NHKマイルC2021の競馬予想分析!3つのデータから導く危険な人気馬
(C)MAZIMICKEY

2021年5月9日、東京競馬場でNHKマイルカップ(GⅠ/芝1600m)が行われる。今回は過去のデータやレース傾向を振り返り、当レースの危険な人気馬を予想していく。

馬券を買う上で特に重要なのは「どの馬を買うか」ではなく「どの馬が消しか」を見極めることだ。

人気馬を「買わない」と判断できれば、余った資金を軸馬の買い足しや穴馬の追加購入に回すことができる。そして人気馬が馬券圏外になれば配当が跳ね上がる。

「人気だから押さえようかな」と毎回人気馬を買ってしまうと回収率は落ちていく。だからこそ「買わない人気馬」を見つけることがカギになってくるのだ。

果たして、人気が想定されるシュネルマイスター、グレナディアガーズ、ホウオウアマゾン、バスラットレオン、ピクシーナイトらの中で危険なのはどの馬なのか。しっかり考察していこう。

過去10年のデータを参考にしていく。


NHKマイルカップの人気馬成績

過去10年のデータを見ると、1番人気は4勝、2着は1回、3着はなし。人気が飛びやすく、明暗がはっきりとわかれる。取捨選択がとても重要になる。

過去にはびっくりするような大万馬券も飛び出すが、元々NHKマイルカップは荒れやすい。それを踏まえて予想をしていきたいものだ。

ではここからは注目のデータをピックアップして紹介していこう。

予想参考データ① 前走トライアル組の取捨選択

前走NZT組(4- 0- 3-56)
勝率 7.0% │ 複勝率 12.3%

前走アーリントンC組(1- 0- 3-13)
勝率 5.9% │ 複勝率 23.5%

皐月賞には向かわず、最初からNHKマイルカップ狙いの馬が増えるほど、大手グループの分業制が進んでいる印象を受ける。そのため、例年よく見られる皐月賞や桜花賞からの参戦は非常に少ない。

NZT組だが、色々と次元が違ったカレンブラックヒルを除くと、5番人気まで、コンマ5秒負けに、アーリントンカップ組は前走3着まで、コンマ3秒の負けにとどめたい。

NZT組はバスラットレオンがコンマ9秒差つけて勝っており、あとはいらないことに。アーリントンカップ組もピクシーナイトが着順とタイム差で圏外に。

予想参考データ② 別路線組の取捨選択

別路線組で有名なのは桜花賞やファルコンステークスだが、桜花賞組はコンマ4秒の負けまでにとどめたい。ファルコンステークス組は2番人気以内で2着まで。前走1秒以上負けたyマガ巻き返すケースは重賞で2番人気以内だった馬か皐月賞を使っていたケースである。

グレナディアガーズはファルコンステークス1番人気で2着なのでセーフ、シュネルマイスターもセーフ。ソングラインは少々負けすぎでさすがに厳しく、ルークズネストは3番人気1着で、傾向から外れている。

予想参考データ③ それぞれの馬の前走レベル

グレナディアガーズやルークズネストの前走はファルコンステークスだったが、行きたがる素振りを見せたルークズネストが、立て続けに10秒台のラップを刻むハイペースな逃げとなったが、気持ちよく走らせたことや前の馬は脚を使い、後ろの馬も差し届かない状況も幸いし、ルークズネストが逃げ切った。しかし、グレナディアガーズの方がこの時斤量1キロ増だったため、その差が今回なくなる。そうなるとグレナディアガーズの方が上か。

シュネルマイスターの前走は弥生賞だったが、こちらはタイトルホルダーのマイペース逃げで、そのまま押し切る形に。シュネルマイスターは番手につけそのまま2着だったが、時計は遅かった。ただタイトルホルダーが皐月賞で好走したため、レベルが低かったとは言い難い。元々マイルの方が良さそうだが、あとは初の左回りがどうか。

ホウオウアマゾンやピクシーナイトなどの前走はアーリントンカップだったが、そのピクシーナイトが平均よりやや速めに逃げる。直線に入ってからピクシーナイトの手応えが怪しくなる。代わって番手から抜け出したホウオウアマゾンが押し切った。勝ち方はスマートで時計も良かった。時計勝負は全く問題ない。武豊騎手も復帰直後から万全の状態で、ホウオウアマゾンにとってここが狙い目だろう。ピクシーナイトも左回りなら一発を秘める。

バスラットレオンの前走はNZTだったが、バスラットレオンがややハイペースで逃げ、3着だったシティレインボーがマイペース逃げ状態に。自分でペースを作り、上がりも最速、これ以上ケチのつけようがない完勝で、タイムもよかった。元々重賞戦線で安定感を誇った馬であり、あの勝ち方ならば本番も狙いたくなる。

2021年の危険な人気馬は?

シュネルマイスターは人気になる見込みだが、初の左回りが少し引っかかるところ。他の馬が魅力的な勝ち方をする中、展開に助けられた前走という印象がぬぐい切れず、勝ち切る感じはしない。NHKマイルカップの好走条件に合致せず、危険な人気馬の一頭になりそうだ。

また、ピクシーナイトは1つ目の消しデータに合致している。左回りなら狙ってみたい部分もあるが、いかんせん大外枠で逃げで結果を残してきた。無理に逃げてお釣りはあるのか。

反対にホウオウアマゾンは危険なデータに一つも当てはまらない。前走は重馬場ながら勝ちタイムが優秀だった。13番ゲートは少し微妙だが、そこは天下の武豊騎手。鞍上の不安は一切ない。怖いのはバスラットレオンか。人気馬の中で最も不安要素が少ないのが、ホウオウアマゾンと言えそうだ。

おすすめの記事