。しかし時折好走を見せているものの年齢的な衰えは隠せず、データが示すとおり人気とは裏腹に苦戦を強いられるのではないだろうか?ここまで不安要素がありながらもここを勝ち長距離路線の王者への道を再び歩むことを期待しよう。


競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る