カテゴリー:予想・考察

フェブラリーS2018の競馬予想分析…ケイティブレイブ激走への3つの注目点とは?

(C)MAZIMICKEY

2018年2月18日、東京競馬場でフェブラリーS(GⅠ/ダート1600m)が行われる。テイエムジンソク、ゴールドドリーム、ノンコノユメ、サンライズノヴァ、ケイティブレイブ、アウォーディー、ベストウォーリアらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

ケイティブレイブは、昨年の帝王賞、今年の川崎記念と交流GI2勝を含め、重賞6勝を挙げており、今回のメンバーに入っても実績は上位だ。

フェブラリーステークスは昨年が6着。今回はリベンジがかかる一戦でもある。JRA・GI初制覇へ向け、クリアすべきポイントを探っていく。


ポイント① 高速時計への対応

重賞6勝は全て地方で挙げたもの。中央のスピードが出るダートでは信頼度が落ちる。中央で勝ったのは3歳時の500万下が最後で、オープンクラスでは④③②②⑥④着。単勝1.7倍と圧倒的な支持を集めた2016年のラジオ日本賞でも、期待に応えられなかった。

地方で勝ったレースの走破タイムを見ても、帝王賞が脚抜きのいい馬場だったにもかかわらず2.04.4、前走の川崎記念が2.14.9とかなり平凡だ。フェブラリーステークスは例年、良馬場でも1分34秒台~35秒台と速いタイムで決着しており、高速決着に対応できるかがカギになる。

ポイント② 臨戦過程

デビュー以来、レース間隔が3か月以上空いたのは1回のみ。ほとんど休みなしで走り続けていながら、安定した成績を残している非常にタフな馬だ。

それでも、今回はこれまでと状況が違う。JBCクラシック、チャンピオンズカップ、東京大賞典と、ダートの秋3冠戦に皆勤し、川崎記念にも出走。3か月の間にGI4レースを消化した上、そこから中2週(中17日)と、かなりきついローテーションになっている。

14日の最終追い切りは、栗東坂路で4F51.6秒をマークしたように、時計や動きは良好だが、いかにタフな馬と言えど、目に見えない疲れがあるはず。パフォーマンスに影響を与えないかが心配だ。

なお、フェブラリーステークスがGIに昇格した1997年以降、川崎記念→フェブラリーステークスと連勝した馬はいない。ダートの名馬カネヒキリでさえ、川崎記念を勝って臨んだ2009年は3着に敗れている。

ポイント③ 展開

前走は同型が不在で、まんまとマイペースに持ち込んで逃げ切った。しかし今回は、テイエムジンソクをはじめ、インカンテーション、ニシケンモノノフ、ノボバカラなど、強力な同型が揃い、激しい先行争いが予想される。上位争いをするためには、自力でレースをつくれるテイエムジンソクなどの快速馬をうまく捌く必要があり、展開が味方しそうにはない。

そもそも、実績を残しているのは1800m以上のレースで、1600m以下のレースに出走するのは1年ぶり。マイルGIの速い流れにスムーズに乗ることができるかという点も疑問だ。

まとめ

ケイティブレイブのほかに、重賞5勝を挙げたニホンピロサート、交流GI南部杯を制したニホンピロジュピタなどを手がけた目野哲也調教師は、今月限りで定年引退となり、今回が最後の重賞挑戦となる可能性が高い。厩舎の代表馬と言えるケイティブレイブは、師の引退に花を添えることができるか。


小倉大賞典2018の競馬予想分析…トリオンフは勝てない?3つの理由

(C)MAZIMICKEY

初タイトルなるか――。

2018年2月18日、小倉競馬場で小倉大賞典(GⅢ/芝1800m)が行われる。様々な路線から出走馬が集まってくること、ハンデ戦ということもあり毎年のように荒れる重賞である。今回注目されるのが、現在条件戦を連勝中であり、初重賞制覇が期待されるトリオンフだ。ハンデも54kgと他の有力馬よりも軽く、どんな馬にもチャンスがあるレースであることから、その勢いを買われ今回勝ち負けが期待される。

果たしてトリオンフは3連勝で初重賞制覇をを成し遂げられるのか?

過去10年のデータから期待できるのか見ていこう。


不安要素① ハンデ

ハンデ戦ということもあり、斤量が軽ければ軽いほど有利と思われるが、54kg以下の馬は勝ち馬はおろか複勝率も0%と全く結果を残せていない。そして意外なことに57~58kgのトップハンデを背負った馬が好成績をあげている。こういった事情も荒れやすい要因だろう。今回トリオンフは54kgであり、データを見る限り好走するのは厳しいと言わざるを得ない。ハンデ重賞とはいえOP以上でも戦える実力、実績両方を兼ね備えている必要があるようだ。

不安要素② 前走人気

ハンデが軽い馬は好走出来ていないが、前走条件戦だった馬でも勝ち馬はいる。しかし結果を残しているのは1番人気に支持されていた馬であり、クラスは違えどファンに1番人気に支持されるだけの実力が必要ということだろう。前走1600万下ではエアウィンザーに次ぐ2番人気であった。エアウィンザーは良血ゆえに過剰人気気味であるが、それでもトリオンフがファンに実力が支持されなかったのは引っかかる。連勝中ではあるがクラスが上がるここでは過度な期待は禁物だろう

不安要素③ GⅠ出走歴

現在、小倉大賞典は3走以内にG1に出走した経験の馬が4連勝している。好走している必要はなく、出走していれば条件クリアとなる。前述の2つのデータが示すように当日に人気に関係なく、重賞以上で戦えるだけのポテンシャルを秘めた馬でなくては勝てないレースということだろう。ローカルのハンデ重賞程度なら勝てるかもしれないという意欲で出走してくる陣営は厳しいといえる。トリオンフの陣営はここを本気で勝ちに来ているのかどうか?まだまだ力不足ではないだろうか。

まとめ

いかがだっただろうか? 連勝の勢い、充実しつつあることからチャンスは十分あると思われるが、データを見れば勝ち負けするのは厳しいように感じる。とはいえ楽しみな逸材に変わりはなく陣営が本気で勝ちに来ているようならあっさり勝っても不思議ではないし、そうなればもっと上を目指すことも可能だろう。トリオンフが秘める無限の可能性に期待したい。


小倉大賞典2018の最終追い切り分析…ダッシングブレイズらの調教評価は?

(C) ritajulius

2018年2月18日、小倉競馬場で小倉大賞典(GⅢ/芝1800m)が行われる。ウインガナドル、ダッシングブレイズ、ダノンメジャー、トリオンフ、クインズミラーグロ、ヒットザターゲット、スズカデヴィアスらが出走を予定しているが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵は果たしているのか?

今週には最終追い切りが美浦、栗東の東西トレーニングセンターで行われた。これを受けて、体調や仕上がり具合を一週前の調教と最終追い切りから考察していく。


最終追いきり診断

今回は上位人気が予想される馬を中心に見ていくことにしよう。

スズカデヴィアス・牡7歳(栗東・橋田厩舎)

評価A

1週前追い切りは2月9日栗東坂路(良)

4F52秒8―38秒3―24秒8―12秒4

馬なりながら好時計をマーク。今年これが3走目となり上積みは無さそうだが、前走時の状態はキープされている。

最終追い切りは2月14日栗東坂路

4F52秒3―37秒7―24秒4―12秒1

一杯に追われて1週前追い切りよりも好タイムをマーク。疲れを感じさせない動きで好調をアピールしている。仕上がり具合に問題はなく年齢も感じさせない。

ダッシングブレイズ・牡6歳(栗東・吉村厩舎)

評価A+

1週前追い切りは2月8日栗東CWコース(良)
6F82秒3―66秒0―50秒3―37秒0―11秒7

浜中騎手が騎乗して一杯に追われ、文句ない自己ベストに近いタイムを出した。馬なりのウラガーノ(4歳上1000万下)を0.4秒差追い掛けて1.0秒先着。しっかりと折り合いもついていて、乗り込み量も豊富なため仕上がっていると見て良い出来である。

最終追い切りは2月15日栗東CWコース(良)

6F82秒0―65秒6―51秒0―37秒8―11秒9

1週前と同様に動きは文句なし。直線で鋭い伸びを見せ、機敏な動きをしている。半年ぶりでも太め感はなく力は存分に発揮できそう。

ダノンメジャー・牡6歳(栗東・橋口厩舎)

評価A-

1週前追い切りは2月12日栗東坂路(稍重)

4F56秒3―41秒4―27秒3―13秒4

馬場が稍重で馬なりとは言え、時計が平凡。併せたカレンラストショー(4歳上1600万下)を0.4秒差追走して0.2秒先着。最後は伸びているが仕上がり手前の感じが強い。


最終追い切りは2月15日栗東CWコース(良)

6F86秒1―68秒3―52秒2―37秒9―11秒5

強めの追い切りだったが反応良く、ラスト1Fの伸びは抜群でタイムも上々。1週前よりもはるかに動きが良くなっており、これで仕上がったと見てよい。力は出し切れそう。

トリオンフ・セン4歳(栗東・須貝厩舎)

評価A+

1週前追い切りは2月8日栗東坂路(良)
4F52秒4―38秒1―24秒3―11秒9

川田騎手を背に坂路を強めに追われて好時計を出した。馬なりに追われたテラノヴァ(4歳上1000万下)と併せ、0.1秒差を追走して0.7秒先着。ゴール前で仕掛けられると機敏に反応し突き放している。

最終追い切りは2月14日栗東坂路(良)

4F53秒1―38秒3―24秒2―12秒1

坂路を単走、馬なりで追い切られた。力強い走りでスピードも十分あり、気配は良好。前走からの上積みもあり、充実した馬体でハイレベルなパフォーマンスを見せてくれそう。

ストレンジクォーク・牡6歳(美浦・小島厩舎)

評価B+


一週前追い切りは行わず、8日に山元トレセンから直接小倉競馬場へ輸送されている。換わりに2月12日に小倉ダートで追い切られた。

5F75秒7―57秒6―41秒3―12秒8

軽快な脚捌きで悪い馬場状態でのラスト12秒台は上出来。パワーが勝った走りをするがスピードも十分に感じられる走りだった。

最終追い切りは2月15日小倉ダート(重)

5F70秒2―54秒1―38秒9―12秒0

末強めの追い切りだが全体のタイムは優秀。ただ追い切りは実質的にはこの一本だけなので、どこまで仕上がっているかは未知数。

GⅠレースの裏開催での重賞レースですが、各馬の動きは非常に良く好レースが期待できそう。滞在競馬と輸送競馬に分かれるため当日の馬体重や落ち着き具合に注意を払う必要がありそうだ。


フェブラリーS2018の最終追い切り分析…ゴールドドリームらの調教評価は?

(C)Yushi Machida‏

2018年2月18日、東京競馬場でフェブラリーS(GⅠ/ダート1600m)が行われる。テイエムジンソク、ゴールドドリーム、ノンコノユメ、サンライズノヴァ、ケイティブレイブ、アウォーディー、ベストウォーリアらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

今週には最終追い切りが美浦、栗東の東西トレーニングセンターで行われた。これを受けて、体調や仕上がり具合を一週前の調教と最終追い切りから考察していく。


最終追いきり診断

今回は上位人気が予想される馬を中心に見ていくことにしよう。

ゴールドドリーム・牡5歳(栗東・平田厩舎)

評価A+

1週前追い切りは2月7日栗東坂路(良)

4F51秒1―37秒2―24秒1―12秒1

単走強めの追い切り予定が、調教中の他馬に追い付いたため、実質的4頭併せになった。前に3頭を先行させる形で追走、並びかけたあと気合を入れて強めに追われた。1週前の調整で本番さながらの走りを見せており絶好調に近い状態と推測できる。

最終追い切りは2月14日栗東坂路(良)

4F49秒8―36秒6―23秒9―12秒1

藤懸騎手を背に坂路入りした馬で唯一の50秒切りの自己ベスト、破格タイムを叩き出した。最初から能力全開の弾丸スタートでスピードに乗って坂路を駆け上がり、好時計をマーク。少し掛かり気味だったがコントロールは出来ており心配はない。1週前を上回る仕上がりで文句なく満点の追い切り。

テイエムジンソク・牡6歳(栗東・木原厩舎)

評価A

1週前追い切りは2月7日栗東CWコース(良)

6F84秒4―66秒9―51秒2―37秒5―12秒4

単走でラスト1Fは一杯に追われる。重心を下げた独特の走りを見せ好調さをアピール。ピーク一歩手前の状態まで整いつつある動き。

最終追い切りは2月14日栗東CWコース(稍重)

6F82秒3―66秒0―51秒1―37秒9―12秒3

古川騎手を背に単走ラスト1F強めの追い切り。スタートからゆっくりと進めて少しづつ加速、ラスト1Fのみ気合をつけて追っていたが最後まで緩むことなくしっかりと走れていた。
1週前よりも動きそのものが良くなっていて、重心を低くして脚も良く伸びた状態で走れている。東海Sを使った効果は大きそうで落ち着きが出てきっちりと仕上がっている。

サンライズノヴァ・牡4歳(栗東音無厩舎)

評価A-

根岸Sから中2週のため1週前追い切りはタイムを出さずに軽めの調教のみに済ませた。

最終追い切りは2月14日栗東坂路(良)


4F52秒2―38秒0―24秒7―12秒2

多少の疲労も心配されたが最後まできっちりと追い続けて好時計をマーク。坂路調教では良く動くアードラー(4歳上1000万下)と併走しほぼ同入、力強く躍動感ある走りで前走時の好調さをキープしている。少しイライラするところを見せたり気性面での不安も残すものの、仕上がり自体は問題無さそう。

ノンコノユメ・セン6歳(美浦・加藤厩舎)

評価B+

1週前追い切り2月7日美浦坂路(良)

4F58秒8―43秒6―28秒8―14秒3

レコード駆けの激走後、中2週で軽めの調整で単走馬なり。疲労が残っている可能性も高くチェックしながらの調整となっている。

最終追い切りは2月14日美浦南Wコース(良)

6F84秒4―68秒3―53秒5―38秒9―13秒7

馬なりでの追い切りでしたが時計は及第点。前走時並みには動けている。本番でも騎乗予定の内田騎手を背に僚馬2頭を追走する形でスタートしたが、実質的には単走追い切りとなった。スラッとした馬体なので力強さは感じられないが、シャープな動きで状態維持に努めていた。

インカンテーション・牡8歳(栗東・羽月厩舎)

評価B+


1週前追い切りは2月7日(水)栗東 CWコース(良)

6F82秒9―65秒6―51秒1―37秒8―12秒1

馬なりの僚馬と2頭併せでの追い切りはクビ差遅れる。見た感じは地味でまだ本調子には遠い印象を受ける。時計自体は悪くはなく、活気が出てくれば上向きそう。

最終追い切りは2月14日栗東CWコース(稍重)

6F83秒1―67秒3―53秒3―39秒7―12秒8

羽月調教師自ら手綱を取っての最終追い切り。持ったままでの馬なりだが1週前よりも動きが軽くなっている。年末のレースから上がり目は無さそうだが調子は維持出来ていそう。

今年最初のGⅠに出走予定の馬はどれも順調な仕上がりを見せている。昨年の覇者ゴールドドリームが完璧な調整を見せ、対抗馬一番手のテイエムジンソクも順調な仕上がりを見せている。固い決着もありそうだが、伏兵も多く一筋縄ではいかない決着も十分にありそうだ。


フェブラリーS2018の競馬予想分析…ゴールドドリーム連覇への3つの好材料とは?

(C)Ko-Mei

昨年に続きダート界の頂点へ-。

2018年2月18日、東京競馬場にてフェブラリーS(G1/ダート 1600m)が行われる。実力的にはゴールドドリームとテイエムジンソクの上位争いが予想される。

やはりここでもゴールドドリームの力上位は不動である。条件が必要なこの馬だが、今回の舞台は好条件が揃う。そのため本記事ではゴールドドリームの優勝への期待について考察しよう。


期待① 得意な東京競馬場

ゴールドドリームは勝つための条件が多い馬である。様々な要因で本来の力を出しきれないことがあるのだ。

まず重要なのは競馬場だろう。この馬はお世辞にも器用な馬とは言えず、不得意な競馬場では結果を残せない傾向にある。そこで東京競馬場での成績を確認してみよう。

ゴールドドリームの東京競馬場成績は3-1-0-0/4である。ここから東京競馬場のコースを得意としていることが推察できる。条件の必要なこの馬にとって得意な競馬場で走ることのできる今回は非常に好条件と言えるだろう。

昨年も同じコースで優勝したフェブラリーSだけに、得意な競馬場でのレースで大きく割引することは難しい。コース成績を加味して予想を展開する必要がある。

期待② チャンピオンズCでの勝利

フェブラリーSと前年のチャンピオンズCとの関係性についてご存知だろうか?この2つのレースの間には大きな関係があり、これについてもゴールドドリームを支持する結果になっている。早速チェックしてみよう。

そのデータとは前年のチャンピオンズC出走馬はフェブラリーSで好成績を残す傾向があることである(過去10年集計)。チャンピオンズC不出走馬の成績は2-4-9-89、勝率2.1%、複勝率7.3%という数字である。

ゴールドドリームは昨年のチャンピオンズCで見事優勝している。では、チャンピオンズC優勝馬のフェブラリーS成績を見ていこう。

その成績は3-0-2-2、勝率42.9%、複勝率71.4%という驚異的な数字を残している。この数字は当然大きな期待を持つべきものだろう。

これに関してはローテーションも重要な因子になっており、特に浮き沈みの激しいゴールドドリームは、昨年と同じくチャンピオンズCからのローテであり、なおさら好印象と言えるだろう。

期待③ 継続騎乗

本記事でも何度も記述したが、ゴールドドリームは条件が揃わなければ難しい馬である。これには手綱を取る騎手も1つの要因となる。

ここで本馬に騎乗するのはムーア騎手であることが発表されている。これまで川田騎手、M. デムーロ騎手、モレイラ騎手など数々の名手が跨ってきた。乗り替わりが多く、この馬の特徴を掴んでいることが重要である。

ムーア騎手は前走のチャンピオンズCが初騎乗となったが、強い勝ちっぷりで見事勝利を納めた。初騎乗でG1を勝利したことは、相性の良さを顕示している可能性が高い。そのため、ムーア騎手が継続騎乗することについても、プラスに働くことが大いに考えられるのだ。

まとめ

いかがだっただろうか?脚元の状態や競馬場の相性など条件がいくつか必要なゴールドドリームだが、今回は好材料に恵まれていることがお分りいただけただろう。これらは勝利するために十分な要因であることは間違いない。

1つ注意が必要なのは、状態によっては人気を背負って飛ぶことがある点だ。馬券の軸にすることも考えられるが、万が一に備えてこの馬を外した馬券も買っておいたほうがいいかも知れない。


競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る