函館SS2021の競馬予想分析!3つのデータから導く危険な人気馬
(C)yusukeiba

2021年6月13日、札幌競馬場で函館スプリントステークス(GⅢ/芝1200m)が行われる。今回は過去のデータやレース傾向を振り返り、当レースの危険な人気馬を予想していく。

馬券を買う上で特に重要なのは「どの馬を買うか」ではなく「どの馬が消しか」を見極めることだ。

人気馬を「買わない」と判断できれば、余った資金を軸馬の買い足しや穴馬の追加購入に回すことができる。そして人気馬が馬券圏外になれば配当が跳ね上がる。

「人気だから押さえようかな」と毎回人気馬を買ってしまうと回収率は落ちていく。だからこそ「買わない人気馬」を見つけることがカギになってくるのだ。

果たして、人気が想定されるカレンモエ、シゲルピンクルビー、コントラチェック、ビアンフェ、ミッキーブリランテらの中で危険なのはどの馬なのか。しっかり考察していこう。

今年は札幌開催のため、キーンランドカップのデータなどを参考にしていく。


函館スプリントステークスの人気馬成績

過去10年のデータを見ると、1番人気は2勝、2着は1回、3着は2回。1倍台に支持された馬は過去10年で3頭いるが、未勝利。人気を裏切る馬が多いようだ。

先週の安田記念同様、このレースも伏兵馬の一発が入りやすい。人気馬を何も考えずに買うことだけは避けたい。

ではここからは注目のデータをピックアップして紹介していこう。

予想参考データ① キーンランドカップからわかること

オリンピックの関係で函館開催と札幌開催が入れ替わっており、変則的な動きを見せる。このレースもその影響を強く受けており、同条件のデータはキーンランドカップから見出すことになる。

上がりの脚はあまり当てにならず、前目の馬が残しやすいのもあるが、前走GⅠを使っていた馬が結構来ている。あとは洋芝適性などを見ていくべきか。

前走GⅠであればシゲルピンクルビー、ジャスティン、カツジが該当するが、負け幅という点ではカツジか。しかし1200が得意とは思えず、今回に関しては該当馬なしということか。

予想参考データ② 洋芝適性はあった方がいい

キーンランドカップの前走成績の傾向を見る限り、洋芝の3勝クラス以上のレースで人気を背負った馬が多くを占め、他には結果を残した馬がズラリと並ぶ。どちらかの要素を持つ馬は、この舞台でもやれそうだ。

ビアンフェは2歳時に函館2歳ステークスを勝つなど、洋芝でも十分やれるところを見せた。実は今回、人気馬で洋芝のスプリント戦を使って勝った馬はあまり多くない。

やはり2歳時の洋芝で活躍したケープコッド、リンゴアメ、夏の北海道で存在感を見せるアスタールビーといった伏兵扱いされるところが生きやすいメンツとも言える。

予想参考データ③ それぞれの馬の前走レベル

カレンモエ、コントラチェック、ビアンフェの前走はオーシャンステークスだった。前半速くなりやすいのは中山1200ならではだが、これでも結構残る。前残りの決着だったが、コントラチェックの勝負根性が勝った形に。カレンモエは前走のタイムも洋芝適性も問題はなく、普通に勝ち負けでもおかしくないが、大外に入ってしまったのがどうか。休み明けも勝ち切るまではいきにくく、そこまでの信頼度とはいえない。

コントラチェックは中山だったから1200でも対応したという見方ができ、スプリント戦線で活躍できるだけの力があるとは言い難い。ならば、この3頭の中なら函館2歳ステークスを勝ち、全レース藤岡佑介騎手が乗るビアンフェを推したい。

シゲルピンクルビーの前走は桜花賞だった。驚異的なハイペースでもソダシは頑張ったが、並の馬は沈んでいく。シゲルピンクルビーもその1頭だった。気性的にも短距離向きで、斤量50キロはこの時期の重賞ならではだが、初めてづくしで当てにしにくい部分が多い。少々クセが強そうな馬を御せるのかという問題もある。

ミッキーブリランテの前走は京王杯SCだった。前半は速めに流れ、決して前が残る展開ではなかったが、ラウダシオンが番手から押し切った。ミッキーブリランテはやや前目にいたが、位置取りがすべてだったか。上がりの脚自体は十分。しかし、1200の実績が乏しく、そもそも1200のレースの経験が少ない。洋芝適性にも不安が残る。

2021年の危険な人気馬は?

カレンモエは人気になる見込みだが、休み明けで勝ち切れないことや大外枠など不安要素がある。大外でも来ないわけではないが、開幕週だと内側が強いのが普通で、積極的に軸にするのは避けたい。函館スプリントステークスの好走条件に合致せず、危険な人気馬の一頭になりそうだ。

また、シゲルピンクルビーは3つ目の消しデータに合致している。50キロは魅力だが、未知数すぎて強く自信を持てるほどではない。

反対にビアンフェは危険なデータに一つも当てはまらない。人気馬の中ではスプリント戦線で長く安定した戦いを見せ、洋芝適正もある。確かに鉄砲はきかない部分もあるが、それを差し引いても一発を狙うだけの力を秘める。人気馬の中で最も不安要素が少ないのが、ビアンフェと言えそうだ。

おすすめの記事