カテゴリー:その他コラム

なぜ菊花賞で血統が重要なのか?過去の結果から導く根拠

(C)馬空-競馬写真館-

あなたも、一度は聞いたことがあるのではないだろうか?

「菊花賞では血統が重要」

そう、菊花賞は一年で最も出走各馬の血統に注目が集まるレースなのだ。普段は血統を気にしない人でも、菊花賞だけは血統表を見てしまう。そんな経験がある人も、周りに多いのではないだろうか。あるいはあなた自身が、「そんな経験のある人」かもしれない。

しかし、なぜ菊花賞では血統が大事と言われるのだろうか?

今回はそんな疑問に、迫っていくことにしよう。


血統に注目が集まるワケ

結論から言えば、菊花賞が「未来を予想するレース」だからだ。

一般的に競馬予想というのは「過去」にスポットライトが当たりやすい。

「前走の内容が良かった。今回は力が違う!」

「調教があまり良くなかったから、今回は買わないでおこう」


「前回、同じ条件を走ったときのタイムが良かったから適性があるはず!」

どんな予想を行うにしても「過去」と強く紐付いている。

しかし、菊花賞の場合は過去から結果を導くことが難しい。なぜなら、出走馬のただ1頭も、3000mという距離を経験したことがないからだ。

「2000mで強くても、3000mで強いとは限らない」

「調教ではよかったけど、3000mを走るとなると……?」

「京都でいくら強い勝ち方をしていても、3000mもスタミナがもつか分からない」

そんな考えが浮かんでくるのではないだろうか?

では、そういった疑問に答えを出すにはどうしたらいいか。考えた末に行き着く先が、血統というわけだ。

未来を予想することができる予想法

少し大げさな言い方をするとするなら、血統は「未来を予想することができる予想法」ということができる。

血統予想は、その血統が秘めたポテンシャルから、予想の結果を導く予想法である。だからこそ、過去の戦績が参考になりづらい菊花賞で真価を発揮するというわけだ。


例えば少し古い例を挙げるなら、菊花賞といえば「ダンスインザダークを買えばいいレース」だった。

—————————————————————
種牡馬 勝率 複勝率 単回値 複回値 着別度数
—————————————————————
ダンスインザダーク 27.3% 45.5% 768 432 3- 2- 0- 6/11
—————————————————————

単勝回収率はなんと768%。半数近くの出走馬が激走し、とんでもない回収率を叩き出している。この傾向を見て「血統は関係ない」などということはできないだろう。

今年も血統に注目し、菊花賞に向いた血を持つ馬を探し当てることができれば、的中へ大きく近づいていくはずだ。


「菊花賞は強い馬が勝つ」は本当か?過去の歴史から紐解く名馬の条件

(C)sleep

皐月賞は速い馬が勝つ。

ダービーは運のいい馬が勝つ。

菊花賞は強い馬が勝つ。

競馬で昔から言われる格言だ。21世紀に入ってからはレース形態の変化から長距離レースの権威が落ちてきてしまっているものの、ここ最近は長距離GIが見直されつつある。

菊花賞で勝ったサトノダイヤモンドと、菊花賞および天皇賞春を制したキタサンブラックが現役最強馬争いを繰り広げているからだ。また、近年の菊花賞を勝ち馬を振り返っても同じことが言える。

トーホウジャッカルこそ、故障によって真価を発揮できなかったが、2013年の勝ち馬エピファネイアは後にジャパンカップを圧勝。2012年の勝ち馬ゴールドシップは有馬記念や宝塚記念を制してGI5勝を挙げた。

そして2011年の勝ち馬オルフェーヴルはクラシック3冠に加え、有馬記念(2回)と宝塚記念を制覇。そして凱旋門賞で2度2着になったことは、今なお記憶に新しい。

格言に修正を加えるなら?

近年の菊花賞の傾向を汲み取るとすれば、上記した格言には若干の修正が必要である。

菊花賞は「勝った馬が強い」とは必ずしも言い切れない。どの馬にとっても未知数の長距離戦ゆえに、フロックが起こってしまうことも稀にある。

だからこそ、こう表現してみてはどうだろうか。


「菊花賞は強い馬が“勝つべくして”勝つレース」

菊花賞では「3000mを走りきるスタミナ」と「軽い京都の芝コースで切れ負けしないスピード」が求められる。言ってみれば、極めて総合力が問われるレースなのだ。だからこそ、本当に強い馬が出てきた場合、その馬に抗うすべはない。

ディープインパクトも、オルフェーヴルも、ゴールドシップも、エピファネイアも、そしてサトノダイヤモンドも、圧倒的な一番人気に応えるべくして応えてきた。言ってみれば「必然の勝利」だったのだ。

さて、今年はどの馬が勝つのだろうか。その馬の将来には、さらなる栄光が待っているのだろうか。

そう思いを馳せる菊の舞台が、間もなくやってくる。


しくじらないで!競馬デートで起こりがちな3つの失敗とは?

(C)Yusuke Tsutaya

今まで「女性が教える『競馬場デートの誘い方』とは?JRAのCMを実践しよう!」、「競馬デートの“鉄板”とは?女性がオススメするのは「踏み切ってジャンプ」!?」と題し、競馬デートについてお伝えしてきました。

今回は実際にありがちな“失敗談”を見ていくことにしましょう。

レース以外にもレジャー施設として人気のある競馬場。楽しいはずの競馬デートが、レースに夢中になってしまって、いつのまにか……なんてならないか、気になりますよね。

高確率でしくじる行動、あるあるパターン3つをご紹介します。


予想に夢中で彼女を放ったらかしに…

競馬に慣れている彼女なら良いですが、初めて競馬場にくる女性は雰囲気に飲まれてしまうという人も少なくありません。

いろいろと彼に聞きたいことがあるのに、その彼がレース予想に夢中では、その後の雰囲気の回復が難しいかもしれません。

彼女の予想に「それはありえないよ」など罵倒したりするのはやめた方が良さそうです。

食べ過ぎ、飲み過ぎにも気をつけて

場内にはたくさんの出店がありますよね。見ているだけでお腹が減ってきてしまいますよね。中でも、時間がない中で片手で食べられるハンバーガー。とっても美味しいですが、服は汚れるわ、口は汚れるわ、美味しいのですが、食べるのが大変です。

無難に場内のレストランで済ませるのが良いでしょう。また当たり前の事ですが、お酒の飲みすぎには気をつけましょう!


前もって「●●●」と連絡を忘れずに

楽しみのデートの日、気合いを入れてヒールの高い靴を履く女性も多いです。ですが、ヒールで広い場内を歩き回るのは、時間が経過するにつれて苦痛なものです。これでは競馬どころではなくなってしまいます。

あらかじめ、「スニーカーやローヒールの靴で来てね」と伝えておくことで、「気が利く人」と女性からの印象もアップするでしょう。

自分の慣れた場所でも、気を抜かずに遊びましょう。

競馬場を「面白い」と思ってもらうために…

以上の3つ行動は周りでもよく聞くお話です。競馬デートにも、普通のデートにも通じる部分がありますね。

せっかく自分の良く知る場所でデートが出来るんですから、「やっぱり面白くないな」なんて思われてしまったら、非常にもったいないですよね。

相手への気遣いを忘れずに、楽しい時間を過ごせるように、配慮するのを忘れないようにしてみてくださいね。


1億5000万円を儲けた「投資競馬のコツ」とは?競馬裁判男が解説

(C)競馬予想GP

※前編「競馬裁判男が1億5000万円を儲けた予想法とは?本人が語る勝つための法則」へ

「ハズレ馬券は経費になるのか」

競馬裁判で一躍“時の人”となった卍(まんじ)氏は、いかにして1億5000万を儲けるほど予想法を確立したのか? 競馬裁判を行っていた際の心情とは?

卍氏のその素顔に迫ります。


「1億5000万円は残っていない」

──2007年から2009年にかけて28億7000万を投資、30億1000万を払い戻して、約1億4000万を稼がれたのことです。それを申告しなかったことで裁判沙汰になりました。普通税金というと自分の懐に入った金額に対して課せられると思うのですが、卍さんの場合、払戻金全額に対して課せられたため、5億7000万円というとんでもない金額が提示され、さらに無申告の罪で刑事裁判となりました。そのときはどのような心持ちになりましたでしょうか?

卍:課税額だけでも十分過ぎるほどショックだったのに、まさか刑事裁判になるとは思っていなかったので、二重にショックでした。

──今まで前例のなかった事件でしたが、公判までどのような準備をして裁判に臨まれたのでしょう?

卍:裁判官は競馬に詳しくない人が多いだろうということで、競馬に関する初歩的な説明から、自分の馬券の買い方に至るまで、詳細な説明を作成して裁判の証拠として提出しました。また、税法学者の方に意見書も作成していただきました。

──我々競馬ファンとしては儲かった額以上の税金をもっていかれたのではたまったものじゃありません。競馬ファンの多くは卍さんのことを応援していました。ただご家族はさぞ心配だったことと思います。馬券で投資をし、大金を稼いでいたことをご家族はご存知だったのでしょうか?


卍:はい、家族は知っていました。でも税金を収めないといけないということは知らなかったようです。

──つかぬことをお伺いしますが、儲けたお金は何に使いましたか?

卍:半分は投資信託(投資のプロに丸投げ)で失い、残りの半分は税金の支払いです。形に残るような大きな金額のものは何も残っていません。もちろん、残っていたとしても差し押さえられていたはずですが。

想定するべき投資の期間は?

──そうだったのですね。それでは再び競馬のことについてお聞きしたいと思います。素人目線な考えで申し訳ないのですが、指数を使う人にとって、例えば1戦1勝馬みたいな馬は実力が計りにくく、そういった馬が出るレースは予想が難しいのではないでしょうか?

卍:1戦1勝馬は過剰人気の傾向があるので、むしろそういう馬が出るレースは狙い目の場合が多いです。

──そうでした。卍指数には純粋な競走能力ではなく、人気と実力の兼ね合いで期待値が高いかどうかということもファクターとして含まれているのですね。卍さんの投資馬券術にレース相性や適性はありますか?例えばレースによって指数がフィットしたりしなかったり、ということはありますでしょうか?

卍:卍指数がフィットする条件とフィットしない条件というのは確かにあるとは思いますが、まだ卍指数を販売してから2年弱ほどなので、この条件が合うとか合わないとかを明確に言えるようになるにはもう少し時間が必要です。

──時間といえば、 競馬を投資としてみた場合、結果を出すためにはどのくらいのスパンを想定するべきなのでしょうか?

卍:私は1年間ぐらい(的中レース数が100レースになるぐらい)を想定しています。それぐらい経っても成績がイマイチな券種については買い方を見直すようにしています。

スランプで“ブレない”ためのコツ

──1年経つ前にゲームオーバー、つまり資産がゼロになってしまわないか心配なのですけど、それを回避することはできるのでしょうか?


卍:これはもう掛け金を下げていくしかないです。私の場合は、残高が半分になったら賭金も半分にし、残高が5分の1になったら賭金も5分の1にしていました。このやり方で、破産することなしに何度もスランプを乗り越えてきました。

──それは興味深いですね。本にも残高の90%以上を失うスランプに陥ったこともあると書かれていました。精神的にも堪えると思うのですが、そういったときどのような対処をされたのですか? そもそも一定の投資をするためには常に平常心でいることが必要だと思います。気持ちがぶれないために心がけていることなどはありますか?

卍:スランプの間は競馬のことをできるだけ考えず、競馬以外のことを楽しむようにしていました。何度かスランプを経験していると徐々に慣れてきて、数ヶ月くらいのスランプは平気になりました。

気持ちがぶれないためには、迷いそうなことは予めルール化してしまうことです。

例えば、半年経っても回収率がマイナスだったら予想方法を変えるとか、この予想家の予想を買ってみて半年経っても回収率がマイナスだったら買うのをやめるとか、何でも予めルールを決めておけば、気持ちのぶれは抑えられると思います。

──それは大切なことですよね。もしこれを読んだ読者が卍さんの予想を参考にして1億円稼いでしまったらどうしましょう。

卍:まずはきちんと申告しましょう(笑)。

外れ馬券を経費として申告することが前提ですが。私が販売している前日予想の買い目はボックスやフォーメーションにしてあるので、マークシートで買いやすいようになっていますが、競馬場やWINSで馬券を買った場合にどうやって申告すべきなのかは、私には分かりません。

──今週は宝塚記念ですね。宝塚記念と言えば夢のレースですが、卍さんの「夢」は何ですか?

卍:特に大きな夢はありませんが、気持ちと時間に余裕のある生活をおくりたいです。1ヶ月丸々競馬の研究というのもいつかやってみたいですね。


──いいですね!1カ月丸々競馬の研究。多くの競馬ファンの夢かもしれません。それでは最後に読者の皆様にメッセージをお願いします。

卍:私の馬券術は「当てに行く」馬券術ではなく「当たるまで待つ」馬券術なので簡単には当たりません。私と共にスランプに耐えていただける方をお待ちしています。耐えに耐えた末の大穴馬券の的中を共に喜べることを楽しみにしています。

卍(まんじ)/プロフィール

独自の指数を使って、2005年から2009年にかけて100万円の資金を元に、累計約35億円の馬券を購入し、約36億5000万円を払い戻して、約1億5000万円の利益を叩き出した。その際に出たハズレ馬券が経費として認められるかどうかを争った、いわゆる「馬券裁判」で話題に。現在は予想家としても活動中。

記事提供=競馬予想GP


競馬裁判男が1億5000万円を儲けた予想法とは?本人が語る勝つための法則

(C)競馬予想GP

2010年4月のある朝、家のチャイムが鳴った。

ドアを開けるとスーツ姿の男女が10人。そして突きつけられた令状。

「競馬でたくさんもうけていますよね?」

━━━━━マルサだ。

大阪国税局の査察が入る。そして競馬ファンだけでなく、社会を震撼させた「馬券裁判」へ。10億円に近い課税、そして馬券で得た所得を申告しなかったため単純無申告の罪で起訴されることとなる。

主な争点となったのは、

━━━━━外れ馬券は経費として認められるのか。

大阪地方裁判所の判決は、「外れ馬券を含めた購入費用が必要経費である」。しかしこれに検察側が控訴。高裁でも第一審と同じ判決だったが、検察側が上告したため、争いの場は最高裁へ。

そして最高裁でも卍氏の主張が認められ、 国税局の査察が入ってからちょうど5年、ようやく「馬券裁判」の幕が下りた。

競馬で億単位の多額の利益を得た方法――。


今あの馬券裁判を振り返って、そのときの心情――。

卍氏のその素顔に迫ります。


競馬を投資として考えていなかった

──本日はよろしくお願いいたします。

まず最初に競馬を好きになったきっかけをお聞きしたいと思います。

卍:麻雀仲間の友人達が競馬の話で盛り上がっていたのがきっかけです。

ナリタブライアンが活躍していた時代です。最寄りのWINSまで自転車で数分という恵まれた環境だったので、よく朝一からWINSに出かけていました。

──なぜか少し安心しました。勝手な思い込みかもしれませんが、投資として競馬をやっておられる方は、あまりレースを見たりドラマを感じたりということがない印象がありました。卍さんはイチ競馬ファンとして好きな馬や印象に残ったレースなど、競馬に纏わる想い出はありますか?

卍:まだ競馬を投資として考えていなかった頃には、好きな馬や思い出のレースがあります。

ナリタブライアンとマヤノトップガンが阪神の直線で叩き合いした阪神大賞典は、リアルタイムで見ていて感動しました。


で、その後の天皇賞でも当然ながら2頭の一騎打ちムードでしたが、そのときの私の本命馬はサクラローレルで、見事に1着に来ました。馬券はサクラローレルから馬連総流しという大穴狙いだったので、おもいっきりトリガミでしたけども(笑)

思い返してみれば、この頃からすでに、大勢に注目されている人気馬に逆らいたくなる穴党の傾向がありましたね。

1億5000万円を生んだ思考回路

──たしかに、卍指数は大勢の人が見落としているところを狙うのが本質ですものね。著書の中ではそういった大勢の人たちの注目している要素として「前走の着順」、逆にあまり注目されていない要素として「馬番の奇数・偶数」などを挙げておられました。そういった期待値の高いファクターは自身で見つけると書かれていましたが、どういった時に期待値が高い、と気が付くのでしょうか?

卍:最初は、とりあえず目についたファクターは片っ端から調べていました。

その後は、インターネットや競馬本などで情報を収集して、新たに知った情報を、過去データを使って実際に検証して確認するということの繰り返しです。競馬の格言なんかもいっぱいあるので、そういうものも過去データを使って検証していきました。

自分があまり詳しくない分野のサイトや競馬本を読めば、得られるものも多いです。

──「卍指数」を出すために競馬ソフトを利用されているとのことでしたので、ソフトが勝手に買い目を推奨してくれるものだと思っていましたが、実はけっこう手間のかかる作業なのですね。そういった分析がお好きなのですか? また統計学など専門的なことを学ばれた経験がおありなのでしょうか?

卍:分析は大好きです。図書館で過去何年分ものスポーツ新聞を出してもらって、その場で全レースの全馬の指数を全てノートに書き写す作業を何日もやって、その指数を家で分析していたほどなんですよ。今から考えると、おそろしく無駄な時間でしたね。

統計学は、中学校のくじ引き問題あたりは大好きでしたが、高校でPやらCやらの記号が出てきた時点で嫌になりまして(笑)。その後は、競馬の分析に興味を持ち出してから、統計学に関する参考書1冊とインターネット上のサイトで勉強しました。

正直、高度な統計学は競馬の分析には不要です。でも中学校程度の知識は必要だと思います。


──ありました。PとかCとか。ただ時間をかけて分析しても、時とともに変化するファクターもあるかと思います。定期的に改良されたりされるのですか?

卍:少なくとも10年以上は有効なファクターを使うように心がけているので、ファクターや指数自体をコロコロと変えることはないです。

例外は、競馬場が改修されたときに、その競馬場に関するファクターを一時的に無効にしておき、数年後にサンプルが集まった段階で見直すことはあります。

※後編「1億5000万円を儲けた「投資競馬のコツ」とは?競馬裁判男が解説」へ

卍(まんじ)/プロフィール

独自の指数を使って、2005年から2009年にかけて100万円の資金を元に、累計約35億円の馬券を購入し、約36億5000万円を払い戻して、約1億5000万円の利益を叩き出した。その際に出たハズレ馬券が経費として認められるかどうかを争った、いわゆる「馬券裁判」で話題に。現在は予想家としても活動中。

記事提供=競馬予想GP


Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る