カテゴリー:予想・考察・回顧

東京スポーツ杯2歳ステークス2017の最新人気・予想オッズ、出走予定馬は?過去の東スポ杯2歳S馬一覧

(C)@Arappa

2017年11月18日、東京競馬場で東京スポーツ杯2歳ステークス(東スポ杯2歳S│GIII/芝1800m)が行われる。

ワグネリアン、ルーカス、シャルルマーニュ、コスモイグナーツらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

出走馬のおさらい、予想オッズの展望、過去の傾向(上位馬)を振り返っていこう。


日程・概要

2017年11月18日(土) 5回東京5日目 9頭 [仮想出馬表]
【11R】  第22回東京スポーツ杯2歳S
2歳・オープン・G3(馬齢)(国際)(指定) 芝1800m (C)

出走予定馬・登録馬

ワグネリアンは新馬戦で32秒6という脅威の末脚を披露。野路菊ステークスでも重馬場の中で33秒フラットの脚を使った。現時点で世代トップクラスの素質を示しているだけに、初重賞でどんなパフォーマンスを示すのか、注目されている。

ルーカスはGI6勝を果たした怪物モーリスの全弟だ。快勝した新馬戦の3、4、5着馬はすでに勝ち上がり、うち2頭は2勝目を挙げている。レベルの高い新馬戦だったことは明らかで、ルーカスにも2勝目の期待がかかる。

他にもアイビーステークスの1、2着コスモイグナーツ、シャルルマーニュらが虎視眈々と重賞制覇を狙う。

なお、登録馬は以下のとおりだ。

カフジバンガード 牡 2 (栗) 松元茂樹
ケワロス 牝 2 (栗) 牧浦充徳
コスモイグナーツ 牡 2 (美) 高橋祥泰
ゴールドギア 牡 2 (美) 伊藤圭三
シャルルマーニュ 牡 2 (栗) 清水久詞
スーサンドン 牡 2 (栗) 岩元市三
ノーブルアース 牝 2 (栗) 牧浦充徳
ルーカス 牡 2 (美) 堀宣行
ワグネリアン 牡 2 (栗) 友道康夫


想定人気・予想オッズ

1 ワグネリアン 1.4
2 ルーカス 2.3
3 シャルルマーニュ 6.3
4 コスモイグナーツ 11.3
5 ゴールドギア 11.6
6 カフジバンガード 28.7
7 ノーブルアース 28.9
8 スーサンドン 59.8
9 ケワロス 193.4

過去の東スポ杯2歳S馬たち

2016.11.19 ブレスジャーニー
2015.11.23 スマートオーディン
2014.11.24 サトノクラウン
2013.11.16 イスラボニータ
2012.11.17 コディーノ
2011.11.19 ディープブリランテ
2010.11.20 サダムパテック
2009.11.21 ローズキングダム
2008.11.22 ナカヤマフェスタ
2007.11.17 フサイチアソート


マイルチャンピオンシップ2017の予想分析…過去の血統と種牡馬、明確な共通点とは?

(C)Ko-Mei

2017年11月19日、京都競馬場でマイルチャンピオンシップ(マイルCS/GI/芝外回り1600m)が行われる。

エアスピネル、イスラボニータ、サトノアラジン、レッドファルクスらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

なお、好走血統は過去10年、コース種牡馬成績は2014年以降(精度を高めるために1、2番人気の人気馬、および単勝100倍以上の人気薄、新馬戦、長期休み明けなどの不確定要素が多いレース=血統意外の要因で決着した可能性が高いレースは、集計から除外)を参考に考察していく。


過去10年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
3ディープインパクトRock of Gibraltar
2フジキセキCozzene
7ネオユニヴァースMeadowlake
4スクリーンヒーローカーネギー
2ディープインパクトDanehill
1フジキセキCozzene
8ディープインパクトCaerleon
3ディープインパクトDanehill
9アグネスタキオンMarju
2ディープインパクトLycius
3ダイワメジャーLaw Society
1ディープインパクトCaerleon
4フジキセキエリシオ
1サクラバクシンオーサンデーサイレンス
5ディープインパクトBertolini
5Giant’s CausewaySadler’s Wells
11キングカメハメハBahri
4SahmPleasant Tap
13Forest WildcatCure the Blues
1ダンスインザダークフォーティナイナー
6ネオユニヴァースNureyev
1ミラクルアドマイヤノーザンテースト
14ムタファーウエクパークリージエント
2SahmPleasant Tap
4アドマイヤベガTopsider
1ロドリゴデトリアーノエルセニョール
10フジキセキPolish Precedent
1サンデーサイレンスノーザンテースト
4ロドリゴデトリアーノエルセニョール
5サンデーサイレンスFairy King

解説・分析:注目血統は?

まずは何といってもディープインパクト産駒の強さが目立つ。過去5年では毎年馬券に絡み、過去4年では必ず連対している。好走馬15頭中7頭がディープインパクト産駒という占拠ぶりだ。

しかも注目すべきは一番人気馬が1頭しかいなかったことだ。昨年は3番人気のミッキーアイルが、3年前は8番人気のダノンシャークが優勝を果たした。断然人気でなくても馬券に絡んでくる。京都のマイルが最も得意な条件の一つであるため、ディープインパクト産駒からは目が離せないわけだ。

あとは母系に欧州血統を持っている馬の台頭が目立っている。15頭中9頭が母父ノーザンダンサー系。さらにネオリアリズムやダイワマッジョーレの母父であるセントサイモンの系統も、欧州血統である。

組み合わせとしてはサンデー系×ノーザンダンサー系の相性がいいレースと言えそうだ。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数
ディープインパクト6- 6- 9-73/94
ダイワメジャー4- 7- 2-46/59
キングカメハメハ3- 1- 4-38/46
ネオユニヴァース2- 2- 3-26/33
ステイゴールド1- 0- 1-17/19
マンハッタンカフェ1- 0- 1-15/17
スクリーンヒーロー1- 0- 0- 3/ 4
ハービンジャー0- 2- 3-11/16
スウェプトオーヴァーボード0- 1- 0- 3/ 4
フジキセキ0- 0- 2-14/16
アドマイヤムーン0- 0- 1- 8/ 9
スニッツェル0- 0- 1- 2/ 3
ジョーカプチーノ0- 0- 0- 1/ 1
種牡馬勝率複勝率単回値複回値
ディープインパクト6.4%22.3%4154
ダイワメジャー6.8%22.0%79100
キングカメハメハ6.5%17.4%8458
ネオユニヴァース6.1%21.2%4790
ステイゴールド5.3%10.5%8542
マンハッタンカフェ5.9%11.8%7545
スクリーンヒーロー25.0%25.0%14252
ハービンジャー0.0%31.3%079
スウェプトオーヴァーボード0.0%25.0%0267
フジキセキ0.0%12.5%037
アドマイヤムーン0.0%11.1%025
スニッツェル0.0%33.3%0123
ジョーカプチーノ0.0%0.0%00

集計期間:2013. 1. 5 ~ 2017.11.12


※3番人気〜単勝100倍未満が対象
※良馬場開催が対象
※長期休み明けなど、明らかなマイナス要素を持つ馬は除外

解説・分析:注目血統は?

ディープインパクト産駒は当コースを最も得意にしている。しかし、その分人気になりやすいため、回収率が良くない。対象的に回収率が高いのはダイワメジャー産駒だ。

一方、キングカメハメハやマンハッタンカフェ、ステイゴールド、さらにフジキセキ産駒あたりは非常に回収率、好走率ともに低く、あまり適正は高くないと言えそうだ。


マイルCS2017の予想分析…前走上がり最速馬に注目?回収率100超データとは

@Arappa

2017年11月19日、京都競馬場でマイルチャンピオンシップ(マイルCS/GI/芝外回り1600m)が行われる。

エアスピネル、イスラボニータ、サトノアラジン、レッドファルクスらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

今回は過去10年のレースを参考にしながら、予想を進めていく上で鍵になりそうなポイントを紹介していこう。過去の傾向や、回収率100%を超えるファクターとは?

(※開催場所や時期、条件が変更になった場合は原則として対象外とする。その場合は同一条件で開催されるようになった年からの集計とする)


上がり最速馬に注目せよ!

マイルCSでは前走上がり最速を記録した馬が好成績を残す傾向にある。

◆前走上がり最速馬成績
集計期間:2007.11.18 ~ 2016.11.20
——————————————————-
勝率 複勝率 単回値 複回値 着別度数
——————————————————-
16.7% 44.4% 126 102 3- 4- 1-10/18
——————————————————-
※10番人気以内

複勝率はなんと44%。回収率も単複ともに100を超えている。瞬発力が問われる京都の外回りコースということで、末脚の保証がある馬の信用性が高いというわけだ。

上がり最速馬の中でも注目は…

では、上がり最速馬ならどの馬でもいいかというと、そうでもない。

ポイントとなるのは、位置取りだ。


実は複勝率44%を誇る上がり最速馬だが、「4コーナー12番手より後ろ」という位置取りから最速の脚を使った馬はほとんどが馬券に絡んでいない。

◆前走4角12番手以降
集計期間:2007.11.18 ~ 2016.11.20
——————————————–
勝率 複勝率 単回値 複回値 着別度数
——————————————–
0.0% 22.2% 0 43 0- 2- 0- 7/ 9
——————————————–

9頭走って馬券に絡んだのは2頭のみ。回収率も良くない。

一方、中団より前で競馬を進めた馬に関しては……

集計期間:2008.11.23 ~ 2016.11.20
——————————————–
勝率 複勝率 単回値 複回値 着別度数
——————————————–
33.3% 66.7% 252 162 3- 2- 1- 3/ 9
——————————————–

極めて優秀な成績を残していることが分かる。まとめると……

・上がり最速馬
かつ
・前走中団より前で競馬していた馬

この2つを満たす馬がいれば、信頼性の高い軸馬になりえるのだ。

ファクター該当馬は?

今回の出走予定馬の中で、前走上がり最速の末脚を使ったのは3頭。

アメリカズカップ
クルーガー
サングレーザー


そして彼らの位置取りを見てみると……

アメリカズカップ 4角3番手
クルーガー 4角13番手
サングレーザー 4角9番手

アメリカズカップとサングレーザーはクリア。クルーガーがやや後ろ過ぎるため、ここでは対象外と判断した方がいいだろう。この2頭が10番人気以内に支持された場合、馬券に加えてみても面白いのではないだろうか?


東スポ杯2歳S2017の予想分析…過去の血統と種牡馬、明確な共通点とは?

(C)MAZIMICKEY

2017年11月18日、東京競馬場で東京スポーツ杯2歳ステークス(東スポ杯2歳S│GIII/芝1800m)が行われる。

ワグネリアン、ルーカス、シャルルマーニュ、コスモイグナーツらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

なお、好走血統は過去10年、コース種牡馬成績は2014年以降(精度を高めるために1、2番人気の人気馬、および単勝100倍以上の人気薄、新馬戦、長期休み明けなどの不確定要素が多いレース=血統意外の要因で決着した可能性が高いレースは、集計から除外)を参考に考察していく。


過去10年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
2バトルプランタニノギムレット
4ハーツクライUnbridled’s Song
1ディープインパクトSadler’s Wells
4ダノンシャンティAlzao
2ディープインパクトStorm Cat
6ジャングルポケットダンスインザダーク
4MarjuRossini
1ディープインパクトフレンチデピュティ
9ディープインパクトExchange Rate
2フジキセキCozzene
4デュランダルティンバーカントリー
5キングカメハメハスペシャルウィーク
1キングカメハメハサンデーサイレンス
3Smart StrikeSilver Hawk
7ウォーエンブレムサンデーサイレンス
1ディープインパクトLoup Sauvage
10シンボリクリスエスサンデーサイレンス
12ダンスインザダークトニービン
1フジキセキエリシオ
3ハーツクライCozzene
7ステイゴールドメジロマックイーン
1キングカメハメハサンデーサイレンス
3ネオユニヴァーストニービン
9ニューイングランドヘクタープロテクター
9ステイゴールドタイトスポット
1Smart StrikeFrench Deputy
4シンボリクリスエスCrafty Prospector
9トワイニングサンデーサイレンス
3タニノギムレットサンデーサイレンス
5タニノギムレットサンデーサイレンス

解説・分析:注目血統は?

出世レースと言われる東スポ杯2歳Sだが、いわゆるベタなクラシック血統より非クラシック血統の台頭が目立つ。

昨年はバトルプラン産駒のブレスジャーニーが勝利し、その前にしてもダノンシャンティ、マルジューの産駒が勝っている。彼らの産駒はいずれも日本のクラシックでは未勝利。他にもデュランダル、スマートストライク、ウォーエンブレムなど、リーディング上位ではない種牡馬の産駒が活躍している。

ディープインパクト産駒も出てきているが、ディープブリランテ以外は期待を裏切っているのだから面白い傾向といえるだろう。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数
ディープインパクト9- 7- 17-113/146
ハーツクライ6- 10- 5- 70/ 91
ダイワメジャー3- 1- 1- 39/ 44
ハービンジャー2- 2- 4- 41/ 49
スクリーンヒーロー0- 1- 0- 8/ 9
ヴィクトワールピサ0- 0- 3- 9/ 12
エイシンフラッシュ0- 0- 0- 2/ 2
種牡馬勝率複勝率単回値複回値
ディープインパクト6.2%22.6%5679
ハーツクライ6.6%23.1%4758
ダイワメジャー6.8%11.4%4926
ハービンジャー4.1%16.3%2463
スクリーンヒーロー0.0%11.1%021
ヴィクトワールピサ0.0%25.0%0102
エイシンフラッシュ0.0%0.0%00

集計期間:2013. 1.27 ~ 2017.11.12

※3番人気〜単勝100倍未満が対象
※良馬場開催が対象
※長期休み明けなど、明らかなマイナス要素を持つ馬は除外


解説・分析:注目血統は?

サンプル数は少ないが、ヴィクトワールピサ産駒が高い回収率を誇る。他には特筆すべき成績を残している馬はいない。

ディープインパクトやハーツクライは好走率こそ高いが、回収率は並。ダイワメジャー産駒に至っては複勝率わずか11%と低調だ。

人気のクラシック血統は抑えつつ、クラシックに馴染みのない血統を攻めていくのが東スポ杯2歳Sのセオリーといえるだろう。


マイルチャンピオンシップ2017の予想データ分析…過去10年の人気、枠順などの傾向は?

(C)Ko-Mei

2017年11月19日、京都競馬場でマイルチャンピオンシップ(マイルCS/GI/芝外回り1600m)が行われる。

エアスピネル、イスラボニータ、サトノアラジン、レッドファルクスらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

出走馬のおさらいとともに、予想のポイント(過去の傾向、データ、血統、人気、枠順など)を考察していこう。


データ考察

過去10年のデータを抽出して傾向を探っていく。なお、週中には注目のデータをピックアップし、激走馬を導き出す考察を行っていく。そちらのチェックも見逃さないようにしよう!

人気別集計

人気着別度数
1番人気2- 3- 2- 3/ 10
2番人気1- 2- 1- 6/ 10
3番人気1- 2- 0- 7/ 10
4番人気3- 1- 1- 5/ 10
5番人気1- 0- 2- 7/ 10
6番人気0- 0- 1- 9/ 10
7番人気0- 0- 1- 9/ 10
8番人気1- 0- 0- 9/ 10
9番人気0- 0- 1- 9/ 10
10番人気0- 0- 1- 9/ 10
11番人気0- 1- 0- 9/ 10
12番人気0- 0- 0- 10/ 10
13番人気1- 0- 0- 9/ 10
14番人気0- 1- 0- 9/ 10
15番人気0- 0- 0- 10/ 10
16番人気0- 0- 0- 10/ 10
17番人気0- 0- 0- 10/ 10
18番人気0- 0- 0- 9/ 9
人気勝率複勝率単回値複回値
1番人気20.0%70.0%61102
2番人気10.0%40.0%4780
3番人気10.0%30.0%5964
4番人気30.0%50.0%268136
5番人気10.0%30.0%9893
6番人気0.0%10.0%038
7番人気0.0%10.0%044
8番人気10.0%10.0%18139
9番人気0.0%10.0%060
10番人気0.0%10.0%060
11番人気0.0%10.0%088
12番人気0.0%0.0%00
13番人気10.0%10.0%524107
14番人気0.0%10.0%069
15番人気0.0%0.0%00
16番人気0.0%0.0%00
17番人気0.0%0.0%00
18番人気0.0%0.0%00

年齢別集計

年齢着別度数
3歳0- 0- 1- 30/ 31
4歳3- 5- 3- 25/ 36
5歳4- 4- 5- 44/ 57
6歳2- 1- 1- 31/ 35
7歳0- 0- 0- 14/ 14
8歳1- 0- 0- 5/ 6
年齢勝率複勝率単回値複回値
3歳0.0%3.2%012
4歳8.3%30.6%7286
5歳7.0%22.8%12991
6歳5.7%11.4%6228
7歳0.0%0.0%00
8歳16.7%16.7%3820

馬体重別集計

馬体重着別度数
~399kg0- 0- 0- 0/ 0
400~419kg0- 0- 0- 0/ 0
420~439kg0- 0- 2- 6/ 8
440~459kg1- 2- 2- 14/ 19
460~479kg2- 2- 2- 40/ 46
480~499kg3- 1- 3- 37/ 44
500~519kg3- 3- 1- 37/ 44
520~539kg1- 2- 0- 13/ 16
540~0- 0- 0- 2/ 2
馬体重勝率複勝率単回値複回値
~399kg
400~419kg
420~439kg0.0%25.0%077
440~459kg5.3%26.3%9599
460~479kg4.3%13.0%1528
480~499kg6.8%15.9%15670
500~519kg6.8%15.9%5941
520~539kg6.3%18.8%2365
540~0.0%0.0%00

枠番別集計

枠番着別度数
1枠1- 1- 1-17/20
2枠1- 1- 1-17/20
3枠2- 0- 1-17/20
4枠2- 5- 0-13/20
5枠0- 1- 0-19/20
6枠1- 0- 1-18/20
7枠1- 1- 5-22/29
8枠2- 1- 1-26/30
枠番勝率複勝率単回値複回値
1枠5.0%15.0%5292
2枠5.0%15.0%1146
3枠10.0%15.0%7231
4枠10.0%35.0%7270
5枠0.0%5.0%07
6枠5.0%10.0%9034
7枠3.4%24.1%180113
8枠6.7%13.3%3829

馬番別集計

馬番着別度数
1番1- 1- 0- 8/10
2番0- 0- 1- 9/10
3番0- 0- 1- 9/10
4番1- 1- 0- 8/10
5番2- 0- 1- 7/10
6番0- 0- 0-10/10
7番1- 2- 0- 7/10
8番1- 3- 0- 6/10
9番0- 0- 0-10/10
10番0- 1- 0- 9/10
11番0- 0- 1- 9/10
12番1- 0- 0- 9/10
13番1- 1- 2- 6/10
14番0- 0- 0-10/10
15番0- 0- 3- 7/10
16番2- 0- 0- 8/10
17番0- 1- 1- 8/10
18番0- 0- 0- 9/ 9
馬番勝率複勝率単回値複回値
1番10.0%20.0%105125
2番0.0%10.0%060
3番0.0%10.0%060
4番10.0%20.0%2333
5番20.0%30.0%14562
6番0.0%0.0%00
7番10.0%30.0%10669
8番10.0%40.0%3871
9番0.0%0.0%00
10番0.0%10.0%015
11番0.0%10.0%029
12番10.0%10.0%18139
13番10.0%40.0%524217
14番0.0%0.0%00
15番0.0%30.0%0111
16番20.0%20.0%11644
17番0.0%20.0%045
18番0.0%0.0%00

脚質上り別集計

脚質上り着別度数
平地・逃げ1- 1- 0- 8/ 10
平地・先行2- 2- 2- 31/ 37
平地・中団6- 5- 5- 63/ 79
平地・後方1- 2- 3- 47/ 53
平地・マクリ0- 0- 0- 0/ 0
3F 1位3- 3- 1- 7/ 14
3F 2位2- 0- 2- 7/ 11
3F 3位2- 0- 1- 9/ 12
3F ~5位1- 2- 0- 14/ 17
3F 6位~2- 5- 6-112/125
脚質上り勝率複勝率単回値複回値
平地・逃げ10.0%20.0%5992
平地・先行5.4%16.2%3670
平地・中団7.6%20.3%12664
平地・後方1.9%11.3%821
平地・マクリ
3F 1位21.4%50.0%238102
3F 2位18.2%36.4%7280
3F 3位16.7%25.0%16984
3F ~5位5.9%17.6%30887
3F 6位~1.6%10.4%739

間隔別集計

間隔着別度数
連闘0- 0- 0- 1/ 1
2週0- 0- 0- 1/ 1
3週4- 5- 2- 53/ 64
4週2- 3- 1- 46/ 52
5~ 9週3- 2- 6- 38/ 49
10~25週1- 0- 1- 8/ 10
半年以上0- 0- 0- 2/ 2
初出走他0- 0- 0- 0/ 0
不明・他0- 0- 0- 0/ 0
明け2戦6- 5- 3- 64/ 78
明け3戦3- 4- 3- 43/ 53
明け4戦0- 1- 1- 14/ 16
明け5戦0- 0- 0- 4/ 4
明け6~0- 0- 2- 14/ 16
間隔勝率複勝率単回値複回値
連闘0.0%0.0%00
2週0.0%0.0%00
3週6.3%17.2%10753
4週3.8%11.5%5335
5~ 9週6.1%22.4%4378
10~25週10.0%20.0%5765
半年以上0.0%0.0%00
初出走他
不明・他
明け2戦7.7%17.9%13159
明け3戦5.7%18.9%3060
明け4戦0.0%12.5%047
明け5戦0.0%0.0%00
明け6~0.0%12.5%035

前走脚質別集計

前走脚質着別度数
平地・逃げ1- 0- 1- 17/ 19
平地・先行2- 1- 3- 41/ 47
平地・中団7- 7- 3- 62/ 79
平地・後方0- 2- 1- 24/ 27
平地・マクリ0- 0- 0- 0/ 0
3F 1位3- 4- 1- 11/ 19
3F 2位0- 1- 0- 6/ 7
3F 3位0- 2- 1- 13/ 16
3F ~5位0- 1- 3- 22/ 26
3F 6位~7- 2- 3- 92/104
前走脚質勝率複勝率単回値複回値
平地・逃げ5.3%10.5%3135
平地・先行4.3%12.8%5051
平地・中団8.9%21.5%11969
平地・後方0.0%11.1%023
平地・マクリ
3F 1位15.8%42.1%11997
3F 2位0.0%14.3%022
3F 3位0.0%18.8%046
3F ~5位0.0%15.4%029
3F 6位~6.7%11.5%9755

前走クラス別集計

前走クラス着別度数
新馬0- 0- 0- 0/ 0
未勝利0- 0- 0- 0/ 0
500万下0- 0- 0- 0/ 0
1000万下0- 0- 0- 0/ 0
1600万下0- 0- 1- 0/ 1
OPEN特別0- 0- 0- 4/ 4
G33- 3- 1- 51/ 58
G22- 6- 4- 55/ 67
G15- 1- 2- 34/ 42
前走クラス勝率複勝率単回値複回値
新馬
未勝利
500万下
1000万下
1600万下0.0%100.0%0380
OPEN特別0.0%0.0%00
G35.2%12.1%6636
G23.0%17.9%8564
G111.9%19.0%6757

前走距離別集計

前走距離着別度数
同距離3- 3- 4- 56/ 66
±200以内5- 9- 7-115/136
±400以内9- 10- 10-145/174
±600以内9- 10- 10-145/174
今回延長2- 6- 2- 42/ 52
今回短縮5- 1- 4- 51/ 61
前走距離勝率複勝率単回値複回値
同距離4.5%15.2%5045
±200以内3.7%15.4%7151
±400以内5.2%16.7%6855
±600以内5.2%16.7%6855
今回延長3.8%19.2%11277
今回短縮8.2%16.4%5244

前走レース名別集計

前走レース名着別度数
天皇賞秋G13- 0- 1-14/18
富士SG32- 3- 1-43/49
スワンSG21- 5- 1-35/42
スプリンG11- 1- 1- 6/ 9
京都大賞G21- 0- 0- 1/ 2
安田記念G11- 0- 0- 4/ 5
府中牝馬G31- 0- 0- 2/ 3
毎日王冠G20- 1- 1-13/15
サンチG10- 0- 2- 1/ 3
府中牝馬G20- 0- 1- 6/ 7
清水SH16000- 0- 1- 0/ 1
札幌記念G20- 0- 1- 0/ 1
秋華賞G10- 0- 0- 6/ 6
カシオペ0- 0- 0- 3/ 3
オータムHG30- 0- 0- 3/ 3
菊花賞G10- 0- 0- 2/ 2
福島記念HG30- 0- 0- 1/ 1
武蔵野SG30- 0- 0- 1/ 1
天皇賞春G10- 0- 0- 1/ 1
新潟記念HG30- 0- 0- 1/ 1
モーヴG30- 0- 0- 1/ 1
ポートア0- 0- 0- 1/ 1
テシオG10- 0- 0- 1/ 1
ターフG10- 0- 0- 1/ 1
QE2G10- 0- 0- 1/ 1
NHKマG10- 0- 0- 1/ 1
前走レース名勝率複勝率単回値複回値
天皇賞秋G116.7%22.2%9243
富士SG34.1%12.2%5638
スワンSG22.4%16.7%12463
スプリンG111.1%33.3%65155
京都大賞G250.0%50.0%23590
安田記念G120.0%20.0%11442
府中牝馬G333.3%33.3%35390
毎日王冠G20.0%13.3%048
サンチG10.0%66.7%0186
府中牝馬G20.0%14.3%047
清水SH16000.0%100.0%0380
札幌記念G20.0%100.0%0440
秋華賞G10.0%0.0%00
カシオペ0.0%0.0%00
オータムHG30.0%0.0%00
菊花賞G10.0%0.0%00
福島記念HG30.0%0.0%00
武蔵野SG30.0%0.0%00
天皇賞春G10.0%0.0%00
新潟記念HG30.0%0.0%00
モーヴG30.0%0.0%00
ポートア0.0%0.0%00
テシオG10.0%0.0%00
ターフG10.0%0.0%00
QE2G10.0%0.0%00
NHKマG10.0%0.0%00

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る