新潟大賞典2021の競馬予想分析!3つのデータから導く危険な人気馬
(C)yusukekeiba

2021年5月9日、新潟競馬場で新潟大賞典(GⅢ/芝2000m)が行われる。今回は過去のデータやレース傾向を振り返り、当レースの危険な人気馬を予想していく。

馬券を買う上で特に重要なのは「どの馬を買うか」ではなく「どの馬が消しか」を見極めることだ。

人気馬を「買わない」と判断できれば、余った資金を軸馬の買い足しや穴馬の追加購入に回すことができる。そして人気馬が馬券圏外になれば配当が跳ね上がる。

「人気だから押さえようかな」と毎回人気馬を買ってしまうと回収率は落ちていく。だからこそ「買わない人気馬」を見つけることがカギになってくるのだ。

果たして、人気が想定されるポタジェ、ボッケリーニ、ダノンマジェスティ、サンレイポケット、トーセンスーリヤらの中で危険なのはどの馬なのか。しっかり考察していこう。

過去10年のデータを参考にしていく。


新潟大賞典の人気馬成績

過去10年のデータを見ると、1番人気は0勝、2着は1回、3着は3回。元々ハンデ戦で人気が割れやすいとはいえ、1番人気は本当に勝てず、苦戦傾向だ。

ハンデ戦もあって、伏兵馬がとことんやってくる。NHKマイルカップの資金を直前まで増やしておきたいところだ。

ではここからは注目のデータをピックアップして紹介していこう。

予想参考データ① 上がり最速でも届きにくい

新潟の外回りは600メートル以上直線があるので、追い出しもだいたい似てくる。よほど腹を括って外に回して差し切り勝負をするなら別だが、そこまで豪快な決まり方はだんだん少なくなっている。上がり最速で制したのは2014年のユールシンギングまで遡らないといけない。

とはいえ、勝ち馬は少なくとも上がり4番目までのタイムは必要になる。前目につけてジリ脚のパターンや、最後方ポツンから追い込みだけの馬に最速タイムを譲るパターンもあり、4コーナーで中団にはいておきたい。

大外のマイスタイルが無理に出すのか、横山典弘騎手が馬に合わせて引いてしまうのかでまた変わるが、そんなに流れなさそう。サンレイポケットがいかにも届きなさそうだが、どうか。

予想参考データ② ヒモなら斤量増、勝ち馬狙いなら斤量減

ハンデ戦なので斤量の傾向を見ると、斤量増と斤量減なら、ヒモ探しを求めるなら斤量増で、勝ち馬狙いなら斤量減、ここがポイントになる。

斤量増の場合、1キロ台の増加までが狙える。斤量減は1キロ台、2キロ台、3キロ以上でもさほど変わりはない。斤量別成績では、54キロから57キロまで。56.5や57.5もそれなりに来ている。

今年のトップハンデは57キロだが、メンバー的にそんなに揃っているとは言い難い。ただ過去に実績を残した馬たちが軒並み人気が下がりそうなので、上位馬たちがさほど実績がないなら一発を秘めていそうだ。

予想参考データ③ それぞれの馬の前走レベル

ポタジェやサンレイポケットの前走は金鯱賞だったが、ギベオンのマイペース逃げが炸裂し、デアリングタクトですら届かなかった。ポタジェも大健闘したが、斤量的にデアリングタクトとははっきりとした差があったか。サンレイポケットも6着だが、差はわずか。位置取りの差だろう。展開含め同じようなことになるならポタジェの方を上にみたい。

ボッケリーニの前走は小倉大賞典だったが、トーラスジェミニがやや暴走気味にハイペースで逃げ、早々に捕まった。ディアンドルが抜け出しを図ったが、ディアンドルもやや速めに追走しており、3番手のテリトーリアルがマイペース逃げに。ボッケリーニはさらにその後ろにいたが、結局は位置取りの差が出た。ただ500グラムだけボッケリーニの方が重いので、厳密にチェックするとボッケリーニの方が上か。

ダノンマジェスティの前走は但馬ステークスだったが、こちらは平均的な逃げ。ダノンマジェスティは2番手にいたが、決して無理はせず、直線で堂々と先頭に立ち、押し切っている。斤量はトップハンデだったため、完勝と言っていい。左回りの相性が良く、怖いのは経験のみ。家賃が高いかもしれない。

トーセンスーリヤの前走は福島民報杯だが、当日の新潟は大雨で嵐のようだった。結果はマイネルウィルトスの大楽勝。この環境で58秒台で逃げられたら、いくら番手のトーセンスーリヤもマイペース逃げとはならない。あとは馬場の問題もあった。去年の新潟大賞典の勝ち馬だが、去年は斤量3キロ減で臨めて今年は変化なし。重賞戦線でもやれないわけではないが、ちょっと足りないか。

2021年の危険な人気馬は?

トーセンスーリヤは人気になる見込みだが、馬場の問題はあったにせよ、少々前走は負けすぎた。ハンデ的に去年の再現は厳しそうで、北海道シリーズで改めて検討したい。新潟大賞典の好走条件に合致せず、危険な人気馬の一頭になりそうだ。

また、サンレイポケットは3つ目の消しデータに合致している。今までも差し届かなかったが、新潟の外回りだと余計にそうなるか。

反対にボッケリーニは危険なデータに一つも当てはまらない。前走は大外枠ながら最低限の結果は出せた。今回は最内ですんなりと競馬ができそう。人気馬の中で最も不安要素が少ないのが、ボッケリーニと言えそうだ。

おすすめの記事