カテゴリー:予想・考察・回顧

東京スポーツ杯2歳ステークス2017の予想オッズ・人気と日程、出走予定馬と過去の傾向は?

(C)MAZIMICKEY

2017年11月18日、東京競馬場で東京スポーツ杯2歳ステークス(東スポ杯2歳S│GIII/芝1800m)が行われる。

ワグネリアン、ルーカス、シャルルマーニュ、コスモイグナーツらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

出走馬のおさらい、予想オッズの展望、過去の傾向(上位馬)を振り返っていこう。


日程・概要

2017年11月18日(土) 5回東京5日目 9頭 [仮想出馬表]
【11R】  第22回東京スポーツ杯2歳S
2歳・オープン・G3(馬齢)(国際)(指定) 芝1800m (C)

出走予定馬・登録馬

ワグネリアンは新馬戦で32秒6という脅威の末脚を披露。野路菊ステークスでも重馬場の中で33秒フラットの脚を使った。現時点で世代トップクラスの素質を示しているだけに、初重賞でどんなパフォーマンスを示すのか、注目されている。

ルーカスはGI6勝を果たした怪物モーリスの全弟だ。快勝した新馬戦の3、4、5着馬はすでに勝ち上がり、うち2頭は2勝目を挙げている。レベルの高い新馬戦だったことは明らかで、ルーカスにも2勝目の期待がかかる。

他にもアイビーステークスの1、2着コスモイグナーツ、シャルルマーニュらが虎視眈々と重賞制覇を狙う。

なお、登録馬は以下のとおりだ。

馬名性齢斤量
カフジバンガード牡255
ケワロス牝2 54
コスモイグナーツ牡255
ゴールドギア牡255
シャルルマーニュ牡255
スーサンドン牡255
ノーブルアース牝2 54
ルーカス牡255
ワグネリアン牡255

想定・予想オッズ

人気馬名予想オッズ
1ワグネリアン1.2
2ルーカス2.3
3シャルルマーニュ16.2
4コスモイグナーツ16.8
5ノーブルアース17
6カフジバンガード22
7ゴールドギア29.9
8スーサンドン59.8
9ケワロス64.6

過去5年好走馬

日付馬名着順人気
2016.11.19ブレスジャーニー2
2016.11.19スワーヴリチャード4
2016.11.19ムーヴザワールド1
2015.11.23スマートオーディン4
2015.11.23プロディガルサン2
2015.11.23マイネルラフレシア6
2014.11.24サトノクラウン4
2014.11.24アヴニールマルシェ1
2014.11.24ソールインパクト9
2013.11.16イスラボニータ2
2013.11.16プレイアンドリアル4
2013.11.16クラリティシチー5
2012.11.17コディーノ1
2012.11.17レッドレイヴン3
2012.11.17インプロヴァイズ7

集計期間:2012.11.17 ~ 2016.11.19



マイルチャンピオンシップ2017の予想オッズ・人気と出走予定馬は?マイル王決定戦展望

(C)MAZIMICKEY

2017年11月19日、京都競馬場でマイルチャンピオンシップ(マイルCS/GI/芝外回り1600m)が行われる。

エアスピネル、イスラボニータ、サトノアラジン、レッドファルクスらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

マイルCSの出走馬のおさらい、予想オッズの展望、過去の傾向(上位馬)を振り返っていこう。


日程・概要

2017年11月19日(日) 5回京都6日目 22頭 [仮想出馬表]
【11R】  第34回マイルチャンピオンシップ
3歳以上・オープン・G1(定量)(国際)(指定) 芝1600m・外 (C)

出走予定馬・登録馬

注目されるのは、悲願のGI制覇を狙うエアスピネルだ。前走の富士ステークスでは、鞍上の武豊騎手がほとんど持ったまま、圧勝して重賞3勝目を飾った。デビュー以来、一度も掲示板を外していない安定感を誇るのも魅力だ。

ただし、安定感のある反面、勝ちきれない傾向にある。朝日杯フューチュリティステークスではリオンディーズに敗れ、皐月賞、ダービーでは4着。菊花賞では3着に、安田記念では5着に入ったが、あと一歩のところで栄冠には届いていない。今回、GI制覇を果たすことができるのか、注目される。

他にも富士S2着で皐月賞以来のGI制覇を目指すイスラボニータ、スプリンターズステークス連覇を成し遂げた快足王レッドファルクス、4連勝で一躍マイル戦線の新たな主役に名乗りを上げたサングレーザー、そして春のマイル王サトノアラジンと、実力馬が集結。どんなレースが展開されるのか、注目される。

登録馬は以下のとおりだ。

馬名性齢斤量
アメリカズカップ牡356
イスラボニータ牡657
ウインガニオン牡557
エアスピネル牡457
ガリバルディ牡657
クルーガー牡557
グァンチャーレ牡557
グランシルク牡557
サトノアラジン牡657
サングレーザー牡356
ジョーストリクトリ牡356
ダノンメジャー牡557
ディサイファ牡857
ネオリアリズム牡657
ブラックムーン牡557
ペルシアンナイト牡356
マルターズアポジー牡557
ムーンクレスト牡557
メラグラーナ牝5 55
ヤングマンパワー牡557
レーヌミノル牝3 54
レッドファルクス牡657

想定・予想オッズ

人気馬名予想オッズ
1エアスピネル4.6
2レッドファルクス5
3イスラボニータ5.2
4サングレーザー6.2
5サトノアラジン6.5
6ネオリアリズム9.7
7ペルシアンナイト10.5
8レーヌミノル23.7
9グランシルク25.9
10メラグラーナ35.7
11クルーガー36.8
12マルターズアポジー44.6
13ウインガニオン54.7
14ヤングマンパワー55.5
15アメリカズカップ60.4
16ダノンメジャー79.7
17ガリバルディ85.5
18ブラックムーン110.8
19ジョーストリクトリ198.5

エリザベス女王杯2017の予想分析…秋華賞馬ディアドラ、3つの期待と2つの不安要素

(C)MAZIMICKEY

3歳牝馬の頂点から現役最強牝馬へ――。

2017年11月12日、京都競馬場でエリザベス女王杯(GI/芝外回り2200m)が行われる。人気を集めそうなのが、秋華賞馬のディアドラだ。前走は重馬場の中で行われた力の問われる一戦で見事に勝利し、初の戴冠を手にした。今回も人気上位に支持されることが確実になっている。

では、ディアドラは古馬を交えた最強牝馬決定戦を勝ち抜ける力を持っているのだろうか? その可能性を探っていこう。


期待① 3歳馬の好走条件

まず3歳馬の好走条件に合致している点は心強い。3歳馬の好走条件は、以下の2つだ。

・3歳クラシックで人気になってきた素質馬
・古馬混合となっても人気に支持される実力を示してきた馬

ディアドラは秋華賞で3番人気に支持され、今回も上位人気が確実。条件に合致することはほぼ間違いないだろう。

期待② 歴代秋華賞馬の実績

また、秋華賞馬に絞ってみると、エリザベス女王杯で好成績を残していることが分かる。

・秋華賞1着
・エリザベス女王杯で5番人気以内

この条件で絞ってみると……


2014.11.16 ショウナンパンドラ 6着
2013.11.10 メイショウマンボ 1着
2011.11.13 アヴェンチュラ 2着
2010.11.14 アパパネ 3着
2007.11.11 ダイワスカーレット 1着

ご覧の通り、5頭中4頭が好走を果たしている。ディアドラにしても、実績的には申し分ないわけだ。

期待③ ハービンジャー産駒と京都重賞

さらに血統面でも、相性は悪くない。京都の芝重賞で10番人気以内に支持されたハービンジャー産駒の成績を見てみると……

——————————————–
着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
——————————————–
2- 3- 3-10/18 11.1% 44.4% 68 118
——————————————–
※3000m以上の特殊距離は除外

高い好走率を誇っている。実際、秋華賞でもハービンジャー産駒のワンツーフィニッシュだったし、その一週前の京都大賞典ではトーセンバジルが6番人気ながら2着に食い込んできている。今回も、決して悪い条件ではないわけだ。

不安① ほぼ100%だった秋華賞の走り

不安を挙げるとするなら、秋華賞からの上積みがどれだけ望めるのか、という点だろう。

秋華賞では出遅れこそしたものの、クリストフ・ルメール騎手のリカバーと巧みな手綱さばきで最高の競馬ができていた。

馬場にしても、パンパンの良馬場より重馬場のほうがハービンジャー産駒にとって好都合だったはず。

また、クラシック最終戦を取るという強い意気込みで調教されていたこと、歴代の秋華賞馬に比べてキャリアを重ねすぎていること(すでに14戦、2017年だけで8戦)による“見えない疲労”も気になるところだ。

不安② 歴代屈指の高メンバー

さらに相手関係が、過去と比較して屈指の厳しいメンバー構成になっている、という事実もある。


GI2勝のヴィブロスとミッキークイーン、前年の覇者クイーンズリング、前哨戦で牡馬を一蹴してここへ挑むルージュバックとスマートレイアー、さらに3歳クラシック戦線で活躍してきたリスグラシューとモズカッチャンもいる。

秋華賞馬が出てくれば問答無用で一番人気になるような年もあるが、今年はそうではないわけだ。いくら秋華賞馬といえど、一筋なわけではいかなさそうなのである。

まとめ

ディアドラは実績的にも適正的にもエリザベス女王杯で好走する要素を持っている。もっとも、前走からの上積みや相手関係という不安要素を持っていることも確かである。

果たしてディアドラは現役最強牝馬への階段を登りきることができるのか? 戦いのゴングは、12日15時40分頃に鳴り響く。


エリザベス女王杯2017の予想分析…リスグラシューの4つの好材料

(C) vodkajo444

2017年11月12日、京都競馬場でエリザベス女王杯(GI/芝2200m)が行われる。

過去10年の傾向から3歳馬が優勢(1着4回2着4回3着3回)となっているが、今年は秋華賞の1着馬ディアドラ、2着馬リスグラシュー、3着馬モズカッチャンの上位3頭が揃って出走を予定している。

その中でここではリスグラシューに注目する。陣営も待ち望んだGⅠタイトルを手中にできるだろうか。


好材料① 3歳馬の好走条件に合致

まずは3歳馬の好走条件に合致している点が心強い。

エリザベス女王杯で好走する3歳馬の共通点を挙げると……

・3歳クラシックで人気になってきた素質馬
・古馬混合となっても人気に支持される実力を示してきた馬

この2点になる。リスグラシューは3歳クラシック路線で常に人気になってきた素質馬だ。土曜日の朝の時点では一番人気になっていたほどだ。

勝ち味に遅いが、今まで一度も掲示板を外したことがないこと、一度しか馬券圏内から外れたことがないことは実力の証でもある。古馬と混じっても、見劣りすることはないはずだ。

好材料② 恵まれた枠順

リスグラシューは3枠6番の枠順に決まったが、エリザベス女王杯では過去10年で6頭が8番枠より内枠スタートの馬が勝利を飾っている。


極端に内枠有利というわけではなく、かつ、今年は悪天候での開催が続き、例年より悪い芝のコンディションでのレースとはなるが、好材料としてみておきたい。

好材料③ 亡き恩人へ捧ぐ騎乗?

今回、主戦ジョッキーの武豊がスマートレイアーに騎乗することになったため、福永騎手に乗り替わることになったリスグラシュー。(実際は、調教中の怪我によりスマートレイアーの鞍上は武豊から川田に乗り替わり)

福永騎手はここまで99勝でリーディング4位につけているが、重賞は3月の弥生賞以来勝てていない。

継続騎乗している馬が好成績を残している傾向があるエリザベス女王杯ということもあり、通常なら不安要素が多いが今回は違う。

一昨日、11月9日にオグリキャップやネオユニヴァース、メイショウサムソンなど数々の名馬を育てた瀬戸口勉元調教師が亡くなったのである。

瀬戸口元調教師といえば、福永騎手の師匠である北橋元調教師の盟友であったこともあり、現役中はたいへん世話になった大恩人ともいえる。

正式な追悼コメントを発表するほどの間柄である福永騎手にとって、大恩人への感謝の念を抱き、恩返しの意味もこめて普段以上に全力で騎乗することは想像に難くないのである。

好材料④ 心強い調教師の存在

リスグラシューを管理する栗東の矢作芳人調教師は、2014年と2016年にリーディングトレーナーに輝く名調教師である。

先月もリアルスティールでGⅡ・毎日王冠を勝ったばかりだか、リスグラシューにも並々ならぬ期待を寄せている。

鞍上を福永に指名したのも期待の表れであり、矢作調教師の管理馬に福永が騎乗した際の成績は2012年以降これまでに74回あり14勝2着17回3着4回の勝率18.9%、複勝率47.3%となっている。


リスグラシューは昨年10月のGⅢアルテミスステークス以降、1年以上勝利から遠ざかっており、厩舎コメントでも何とかタイトルを手中に収めたい内容のコメントが多い。

秋華賞後、1週間短期放牧に出したり、これまでは1週前追い切りを強めに最終追いきりは控える形で行っていたのを、1週前よりも最終追いきりを強めにするというように徐々に上げていく感じに調整方法を変えてみたり工夫も感じられるのも好材料と取れる。

まとめ

阪神ジュベナイルフィリーズ2着、桜花賞2着、オークス5着、秋華賞2着とこのままではシルバーコレクターと言われかねないリスグラシュー。

秋華賞のように武豊が上手く騎乗しても更に1枚上の騎乗をされたディアドラの2着となってしまうなどここまでは運に見放されている感もあるが、古馬との初対戦でもある今回、運も味方につけてしまうような快走が期待される。


デイリー杯2歳ステークス2017の予想分析、結果発表!回収率130超のデータ該当馬は?

(C)MAZIMICKEY

2017年11月11日、京都競馬場でデイリー杯2歳ステークス(GII/芝外回り1600m)が行われる。

フロンティア、メガリージョン、カツジ、ケイアイノーテックらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップした。では、人気、血統、枠順、ローテーションなどから導き出したデータに合致するのはどの馬なのか?

5つの消しフィルターを通したとき、残る馬を探っていくことにしよう。


消しデータまとめ

今回、ピックアップしたデータは以下だ。

ポイント1 極端な人気薄は消し!
ポイント2 馬体重の軽すぎる馬は消し!
ポイント3 キャリアの浅すぎる馬は消し!
ポイント4 間隔の詰まりすぎている馬は消し!
ポイント5 上がり下位は消し!

※詳細は過去の記事を参照

一つずつ、見ていくことにしよう。

ポイント1 極端な人気薄は消し!

デイリー杯2歳ステークスでは、極端な人気薄がほとんど走らない。


今年のデイリー杯2歳Sは9頭立てのため、単勝オッズ100倍を超える超人気薄を対象外としていこう(単勝オッズ100倍以上の馬が好走したケースは過去10年でゼロ)

馬名単勝オッズ
ロードイヒラニ31.8
フロンティア2.9
ジャンダルム6.9
メガリージョン4.1
ケイアイノーテック6.1
ヒシコスマー26
カクリョウ151.9
カツジ4.3
ナムラアッパレ160

単勝オッズ100倍以上なのは……

カクリョウ
ナムラアッパレ

まずはこの馬たちが消える。

ポイント2 馬体重の軽すぎる馬は消し!

馬格があるというのは一種の才能。小さすぎる馬は、色々な不利を受ける可能性が高いため、どうしても成績は落ちてしまう。

馬名前走馬体重
ロードイヒラニ462
フロンティア444
ジャンダルム480
メガリージョン470
ケイアイノーテック450
ヒシコスマー480
カクリョウ470
カツジ472
ナムラアッパレ466

今回、該当馬はいないが、フロンティアやケイアイノーテックは440キロを切る可能性があるため、注意していこう。

ポイント3 キャリアの浅すぎる馬は消し!

キャリア1戦の馬というのは2つの面でマイナス要素を持っている。

・未知の魅力で人気になりやすい
・経験が浅く、競馬がうまくない

よって、相対的に成績は良くない。

馬名キャリア
ロードイヒラニ3
フロンティア2
ジャンダルム1
メガリージョン2
ケイアイノーテック1
ヒシコスマー1
カクリョウ5
カツジ1
ナムラアッパレ8

キャリア1戦なのは……


ジャンダルム
ケイアイノーテック
ヒシコスマー
カツジ

ここではこの馬たちが消える。

ポイント4 間隔の詰まりすぎている馬は消し!

デイリー杯2歳Sは素質馬たちの集まりだ。しっかりと目標をここに定め、賞金を重ねて来年のクラシック戦線を見据えているような馬のほうがいい成績を残している。

馬名間隔
ロードイヒラニ3
フロンティア11
ジャンダルム9
メガリージョン4
ケイアイノーテック23
ヒシコスマー2
カクリョウ3
カツジ3
ナムラアッパレ3

前走からの間隔が4週未満なのは……

ロードイヒラニ
ヒシコスマー
カクリョウ
カツジ
ナムラアッパレ

ここではこの馬たちが消える。

ポイント5 上がり下位は消し!

日本の競馬では、速い上がりを使えるかどうかが一種の才能とみなされる。よって、才能の片鱗を見せつけている馬のほうが、強い可能性が高い。

馬名前走上がり順位
ロードイヒラニ1
フロンティア2
ジャンダルム2
メガリージョン5
ケイアイノーテック1
ヒシコスマー1
カクリョウ5
カツジ1
ナムラアッパレ12

前走上がり4位以下だったのは……

メガリージョン
カクリョウ
ナムラアッパレ

ここではこの馬たちが消える。


残った激走馬候補とは?

さて、ではいくつかの消しフィルターをくぐり抜け、ここまで残った馬はいるのだろうか? それは……

フロンティア

今回の激走馬候補は1頭。

馬券の軸にするもよし、相手に加えるもよし。どんな扱いにするにせよ、気にかけてみるのがいいのではないだろうか。


Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る