カテゴリー:予想・考察

日本ダービー2018の競馬予想分析…逆転可能?オウケンムーンが持つ3つの好材料

© 2017 Ricky All Rights Reserved.

父の無念は晴らせるか――。

2018年5月27日、東京競馬場で日本ダービー(GⅠ/芝2400m)が行われる。世代最強と噂されるダノンプレミアム、皐月賞馬エポカドーロを始め、ここまで無敗のブラストワンピース、皐月賞で一番人気だったワグネリアンなど役者が揃った。出走予定馬の中で人気を落としながらも軽視できないのがオウケンムーンだ。

オウケンムーンの前走は皐月賞だったが、1コーナーで14番手、そこからポジションを上げていく競馬を行ったが、道中で脚を使った影響もあってか直線では全く伸びず、12着惨敗に終わった。今回の皐月賞の通過順を見ると、ほとんどの馬は1コーナーから4コーナーまでの通過順が変わらない。同じような場所を長い間走り続けていたのだが、オウケンムーンだけはそれとは別の動きを見せた。結果的に裏目に出たが、積極的な競馬をしたという事実や休み明けのことを考えれば着順ほど評価を下げるのはどうだろうか。

父オウケンブルースリは種牡馬生活も危ぶまれるほどだったが、オウケンムーンの勝利で首の皮一枚つながった。そして父が成し遂げられなかったダービーの夢を果たすことができるのか、その可能性を掘り下げる。


要素① 共同通信杯の勝ち方

共同通信杯の勝ち馬や好走馬にはクラシックを制覇した馬が多い。ディーマジェスティは2016年のこのレースの覇者、ドゥラメンテは2015年このレースで2着に終わったが、1着はドバイも制したリアルスティールだ。2012年は1着がゴールドシップ、2着がディープブリランテと2012年の牡馬三冠を分け合った馬で決まっている。それほどまで共同通信杯というのは大事なレースになっているが、今年のオウケンムーンの勝ち方は強かった。

道中は先頭から離れた5番手だったが、直線に向き、少し外に出して追い出しをかけると反応よく抜け出してそのまま押し切った。上がりタイムでは4位だったものの、それでも33秒5の脚で勝ち切ったのは大きい。前で押し切る競馬をする際にそれだけの脚が使えれば優秀だ。先頭の通過が60秒2だったため、離れた5番手だとペースは多少遅かったぐらいだが、ダービーでもそれなりにペースは遅くなる。共同通信杯の競馬ができれば皐月賞での大敗のような結果にはなりにくい。

要素② 3連勝の内容と皐月賞の違い

オウケンムーンは未勝利戦、500万下、共同通信杯と3連勝している。いずれも新潟、中山、東京と異なる競馬場で勝利を挙げているが、この3連勝に共通しているのは前で競馬ができたことだ。デビュー戦の新馬戦では後方からレースを進め、上がり最速のタイムを出したが届かなかった。未勝利戦では2番手でレースを進め、上がり最速のタイムを出して勝利している。どこからでもそれなりの脚は使え、位置取りがほとんど変わっていない。

ところが皐月賞の場合は内側でずっと走り続け、多くの馬が外に行く中、インを突いている。その分、前には行けたが、ただでさえ荒れた芝、雨が降ってコンディションが悪い中を走り続けたダメージは大きかった。内は突いたが後手を踏まされた格好になった。スムーズに前目をつけられていたらどうだったか。決してそれができない馬ではないだけに、あまりに内容が違った。叩き2走目での変化で調子が上がればチャンスは出てくる。

要素③ 良馬場で勝機十分

父オウケンブルースリも雨に強かったわけではなかったが、オウケンムーンも雨には少し弱い面がある。馬場が渋った2戦はいずれも着外に沈んでいる。今年のダービーは水曜日に雨が降ったが、土日は雨予報ではない。このため、比較的走りやすい環境でレースが行われる。しかもコースがCコースに変わり、荒れた部分をある程度カバーしてくれる。ダービーで1枠が有利なのはそのような要素もある。

少しでも走りやすい中でレースが行われるのはどの馬にとってもプラスだが、この馬にとってもそれは同じである。不思議なことに馬場が渋った時はいずれも後手を踏んでいるのは果たして偶然か。偶然でないとしたらこれは軽視できない部分だ。枠が内目で、しかも良馬場ならチャンスはかなり出てくる。

まとめ

今回は有力馬が多く、惨敗を喫したオウケンムーンはかなり人気落ちする可能性が高い。しかしながら、京都新聞杯を制したステイフーリッシュや青葉賞を制したゴーフォザサミットに共同通信杯で完勝した事実はとても大きい。たった1度の敗戦と見るか、実力差と見るかは分かれるところだが、オウケンムーンの理想的な流れになれば勝つ可能性は十分に高い。

父オウケンブルースリはダービーへの出走すら叶わなかったが、息子のオウケンムーンは期待を背負ってダービーに出られる。距離適性は大丈夫だ。あとは皐月賞の時のように後ろを追走するような展開にならないことだ。人気落ちの今、マークが外れやすいここで勝負をかける。


葵ステークス2018の予想オッズ・人気と出走予定馬は?新設スプリント重賞を展望

(C)MAZIMICKEY

2018年5月26日、京都競馬場で葵ステークス(新設重賞/芝1200m)が行われる。アサクサゲンキ、アンフィトリテ、モズスーパーフレア、マドモワゼル、ラブカンプーらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

競馬TIMES編集部では一週間をかけて当重賞を徹底的に検証していく。血統考察やデータ分析、有力馬の強調材料と不安要素の検証など、多角的な視点から当レースの見どころや注目点を解き明かしていく予定だ。

出走馬のおさらい、予想オッズの展望を振り返っていこう。


日程・概要

2018年 5月26日(土) 3回京都11日目 28頭 [仮想出馬表]
【11R】  第1回葵S (馬連5%UP/予定)
3歳・オープン(重賞)(別定)(国際)(特指) 芝1200m・内 (D)

出走予定馬・登録馬

新設重賞(格付けなし)として装いを新たに施行される葵ステークス。

このメンバーなら小倉2歳Sの覇者でその後の重賞戦線でも馬券に絡んでいるアサクサゲンキが中心になりそうだ。

小倉2歳Sを制してからも京王杯2歳Sで3着、前走のファルコンSでも2着と好走しているが、血統的な部分も含めてやはりベストは1200m戦だろう。1400m戦でも好走はしているように、以前より抑えが利いてメリハリのある走りができるようになってきたのはプラス材料。高速馬場がどうかという点はあるが、地力・実績的には断然の存在で中心視だ。

1200m戦にこだわって3連勝、前走のマーガレットS(OP)も好内容だったアンフィトリテが2番手。

先週のオークスを制したアーモンドアイと同じロードカナロア産駒であるが、こちらは体型からして純然たるスプリンター。母系にトキオリアリティー(JRA芝1200mで2勝)がいるように、血統的にもスプリント色が強い。テンの出脚と追ってからの軽快な反応が魅力で、京都芝1200mはいかにも合いそうな舞台。

折り合いを欠いて7着に敗れてしまった小倉2歳Sを除けば、スプリント戦では底を見せていないモズスーパーフレアも面白い1頭。

とにかく調教でもレースでも動きの良い一本調子なタイプであり、高速馬場の京都はいかにも合いそう。スタートこそそれほど速くないが、加速さえつけば一気にハナを奪えるスピードもある。折り合いや揉まれた場合に不安を残すので理想は単騎の逃げ。揉まれにくい並びで、できれば外目の枠が欲しいところ。

前走の橘ステークス(OP)ではな恵まれた感じは否めないものの、逃げる競馬で久しぶりの勝利を果たしたマドモワゼルも無視はできない。現状、時計的に上積みはなさそうな印象こそあるが、馬場やコースを問わずしてどんなレースでもできるのは強み。前走を見る限りは平坦コースのほうが良さそうで、引き続いての京都コースなら警戒は必要か。

ここ2走は良いところなく敗れているラブカンプーも1200m戦なら底を見せておらず、テンの速さはかなりのものがあるだけにスムーズな追走なら一発があってもおかしくはない。

他にも出走すれば地力上位は明らかなアンヴァル、使うたびにレースぶりに幅が出てきているアルジャーノン、良血アルモニカ、完成度の高さでタイセイプライド、キレ魅力のオジョーノキセキなどがひしめきあう混戦模様だ。

登録馬は以下の通り。

馬名S性齢斤量
アーヒラ牝3 54
アイアンクロー牡356
アサクサゲンキ牡357
アルジャーノン牡356
アルモニカ牝3 54
アンフィトリテ牝3 55
アンヴァル牝3 54
イエローマリンバ牝3 54
ウィズ牡356
ウインジェルベーラ牝3 54
エイシンデネブ牝3 54
オジョーノキセキ牝3 54
カイザーメランジェ牡356
キングキングキング牡356
ゴールドクイーン牝3 54
セイウンクールガイ牡356
タイセイプライド牡357
トゥラヴェスーラ牡356
トウカイパシオン牝3 54
ニシノキントウン牡356
ビリーバー牝3 54
ペイシャルアス牝3 54
マドモアゼル牝3 55
ミッキーワイルド牡356
メープル牝3 54
モズスーパーフレア牝3 54
ラブカンプー牝3 54
レグルドール牝3 54

想定人気・予想オッズ

22番人気アーヒラ406.5倍
15番人気アイアンクロー119.8倍
1番人気アサクサゲンキ2.1倍
13番人気アルジャーノン109.9倍
7番人気アルモニカ24.2倍
2番人気アンフィトリテ3倍
4番人気アンヴァル9.5倍
9番人気イエローマリンバ35倍
19番人気ウィズ266倍
28番人気ウインジェルベーラ1125.9倍
17番人気エイシンデネブ178.3倍
5番人気オジョーノキセキ10.4倍
25番人気カイザーメランジェ487.8倍
11番人気キングキングキング65.7倍
21番人気ゴールドクイーン276倍
26番人気セイウンクールガイ522.6倍
8番人気タイセイプライド25.8倍
14番人気トゥラヴェスーラ117.9倍
23番人気トウカイパシオン457.3倍
20番人気ニシノキントウン276倍
24番人気ビリーバー457.3倍
16番人気ペイシャルアス149.2倍
12番人気マドモアゼル77.7倍
6番人気ミッキーワイルド22.7倍
27番人気メープル914.8倍
3番人気モズスーパーフレア6.9倍
10番人気ラブカンプー51.7倍
18番人気レグルドール218.3倍

日本ダービー2018の競馬予想分析…ステルヴィオの逆襲は?期待と二つの不安

© 2017 Ricky All Rights Reserved.

巻き返しなるか――。

2018年5月27日、東京競馬場で日本ダービー(GⅠ/芝2400m)が行われる。皐月賞馬のエポカドーロや皐月賞をパスして臨むダノンプレミアム、京都新聞杯を制したステイフーリッシュなどが出走を予定している。その中で大きな期待が集まるのがステルヴィオだ。

ステルヴィオの前走は皐月賞だったが、稍重で特殊なペースになっていく中で14番手を追走し、最後はキタノコマンドールやグレイルと一緒に上がり3ハロン最速のタイムで突っ込んできたが4着に終わった。位置取りの分だけ負けた格好だが、スプリングステークスではエポカドーロに勝利を収めていた。決して力負けということではなく、特殊な状況で難しいレースを迫られたというのが正しいかもしれない。

皐月賞は2番人気になり、結果は4着に終わったことで日本ダービーでの巻き返しが有力視されている。決して力負けではなかった事実もそれを後押しし、上位人気に支持される可能性もある。その一方で心配な点があるのも事実だ。ステルヴィオの強みと弱み、それぞれから日本ダービー制覇の可能性を占いたい。


期待① 確実な末脚

日本ダービーのこれまでの傾向は上がり3ハロンのタイムが1位だった馬がそのまま1着になるケースや上位に食い込むことが多い。確実な末脚がある馬が日本ダービーを制覇する条件と言える。ステルヴィオの場合、皐月賞はキタノコマンドールとグレイルと同タイムではあったが1位になった。これまでのレースはいずれもメンバー中1位か2位で駆け抜けてきた。ここでもその可能性は高い。

先週のオークスのように、アーモンドアイが前目につけてこれまでと同じ脚を見せつけて完勝というのが理想的だ。ここで注意したいのが枠順だ。皐月賞もそうだったが、枠が外に行くと後手を踏む傾向にある。内に入れば多少前での競馬ができる。ステルヴィオがどの枠に入るのか、出来ればゲートの中で待ちにくい偶数番、それも3枠や4枠だと包まれにくくスッと出しやすい。そこにも注目だ。

不安① 血統面の不安

ステルヴィオはロードカナロア産駒だが、ロードカナロア産駒といえばアーモンドアイが2400メートルを影をも踏ませぬ完勝で駆け抜けてみせた。ロードカナロア産駒は父親がスプリンターということもあり2400メートルは持たないのではないかと言われていたが、その不安を一応は一蹴した形となった。鞍上のルメール騎手もアーモンドアイと同じであり、共通点は多い。

しかし、アーモンドアイの母親はフサイチパンドラである。フサイチパンドラはカワカミプリンセスの降着もあったがエリザベス女王杯を制し、牡馬に混じって札幌記念も制している。オークスでは2着に入るなど、距離実績があった。ここにロードカナロアのスピードが加わったことで2400メートルでも通用した可能性が高い。

その点、ステルヴィオの母はラルケットである。ラルケットは芝で4勝したが、1400メートルから1800メートルでの勝利実績にとどまっている。ペースが流れ、スタミナが要求されるようなレースになった場合に2400メートルをしっかりと走れるのか。アーモンドアイの勝利でロードカナロア産駒は多少長くても大丈夫と思うのは危険かもしれない。

不安② ダノンプレミアムとの勝負付け

ラッキーライラックとアーモンドアイの2強ムードだったオークスは結局桜花賞組で決まった。ラッキーライラックとリリーノーブルに入れ替わりこそあったが、力量的には桜花賞の時とさほど変わらない中でオークスまで進行した形だ。ステルヴィオの場合、最大の強敵はダノンプレミアムだ。これまでにダノンプレミアムとは2戦2敗、どちらも完敗の結果に終わっている。

今回、ダノンプレミアムは一頓挫があってからのレースとなり、不安視されている面がある。ただ、皐月賞からしっかりと間隔をとってレースに臨めることから疲労度はかなり低い。ダノンプレミアムにとって休み明けは全く苦にしない。朝日杯フューチュリティステークスでは前で競馬をしながら上がり3ハロンのタイムが1位だった。ダノンプレミアムをマークする競馬ができれば分からないが、今までの競馬のままでは厳しい。

まとめ

皐月賞で惜敗した馬がダービーで善戦をすることが多く、去年1着のレイデオロ、2着のスワーヴリチャードは明らかに中山競馬場に合わない走りをしたが、ダービーでは見違える動きを見せた。スプリングステークスを勝利しているステルヴィオとは少し状況は違うが、特殊なペースで流れた皐月賞を見る限り100%のレースだったとは思えない。

ルメール騎手は去年もオークスとダービーで2冠を達成したが、今年もそうなるか。去年のレイデオロではペースが遅いと見るや大胆に動いていき、前で競馬を進めて押し切った。こうした判断がステルヴィオでも出来れば、確実な末脚を披露して勝利する可能性は大きい。ダービーは最も運がいい馬が勝つと言うが、枠順でどこを引くかが最初の勝負所だ。


日本ダービー2018の最新人気・予想オッズ、出走予定馬は?過去の歴代勝ち馬一覧

(C)MAZIMICKEY

2018年5月27日、東京競馬場で日本ダービー(GⅠ/芝2400m)が行われる。ダノンプレミアム、ブラストワンピース、ワグネリアン、キタノコマンドール、エポカドーロ、ステルヴィオ、ジェネラーレウーノ、ゴーフォザサミットらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

今回は週中時点における最新予想オッズをお届けする。どの馬が人気に指示されるのか? 実績やポテンシャルの割に低評価な馬とは?

以下が出走予定馬と、週中時点での予想オッズの傾向、そして過去の勝ち馬の一覧だ。


概要

2018年 5月27日(日) 2回東京12日目 21頭 [仮想出馬表]
【10R】  第85回東京優駿 (馬連5%UP/予定)
3歳・オープン・G1(定量)(牡・牝)(国際)(指定) 芝2400m (C)

出走予定馬・登録馬

アイトーン 牡3 国分恭騎手 五十嵐厩舎
アドマイヤアルバ 牡3 丸山騎手 須貝厩舎
エタリオウ 牡3 ボウマン騎手 友道厩舎
エポカドーロ 牡3 戸崎圭騎手 藤原英厩舎
オウケンムーン 牡3 北村宏騎手 国枝厩舎
キタノコマンドール 牡3 Mデムーロ騎手 池江厩舎
グレイル 牡3 岩田騎手 野中厩舎
ケイティクレバー 牡3 ○○騎手 安田翔厩舎
コズミックフォース 牡3 石橋脩騎手 国枝厩舎
ゴーフォザサミット 牡3 蛯名騎手 藤沢和厩舎
サンリヴァル 牡3 ○○騎手 藤岡厩舎
ジェネラーレウーノ 牡3 田辺騎手 矢野厩舎
ジャンダルム 牡3 武豊騎手 池江厩舎
ステイフーリッシュ 牡3 横山典騎手 矢作厩舎
ステルヴィオ 牡3 ルメール騎手 木村厩舎
タイムフライヤー 牡3 内田博騎手 松田厩舎
ダノンプレミアム 牡3 川田騎手 中内田厩舎
テーオーエナジー 牡3 藤岡康騎手 宮厩舎
ブラストワンピース 牡3 池添騎手 大竹厩舎
リョーノテソーロ 牡3 吉田隼騎手 武井厩舎
ワグネリアン 牡3 福永騎手 友道厩舎

想定人気・予想オッズ

18番人気 アイトーン 791.2倍
17番人気 アドマイヤアルバ 440.7倍
15番人気 エタリオウ 103倍
4番人気 エポカドーロ 8.1倍
13番人気 オウケンムーン 69.8倍
5番人気 キタノコマンドール 8.3倍
9番人気 グレイル 29.9倍
21番人気 ケイティクレバー 1402.7倍
16番人気 コズミックフォース 283倍
8番人気 ゴーフォザサミット 23.2倍
11番人気 サンリヴァル 64.6倍
7番人気 ジェネラーレウーノ 14.4倍
12番人気 ジャンダルム 69倍
10番人気 ステイフーリッシュ 33.2倍
6番人気 ステルヴィオ 8.7倍
14番人気 タイムフライヤー 100倍
1番人気 ダノンプレミアム 2.1倍
19番人気 テーオーエナジー 935.1倍
2番人気 ブラストワンピース 5.7倍
20番人気 リョーノテソーロ 1102.1倍
3番人気 ワグネリアン 6.2倍

過去の勝ち馬たち

2017/05/28 レイデオロ [東]藤沢和雄厩舎
2016/05/29 マカヒキ [西]友道康夫厩舎
2015/05/31 ドゥラメンテ [東]堀宣行厩舎
2014/06/01 ワンアンドオンリー [西]橋口弘次厩舎
2013/05/26 キズナ [西]佐々木晶厩舎
2012/05/27 ディープブリランテ [西]矢作芳人厩舎
2011/05/29 オルフェーヴル [西]池江泰寿厩舎
2010/05/30 エイシンフラッシュ [西]藤原英昭厩舎
2009/05/31 ロジユニヴァース [東]萩原清厩舎
2008/06/01 ディープスカイ [西]昆貢厩舎


目黒記念2018の最新人気・予想オッズ、出走予定馬は?過去の歴代勝ち馬一覧

(C)yusukekeiba

2018年5月27日、東京競馬場で目黒記念(GII/芝2500m)が行われる。フェイムゲーム、チェスナットコート、ゼーヴィント、パフォーマプロミス、ロードヴァンドールらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

今回は週中時点における最新予想オッズをお届けする。どの馬が人気に指示されるのか? 実績やポテンシャルの割に低評価な馬とは?

以下が出走予定馬と、週中時点での予想オッズの傾向、そして過去の勝ち馬の一覧だ。


概要

2018年 5月27日(日) 2回東京12日目 19頭 [仮想出馬表]
【12R】  第132回目黒記念 (馬連5%UP/予定)
4歳以上・オープン・G2(ハンデ)(国際)[指定] 芝2500m (C)

出走予定馬・登録馬

ウインテンダネス 牡5 内田博騎手 杉山厩舎
コウキチョウサン 牡5 石川騎手 和田郎厩舎
コルコバード 牝5 北村宏騎手 木村厩舎
サウンズオブアース 牡7 ボウマン騎手 藤岡厩舎
ゼーヴィント 牡5 戸崎圭騎手 木村厩舎
ソールインパクト 牡6 福永騎手 戸田厩舎
チェスナットコート 牡4 蛯名騎手 矢作厩舎
トウシンモンステラ 牡8 ○○騎手 村山厩舎
ノーブルマーズ 牡5 高倉騎手 宮本厩舎
ハッピーモーメント 牡8 三浦騎手 角居厩舎
パフォーマプロミス 牡6 Mデムーロ騎手 藤原英厩舎
フェイムゲーム セ8 ルメール騎手 宗像厩舎
ブライトバローズ 牡6 石橋脩騎手 堀厩舎
ホウオウドリーム 牡4 田辺騎手 矢作厩舎
ポポカテペトル 牡4 川田騎手 友道厩舎
マコトガラハッド セ5 丸山騎手 鮫島厩舎
リッジマン 牡5 ○○騎手 庄野厩舎
ロードヴァンドール 牡5 横山典騎手 昆厩舎
ヴォージュ 牡5 藤岡康騎手 西村厩舎

想定人気・予想オッズ

13番人気 ウインテンダネス 139.7倍
14番人気 コウキチョウサン 208.6倍
8番人気 コルコバード 17.3倍
9番人気 サウンズオブアース 18.5倍
3番人気 ゼーヴィント 5.5倍
7番人気 ソールインパクト 14.8倍
1番人気 チェスナットコート 2.9倍
19番人気 トウシンモンステラ 570倍
11番人気 ノーブルマーズ 62.4倍
15番人気 ハッピーモーメント 231.5倍
2番人気 パフォーマプロミス 3.8倍
4番人気 フェイムゲーム 6.1倍
12番人気 ブライトバローズ 133.4倍
10番人気 ホウオウドリーム 41.8倍
5番人気 ポポカテペトル 7.8倍
18番人気 マコトガラハッド 529.3倍
17番人気 リッジマン 361.4倍
6番人気 ロードヴァンドール 12.8倍
16番人気 ヴォージュ 308.7倍

過去の勝ち馬たち

2017/05/28 フェイムゲーム [東]宗像義忠厩舎
2016/05/29 クリプトグラム [西]藤原英昭厩舎
2015/05/31 ヒットザターゲット [西]加藤敬二厩舎
2014/06/01 マイネルメダリスト [東]田中清隆厩舎
2013/05/26 ムスカテール [西]友道康夫厩舎
2012/05/27 スマートロビン [西]松田国英厩舎
2011/05/28 キングトップガン [西]鮫島一歩厩舎
2010/05/30 コパノジングー [西]宮徹厩舎
2009/05/31 ミヤビランベリ [西]加藤敬二厩舎
2008/06/01 ホクトスルタン [東]庄野靖志厩舎


競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る