カテゴリー:予想・考察

天皇賞春2018の競馬予想分析…大駆けへ?ガンコ飛躍への3要素

(C)MAZIMICKEY

悲願に向けて――。

2018年4月29日、京都競馬場で天皇賞春(GⅠ/芝3200m)が行われる。キタサンブラックに2年連続で惜しい負けだったシュヴァルグランや阪神大賞典を制したレインボーライン、クリンチャーやサトノクロニクルの4歳勢も出走予定だ。そんな中で日経賞を制したガンコに注目が集まる。

日経賞では3番人気に支持され、途中菊花賞のキセキがスパートを仕掛け、2番手のガンコに競りかかるような感じになったが、それでもペースを乱すことなくレースを進め、後続の追撃を退けた。しぶとさを発揮しており、そのレースは強さすら感じられた。

今回の天皇賞春は、大阪杯に出ていた有力馬が軒並み回避したことで若干層が薄くなっている。また大阪杯で大敗をした馬や直前に騎乗予定の騎手が騎乗停止になるなど、順調さが感じられない陣営が見られる。そんな中でガンコはここまで順調に駒を進めてきた。一時期まで障害レースへの転向を想定し、障害練習まで行っていた馬とは思えない飛躍だが、これ以上の飛躍をするための要素がいくつも存在する。


要素① 長距離の芝で底を見せていない

ガンコはデビュー後4戦は芝を使い、ほとんどダートを走らせてきた。このため、芝の実績はこれまでに8戦しかない。にもかかわらず、ここまでに1回も掲示板を外しておらず、芝の適性は素晴らしいものがある。2400メートル以上の長距離に目を向けると重賞初挑戦だった日経新春杯を除けば4戦3勝だ。ダート2000メートルや2500メートルでの実績もあることから、スタミナ面や折り合いは文句なしだ。

長距離のレースで大事なのはスタミナ面や折り合いの面だ。特に京都の3200メートルは2回大きな坂を上がって下る。ここで折り合いを欠くようではスタミナが持たないが、その点、ガンコは大丈夫だ。しかも前目でレースができ、前走は特殊なレースでもペースを崩さなかった。ずば抜けて切れる脚がなく、33秒台などの末脚勝負になれば到底かなわないが、マイペースで先行し粘りこみを図るような競馬ができれば十分にチャンスは広がる。

要素② 3戦3勝の騎手

今回、ガンコに騎乗するのは藤岡佑介騎手だ。ガンコには日経賞を含め3戦3勝と非常に相性がいい。藤岡佑介騎手はデビュー当時から期待され、重賞を多く制してきたが、近年は成績が伸び悩んでいた。ところが今年は絶好調であり、すでに重賞を2勝している。3年間重賞未勝利だった時期があったことを考えれば、円熟味を増してきたとみて間違いない。ちなみにもう1勝はクリンチャーで制した京都記念だ。この後にクリンチャーは乗り代わりになってしまうが、武豊騎手が騎乗停止になるというのは何とも皮肉な話である。

藤岡佑介騎手の複勝率は3割を超えており、このままの数値を維持すれば過去最高の成績となる。勝率や連対率もこのまま1年を終えればキャリアハイだ。あとはGⅠのタイトルだけだ。これまでに多くのチャンスに恵まれながらあと一歩届かなかった。同期の川田将雅騎手に成績面で先行していたものの、途中で抜かれ実績面でも大きな差をつけられている。ガンコで巻き返しを図るという強い気持ちを持っているだろう。これまでは外を回す競馬が多かったが、内を突いた競馬も見せるようになっている。久しぶりにやってきたGⅠタイトルのチャンスだ。

要素③ 楽な展開になる可能性

天皇賞春は基本的に折り合い専念のレースになる。そうなると、いきなりスパートを仕掛けるような形にはなりにくい。よほどスローペースでない限りはレースを壊すようなことはしにくいというのもある。今回逃げが想定されるのはヤマカツライデンだが、去年の実績的に逃げが頼りない面があるため、ガンコが楽に追走できる可能性が考えられる。もちろん、それは他の馬も楽に追走できることを意味するが、日経賞のようにスパートを誘発させてカオスな流れにさせて、ペースを乱させることもできるだろう。

皐月賞もそうだったが、結局大事なのは大集団のペースになる。前が飛ばしても大集団のペースが楽なら実質そこで先頭の馬がマイペースをつかんでいる形だ。ガンコもそうなる可能性がある。あとは折り合い専念で馬の気持ちを大事に回ってくればそれだけで勝機が見えてくる。

まとめ

ガンコという馬は一度は障害レース行きを真剣に考えられ、担当の騎手まで決めて練習に励んできた。それが芝のレースに出したところ勝ってしまい、あれよあれよと重賞を制して天皇賞春では有力馬の仲間入りだ。メジロパーマーがそうだったように、障害練習を積んだことで進化した名馬も過去にはいた。ガンコもその1頭になるかもしれない。

父ナカヤマフェスタ、母シングアップロックは産駒面の成績などであまりパッとせず、ガンコに起死回生を賭ける。それは藤岡佑介騎手も同じであり、この馬が勝つことで色々な人の希望になる。競馬はロマンと呼ばれて久しいが、乗り代わりやセレクトセールで高額な取引をした馬の活躍などでロマン要素が薄らいでいる。ガンコは昔懐かしいロマン要素、泥臭いドラマを思い出させる一頭である。


NHKマイルカップ2018の日程、出走予定馬と過去の傾向は?

(C) PSPS-KIZUNA‏

2018年5月6日、東京競馬場でNHKマイルカップ(GI/芝1600m)が行われる。タワーオブロンドン、ケイアイノーテック、テトラドラクマ、カツジ、プリモシーンらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

競馬TIMES編集部では来週から一週間をかけて当重賞を徹底的に検証していく。血統考察やデータ分析、有力馬の強調材料と不安要素の検証など、多角的な視点から当レースの見どころや注目点を解き明かしていく予定だ。

以下が出走予定馬と、週中時点での予想オッズの傾向だ。


概要

2018年5月6日 2回東京6日目
芝左1600m サラ系3歳オープン (国際) 牡・牝(指)(定量)

出走予定馬・登録馬

アイスフィヨルド 牡3 北村宏騎手 武藤厩舎
アルジャーノン 牡3 川島騎手 荒川厩舎
アンコールプリュ 牝3 藤岡康騎手 友道厩舎
カシアス 牡3 浜中騎手 清水久厩舎
カツジ 牡3 松山騎手 池添兼厩舎
ギベオン 牡3 バルジュー騎手 藤原英厩舎
ケイアイノーテック 牡3 戸崎圭騎手 平田厩舎
タワーオブロンドン 牡3 ルメール騎手 藤沢和厩舎
ダノンスマッシュ 牡3 北村友騎手 安田隆厩舎
テトラドラクマ 牝3 田辺騎手 小西厩舎
デルタバローズ 牡3 大野騎手 堀厩舎
トーセンブレス 牝3 柴田善騎手 加藤征厩舎
パクスアメリカーナ 牡3 川田騎手 中内田厩舎
ファストアプローチ 牡3 田辺騎手 藤沢和厩舎
フロンティア 牡3 川田騎手 中内田厩舎
プリモシーン 牝3 戸崎圭騎手 木村厩舎
ミスターメロディ 牡3 福永騎手 藤原英厩舎
ミュージアムヒル 牝3 津村騎手 古賀慎厩舎
リョーノテソーロ 牡3 吉田隼騎手 武井厩舎
ルーカス 牡3 Mデムーロ騎手 堀厩舎
レッドヴェイロン 牡3 Mデムーロ騎手 石坂正厩舎
ロックディスタウン 牝3 池添騎手 藤沢和厩舎

想定人気・予想オッズ

21番人気 アイスフィヨルド 219.8倍
20番人気 アルジャーノン 188.4倍
18番人気 アンコールプリュ 125.5倍
19番人気 カシアス 125.5倍
4番人気 カツジ 10.7倍
6番人気 ギベオン 12.1倍
2番人気 ケイアイノーテック 5.6倍
1番人気 タワーオブロンドン 2.3倍
17番人気 ダノンスマッシュ 125.5倍
3番人気 テトラドラクマ 6倍
16番人気 デルタバローズ 109.8倍
11番人気 トーセンブレス 29.8倍
7番人気 パクスアメリカーナ 14.7倍
13番人気 ファストアプローチ 82.3倍
14番人気 フロンティア 87.8倍
5番人気 プリモシーン 11.6倍
8番人気 ミスターメロディ 15.3倍
22番人気 ミュージアムヒル 329.9倍
15番人気 リョーノテソーロ 90.9倍
9番人気 ルーカス 17.3倍
10番人気 レッドヴェイロン 22.4倍
12番人気 ロックディスタウン 47.8倍


クイーンエリザベス2世カップ2018の最新人気・予想オッズ、出走予定馬は?

(C)MAZIMICKEY

2018年4月29日、香港のシャティン競馬場でクイーンエリザベス2世カップ(GI/芝2000m)が行われる。アルアイン、タイムワープ、ダンビュライト、パキスタンスター、ピンハイスターらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

今回は週中時点における最新予想オッズをお届けする。どの馬が人気に指示されるのか? 実績やポテンシャルの割に低評価な馬とは?

以下が出走予定馬と、週中時点での予想オッズの傾向だ。


概要

2018年4月29日 17:40 発走 香港・シャティン 芝2000m

出走予定馬・登録馬

アルアイン 牡4 C.デム騎手 池江泰寿厩舎
イーグルウェイ セ5 プレブル騎手 ムーア厩舎
ゴールドマウント セ5 サナ騎手 クルーズ厩舎
タイムワープ セ5 パートン騎手 クルーズ厩舎
ダンビュライト 牡4 T.ベリ騎手 音無秀孝厩舎
ディノーゾ セ5 ドゥルー騎手 サイズ厩舎
パキスタンスター セ5 モレイラ騎手 クルーズ厩舎
ピンハイスター セ4 モレイラ騎手 サイズ厩舎

想定人気・予想オッズ

1番人気 アルアイン 2.1倍
6番人気 イーグルウェイ 60.1倍
7番人気 ゴールドマウント 79.6倍
2番人気 タイムワープ 2.7倍
3番人気 ダンビュライト 4.4倍
8番人気 ディノーゾ 290.8倍
5番人気 パキスタンスター 9.3倍
4番人気 ピンハイスター 4.5倍


天皇賞春2018の最新人気・予想オッズ、出走予定馬は?過去の歴代勝ち馬一覧

(C)はねひろ

2018年4月29日、京都競馬場で天皇賞春(GI/芝外回り3200m)が行われる。シュヴァルグラン、レインボーライン、クリンチャー、ガンコ、サトノクロニクルらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

今回は週中時点における最新予想オッズをお届けする。どの馬が人気に指示されるのか? 実績やポテンシャルの割に低評価な馬とは?

以下が出走予定馬と、週中時点での予想オッズの傾向、そして過去の勝ち馬の一覧だ。


概要

2018年 4月29日(日) 3回京都4日目 17頭 [仮想出馬表]
【11R】  第157回天皇賞(春)
4歳以上・オープン・G1(定量)(国際)(指定) 芝3200m・外 (C)

出走予定馬・登録馬

アルバート 牡7 ルメール騎手 堀厩舎
カレンミロティック セ10 池添騎手 平田厩舎
ガンコ 牡5 藤岡佑騎手 松元厩舎
クリンチャー 牡4 三浦騎手 宮本厩舎
サトノクロニクル 牡4 川田騎手 池江厩舎
シホウ 牡7 浜中騎手 笹田厩舎
シュヴァルグラン 牡6 ボウマン騎手 友道厩舎
スマートレイアー 牝8 四位騎手 大久保厩舎
ソールインパクト 牡6 福永騎手 戸田厩舎
チェスナットコート 牡4 蛯名騎手 矢作厩舎
トーセンバジル 牡6 Mデムーロ騎手 藤原英厩舎
トウシンモンステラ 牡8 藤岡康騎手 村山厩舎
トミケンスラーヴァ 牡8 秋山騎手 竹内厩舎
ピンポン 牡8 宮崎騎手 粕谷厩舎
ミッキーロケット 牡5 和田騎手 音無厩舎
ヤマカツライデン 牡6 松山騎手 池添兼厩舎
レインボーライン 牡5 岩田騎手 浅見厩舎

想定人気・予想オッズ

6番人気 アルバート 11.9倍
9番人気 カレンミロティック 47.4倍
3番人気 ガンコ 5.2倍
4番人気 クリンチャー 6.3倍
5番人気 サトノクロニクル 7倍
15番人気 シホウ 648.5倍
1番人気 シュヴァルグラン 3.1倍
11番人気 スマートレイアー 77.2倍
12番人気 ソールインパクト 112.7倍
8番人気 チェスナットコート 13.1倍
7番人気 トーセンバジル 12.3倍
17番人気 トウシンモンステラ 952.6倍
14番人気 トミケンスラーヴァ 635倍
16番人気 ピンポン 725.7倍
10番人気 ミッキーロケット 72.9倍
13番人気 ヤマカツライデン 220.7倍
2番人気 レインボーライン 3.5倍

過去の勝ち馬たち

2017/04/30 キタサンブラック [西]清水久詞厩舎
2016/05/01 キタサンブラック [西]清水久詞厩舎
2015/05/03 ゴールドシップ [西]須貝尚介厩舎
2014/05/04 フェノーメノ [東]戸田博文厩舎
2013/04/28 フェノーメノ [東]戸田博文厩舎
2012/04/29 ビートブラック [西]中村均厩舎
2011/05/01 ヒルノダムール [西]昆貢厩舎
2010/05/02 ジャガーメイル [東]堀宣行厩舎
2009/05/03 マイネルキッツ [東]国枝栄厩舎
2008/05/04 アドマイヤジュピタ [西]友道康夫厩舎


青葉賞2018の最新人気・予想オッズ、出走予定馬は?過去の歴代勝ち馬一覧

© 2017 Ricky All Rights Reserved.

2018年4月28日、東京競馬場で青葉賞(GII/芝2400m)が行われる。オブセッション、サトノソルタス、スーパーフェザー、ダノンマジェスティ、エタリオウらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

今回は週中時点における最新予想オッズをお届けする。どの馬が人気に指示されるのか? 実績やポテンシャルの割に低評価な馬とは?

以下が出走予定馬と、週中時点での予想オッズの傾向、そして過去の勝ち馬の一覧だ。


概要

2018年 4月28日(土) 2回東京3日目 19頭 [仮想出馬表]
【11R】  第25回テレビ東京杯青葉賞 (馬連5%UP/予定)
3歳・オープン・G2(馬齢)(国際)(指定) 芝2400m (A)

出走予定馬・登録馬

エタリオウ 牡3 和田騎手 友道厩舎
オブセッション 牡3 ルメール騎手 藤沢和厩舎
カフジバンガード 牡3 古川騎手 松元厩舎
クレディブル 牡3 大野騎手 萩原厩舎
ゴーフォザサミット 牡3 蛯名騎手 藤沢和厩舎
サトノソルタス 牡3 Mデムーロ騎手 堀厩舎
シルヴァンシャー 牡3 ボウマン騎手 池江厩舎
スーパーフェザー 牡3 福永騎手 友道厩舎
スズカテイオー 牡3 藤岡康騎手 橋田厩舎
ダノンマジェスティ 牡3 内田博騎手 音無厩舎
ダブルフラット 牡3 戸崎圭騎手 角居厩舎
テトラルキア 牡3 柴田善騎手 大和田厩舎
ディープインラヴ 牡3 岩田騎手 矢作厩舎
トラストケンシン 牡3 柴田大騎手 高橋文厩舎
ノストラダムス 牡3 和田騎手 鈴木孝厩舎
マイネルサリューエ 牡3 ○○騎手 上原厩舎
ミッキーポジション 牡3 横山典騎手 菊沢厩舎
モンテグロッソ 牡3 北村宏騎手 木村厩舎
ユウセイフラッシュ 牡3 三浦騎手 戸田厩舎

想定人気・予想オッズ

5番人気 エタリオウ 14.3倍
1番人気 オブセッション 2.7倍
11番人気 カフジバンガード 66.8倍
18番人気 クレディブル 504.4倍
7番人気 ゴーフォザサミット 21.2倍
2番人気 サトノソルタス 3.4倍
8番人気 シルヴァンシャー 31.8倍
3番人気 スーパーフェザー 4.2倍
12番人気 スズカテイオー 105.2倍
4番人気 ダノンマジェスティ 4.5倍
9番人気 ダブルフラット 42.7倍
16番人気 テトラルキア 383.3倍
6番人気 ディープインラヴ 17.4倍
13番人気 トラストケンシン 168倍
10番人気 ノストラダムス 47.5倍
19番人気 マイネルサリューエ 1278.1倍
17番人気 ミッキーポジション 456.3倍
14番人気 モンテグロッソ 230.8倍
15番人気 ユウセイフラッシュ 336.2倍

過去の勝ち馬たち

2017/04/29 アドミラブル [西]音無秀孝厩舎
2016/04/30 ヴァンキッシュラン [西]角居勝彦厩舎
2015/05/02 レーヴミストラル [西]松田博資厩舎
2014/05/03 ショウナンラグーン [東]大久保洋厩舎
2013/04/27 ヒラボクディープ [東]国枝栄厩舎
2012/04/28 フェノーメノ [東]戸田博文厩舎
2011/04/30 ウインバリアシオン [西]松永昌博厩舎
2010/05/01 ペルーサ [東]藤沢和雄厩舎
2009/05/02 アプレザンレーヴ [西]池江泰郎厩舎
2008/05/03 アドマイヤコマンド [西]橋田満厩舎


競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る