カテゴリー:予想・考察・回顧

フローラS2018の競馬予想分析…レッドベルローズが持つ3つの好材料

(C)MAZIMICKEY

新星誕生へ――。

2018年4月22日、東京競馬場でフローラステークス(GⅡ/芝2000m)が行われる。フラワーカップ3着のノームコアやチューリップ賞4着のサラキア、2戦2勝のレーツェルが出走を予定しているが、中でも注目はレッドベルローズだ。

前走のミモザ賞を快勝し、フローラステークスに照準を定めてやってきた。今年からオークスへの優先出走権の枠が上位2頭までになった。それでいて今回の馬は1勝馬ないし2勝馬で賞金が足りない。フローラステークスからオークスを見据えないと前哨戦はもちろん、オークスで勝てるはずがない。レッドベルローズはこれまでの戦績的に桜花賞に出てもおかしくはないが、巡り合わせが悪かった。

ミモザ賞から立て直し、改めてクラシック戦線を目指す。アーモンドアイとラッキーライラックの2強がいる中でなかなか大変だが、去年のモズカッチャンと同様に、フローラステークスから新星誕生ということになるか。レッドベルローズが持つ武器を発揮し、理想とする流れで競馬ができれば勝てる可能性は十分にある。その部分を掘り下げていく。


要素① 終いの脚は確実

レッドベルローズはこれまでに4戦しているが、いずれも上がり3ハロンのタイムは堅実的に出せている。上がり1位となると新馬戦に限られるが、2位か3位の上りは出す力がある。本番を意識し、折り合いに専念するする馬が多く、長い直線を活かしたレースをするようになる。すると、多くの馬が余力を残して直線を迎える。脚比べになりやすく、本番にダメージを残すような消耗戦にはなりにくい。最後の直線にかける馬も多いだろう。その中で光るのはレッドベルローズの堅実性のある脚ではないか。

33秒台の上がりを求められるような展開にはなりにくく、34秒台前半でも十分なレベルだ。展開によってそのタイムに濃淡が生まれるようでは困るが、レッドベルローズは展開に関係なく着実に上がりタイムを残す。こうした要素は非常に大きく、信頼を置きやすい。

要素② 前で競馬ができる

ミモザ賞での最大の収穫は前で競馬ができた点にある。クイーンカップでは大敗を喫したが、後ろで競馬を進めたことや逃げた馬にそのまま逃げ切られる展開になったことが大きく関係している。これでは上がりタイムが上位でも届かない。フローラステークスでも、前目で競馬をする馬が比較的結果を残している。このことを考えると、ミモザ賞で3番手でレースを進めて最後は抜け出して勝利ができたのは非常に大きい。

またフローラステークスでは前走1800メートルあるいは2000メートルのレースを使った馬に良績が集まる。ミモザ賞は2000メートルで行われている。距離もコースも問題なく、前で競馬ができた。今回は三浦皇成騎手が騎乗するが、そのあたりの指示も徹底されているのは間違いない。多頭数での経験が多いこともこの馬にとってはプラスだ。

要素③ メンバーが小粒

フローラステークスに出走するメンバーの実績を見ると、レッドベルローズを含め、重賞に出走した馬は9頭しかいない。しかも最高は3着なので、レッドベルローズやノームコアがこの中では一番実績のある馬ということになる。過去にはクイーンカップやフラワーカップで活躍した馬が桜花賞をパスしてフローラステークスに出たこともあったが、今年は少しメンバーが小粒感がある。

そうなると、レッドベルローズは負けられない。クイーンカップの大敗は理由がつき、ミモザ賞では1番人気に応える走りを見せた。そもそも500万条件のレースを1番人気で制した馬も4頭しかいない。該当するのはオハナやノームコア、レーツェル、レッドベルローズという人気になりそうな馬たちだ。この中での勝負ということになれば、2000メートルでの実績もあるレッドベルローズが有力だ。

まとめ

すでに牝馬クラシック路線はアーモンドアイが三冠を達成するのではないかという見立てが出来ているが、未知の2400メートルでどうなるかはわからず、隙が生まれる可能性もある。フローラステークスからオークスへ直結することが増え、去年のモズカッチャンも人気薄で勝利し、本番でも健闘し、秋に飛躍を果たした。

今年はオークスで3着以内に入れば、フランスのパリロンシャン競馬場で開催されるヴェルメイユ賞への優先出走権が与えられる。ここで成績を残せば凱旋門賞も夢ではない。オークスから一気に世界へ羽ばたくことができる。フローラステークスは世界に向けた前哨戦とも言える。レッドベルローズの父ディープインパクトは凱旋門賞で苦杯をなめることになった。その雪辱を娘が果たすためにも、ここは何が何でも結果を出したい。


福島牝馬S2018の競馬予想データ分析…6つの消しで好走率7割超、回収率約400

(C)Pelusa214

2018年4月21日、福島競馬場で福島牝馬S(GⅢ/芝1800m)が行われる。カワキタエンカ、トーセンビクトリー、レイホーロマンス、エンジェルフェイス、キンショーユキヒメ、シャララ、デンコウアンジュ、ワンブレスアウェイらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

2004年からスタートした福島牝馬Sは2006年に上半期の古馬牝馬のレース体系がGⅠ・ヴィクトリアマイルを頂点に整備された際に、既に行われた阪神牝馬Sなどと並んでヴィクトリアマイルに向けての重要な前哨戦として位置づけられたレースである。

ただし、福島牝馬Sの勝馬がヴィクトリアマイルで勝った例は過去10回では1回もなく2009年にブラボーデイジーが福島牝馬S1着→ヴィクトリアマイル2着となったのが唯一の好走例だ。

また、福島牝馬S出走馬で次走がヴィクトリアマイルだった馬は過去10回で延べ40頭いるが2着2回3着2回という結果となっている。

配当傾向を過去10回で見てみると、予想が難しい牝馬限定戦らしく単勝1番人気は2勝しかできていない上に、三連単はすべて万馬券で10万円以上の高額配当も5回ある。

2018年も従来の傾向通りの荒れた決着となるのか、一転して人気サイドの決着となるのか。

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップして紹介する。人気、血統、枠順、ローテーションなど、予想のポイントになりそうなデータとは?

対象データ:2007年~2017年に福島競馬場で行われた福島牝馬S(2011年は新潟競馬場で行われたため対象外)


ポイント1 極端な人気薄は消し!

上半期の古馬牝馬限定唯一のGⅠ競走・ヴィクトリアマイルへ向けてのステップレースの一つである福島牝馬Sではあるが、上述の通り三連単は毎年万馬券となっている。それでも、人気別に集計した場合、二桁人気になるような馬の成績は奮わない。

人気着別度数
10-16人気1- 1- 5- 62/ 69
人気勝率複勝率単回値複回値
10-16人気1.4%10.1%76132

過去10回の結果から見ると、3着が5回もあり高配当を裏付ける結果の一つとなっているが、激走馬を絞り切るのは難しく基本的には消しと判定していいだろう。

※以降、9番人気以内を対象に集計

ポイント2 母父・ネイティブダンサー系は消し!

血統からポイントを探すと母父・ネイティブダンサー系の出走馬の成績が奮わない。ネイティブダンサー系の代表種牡馬はキングカメハメハで、本来競馬場・距離問わず比較的成績を残す万能型ではあるものの福島牝馬Sでは思うような結果を残せていない。

母父系統着別度数
ネイティブダンサー系0- 0- 2-14/ 16
母父系統勝率複勝率単回値複回値
ネイティブダンサー系0.0%12.5%022

2012年に武豊騎手が福島競馬場に遠征して騎乗した単勝2番人気アカンサスの3着を最後に直近5年では1頭も馬券圏内に入ってきたことはない。

ポイント3 ノーザンファーム・社台ファーム生産馬は消し!

馬産地について注目をすると、本来クラシック戦線で中心となる芝コースでは社台グループが現在の日本競馬界を席巻しているが、牝馬路線ではその傾向は薄れ、ノーザンファーム・社台ファーム共に成績はいまひとつだ。

生産牧場着別度数
上記0- 2- 2-23/27
生産牧場勝率複勝率単回値複回値
上記0.0%14.8%041

毎回複数頭数が出走していて単勝1番人気に4回も支持されたことがあるにもかかわらず、2008年3着、2009年7着、2010年12着、2014年10着といずれも敗退している。

ポイント4 レース間隔5週以下は消し!

レース間隔からポイントを探すと十分にレース間隔をとってきた馬のほうが優秀な成績を残している。牝馬ということもあり前走後陣営がじっくりと調整を進めてきた実力馬が結果を出せていることがわかる。

レース間隔着別度数
1-5週0- 2- 0-17/19
レース間隔勝率複勝率単回値複回値
1-5週0.0%10.5%040

なお、過去10回で2着に入ったことがある2頭はいずれも前走1000万下を勝利して調子を上げてきた馬だった。

ポイント5 前走6番人気以内は消し!

通常、前走でも上位人気に支持されるような馬が引き続き好走することが多いが福島牝馬Sはまったく逆の結果となっていて、前走で何らかの理由で上位人気に支持されなかった馬が挽回していることがわかる。

前走人気着別度数
1-6人気1- 7- 1-38/47
前走人気勝率複勝率単回値複回値
1-6人気2.1%19.1%544

2着は過去10回で7回あり当然といえば当然の結果だが、勝利したのは2013年のオールザットジャズのみだ。


ポイント6 前走先行・後方馬以外は消し!

前走で逃げや中団からのレースを進めた馬は福島牝馬Sでは活躍できない傾向にあり、小回りローカルコースである福島競馬場らしく先行脚質の馬、あるいは思い切って後方からレースを進められる馬が結果を残している。

前走脚質着別度数
先行・後方以外0- 4- 3-29/36
前走脚質勝率複勝率単回値複回値
先行・後方以外0.0%19.4%047

逃げ馬を目標に前につけられる先行馬・レース展開によってはまりやすい後方馬を検討の際には優先的に考え、それ以外の馬は思い切って消しと判断していいだろう。

まとめ 消しデータを取り除くと?

では、ここまで挙げてきた消しデータを取り除くと、どのような成績になるのだろうか?

着別度数
8- 2- 0- 4/14
勝率複勝率単回値複回値
57.1%71.4%564220

なんと、好走率は7割超、回収率も約400%を弾き出し極めて優秀な成績となった。

今年はこのデータに該当する馬を軸に添えてみても、いいかもしれない。


グレイトパールの勝因、ナムラアラシの敗因は?アンタレスステークス2018回顧


11か月ぶりをものともせず。

4月15日に阪神競馬場で行われたアンタレスステークス(G3/ダート1800)はグレイトパールの優勝に終わった。

将来を嘱望されながら骨折により戦線離脱を余儀なくされた大器グレイトパールの復帰戦として注目が集まったアンタレスステークス。やはり主役この馬だった。レースを分析していきながらグレイトパールがレースを制したポイントやナムラアラシなど他馬の敗因を探っていこう。


結果・着順

馬名騎手
厩舎
人気
オッズ
1
グレイトパール川田騎手1
牡557(栗東)中内田2.2
2
ミツバ松山騎手3
牡657(栗東)加用8.9
3
クインズサターン四位騎手5
牡556(栗東)野中10.5
4
トップディーヴォ横山典騎手4
牡656(栗東)昆9.9
5
ユラノト藤岡康騎手7
牡456(栗東)松田20.1
6
ロンドンタウン松岡騎手6
牡557(栗東)牧田11.6
7
アルタイル小崎騎手9
牡656(美浦)手塚27.3
8
ナムラアラシ幸騎手2
牡556(栗東)牧田6.2
9
マイティティー岩崎騎手16
牝654(栗東)本田244.9
10
メイショウウタゲ北村友騎手14
牡756(栗東)安達81
11
ディアデルレイ勝浦騎手8
牡756(美浦)牧23.4
12
メイショウスミトモ古川騎手13
牡758(栗東)南井76.9
13
コスモカナディアン丹内騎手10
牡556(美浦)金成27.6
14
アスカノロマン太宰騎手12
牡757(栗東)川村52.5
15
モンドインテロ池添騎手15
牡656(美浦)手塚84.1
16
マイネルバサラ松若騎手11
牡558(美浦)松山35.6

払い戻し

単勝1220円1人気
複勝01
15
13
140円
220円
270円
1人気
3人気
5人気
枠連01 – 08660円1人気
馬連01 – 151,360円2人気
ワイド01 – 15
01 – 13
13 – 15
550円
670円
1,280円
2人気
4人気
12人気
馬単01 → 151,760円2人気
三連複01 – 13 – 154,420円7人気
三連単01 → 15 → 1313,810円17人気

レース分析

レースのラップを見ていこう。前半が35秒7、中盤が36秒5、後半が37秒6となっておりややハイペ-スだったと言える。

スタミナを問われる流れでもあり中長距離を得意とする馬たちが上位を占める結果となった。では各馬の勝因・敗因について見ていこう。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 グレイトパール

スタートはまずますでそこから中団に位置した。勝負所から押し上げ直線を向いたところでは4番手。そこからさらにジワジワと脚を伸ばし見事1着。賞金加算さえスムースに行けば悠にG1級。

2着 ミツバ

中団の外目を進んでいたが向こう正面で押し上げ2番手までポジションを上げた。直線も先に抜け出したが勝ち馬の差し脚に屈した。スタミナが生きる流れならやはりしぶとい。

3着 クインズサターン

後方の外目を追走。押し上げて中団で直線を向いたがそれでもまだ前との差は大きかった。しかしそこからもグイグイ伸び馬券内まで届いた。地力がついてきており重賞制覇も近いか?ただ展開が向いた面はあるだろう。

8着 ナムラアラシ

のびあがるようなスタートとなり最後方からの競馬。直線は馬群を捌いて脚を伸ばそうとするもさほど決め手を見せられず。相手強化で勢いが止まったか?

まとめ

グレイトパールはこれで休養を挟んで6連勝となった。休養前に並ぶ間もなく差し切ったテイエムジンソクは今やダート界主役の一頭である。

皐月賞で人気を背負うはずだった川田騎手が急きょ舞い込んだ仕事をしっかりと完遂。そしてまた皐月賞で人気を背負うはずだった中内田きゅう舎も難しい仕上げをクリアしてみせた。足元さえ無事なら、大仕事の予感が漂う。

文=櫻井秀幸


タワーオブロンドンの勝因、インディチャンプの敗因は?アーリントンカップ2018回顧

(C)n.hiroto

貫録勝ち。

4月14日に阪神競馬場で行われたアーリントンカップ(G3/芝1600 外回り)はタワーオブロンドンの優勝に終わった。

NHKマイルカップの出走権を巡って混戦となったレースは、ゴール前でがらり一変する明暗がくっきりと分かれるレースとなった。ではその戦いを分析していきながらタワーオブロンドンがレースを制したポイントやインディチャンプなど他馬の敗因を探っていこう。


結果・着順

馬名騎手
厩舎
人気
オッズ
1
タワーオブロンドンルメール騎手1
牡356(美浦)藤沢和3.1
2
パクスアメリカーナ川田騎手3
牡356(栗東)中内田4.7
3
レッドヴェイロンMデムーロ騎手4
牡356(栗東)石坂正7
4
インディチャンプ岩田騎手2
牡356(栗東)音無3.5
5
ダノンスマッシュ北村友騎手6
牡356(栗東)安田隆12.2
6
ピースユニヴァース武豊騎手8
牡356(美浦)尾形39.3
7
ウォーターパルフェ酒井騎手10
牡356(栗東)田所149.9
8
イルルーメ松田騎手13
牡356(美浦)高市441.6
9
アリア小牧太騎手11
牝354(栗東)沖192.6
10
○外エアアルマス福永騎手5
牡356(栗東)池添学8
11
ラセット藤岡佑騎手7
牡356(栗東)庄野23.1
12
□地リュウノユキナ五十冬騎手12
牡356(地方)川島洋396.1
13
ラブカンプー松山騎手9
牝354(栗東)森田138.4

払い戻し

単勝6310円1人気
複勝06
01
11
150円
170円
210円
2人気
3人気
4人気
枠連01 – 051,080円6人気
馬連01 – 061,050円3人気
ワイド01 – 06
06 – 11
01 – 11
400円
460円
720円
3人気
5人気
10人気
馬単06 → 011,830円4人気
三連複01 – 06 – 112,130円6人気
三連単06 → 01 → 119,690円21人気

レース分析

レースのラップを見ていこう。前半が46秒5、後半が46秒9となっておりややハイペ-スだったと言える。

またこの日の阪神は外差しが決まる傾向にあり、ペース以上に後方組に有利な展開だったことは否めない。では各馬の勝因・敗因について見ていこう。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 タワーオブロンドン

スタートは五分に出たが中団で脚を溜める形。人気の一角パクスアメリカーナと同じような位置だったが直線は外に回った。

そこからラセットを押しのけての伸びは凄まじく着差は大きくないものの余裕をもって突き抜けた。やはりこの距離なら主役クラス。

2着 パクスアメリカーナ

この馬も中団から。枠なりに内を進み直線は先に抜け出したインディチャンプの後を追うように伸びてきた。しっかり脚は使ったが勝ち馬には地力の差を見せつけられた格好。京都でのほうが素軽さを見せており本番での鍵は輸送と坂だろうか。

3着 レッドヴェイロン

出負けし後方から。勝ち馬の後ろから追い上げを図り直線の脚は目立っていた。格上挑戦でも見劣らなかった末脚はさすがこの血統(母エリモピクシー)といったところ。長い直線を頼りに本番でも一撃を狙う。

4着 インディチャンプ

先団に位置し早め早めの競馬。直線一旦は抜け出したがゴール前で甘くなったところを差し込まれた。毎日杯ではクビ差で賞金を加算できず、今回はハナ差で権利を逃した。衝撃的だった2勝目のように溜めたほうが良さが出るタイプ。

5着 ダノンスマッシュ

3番手を追走する積極策。結果的にはこの戦法もマイナスだっただろうが、同じような位置からインディチャンプに完敗しており今日のところは力負け。マイルはギリギリだろう。

まとめ

牡馬クラシック開幕と同時にマイル戦線も熱を帯びている。桜花賞のリプレイを見ているかのようなルメール騎手のスムースな手綱さばきは余裕に満ち溢れていた。

その筋骨隆々とした馬体で記録したタイムはレースレコードを大きく更新。視界は良好すぎる。

文=櫻井秀幸


マイラーズカップ2018の最新人気・予想オッズ、出走予定馬は?過去の歴代勝ち馬一覧

(C)MAZIMICKEY

2018年4月22日、京都競馬場でマイラーズカップ(GII/芝外回り1600m)が行われる。エアスピネル、サングレーザー、モズアスコット、ロジクライ、ブラックムーンらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

今回は週中時点における最新予想オッズをお届けする。どの馬が人気に指示されるのか? 実績やポテンシャルの割に低評価な馬とは?

以下が出走予定馬と、週中時点での予想オッズの傾向、そして過去の勝ち馬の一覧だ。


概要

2018年 4月22日(日) 3回京都2日目 15頭 [仮想出馬表]
【11R】  第49回読売マイラーズカップ
4歳以上・オープン・G2(別定)(国際)(指定) 芝1600m・外 (C)

出走予定馬・登録馬

エアスピネル 牡5 武豊騎手 笹田厩舎
カデナ 牡4 幸騎手 中竹厩舎
ガリバルディ 牡7 和田騎手 藤原英厩舎
グァンチャーレ 牡6 古川騎手 北出厩舎
サングレーザー 牡4 福永騎手 浅見厩舎
ダッシングブレイズ 牡6 浜中騎手 吉村厩舎
テイエムイナズマ 牡8 四位騎手 武英厩舎
ネオフレグランス 牝4 吉田隼騎手 中舘厩舎
ピークトラム 牡7 小牧騎手 山口浩厩舎
ブラックムーン 牡6 秋山騎手 西浦厩舎
ベルキャニオン 牡7 藤岡佑騎手 堀厩舎
ムーンクレスト 牡6 ○○騎手 本田厩舎
モズアスコット 牡4 ルメール騎手 矢作厩舎
ヤングマンパワー 牡6 岩田騎手 手塚厩舎
ロジクライ 牡5 川田騎手 須貝厩舎

想定人気・予想オッズ

1番人気 エアスピネル 1.7倍
9番人気 カデナ 42倍
10番人気 ガリバルディ 78.3倍
6番人気 グァンチャーレ 22.5倍
2番人気 サングレーザー 4倍
8番人気 ダッシングブレイズ 37倍
14番人気 テイエムイナズマ 645倍
12番人気 ネオフレグランス 322.4倍
15番人気 ピークトラム 674.4倍
5番人気 ブラックムーン 15.4倍
11番人気 ベルキャニオン 197.7倍
13番人気 ムーンクレスト 494.5倍
3番人気 モズアスコット 4.2倍
7番人気 ヤングマンパワー 27.8倍
4番人気 ロジクライ 6.2倍

過去の勝ち馬たち

2017/04/23 イスラボニータ [東]栗田博憲厩舎
2016/04/24 クルーガー [西]高野友和厩舎
2015/04/26 レッドアリオン [東]橋口弘次厩舎
2014/04/27 ワールドエース [西]池江泰寿厩舎
2013/04/21 グランプリボス [西]矢作芳人厩舎
2012/04/22 シルポート [西]西園正都厩舎
2011/04/17 シルポート [西]西園正都厩舎
2010/04/17 リーチザクラウン [東]橋口弘次厩舎
2009/04/18 スーパーホーネット [西]矢作芳人厩舎
2008/04/19 カンパニー [西]音無秀孝厩舎


競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る