オークス2021の競馬予想分析!3つのデータから導く危険な人気馬
(C)MAZIMICKEY

2021年5月23日、東京競馬場でオークス(GⅠ/芝2400m)が行われる。今回は過去のデータやレース傾向を振り返り、当レースの危険な人気馬を予想していく。

馬券を買う上で特に重要なのは「どの馬を買うか」ではなく「どの馬が消しか」を見極めることだ。

人気馬を「買わない」と判断できれば、余った資金を軸馬の買い足しや穴馬の追加購入に回すことができる。そして人気馬が馬券圏外になれば配当が跳ね上がる。

「人気だから押さえようかな」と毎回人気馬を買ってしまうと回収率は落ちていく。だからこそ「買わない人気馬」を見つけることがカギになってくるのだ。

果たして、人気が想定されるソダシ、アカイトリノムスメ、ユーバーレーベン、ステラリア、ファインルージュらの中で危険なのはどの馬なのか。しっかり考察していこう。

過去10年のデータを参考にしていく。


オークスの人気馬成績

過去10年のデータを見ると、1番人気は5勝、2着は2回、3着は1回。未知の2400メートルは、実力馬がすんなりと来やすい。紛れを求めるのはきつそうか。

未知の距離だからこそ、伏兵馬が絡みやすい。人気サイドで決まることは少なく、中穴を思い切って狙うのが面白そう。

ではここからは注目のデータをピックアップして紹介していこう。

予想参考データ① 前走桜花賞組の取捨選択

前走桜花賞組(7- 4- 5-63)
勝率 8.9% │ 複勝率 20.3%

毎年1頭は絡む桜花賞組だが、桜花賞組で独占したのはアーモンドアイやラッキーライラックがいた2018年だけ。桜花賞組の上位でそのまま決まるとは考えにくい。

傾向を見ると、5番人気までの馬、もしくは3着以内の馬。人気を背負い桜花賞で惨敗した馬の巻き返しは少ないが存在する。1秒程度の負けなら挽回はできる。

5番人気5着のアールドヴィーヴルをどうするか。この馬を切るなら、桜花賞組はソダシ、アカイトリノムスメ、ファインルージュの3頭で済む。

予想参考データ② トライアル組と別路線組の取捨選択

トライアル組はフローラステークスとスイートピーステークスの2つだが、いずれも未勝利。フローラステークスの傾向を見ると、3番人気3着まで、もしくは人気不問で1着。スイートピーステークスは2人気1着以上。

別路線組は3勝の忘れな草賞と皐月賞のみしか3着以内に来ていないが、事実上忘れな草賞組のみでいいだろう。タイム差をつけた1着のみでいい。

忘れな草賞1着のステラリアはタイム差をつけて勝っておりセーフ。フローラステークス2着のスライリーだが、前走14番人気だった。

予想参考データ③ それぞれの馬の前走レベル

ソダシ、アカイトリノムスメ、ファインルージュの前走は桜花賞だった。メイケイエールの暴走逃げは記憶に新しく、ペースだけ速くなってしまう。ところが3番手のソダシにとってはマイペースで走れて、結果的にサトノレイナスの追い込みを交わし切る。ただ位置取りや展開次第では上位4頭はいくらでも変わりそう。怖いのはアカイトリノムスメ。

ユーバーレーベンやクールキャットなどの前走はフローラステークスだった。平均ペースで流れた割に、前はやや大逃げ状態。番手に控えていたスライリーが逃げ粘る展開だと、4番手のクールキャットが堂々と先頭に立つのは力量差を見れば自然。ユーバーレーベンは位置取りがすべてだったが、それを改善すれば十分チャンスはあるだろう。

ステラリアの前走は忘れな草賞だった。淀みなく流れ、早くもなく遅くもないラップを、エイシンヒテンが刻む。ステラリアは中団にいたが、最後の直線で交わすことができた。1分58秒0は文句なしのレコード。ただ不安なのは距離。血統的に若干足りない気がしないでもないが。

2021年の危険な人気馬は?

ユーバーレーベンは人気になる見込みだが、ペースが遅くなることは濃厚で、ハイペースで本当なら後ろ有利でも届き切らないことが多い。大混戦は認めるとして、差し届かなくてもなんら不思議ではない。オークスの好走条件に合致せず、危険な人気馬の一頭になりそうだ。

また、ステラリアは3つ目の消しデータに合致している。勝ちタイムは優秀、しかし、2400メートルでそのパフォーマンスを出せるのか、そこが不安。

反対にアカイトリノムスメは危険なデータに一つも当てはまらない。血統的には全く申し分なく、東京コースで結果を出し続ける。競馬の格言に、2頭出しの人気のない方が来やすいというのがあるが、あってもおかしくはない。人気馬の中で最も不安要素が少ないのが、アカイトリノムスメと言えそうだ。

おすすめの記事