関屋記念2021の競馬予想分析!3つのデータから導く危険な人気馬
(C)MAZIMICKEY

2021年8月15日、新潟競馬場で関屋記念(GⅢ/芝1600m)が行われる。今回は過去のデータやレース傾向を振り返り、当レースの危険な人気馬を予想していく。

馬券を買う上で特に重要なのは「どの馬を買うか」ではなく「どの馬が消しか」を見極めることだ。

人気馬を「買わない」と判断できれば、余った資金を軸馬の買い足しや穴馬の追加購入に回すことができる。そして人気馬が馬券圏外になれば配当が跳ね上がる。

「人気だから押さえようかな」と毎回人気馬を買ってしまうと回収率は落ちていく。だからこそ「買わない人気馬」を見つけることがカギになってくるのだ。

果たして、人気が想定されるソングライン、アンドラステ、クリスティ、ロータスランド、シャドウディーヴァらの中で危険なのはどの馬なのか。しっかり考察していこう。

過去10年のデータを参考にしていく。


関屋記念の人気馬成績

過去10年のデータを見ると、1番人気は3勝、2着は2回、3着も2回。平均的な成績ともいえるので、取捨選択が重要になる。

過去10年単勝30倍以上の馬は1頭も来ておらず、20倍台の馬でも1頭来たのみ。かといって、人気サイドで決まるわけでもないので、中穴に絞ってもよさそうだ。

ではここからは注目のデータをピックアップして紹介していこう。

予想参考データ① 前走GⅠ出走組の取捨選択

前走GⅠ出走組(3- 1- 2-17)
勝率 13.0% │ 複勝率 26.1%

賞金を重ねて秋に備えたい馬も多い中、前走GⅠに出た馬たちはここから始動するケースが多い。傾向的には狙ってみてもよさそうな数字が遺されている。

レース別で見ると、安田記念やNHKマイルカップが狙い目で、ヴィクトリアマイルが微妙。安田記念組の傾向は着順関係なく1秒以内の負けまで、NHKマイルカップ組はコンマ4秒の負けまで。ヴィクトリアマイル組は厳しく見たいので、NHKマイルカップ組と同じ水準でいいだろう。

NHKマイルカップタイム差なし2着のソングラインはさすがに切れない。クリスティ、カラテは大敗。

予想参考データ② 牝馬の取捨選択

夏と短距離は牝馬が強く、サマースプリントシリーズは牝馬の独壇場にもなっているが、関屋記念でも若干牝馬が強めで、狙ってみる価値はある。

傾向を見ると、前走牡馬との混合戦で5人気以内だった馬が来ており、掲示板入りならより信頼度が高いか。それ以外はGⅠ出走組。

今年は上位人気馬がほぼ牝馬だが、この条件できつくなるのがシャドウディーヴァ。牝馬限定のマーメイドステークスで6人気3着。前走的に問題はないのだが、データ的にどうか。

予想参考データ③ それぞれの馬の前走レベル

ソングラインの前走はNHKマイルカップ。57秒を切るハイペースで逃げる中、先行集団の後ろあたりにいたソングラインには程よいペースだったか。最後伸びてきたが、末脚の差でシュネルマイスターに敗れたが、3着とは2馬身以上つけており、勝ちに等しい。それでいて今回51キロ。これで凡走を想定するなら休み明けしかない。3カ月の休み明けだった桜花賞での惨敗をどのように捉えるか。

アンドラステとロータスランドらの前走は中京記念。平均ペースで流れたが、後半勝負になった分、末脚のある馬が結果を出す状況になった。アンドラステは楽なポジションでいい上がりで勝利。これだと後ろはきつい。ロータスランドも同じ位置にいたが、こちらは微妙な結果に。アンドラステが斤量増になるが、その差があっても縮まらない。ここでサマーマイルシリーズ優勝を決めたいところだ。

クリスティの前走はヴィクトリアマイルだ。57秒台で逃げてしまったクリスティ、グランアレグリアのペースメーカーのような働きをしてしまい、10着。ただ15人気だったことを思えばこれでも十分と言える。ただそれなりにメンバーが集まり、人気程信頼できるかとなると微妙。

シャドウディーヴァの前走はマーメイドステークス。シャムロックヒルの逃げがよく、平均ペースで逃げ、結果的にはそのまま残した形に。シャドウディーヴァの位置取りは申し分なく、斤量を思えばこの馬が一番強かったと言える。左回り実績はあるが、なにか1つ足りない。

2021年の危険な人気馬は?

クリスティは人気になる見込みだが、前走が負け過ぎたか。あれだけの逃げで評価してもいい部分はあるが、この中ではどうか。関屋記念の好走条件に合致せず、危険な人気馬の一頭になりそうだ。

また、ロータスランドは3つ目の消しデータに合致している。アンドラステとの差がはっきりとしており、さすがに推しにくい。

反対にアンドラステは危険なデータに一つも当てはまらない。小倉開催の中京記念なので、イレギュラーではあるが、着実に力はつけているし、新潟でも結果を残している。去年と同じコンビになったが、去年よりチャンスは大きい。人気馬の中で最も不安要素が少ないのが、アンドラステと言えそうだ。

おすすめの記事