カテゴリー:予想・考察

ダイヤモンドS2018の競馬予想データ分析…5つの消しで好走率約7割、回収率170超!

(C)MAZIMICKEY

2018年2月17日、東京競馬場でダイヤモンドS(GⅢ/芝3400m)が行われる。フェイムゲーム、プレストウィック、ソールインパクト、ホウオウドリーム、レジェンドセラー、サイモントルナーレらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップして紹介する。

人気、血統、枠順、ローテーションなど、予想のポイントになりそうなデータとは?


ポイント1 人気薄は消し!

ダイヤモンドSは生粋のステイヤー達が集まるレースということもあり、単勝1番人気2番人気を中心とした上位人気馬の成績が良く、単勝7番人気以下の人気薄を検討の対象とすることは得策と言えない。

人気着別度数
7-16人気1- 1- 5- 84/ 91
人気勝率複勝率単回値複回値
7-16人気1.1%7.7%20886

集計期間:2008. 2.17 ~ 2017. 2.18

過去10年の結果から見ると、単勝7番人気以下でも3着中心に時折馬券圏内に入る馬もいるものの基本的には消しと判定していいだろう。

※以降、6番人気以内を対象に集計

ポイント2 父・ロイヤルチャージャー系・ネイティブダンサー系以外は消し!

血統からポイントを探すと父・ロイヤルチャージャー系・ネイティブダンサー系以外の血統が不振の傾向にある。

ダイヤモンドSで結果を残しているハーツクライやダンスインザダークの産駒をはじめとして、日本における代表的な血統といっていいのロイヤルチャージャー系の血を父に持っている馬、そしてキングカメハメハなどネイティブダンサー系以外の産駒が馬券圏内に入るのは難しい。

父系統着別度数
上記以外1- 1- 0- 7/ 9
父系統勝率複勝率単回値複回値
上記以外11.1%22.2%4045

集計期間:2008. 2.17 ~ 2017. 2.18

過去10年では昨年2008年の勝馬アドマイヤモナークが父ニアークティック系となっていて以ロイヤルチャージャー系・ネイティブダンサー系以外の唯一の勝ち馬だ。

ポイント3 母父・ニアークティック系・セントサイモン系以外も消し!

血統について先に父をポイントにしたが、母父でも同様にニアークティック系・セントサイモン系以外は奮わない結果となっている。

母父ロイヤルチャージャー系は昨年2017年こそ1着から3着まで独占をしたものの、それ以前では単勝1番人気で着外となったことが2回あるなど、危険な人気馬となっている。

母父系統着別度数
上記以外3- 3- 3- 23/32
母父系統勝率複勝率単回値複回値
上記以外9.4%28.1%2464

集計期間:2008. 2.17 ~ 2017. 2.18

なお、母父セントサイモン系の好成績は2014年・2015年連覇、2016年2着で2018年も出走を予定しているフェイムゲームによる所が大きい。

ポイント4 前走中山競馬場・京都競馬場以外での出走馬は消し!

長距離レースが多く行われているのは中山競馬場と京都競馬場ということもあり、長距離適性の馬が活躍するダイヤモンドSでは前走それ以外の競馬場で走った馬が好走することは稀といえる。

前走場所着別度数
中山京都以外0- 4- 0- 6/10
前走場所勝率複勝率単回値複回値
中山京都以外0.0%40.0%091

集計期間:2008. 2.17 ~ 2017. 2.18

なお、2着の4頭のうち2頭は前走海外遠征馬だが、今年の出走予定馬に該当馬は登録していない。

ポイント5 レース間隔4-8週以外は消し!

レース間隔では、長期休養明けの馬がダイヤモンドSで活躍することはあまりなく、冬の間に行われる長距離レースをステップに挑戦してきている馬たちが結果を残していることが多い。


レース間隔着別度数
4-8週以外0- 5- 2-18/25
レース間隔勝率複勝率単回値複回値
4-8週以外0.0%28.0%069

集計期間:2008. 2.17 ~ 2017. 2.18

この中では同じ長距離レースで中山競馬場で冬に行われているGⅡ・ステイヤーズSからの直行組はコース形態や間隔が空くことが影響してか特に成績が悪く、2015年に2着に入ったファタモルガーナ以外はすべて馬券圏外に去っているので注目しておきたい。

まとめ 消しデータを取り除くと?

では、ここまで挙げてきた消しデータを取り除くと、どのような成績になるのだろうか?

着別度数
6- 3- 2- 5/16
勝率複勝率単回値複回値
37.5%68.8%195158

集計期間:2008. 2.17 ~ 2017. 2.18

なんと、好走率は約70%、回収率も170%超を弾き出し極めて優秀な成績となった。

今年はこのデータに該当する馬を軸に添えてみても、いいかもしれない。


京都牝馬S2018予想分析…ミスエルテが期待できないワケ

(C)Arappa

復活なるか――。

2018年2月17日、京都競馬場で京都牝馬S(GⅢ/芝1400m)が行われる。2016年に開催時期が2月に、距離が1400mに短縮されたことから、ヴィクトリアマイルに向けての賞金加算組、高松宮記念のに向けての馬が集まるようになった。また1600万クラスの馬が勝ったりするなど波乱の多い重賞である。

今回注目するのがミスエルテだ。2歳時に同舞台の重賞ファンタジーSを豪脚で勝利。それ以来勝ち星もなく、近走は連続二桁着順と良いところがないように思えるが、阪神JFではなく牡馬混合の朝日杯FSに出走するなどその素質があり、関係者からの期待も大きかった馬である。得意の舞台で復活しても何ら不思議はない。

果たしてミスエルテは得意の舞台で復活できるのか?

ミスエルテが復活を成し遂げるための壁を紹介していく。


不安要素① 前走距離

京都牝馬Sの過去のデータを見ると前走1800m以上からの距離短縮組が圧倒的に良い結果を残しており、次いで1600m組が好成績を挙げている。1400m以下から参戦した馬は苦戦傾向にあり勝ち馬はいない。

しかし過去10年のデータであるため1400mに変更されてからのデータは2年しかないため鵜呑みには出来ないが、1400mに短縮されてからも勝ち馬が前走1600m以上であるため距離短縮によるデータへのの影響はあまりないといえる。

過去の傾向どおりならば前走、阪神Cに出走したミスエルテは苦戦することになる。

不安要素② 近走重賞着順

データをみると近4走以内の重賞の最高着順が5着以内かどうかで結果が大きく分かれている。5着以内だと勝ち馬もおり、複勝率も高くなっているが、5着以下だと勝ち馬はおらず、複勝率10%未満と低い水準となっている。荒れやすい重賞であるものの重賞以上である程度戦える力がなければ勝てないということだろう。ミスエステの近4走の重賞最高着順は7着であり、過度な期待は禁物だ。

不安要素③ 前走

前走のレースをみると牡馬混合の重賞に出走し負けた馬の巻き返しが目立つレースとなっている。これだけならば前走、阪神Cのミスエルテには問題ないように思えるが、過去10年で前走阪神Cだった馬は勝ち馬なしとなっている。これは先述した前走距離1400mというのも原因かもしれない。成績が良いのは中山、京都の両金杯、愛知杯やOP特別となっている。

レース間隔も中3~9週が好成績となっているためあまり間隔が開いた馬は良くない。ミスエルテは今回は叩き台と割り切ったほうがいいだろう

まとめ

いかがだっただろうか?

かつての素質馬が重賞を制した得意舞台、桜花賞以来の牝馬限定戦と期待出来る要素は多いのだが、データをみれば不安材料ばかりであり過度な期待は出来ない。

とはいえデータを除けばミスエルテにとっては絶好の舞台であることは間違いない。

今回勝つことが出来なくても自慢の切れ味の一端でも見せてくれれば、かつての輝きを取り戻すきっかけになるだろう。ミスエルテにとって良いレースになることを期待しよう。


フェブラリーS2018の競馬予想分析…ノンコノユメ復活の3つの根拠とは?

(C)MAZIMICKEY

前走の末脚は完全復活とみていいのか?

2018年2月18日、東京競馬場でフェブラリーステークス(GI/ダート1600m)が行われる。テイエムジンソク、ゴールドドリーム、ノンコノユメ、サンライズノヴァ、ケイティブレイブらが出走する。

前走の根岸Sで久々の勝利を挙げたノンコノユメ。距離短縮と馬場がハマったような印象もあるが、それ以上に期待できる要素がレース中に見え隠れしていた。

今回、この記事ではノンコノユメが完全復活を果たしたと考えられる3つの要素について書いていきたい。


要素① 自己最速上がりを記録、去勢の弊害も解消

前走の根岸Sが単なるフロックではないのは、上がりタイムを見てもらえればわかりやすい。

デビュー以来9戦連続でそのレースでの上がり最速を記録し、続くチャンピオンズC(3歳時)も上がり2番目で2着、4歳になり次走のフェブラリーSも上がり最速の末脚で惜しくも2着。

その後のかしわ記念と帝王賞は地方交流ということもあり若干前目につけてのレースとなり上がり最速とはいかなかったが、レースぶりに「らしさ」は見られた。

その後、気性面の課題が解消されなかったため陣営は去勢という決断に踏み切る。

これが、当面はアダとなってしまった。

確かに気性的な進歩はみられたが、闘争心を失ったノンコノユメはかつてのような豪脚を使うことが出来なくなり、成績が落ち込んでしまった。

その後、去年のフェブラリーSでも全くらしさのないレース。その後は休養に入ってしまった。

しかし、その休養明けの武蔵野Sでは伸びきれなかったものの一瞬の反応は全盛期を思わせるものがあり、密かに復活の気配が感じ取れた。

陣営の努力が結実したのは前走の根岸S。

展開と距離短縮、馬場の影響も多分にはあるかもしれないが、ダートコースで上がり3F34.2は自己ベストの時計。単純なタイムというよりも、追ってからの反応ガゴールまで続いた辺りに、去勢の影響で失われてしまった闘争心という部分での復活を確信できた。

要素② 気性面での良化がようやく本物に

もちろん、闘争心だけで早い上がりが使えるようになったわけではない。

前走の根岸Sは距離短縮でペースが早くなった部分もあるだろうが、道中リラックスして追走できていた。これがタメの利いた要因でもあるだろう。

元来、去勢をしてもどことなくコントロールの利きづらい気性があった。気を抜いたり集中力を欠くような場面もみられ、それが勝負どころで置かれたりする要因にもなっていただろう。

去勢によって心身のバランスが崩れたものの、それがようやく今になって結実したという印象だ。レース前の気性面の良化という部分では去勢効果もある。

要素③ 内田騎手とは手が合っている

前走の内田騎手の手綱さばきを見るに、今のノンコノユメとは手が合っていそうなのも頼もしい。


テンに置かれやすいタイプなので、ある程度追っつけてリズムを作る内田騎手は闘争心の確保に良い影響を与えているのだろう。前走は初めての1400m・ハイペースでもそれほど置かれずに追走できたのはその証拠だ。

また、東京の長い直線を集中力を切らさずにビッシリと追ってくれることによって、ノンコノユメ元来のポテンシャルである豪脚を引き出してくれたとも見える。

今回も継続騎乗であり、さらに手の内に入れてくれればGⅠの舞台でも期待は高まる。

まとめ

好メンバーが揃った今回のフェブラリーSであるが、完全復活を果たしたノンコノユメの末脚が爆発すれば見劣ることはないだろう。

重要なのはレース前の心身のバランス。のんびりしすぎてもいけないし、テンションが上りすぎても良くないタイプ。当日の気配、そして返し馬での内田騎手との呼吸に注目したい。


ダイヤモンドS2018の競馬予想データ分析…5つの注目点から浮上する激走馬とは?

(C)Yusuke Tsutaya

2018年2月17日、東京競馬場でダイヤモンドS(GⅢ/芝3400m)が行われる。フェイムゲーム、プレストウィック、ソールインパクト、ホウオウドリーム、レジェンドセラー、サイモントルナーレ、ヤマカツライデンらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

中央競馬の平地で3000m以上のレースは年間6レース(他には万葉S、阪神大賞典、天皇賞・春、菊花賞、ステイヤーズS)しか行われていないが、その中でもステイヤーズSの3600mに次ぐ長距離、東京競馬場での最長距離で行われているのがダイヤモンドSだ。

適正距離を求めて様々なステイヤーが集うのが特徴のレースで、ハンデ戦ということも重なって1000万下や準オープンからの格上挑戦の馬が馬券圏内に入ることも多い。

またダイヤモンドSの勝馬は、ほぼ毎年天皇賞・春に出走するステップレースの一つでもある。

配当の傾向を過去10年で見てみると、2012年に単勝15番人気のケイアイドウソジンが19,000円の単勝万馬券を演出した以外は、単勝10倍未満の馬が勝利しているものの、ハンデ戦らしく三連単は2017年をのぞいて万馬券となっている。

2018年はどのような決着となるのだろうか。

今回は過去10年のダイヤモンドSの結果を元としてデータ分析するが、特に過去の穴馬の共通項から激走馬を探っていく。


過去10年の該当馬(2008年以降・単勝6番人気以下で3着以内)

着順馬名
20172ラブラドライト
20163ファタモルガーナ
20153カムフィー
20133メイショウカドマツ
20121ケイアイドウソジン
20113キタサンアミーゴ
20102ベルウッドローツェ
20103ドリームフライト
20092ブレーヴハート
20093スノークラッシャー
20083レーザーズエッジ

注目点① 人気薄は2着か3着に

該当馬のリストを見てもわかるように、過去10年で馬券圏内に入った延べ30頭のうち単勝6番人気以下が11頭と3分の1を超えている。

しかし細かく確認すると、6番人気以下であれば人気自体は問わないが、該当馬11頭中10頭までもが2着か3着となっていて人気薄を1着固定にするのは得策ではないことがわかる。

なお、人気順で見た場合に過去10年で単勝1番人気と2番人気の複勝率が70%と好成績だが3番人気以降は信頼できない結果となっていることも馬券検討の際には注意が必要である。

人気別集計 ダイヤモンドS 過去10年

人気着別度数勝率複勝率
1番人気6- 1- 0- 3/ 1060.0%70.0%
2番人気2- 3- 2- 3/ 1020.0%70.0%
3番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%10.0%
4番人気1- 2- 0- 7/ 1010.0%30.0%
5番人気0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%
6番人気0- 2- 2- 6/ 100.0%40.0%
7番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%10.0%
8番人気0- 0- 2- 8/ 100.0%20.0%
9番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
10番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%10.0%
11番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
12番人気0- 1- 1- 7/ 90.0%22.2%
13番人気0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%
14番人気0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%
15番人気1- 0- 0- 7/ 812.5%12.5%
16番人気0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名人気
ラブラドライト6
ファタモルガーナ8
カムフィー8
メイショウカドマツ6
ケイアイドウソジン15
キタサンアミーゴ6
ベルウッドローツェ6
ドリームフライト10
ブレーヴハート12
スノークラッシャー7
レーザーズエッジ12

注目点② 前走は芝の重賞以外

過去10年単勝6番人気以下で3着以内に入った11頭中8頭までが、芝の重賞以外のレースに出走し、1000万下から3頭、1600万下から3頭、OPEN特別から2頭とバラエティに富んでいる。

これは、ダイヤモンドSに距離適性を求めて出走してきた馬が現在の所属クラスや前評判である人気に関係なく本来の実力を発揮した結果といえる。

なお、前走ダートだったのは2012年の勝馬ケイアイドウソジンだ。

前走クラス別集計 ダイヤモンドS 過去10年

前走クラス着別度数勝率複勝率
1000万下0- 1- 2- 9/ 120.0%25.0%
1600万下1- 2- 3- 16/ 224.5%27.3%
OPEN特別3- 3- 1- 40/ 476.4%14.9%
GⅢ0- 0- 0- 7/ 70.0%0.0%
GⅡ4- 2- 4- 38/ 488.3%20.8%
GⅠ2- 0- 0- 9/ 1118.2%18.2%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名前走クラスコースレース名
ラブラドライトOPEN万葉S
ファタモルガーナGⅡステイヤーズS
カムフィー1600万早春S
メイショウカドマツ1600万松籟S
ケイアイドウソジンOPENダート師走S
キタサンアミーゴ1600万松籟S
ベルウッドローツェ1000万グッドラックH
ドリームフライトGⅡ日経新春杯
ブレーヴハートOPEN万葉S
スノークラッシャー1000万初咲賞
レーザーズエッジ1000万許波多特別

注目点③ 斤量は前走と同じか軽い馬

過去10年単勝6番人気以下で3着以内に入った11頭すべてが、前走と比べて斤量が同じか軽くなっている。

これは、トップハンデになるような実力馬に比べると実力的に劣ると考えられた馬が距離適性などもあって前評判を覆して好走することが多いことを示している。


斤量差別集計 ダイヤモンドS 過去10年

斤量差着別度数勝率複勝率
増減無し2- 4- 4- 45/ 553.6%18.2%
増減±1kg以内6- 5- 4- 70/ 857.1%17.6%
今回1~1.5kg増3- 2- 0- 6/ 1127.3%45.5%
今回2~2.5kg増2- 0- 1- 1/ 450.0%75.0%
今回3kg以上増0- 0- 0- 0/ 0
今回1~1.5kg減2- 1- 0- 16/ 1910.5%15.8%
今回2~2.5kg減0- 3- 2- 13/ 180.0%27.8%
今回3kg以上減1- 0- 3- 36/ 402.5%10.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名斤量前走斤量
ラブラドライト5151
ファタモルガーナ5656
カムフィー5157
メイショウカドマツ5456
ケイアイドウソジン5556
キタサンアミーゴ5456
ベルウッドローツェ5254
ドリームフライト5050
ブレーヴハート5353
スノークラッシャー5256
レーザーズエッジ5057

注目点④ 前走は京都競馬場か中山競馬場で出走

現在のレース体系を考えた時に長距離レースが多く組まれているのが、京都競馬場と中山競馬場となっている。

やはり、ステイヤーにとっては、前走でも京都や中山の長距離レースに出走していることが多く、ダイヤモンドSで人気は落としていても結果を出していることがデータからは明らかになっている。

前走場所別集計 ダイヤモンドS 過去10年

前走場所着別度数勝率複勝率
札幌0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%
函館0- 0- 0- 0/ 0
福島0- 0- 0- 0/ 0
新潟0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%
東京0- 2- 1- 18/ 210.0%14.3%
中山7- 3- 2- 45/ 5712.3%21.1%
中京0- 0- 0- 0/ 0
京都3- 3- 7- 52/ 654.6%20.0%
阪神0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%
小倉0- 0- 0- 0/ 0
地方0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%
海外0- 2- 0- 1/ 30.0%66.7%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名前走場所
ラブラドライト京都
ファタモルガーナ中山
カムフィー東京
メイショウカドマツ京都
ケイアイドウソジン中山
キタサンアミーゴ京都
ベルウッドローツェ中山
ドリームフライト京都
ブレーヴハート京都
スノークラッシャー中山
レーザーズエッジ京都

注目点⑤ 前走万葉S組は0.1秒差の僅差負け!

ここまでの4つの注目点から選定すると前走万葉S組がすべて該当してしまうが、実際には2017年2着のラブラドライトと2009年2着のブレーヴハートは万葉Sで共に勝馬に0.1秒差の接戦で敗れた馬だった。

3000m走っての0.1秒差ということで、万葉Sの着順に関係なく、ダイヤモンドSで十分に挽回可能と言える。

まとめ

以上を踏まえて激走馬を選定すると次の2頭が該当する。

リッジマン
リッチーリッチー


なお、、ポイント①にある通り、激走馬は2着か3着に入ることが多く、1着は複勝率の高い単勝1番人気や2番人気などの上位人気馬からの選定が必要だ。

今回の分析も踏まえ予想を組み立てていくのも、面白いのではないだろうか。


小倉大賞典2018の最新人気・予想オッズ、出走予定馬は?過去の歴代勝ち馬一覧

(C)masakin0712‏

2018年2月18日、小倉競馬場で小倉大賞典(GIII/芝2000m)が行われる。ウインガナドル、ダッシングブレイズ、トリオンフ、ダノンメジャー、クインズミラーグロらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

今回は週中時点における最新予想オッズをお届けする。どの馬が人気に指示されるのか? 実績やポテンシャルの割に低評価な馬とは?

以下が出走予定馬と、週中時点での予想オッズの傾向、そして過去の勝ち馬の一覧だ。


概要

2018年 2月18日(日) 1回小倉4日目 18頭 [仮想出馬表]
【11R】  第52回小倉大賞典
4歳以上・オープン・G3(ハンデ)(国際) 芝1800m (A)

出走予定馬・登録馬

ウインガナドル 牡4 津村騎手 上原厩舎
クインズミラーグロ 牝6 丸田騎手 和田道厩舎
クラリティスカイ 牡6 木幡巧騎手 斎藤誠厩舎
ケイティープライド 牡8 鮫島駿騎手 角田厩舎
サトノアリシア 牝4 川須騎手 平田厩舎
サトノスティング 牡7 松若騎手 的場厩舎
スズカデヴィアス 牡7 吉田隼騎手 橋田厩舎
ストレンジクォーク 牡6 柴山騎手 小島太厩舎
タイセイサミット 牡5 中谷騎手 矢作厩舎
ダッシングブレイズ 牡6 浜中騎手 吉村厩舎
ダノンメジャー 牡6 北村友騎手 橋口厩舎
トラスト 牡4 丹内騎手 中村厩舎
トリオンフ セ4 川田騎手 須貝厩舎
ハッピーユニバンス 牝6 藤懸騎手 平田厩舎
ヒットザターゲット 牡10 小牧騎手 加藤敬厩舎
ヒラボクプリンス 牡8 池添騎手 加藤敬厩舎
マサハヤドリーム 牡6 和田騎手 今野厩舎
ヤマカツライデン 牡6 ○○騎手 池添兼厩舎

想定人気・予想オッズ

1番人気 ウインガナドル 3.7倍
5番人気 クインズミラーグロ 8.6倍
13番人気 クラリティスカイ 66.6倍
14番人気 ケイティープライド 78.8倍
9番人気 サトノアリシア 25.6倍
16番人気 サトノスティング 137.2倍
6番人気 スズカデヴィアス 10.8倍
7番人気 ストレンジクォーク 16.6倍
15番人気 タイセイサミット 81.5倍
2番人気 ダッシングブレイズ 4.1倍
4番人気 ダノンメジャー 5.3倍
10番人気 トラスト 40.1倍
3番人気 トリオンフ 4.3倍
17番人気 ハッピーユニバンス 262.7倍
8番人気 ヒットザターゲット 20.6倍
18番人気 ヒラボクプリンス 1209.2倍
12番人気 マサハヤドリーム 62.1倍
11番人気 ヤマカツライデン 52.2倍

過去10年の勝ち馬たち

2017/02/19 マルターズアポジー [東]堀井雅広厩舎
2016/02/21 アルバートドック [西]松田博資厩舎
2015/02/22 カレンブラックヒル [西]平田修厩舎
2014/02/23 ラストインパクト [西]松田博資厩舎
2013/02/17 ヒットザターゲット [西]加藤敬二厩舎
2012/02/04 エーシンジーライン [西]坂口正則厩舎
2011/02/05 サンライズベガ [西]音無秀孝厩舎
2010/02/06 オースミスパーク [西]南井克巳厩舎
2009/02/07 サンライズマックス [西]増本豊厩舎
2008/02/09 アサカディフィート [西]鶴留明雄厩舎


競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る