新潟記念2021の競馬予想分析!3つのデータから導く危険な人気馬
(C)yusukekeiba

2021年9月5日、新潟競馬場で新潟記念(GⅢ/芝2000m)が行われる。今回は過去のデータやレース傾向を振り返り、当レースの危険な人気馬を予想していく。

馬券を買う上で特に重要なのは「どの馬を買うか」ではなく「どの馬が消しか」を見極めることだ。

人気馬を「買わない」と判断できれば、余った資金を軸馬の買い足しや穴馬の追加購入に回すことができる。そして人気馬が馬券圏外になれば配当が跳ね上がる。

「人気だから押さえようかな」と毎回人気馬を買ってしまうと回収率は落ちていく。だからこそ「買わない人気馬」を見つけることがカギになってくるのだ。

果たして、人気が想定されるザダル、トーセンスーリヤ、リアアメリア、クラヴェル、ラーゴムらの中で危険なのはどの馬なのか。しっかり考察していこう。

過去10年のデータを参考にしていく。


新潟記念の人気馬成績

過去10年のデータを見ると、1番人気は2勝、2着は2回、3着はなし。ハンデ戦なので、よほど抜けた馬出ないと勝ち切るのは難しいか。

伏兵馬も飛んできやすいのが新潟記念だが、どちらかといえば中穴狙いでも十分よさそう。取捨選択を大事にしたい。

ではここからは注目のデータをピックアップして紹介していこう。

予想参考データ① 巴賞組の取捨選択

過去10年で54頭、函館記念のステップレースである巴賞だが、1勝しかしていない。2着は5回と意地は見せるが、それにしてもこの数字はどうか。

傾向を見ると、巴賞で5人気までにいて1秒前後の負けだった馬の巻き返しがほとんど。巴賞1番人気とか、1着とか、それでは厳しいデータである。

ワールドウインズは巴賞は巴賞1番人気、サトノエルドールは巴賞1着。しかもサトノエルドールを勝たせたルメール騎手はカフェファラオへ。面白いのは3人気7着だったジェットモーション。

予想参考データ② 微妙な斤量減に注意

ハンデ戦の新潟記念だが、斤量減よりも斤量増。1キロ以上増えている馬は要チェックだ。反対に1キロや2キロ台の減少は、過去10年で46頭いながら2勝しかなく、2着は全くなく、3着も1頭のみ。ただ3キロ以上の減少になると数値が跳ね上がる。

斤量別でみると、56キロが4勝、55キロが2勝、あとは52キロ、54キロ、57キロ、57.5キロが続く。55キロから56キロの斤量増が熱いか。

ザダルとトーセンスーリヤは1.5キロ増と面白い。ラーゴムは4キロ減、ラインベックは3キロ減でこちらも面白そう。そうなると斤量変わらずのリアアメリアやクラヴェルがどうか。

予想参考データ③ それぞれの馬の前走レベル

ザダルの前走はエプソムカップ。エアアルマスが58秒台で逃げ、ややハイペースに。前に行った馬はほとんど潰れ、後方にいた馬たちの勝負だったが、その中でも中団でレースに参加していたザダルが差し切っている。いい位置取りにいて脚を使えたのが大きかった。左回りの相性がよく、鞍上とも手が合っている。距離も申し分なく、あとはハンデだけ。

トーセンスーリヤの前走は函館記念。レッドジェニアルが58秒台で突っ込み、マイネルファンロンが突っかかる形に。離れた3番手にいたのがトーセンスーリヤで、勝ってくださいと言わんばかり。そのオーダー通りに走り、完勝している。サマー2000シリーズで優勝に必要なポイントを残した馬はおらず、トーセンスーリヤは4着以上で優勝に。実績的に大負けは考えにくく、優勝狙いで仕上げているのは間違いない。

リアアメリアの前走はヴィクトリアマイル。リアアメリアは最後方待機、前がかなり流れてチャンスに思えたが、中団にいた馬たちと同じ脚となると最後は位置取りの差に。いささか消化不良のレースだっただろう。川田将雅騎手に戻るのはプラスだが、まだまだ人気先行感が否めない。

クラヴェルの前走は中京記念。後方待機だったクラヴェルは最後の直線で伸びを見せた。2着までクビ差だったが、前々走の走りとそん色なく、十分な活躍を見せている。しかし、使い詰めで来ており、これ以上おつりはなさそうで、相手も強化された。さすがに3戦連続で結果を残し続けるのは酷に思える。

ラーゴムの前走はダービー。平均ペースで流れたように見え、前半で緩い流れがあった分、後半の5ハロンでスピード勝負に持ち込まれる。33秒台がないときつかった中でラーゴムはそこまでの脚は出せなかった。理想は前目で競馬をしてジリ脚でもいいので粘りを見せること。ただ同型馬が多く、軽ハンデでもきつそうに見える。

2021年の危険な人気馬は?

ラーゴムは人気になる見込みだが、3歳馬は元々走る傾向になく、きさらぎ賞のような展開に持ち込むのは至難の業。4キロの斤量減は魅力だが、活かし切れるかは微妙。新潟記念の好走条件に合致せず、危険な人気馬の一頭になりそうだ。

また、リアアメリアは3つ目の消しデータに合致している。3歳時は高い評価を集めていたが、若干メッキがはがれてきたか。

反対にザダルは危険なデータに一つも当てはまらない。新潟でも勝っており、左回りの方がやりやすそうなのは明らか。石橋脩騎手と3勝しており、その勝利はいずれも重要な勝利。8か月の休み明けを克服し、2か月半の休み明けも問題ない。人気馬の中で最も不安要素が少ないのが、ザダルと言えそうだ。

おすすめの記事