目黒記念2021の競馬予想分析!3つのデータから導く危険な人気馬
(C)MAZIMICKEY

2021年5月30日、東京競馬場で目黒記念(GⅡ/芝2500m)が行われる。今回は過去のデータやレース傾向を振り返り、当レースの危険な人気馬を予想していく。

馬券を買う上で特に重要なのは「どの馬を買うか」ではなく「どの馬が消しか」を見極めることだ。

人気馬を「買わない」と判断できれば、余った資金を軸馬の買い足しや穴馬の追加購入に回すことができる。そして人気馬が馬券圏外になれば配当が跳ね上がる。

「人気だから押さえようかな」と毎回人気馬を買ってしまうと回収率は落ちていく。だからこそ「買わない人気馬」を見つけることがカギになってくるのだ。

果たして、人気が想定されるグロンディオーズ、ヒートオンビート、アドマイヤポラリス、ミスマンマミーア、ディアマンミノルらの中で危険なのはどの馬なのか。しっかり考察していこう。

過去10年のデータを参考にしていく。


目黒記念の人気馬成績

過去10年のデータを見ると、1番人気は2勝、2着は3回、3着は2回。ハンデ戦で人気が割れやすいが、もっと割れた方が良さそう。

意外や意外、単勝50倍台以上の馬は過去10年で1頭も来ていない。しかし、単勝10倍台の馬は結構勝っている。中穴狙いが良さそうか。

ではここからは注目のデータをピックアップして紹介していこう。

予想参考データ① 関東馬が苦戦

過去10年の傾向を見ていくと、関東馬は2勝しかしておらず、2着も3着も少ない。関西馬より圧倒的に劣勢で苦しさがある。

細かく傾向を見ると、前走人気を背負っていたか掲示板までに入っていたかという馬が多い。前走箸にも棒にも掛からなかった馬が飛び込んでくるケースは少なかった。

グロンディオーズは前走1着で面白いが、妙味があるならサンアップルトンやゴールドギアか。

予想参考データ② ヒモなら斤量増、勝ち馬狙いなら斤量減

斤量増と斤量減なら魅力的なのは斤量増。データ的に1キロ以上の斤量増はやや狙いやすい。斤量減の馬は軽ければ軽いほど信用できなくなる。

斤量別成績を見ると、54キロが4勝、57キロが2勝、以下、55キロ、56キロ、58キロと続く。斤量増で54キロになればいいが、なかなかいないか。

と思いきや、ミスマンマミーアが斤量増で54キロに。データ的には激熱。あとは斤量2キロ増のグロンディオーズも面白そうか。

予想参考データ③ それぞれの馬の前走レベル

グロンディオーズの前走は、ダイヤモンドステークスだった。3400メートルのレース、最後の1000メートルで一気に動く。動けた馬で決着したようなもので、その中でもグロンディオーズがより動けたということか。負けたレースで判断すると、この距離ならまだそこを見せていない。素直に狙ってもいいだろう。

ミスマンマミーアやヒートオンビートの前走は大阪ーハンブルクカップだった。阪神2600メートルは少々特殊だが、意外と早めに流れる。さすがに道中は息が入るが、ラスト600メートルで動く。ここも動いた馬3頭で決まったが、ミスマンマミーアが抜きん出ていた。阪神2600メートルはスタミナを要するが、これなら東京2500メートルでもやれそうだ。

アドマイヤポラリスの前走はサンシャインステークスだった。前半だけが早く、後半は13秒台で流れており、いかにも稍重というレースに。このレースは動けた馬より我慢できたアドマイヤポラリスがなんとか勝てたという感じか。少し家賃が高そうだ。

ゴールドギアやディアマンミノルの前走はメトロポリタンステークスだった。平均ペースで流れ、後ろの馬には少しきつそうだったが、結果的に後ろにいた馬が末脚を炸裂させて飛び込んできた形に。内容的にはゴールドギアもディアマンミノルも良さそう。ただいくらハンデ戦とはいえ、戦績的にどうか。

2021年の危険な人気馬は?

アドマイヤポラリスは人気になる見込みだが、戦績的にいきなりの重賞がきついのではないか。リステッドで改めてということになるか。目黒記念の好走条件に合致せず、危険な人気馬の一頭になりそうだ。

また、ディアマンミノルは3つ目の消しデータに合致している。戦績的に強調しがたい部分がある。

反対にミスマンマミーアは危険なデータに一つも当てはまらない。斤量的にもいいのと、前走が素晴らしい勝ち方だった。あとは前が流れてくれるのを期待するだけだ。人気馬の中で最も不安要素が少ないのが、ミスマンマミーアと言えそうだ。

おすすめの記事