カテゴリー:予想・考察・回顧

AJCC2018の競馬予想分析…ゴールドアクター中心の構図が揺るがない理由とは?

(C)Ko-Mei

古馬の主役になるために――。

2018年1月21日、中山競馬場でアメリカジョッキークラブカップ(AJCC/GII/芝2200m)が行われる。人気になるのが2015年の有馬記念の覇者ゴールドアクターだ。今回はおよそ7ヶ月ぶりの実戦となるが実力、中山実績、小粒なメンバーを考えれば中心視するのが妥当だ。

今回は長期休養明けでもゴールドアクターが中心の根拠について迫っていこう。


中心の理由① 年齢

ゴールドアクターは今年で7歳になる。年齢的な不安を感じてしまうがAJCCの過去10年のデータを見てみると意外な事実がわかる。

年齢別の成績を見ていこう

年齢着別度数
4歳0- 2- 2- 12/16
5歳4- 0- 3- 22/29
6歳3- 1- 3- 30/37
7歳以上3- 7- 2- 48/60

集計期間:2007年~2017年

一番成績が良いのは5歳、そして意外なことに4歳は勝ち馬がいないという結果である。今年は5歳馬がおらず2番人気になりそうなダンビュライトが4歳であることを考えるとゴールドアクターには追い風といえる。

中心の理由② 関東馬

過去10年の勝ち馬を見ると7頭が関東所属である。

所属別の成績を見ていこう。

所属着別度数
美浦7- 8- 7- 69/91
栗東3- 2- 3- 43/51

集計期間:2007年~2017年

圧倒的といえるほどの差はないが勝率、連対率、複勝率全てにおいて関東馬の成績が勝っており、やはり関東馬中心といえる。

中心の理由③ 脚質

過去10年でもっとも多くの勝利を挙げている脚質が先行である。

過去10年の脚質別成績を見ていこう。

脚質着別度数
逃げ1- 2- 0- 8/11
先行6- 6- 3- 24/39
差し3- 2- 6- 42/53
追い込み0- 0- 0- 38/38

集計期間:2007年~2017年

先行が断然の成績だとわかる。次いで良いのは差しで追い込みは3着内ゼロである。

ゴールドアクターの脚質は先行で差しもこなせるタイプなのでこのデータはかなりの追い風といえる。

まとめ

いかがだっただろうか? 今回ゴールドアクターは長期休養明けという不安要素があるがデータを見れば死角なしといえるし、中山巧者というのも後押ししている。

しかも今回鞍上に武豊騎手を配してきた。キタサンブラックと去年最強のコンビとして名を馳せた武豊騎手とともに今年ゴールドアクターが再び輝くためにもここは負けられない一戦になる。

この新コンビがはたして今年の最強のコンビになりえるのか大いに注目される。



東海S2018の競馬予想分析…テイエムジンソクが信頼できる3つの要素

(C)だわさの写真館

2018年1月21日、中京競馬場で東海ステークス(GⅡ/ダート1800m)が行われる。テイエムジンソク、アポロケンタッキー、ディアデルレイ、シャイニービームらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

今回は一番人気が予想されるテイエムジンソクについて考察していこう。

昨年末のG1チャンピオンズCで2着になったテイエムジンソクがここから始動。次のフェブラリーSに向けて、このステップレースで勝ち切ることができるのか、3つの要素から分析する。


実績・近走成績は文句なし

昨年まで準オープンで留まっていたテイエムジンソクは夏以降急速に力をつけオープン連勝→G3勝ち→G1で2着としっかり成績を残してきた。まだG1勝ちはないが、アポロケンタッキーが回避すればここでは実績面で最上位の評価となる。

近走成績では特にここ2戦で一気にレベルを上げており、前々走のみやこSはG3ではあるがかなり強い勝ち方で、前走も最後は敗れたものの僅差で2着とこちらも十分評価できる内容である。

格上馬が結果を残すこのレース

意外とチャンピオンズC(旧ジャパンCダート)から東海Sというローテーションの馬は多くなく、G3やオープン特別からまわってきている馬が上位に来ることも多いこのレースだが、G1で結果を残していた格上馬がまわってきた場合はここでもしっかり結果を残している。

デビュー以降ダート1600m〜1900mでのみ走っており、ここ2戦も今回と同じ1800mで結果を残してきており、条件的に問題なし。もともと相手なりにきっちり走れて凡走は少ない馬なので、このレースでも当然信頼してよい。

G1戦線に比べて相手は弱体化

対戦相手の中でG1戦線を走ってきている馬は川崎記念にまわる予定のアポロケンタッキーを除くとアスカノロマンくらいで、そのアスカノロマンも最近はG3でも結果を残せていない。

それ以外の馬ではオープン特別を連勝しているディアデルレイなど勢いのある馬もいるが、これまで戦ってきた馬と比べると能力・実績ではさすがに差があるという評価となる。

まとめ

以上の分析から考えて、テイエムジンソクにとってここはあくまでも通過点。しっかり勝ち切るだろうし、勝たなければいけないレースである。

断然の人気が予想されるが、これだけの要素が揃えばその信頼度は高い。


AJCC2018の競馬予想分析…ショウナンバッハが好走する4つの根拠

(C)Pelusa214

引退した弟の有終の美に続いて――。

2018年1月21日、中山競馬場にてAJCC(G2/芝 2200m)が行われる。人気となりそうなのが、G1でも結果を残しているゴールドアクターや明けて4歳となったミッキースワロー、ダンビュライトあたりだろう。

前述した馬が人気を集めそうな一戦だが、あえて馬券妙味を求めてみるのも面白い。ここで興味深いのはショウナンバッハではないだろうか。正直なところ前走で馬券に食い込むことを期待していたが、4着と残念な結果に終わってしまった。

ここでもまだ好走する可能性はある。ショウナンバッハが馬券に絡むとする根拠について考察して行こう。


根拠① 近走の成績

なんと言っても重要なのは近走の充実ぶりではないだろうか。馬券に絡めてはいないものの、強敵相手に善戦していることは馬柱からも読み取れる。

特に勝ち馬との着差に注目すると分かりやすい。近5走における着差は、0.3-0.2-0.2-0.5-0.2となっており、決して大きく離されての負けではないのは明確だ。

前走の中日新聞杯ではハナ差4着と涙が出るほど惜しい結果だった。フロックだと見限る人も多いだろうが、近走の成績を見るとそうとも言えないことはお分りいただけただろうか?

オールカマーで0.2秒差だったルージュバックは、ジャパンカップで5着と好走することができた。前述した要素と合わせてショウナンバッハがAJCCで好走する根拠として挙げておく。

根拠② 乗り替わり

この馬は近走惜しい走りをしているが、実際のところ17戦馬券に絡むことができていない。これは完全にネガティブな要因である。騎手に関しても乗り替わりが多く、継続騎乗が少ないのが現状である。

今回騎乗するのは今年重賞3勝を含む8勝をあげて波に乗る戸崎騎手である。リーディングを獲得するのに集中する彼が勝ちの見えない馬に騎乗するとは思えない。

さらに17走前に馬券に絡んだレース・騎手を確認すると、それは戸崎騎手とのコンビで挑んだAJCCだった。7番人気で3着に持ってきている。クセの強い馬だけにコンビで成績を残している戸崎騎手が跨るのはプラスに働くこと間違いなしだ。

根拠③ 馬の状態

もともとショウナンバッハは調教での動きが良い馬である。美浦坂路で52秒台を頻繁にマークしており、51秒台で駆け上がることもあるのだ。今回の追い切りでのタイムも馬の状態を推し量るのに使えるだろう。

一週前追い切りのタイムは50.7秒(一杯)と発表されている。このタイムの良さだけで状態を判断するのは難しいが、この時計を見れば決して悪い状態にはないことは分かる。

最終追い切りのタイムは手元にないために判断することはできない。新聞やネットの情報などで入手することができた場合には、強敵が多い一戦なだけにこの馬の調子が上がっているのか注目して考える必要がある。

根拠④ ベテラン勢の勢い

JRAが発表した年齢別の成績(10年分)のデータによると、ショウナンバッハにも光が見えてくる。

そのデータによると、ミッキースワローやダンビュライトを含む4歳馬は過去10年勝利がない。一方でショウナンバッハやゴールドアクターなどを含む7歳馬の勝率は10.0%、連対率は20.0%と決して可能性のない数値ではないのだ。

さらに詳細に分析すると、7歳馬の成績は3-3-1-23であり、連対は多いが3着は少ないという結果である。フォーメーションで購入する場合には、このようなデータも加味してみると面白いかもしれない。

まとめ

いかがだっただろうか?予想オッズでは執筆時6番人気となっているショウナンバッハだが、この馬の好走の可能性を感じることはできただろうか。

人気薄で買いたい馬であるのは間違いないが、前走で力を見せてしまったため、このくらいの人気になるのは避けられない。人気馬が強いのは明確だが、弟の引退に花を添えるためにも、ここで一矢報いたいところだ。



東海S2018の競馬予想分析…ドラゴンバローズに浮かび上がる3つの不安材料

(C)arima0208

2018年1月21日、中京競馬場で東海ステークス(GⅡ/ダート1800m)が行われる。テイエムジンソク、アポロケンタッキー、ディアデルレイ、シャイニービームらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

ドラゴンバローズは、重賞初挑戦となった2走前のシリウスSでクビ差の2着と好走。前走のベテルギウスSは休み明けだったことも影響し、12着と大敗を喫したが、ひと叩きされた今回は巻き返しに燃えている。

前走から相手関係は強化されるが、中京ダートは【2・3・0・1】と得意。さらに、コンビを組んで【2・3・1・0】と相性抜群の和田騎手に鞍上が戻るのも魅力だ。

ただ、データを見ると、厳しい戦いは避けられそうにない。重賞初制覇への障害となり得る不安材料を挙げていく。


不安① 6歳馬

まずは、東海Sの過去のデータから検証する。なお、データは全て東海Sが現在の条件で実施されるようになった2013年以降を対象とする。
このレースで中心となっているのは4、5歳であり、6歳は【0・0・1・19】と不振だ。
6歳以上で括っても【1・3・1・40】と今ひとつの数字。しかも、唯一勝った2014年ニホンピロアワーズ(7歳)はGI馬で、2着に入った3頭もそれ以前にダート重賞を勝っていた。
データからは、高齢なら重賞勝ちの実績は不可欠と言え、重賞未勝利のドラゴンバローズにとっては懸念材料になる。

不安② 前走大敗

前走のベテルギウスSは1番人気に推されながら、行きっぷりが悪く、直線でも伸びを欠いて12着と大敗した。この点でも大幅な割り引きが必要だ。
前走で掲示板を外していた馬は【0・3・1・39】。さらに2桁着順だった馬に限れば【0・0・1・23】と全く振るわない。
前走から着順を上げた馬は、重賞に出走していた馬がほとんどで、オープン特別で大敗したドラゴンバローズにとっては、あまりにも嫌なデータだ。

不安③ 和田騎手のコース成績

コースが改修された2012年以降、和田騎手の中京ダートでの成績は【24・19・24・181】(勝率9.7%、連対17.3%)。全体の数字を見るとまずまずの成績だが、そのうち、オープンクラスでの成績は【0・0・2・16】。クラスが上がると信頼度が下がる。
頼もしいパートナーも、今回の条件では強調材料にならない。

まとめ

得意の中京に替わり、相性のいい和田騎手とのコンビで巻き返したいドラゴンバローズ。ここを勝てば、1か月後のフェブラリーSや、同じ舞台で行われる秋のチャンピオンズCにまで夢が広がる。渡辺薫彦厩舎にとっても重賞初制覇がかかる一戦で、全てのマイナスデータを蹴散らすことができるだろうか。


川崎記念2018の予想オッズ・人気と出走予定馬は?新年初交流GⅠを展望

(C)MAZIMICKEY

2018年1月31日、川崎競馬場で川崎記念(交流GⅠ/ダ2100m)が行われる。アウォーディー、サウンドトゥルー、ケイティブレイブ、オールブラッシュらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

出走馬のおさらい、予想オッズの展望、過去の傾向(上位馬)を振り返っていこう。


日程・概要

2018年1月31日(水) 川崎記念 Jpn1 川崎競馬場/2100m

出走予定馬・登録馬

新年の初交流GⅠ、川崎記念のJRA出走予定馬が発表された。今年もめぼしい地方馬の出走はなさそうで、JRA勢が上位を占めそうだ。

一昨年、今回の川崎記念と同舞台で行われたJBCクラシック以来勝ち星のないアウォーディーだが、大崩れのなさと左回りに変わるという点、鞍上武豊騎手という点からも人気の中心になりそう。

そのJBCクラシックは終始外々を回る厳しいレースだったが、鞍上武豊騎手の絶妙な仕掛けもあり、ダート王ホッコータルマエを競り落として戴冠を飾った。

それ以降は勝ち星がないものの、あと一歩の善戦が続いている。

印象的だったのは去年のドバイワールドカップである。ゴールドドリーム・アポロケンタッキー・ラニといった他の日本馬が軒並み勝負にならない中、当時のダート世界最強馬・アロゲートに渾然と勝負を挑み離されたものの5着と検討した。

あれだけの走りができるのを考えると、近走のツメの甘さは気になるが、これは恐らく右回りだと最後のキレを欠くという点が考えられる。

松永幹夫調教師、武豊騎手ともにその点は指摘しており、今回は右回りの東京大賞典をパスしてここに照準を合わせてきた。再度のドバイ遠征も視野に入れており、招待を狙うという点では勝負に出てくる一戦だろう。

明けて8歳になるが肉体的な衰えは見られず、多少ズブさが増してきた点では若干でも距離が伸びるのは好材料だ。

同じく明けて8歳、去年の川崎記念で2着の古豪・サウンドトゥルーが続く。

交流を含めるとダートGⅠを3勝しており、実績的には最右翼の同馬。後方からレースを進める脚質のため取りこぼしは多いが、ハマれば突き抜けてもおかしくない。

昨年のチャンピオンズカップでは2番人気に支持されながら大敗。いつもの末脚が全く見られず、年齢的な部分も懸念されたが、前走東京大賞典はしっかりと末脚を伸ばして2着に食い込んだ。

唯一気になるのは、川崎コースで勝鞍が無い点である。他の主要なダートグレードが行われるコースは勝鞍があるが、川崎だけないのである。(大井・船橋はアリ)

去年も展開は向かなかったとは言え、当時格下のオールブラッシュに0.6秒も離された2着だった。そこをどう判断するかが肝になりそう。

3番手は、2月で引退になる目野調教師が「もう一つタイトルを取りたい」と息巻くケイティブレイブ。前走の東京大賞典では1番人気に支持されたがコパノリッキー、前出のサウンドトゥルーの後塵を拝した。

タフな馬でローテーションは問題なく、年齢的にも今回のJRA出走馬では一番若く、成長度合いはまだありそうだ。

この馬の気になる点は、条件戦時代を含め左回りで勝鞍がない点と、去年の川崎記念で離されて負けているという点である。去年のフェブラリーSでは不利な展開ながらも最後まで頑張っており、左回りがダメというところまでは思えない。ただ、2100mという距離がどうなのかという懸念は残る。


オールブラッシュは1000万下、1600万下からの連勝で去年のこのレースを制しあれよあれよとGⅠ馬になってしまった。

かなり展開に恵まれたのと、人気薄でマークが薄かったということ、逃げるというルメール騎手の好判断が活きた印象だった。その印象は間違いではなかったらしく、その後の重賞戦線ではGⅠ馬らしい結果が出ていない。

ただ、ここは去年同様にかなりマークが薄くなりそうなのと、GⅠなので斤量の相対的な不利がなくなるという好材料はある。一概に消すのはどうか。

アポロケンタッキーは東海Sとの両睨みなのでこの位置に。出走してくるなら仕掛けのタイミングという展開のカギを握りそうだ。

人気はJRA勢の中で一番落ちるかもしれないが、メイショウスミトモは怖い1頭。スピードレースだと分が悪いが、深いダートで時計のかかるスタミナ勝負なら強さが出せるということを前走の名古屋グランプリで証明した。地方のダートが合うのだろう。古川騎手も手の内に入れてきており面白い。

登録馬は以下のとおりだ。

出走予定馬(予定騎手名)

アウォーディー  (武豊)
アポロケンタッキー(内田博幸)
オールブラッシュ (未定)
ケイティブレイブ (福永祐一)
サウンドトゥルー (大野拓弥)
メイショウスミトモ(古川吉洋)

補欠馬(予定騎手名)

ノンコノユメ   (未定)
マイネルバサラ  (未定)
グレンツェント  (未定)
メイプルブラザー (未定)
ナムラアラシ   (未定)

想定人気・予想オッズ

追記予定


競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る