カテゴリー:予想・考察

目黒記念2018の予想オッズ・人気と日程、出走予定馬は?

(C)MAZIMICKEY

2018年5月27日、東京競馬場で目黒記念(GⅠI/芝2500m)が行われる。チェスナットコート、パフォーマプロミス、フェイムゲーム、ゼーヴィント、ポポカテペトルらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

競馬TIMES編集部では一週間をかけて当重賞を徹底的に検証していく。血統考察やデータ分析、有力馬の強調材料と不安要素の検証など、多角的な視点から当レースの見どころや注目点を解き明かしていく予定だ。

出走馬のおさらい、予想オッズの展望、過去の傾向(上位馬)を振り返っていこう。


日程・概要

2018年 5月27日(日) 2回東京12日目 19頭 [仮想出馬表]
【12R】  第132回目黒記念 (馬連5%UP/予定)
4歳以上・オープン・G2(ハンデ)(国際)[指定] 芝2500m (C)

出走予定馬・登録馬

馬名S性齢斤量
ウインテンダネス牡5
コウキチョウサン牡5
コルコバード牝5
サウンズオブアース牡7
ゼーヴィント牡5
ソールインパクト牡6
チェスナットコート牡4
トウシンモンステラ牡8
ノーブルマーズ牡5
ハッピーモーメント牡8
パフォーマプロミス牡6
フェイムゲームセ8
ブライトバローズ牡6
ホウオウドリーム牡4
ポポカテペトル牡4
マコトガラハッドセ5
リッジマン牡5
ロードヴァンドール牡5
ヴォージュ牡5

想定・予想オッズ

12番人気ウインテンダネス86.6倍
16番人気コウキチョウサン303.6倍
8番人気コルコバード17.8倍
9番人気サウンズオブアース21.1倍
4番人気ゼーヴィント5.1倍
7番人気ソールインパクト17.8倍
1番人気チェスナットコート2.9倍
17番人気トウシンモンステラ404.8倍
10番人気ノーブルマーズ43.2倍
18番人気ハッピーモーメント485.8倍
2番人気パフォーマプロミス4.4倍
3番人気フェイムゲーム5.1倍
13番人気ブライトバローズ97倍
11番人気ホウオウドリーム43.2倍
5番人気ポポカテペトル8.2倍
15番人気マコトガラハッド220.7倍
14番人気リッジマン134.8倍
6番人気ロードヴァンドール12.7倍
19番人気ヴォージュ485.8倍

過去5年好走馬

日付S馬名S着順人気
2017.5.28フェイムゲーム8
2017.5.28ヴォルシェーブ1
2017.5.28ハッピーモーメント13
2016.5.29クリプトグラム3
2016.5.29マリアライト1
2016.5.29ヒットザターゲット8
2015.5.31ヒットザターゲット11
2015.5.31レコンダイト4
2015.5.31ファタモルガーナ1
2014.6.1マイネルメダリスト8
2014.6.1ラブイズブーシェ12
2014.6.1プロモントーリオ4
2013.5.26ムスカテール4
2013.5.26ルルーシュ2
2013.5.26カフナ3

集計期間:2013. 5.26 ~ 2017. 5.28


日本ダービー(東京優駿)2018の予想オッズ・人気と日程、出走予定馬は?

(C)MAZIMICKEY

2018年5月27日、東京競馬場で日本ダービー(GⅠ/芝2400m)が行われる。ダノンプレミアム、キタノコマンドール、エポカドーロ、ステルヴィオ、ジェネラーレウーノ、ゴーフォザサミットらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

競馬TIMES編集部では一週間をかけて当重賞を徹底的に検証していく。血統考察やデータ分析、有力馬の強調材料と不安要素の検証など、多角的な視点から当レースの見どころや注目点を解き明かしていく予定だ。

出走馬のおさらい、予想オッズの展望、過去の傾向(上位馬)を振り返っていこう。


日程・概要

2018年 5月27日(日) 2回東京12日目 21頭 [仮想出馬表]
【10R】  第85回東京優駿 (馬連5%UP/予定)
3歳・オープン・G1(定量)(牡・牝)(国際)(指定) 芝2400m (C)

出走予定馬・登録馬

馬名S性齢斤量
アイトーン牡357
アドマイヤアルバ牡357
エタリオウ牡357
エポカドーロ牡357
オウケンムーン牡357
キタノコマンドール牡357
グレイル牡357
ケイティクレバー牡357
コズミックフォース牡357
ゴーフォザサミット牡357
サンリヴァル牡357
ジェネラーレウーノ牡357
ジャンダルム牡357
ステイフーリッシュ牡357
ステルヴィオ牡357
タイムフライヤー牡357
ダノンプレミアム牡357
テーオーエナジー牡357
ブラストワンピース牡357
リョーノテソーロ牡357
ワグネリアン牡357

想定・予想オッズ

18番人気アイトーン477.4倍
17番人気アドマイヤアルバ204.5倍
14番人気エタリオウ95.3倍
5番人気エポカドーロ7.4倍
12番人気オウケンムーン61.8倍
4番人気キタノコマンドール7.3倍
10番人気グレイル39.2倍
21番人気ケイティクレバー716.3倍
16番人気コズミックフォース133.1倍
8番人気ゴーフォザサミット26.2倍
11番人気サンリヴァル49.2倍
7番人気ジェネラーレウーノ15.3倍
13番人気ジャンダルム67.6倍
9番人気ステイフーリッシュ31.5倍
6番人気ステルヴィオ11.1倍
15番人気タイムフライヤー124.4倍
1番人気ダノンプレミアム2.1倍
20番人気テーオーエナジー716.3倍
2番人気ブラストワンピース5.1倍
19番人気リョーノテソーロ636.7倍
3番人気ワグネリアン6.9倍

過去5年好走馬

日付S馬名S着順人気
2017.5.28レイデオロ2
2017.5.28スワーヴリチャード3
2017.5.28アドミラブル1
2016.5.29マカヒキ3
2016.5.29サトノダイヤモンド2
2016.5.29ディーマジェスティ1
2015.5.31ドゥラメンテ1
2015.5.31サトノラーゼン5
2015.5.31サトノクラウン3
2014.6.1ワンアンドオンリー3
2014.6.1イスラボニータ1
2014.6.1マイネルフロスト12
2013.5.26キズナ1
2013.5.26エピファネイア3
2013.5.26アポロソニック8

集計期間:2013. 5.26 ~ 2017. 5.28


日本ダービー2018の競馬予想データ分析…5つの注目点から浮上する勝ち馬の条件は?

(C)Pelusa214

2018年5月27日、東京競馬場で日本ダービー(GⅠ/芝2400m)が行われる。ダノンプレミアム、ブラストワンピース、ワグネリアン、キタノコマンドール、エポカドーロ、ステルヴィオ、ジェネラーレウーノ、ゴーフォザサミットらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

普段競馬にあまり興味がないライトなファンにとっても、マスコミなどで大きく取り上げられることもあって、年末の風物詩ともなったGⅠ・有馬記念と並ぶかそれ以上に注目を集める祭典とも言えるレースが日本ダービーだ。

配当傾向を過去10年で見てみると、三連単は2008年から2011年までは4年連続で10万円を超える配当となっていたが、直近3年は順当な決着となり、特に一昨年2016年は単勝3番人気→2番人気→1番人気の組み合わせで4,600円となっている。2018年はどのような決着となるのか。

今回は過去10年の日本ダービーの結果を元としてデータ分析するが、特に過去の優勝馬の共通項から勝馬の条件となる馬を探っていく。


過去10年の優勝馬(2008年以降)

着順馬名
20171レイデオロ
20161マカヒキ
20151ドゥラメンテ
20141ワンアンドオンリー
20131キズナ
20121ディープブリランテ
20111オルフェーヴル
20101エイシンフラッシュ
20091ロジユニヴァース
20081ディープスカイ

注目点① 人気は1番人気から3番人気まで!

該当馬のリストを見てもわかるように、過去10年で優勝した10頭のうち2010年のエイシンフラッシュを除く9頭が単勝1番人気から3番人気までの上位人気で占められる結果となった。

4月に行われた3歳クラシック第一弾のGⅠ・皐月賞の結果などから事前に能力比較検討しやすいこともあり、人気・実力を兼ね備えていた馬が前評判どおりの結果を残していると言える。

人気別集計 日本ダービー 過去10年

人気着別度数勝率複勝率
1番人気4- 1- 3- 2/ 1040.0%80.0%
2番人気2- 1- 0- 7/ 1020.0%30.0%
3番人気3- 2- 1- 4/ 1030.0%60.0%
4番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
5番人気0- 4- 0- 6/ 100.0%40.0%
6番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%10.0%
7番人気1- 0- 1- 8/ 1010.0%20.0%
8番人気0- 0- 3- 7/ 100.0%30.0%
9番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
10番人気0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%
11番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
12番人気0- 1- 1- 8/ 100.0%20.0%
13番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
14番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
15番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
16番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
17番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
18番人気0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名人気単勝オッズ
2017レイデオロ25.3
2016マカヒキ34
2015ドゥラメンテ11.9
2014ワンアンドオンリー35.6
2013キズナ12.9
2012ディープブリランテ38.5
2011オルフェーヴル13
2010エイシンフラッシュ731.9
2009ロジユニヴァース27.7
2008ディープスカイ13.6

注目点② 父・ロイヤルチャージャー系・ネイティブダンサー系に注目

過去10年優勝した10頭中7頭が父・ロイヤルチャージャー系、3頭がネイティブダンサー系種牡馬となっていて他の種牡馬系統からは1頭もダービー馬は誕生していない。

産駒がすでに日本ダービーで3勝しているディープインパクトをはじめとしてステイゴールド、ハーツクライなど現在の日本種牡馬界の王道とも言えるロイヤルチャージャー系の成績は、クラシックで活躍するような距離での活躍が特に目立ち、日本ダービーはまさに十八番となっている。

また、ネイティブダンサー系の代表種牡馬はキングカメハメハで産駒は日本ダービーで既に2勝しているが、本来競馬場・距離問わず比較的成績を残す万能型であることから日本ダービーでも結果を残せていると言える。

種牡馬系統別集計 日本ダービー 過去10年

種牡馬系統別着別度数勝率複勝率
ロイヤルチャージャー系7- 9- 6-113/1355.2%16.3%
ネイティヴダンサー系3- 1- 1- 22/ 2711.1%18.5%
ニアークティック系0- 0- 3- 11/ 140.0%21.4%
ナスルーラ系0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年
ソート:着別度数順

馬名父系統別種牡馬
レイデオロネイティヴダンサー系キングカメハメハ
マカヒキロイヤルチャージャー系ディープインパクト
ドゥラメンテネイティヴダンサー系キングカメハメハ
ワンアンドオンリーロイヤルチャージャー系ハーツクライ
キズナロイヤルチャージャー系ディープインパクト
ディープブリランテロイヤルチャージャー系ディープインパクト
オルフェーヴルロイヤルチャージャー系ステイゴールド
エイシンフラッシュネイティヴダンサー系King’s Best
ロジユニヴァースロイヤルチャージャー系ネオユニヴァース
ディープスカイロイヤルチャージャー系アグネスタキオン

注目点③ 前走は中団か後方待機馬が活躍!

過去10年の日本ダービー馬10頭中2012年のディープブリランテを除く9頭が前走で中団か後方からのレースをしていた。

最後の直線が長い東京競馬場のコースでは逃げ馬や先行馬が粘れることは少なく、また騎手の駆け引きも重要な要素となり、逃げ・先行馬を目標に見ながらレースを進めることができる中団・後方待機馬が日本ダービーでは好走できている。

前走脚質別集計 日本ダービー 過去10年

前走脚質着別度数勝率複勝率
逃げ0- 0- 1- 7/ 80.0%12.5%
先行1- 4- 4- 35/ 442.3%20.5%
中団6- 5- 4- 66/ 817.4%18.5%
後方3- 1- 0- 40/ 446.8%9.1%
マクリ0- 0- 1- 0/ 10.0%100.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名前走脚質
レイデオロ後方
マカヒキ後方
ドゥラメンテ中団
ワンアンドオンリー中団
キズナ後方
ディープブリランテ先行
オルフェーヴル中団
エイシンフラッシュ中団
ロジユニヴァース中団
ディープスカイ中団

注目点④ 前走は5番人気以内

過去10年の優勝馬10頭中2010年のエイシンフラッシュ以外の9頭が前走でも上位人気に支持されていて単勝5番人気以内となっていた。

3歳限定戦においては勝ち抜き戦の様相が強いこともあり、前走でも実力を認められて上位人気となっていた馬が、引き続き人気を維持し日本ダービーで好走できたことを示している。


前走人気別集計 日本ダービー 過去10年

前走人気着別度数勝率複勝率
前走1人気3- 2- 4- 22/ 319.7%29.0%
前走2人気0- 6- 0- 18/ 240.0%25.0%
前走3人気3- 0- 3- 14/ 2015.0%30.0%
前走4人気2- 1- 0- 12/ 1513.3%20.0%
前走5人気1- 0- 1- 6/ 812.5%25.0%
前走6~9人0- 1- 2- 35/ 380.0%7.9%
前走10人~1- 0- 0- 41/ 422.4%2.4%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名前走人気
レイデオロ5
マカヒキ3
ドゥラメンテ3
ワンアンドオンリー4
キズナ1
ディープブリランテ3
オルフェーヴル4
エイシンフラッシュ11
ロジユニヴァース1
ディープスカイ1

注目点⑤ 前走は3着以内

最後に前走の着順に注目すると過去10年の優勝馬10頭中2009年のロジユニヴァースを除く9頭が前走でも3着以内と好走している。

前走人気同様、勝ち抜き戦の様相が強い中で、日本ダービーでは前走で好走していた馬が、それぞれの陣営の努力の甲斐もあって実力通りの結果が出せていることを示している。

前走着順別集計 日本ダービー 過去10年

前走着順着別度数勝率複勝率
前走1着4- 4- 4- 31/ 439.3%27.9%
前走2着1- 1- 3- 30/ 352.9%14.3%
前走3着2- 1- 0- 14/ 1711.8%17.6%
前走4着1- 1- 0- 8/ 1010.0%20.0%
前走5着1- 0- 0- 6/ 714.3%14.3%
前走6~9着0- 2- 2- 24/ 280.0%14.3%
前走10着~1- 1- 1- 35/ 382.6%7.9%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名前走着順
レイデオロ5
マカヒキ2
ドゥラメンテ1
ワンアンドオンリー4
キズナ1
ディープブリランテ3
オルフェーヴル1
エイシンフラッシュ3
ロジユニヴァース14
ディープスカイ1

まとめ

ここまでの5つの注目点から、日本ダービー馬となる可能性のある馬を選定すると次の1頭が該当する。

キタノコマンドール

なお、本原稿は特別登録の段階で執筆しているが、今年の日本ダービーの登録頭数は21頭(出走可能頭数18頭)となっていて賞金順により除外対象となっている馬もいるので注意が必要だ。

またキタノコマンドールが単勝4番人気以下に支持されたり、出走回避した場合などは、素直に上位3番人気までの馬の中から勝馬を選択をする予想方法もありそうだ。


後は予想時点での単勝人気やオッズも確認の上、検討を加えていくのも、面白いのではないだろうか。


オークス2018の競馬予想分析…戴冠なるか?リリーノーブルの激走力は

(C)MAZIMICKEY

桜花賞を鮮やかな追い込みで勝利したアーモンドアイ、昨年の最優秀2歳牝馬ラッキーライラックやマウレア、リリーノーブル、トーセンブレスらが出走する今年のオークス。今年はどのようなレース、どんなドラマが待ち受けているのか?

桜花賞3着から逆転を狙うリリーノーブルは重賞レース未勝利ながらも、阪神ジュベナイルフィリーズで2着、桜花賞でも2着ラッキーライラックとは半馬身差と実績上位の存在だ。今まで5戦して複勝圏を外していない安定感があり、今回に関しても人気の一角を担うことになるだろう。今章ではリリーノーブルのオークスにおける逆転の可能性に迫っていく。


条件① 血統面

父ルーラーシップ、母父クロフネという血統背景のリリーノーブル。父ルーラーシップ産駒の戦績を見比べると東京コースでパフォーマンスを大きく跳ね上げる産駒が多いことが挙げられる。サンデーサイレンスの直系種牡馬ではない背景から、瞬発力という点では他のサンデーサイレンス系種牡馬よりも見劣りするものの、長く良い脚を使いながら機動力で立ち回れる器用さが武器の馬が多い。

またキングマンボ系だけに底力がしっかりと兼ね備えられている血統で、総合力が求められるオークスの舞台は願ったり叶ったりといえるだろう。ルーラーシップ産駒における東京コースの戦績は秀逸で、複勝の回収率は100%を超えていることも付き加えておく。

条件② 東京コースの実績

上記でルーラーシップ産駒の東京コースにおける期待値の高さを記したが、その東京競馬場でデビューを飾ったリリーノーブルは、2着馬に3馬身1/2をつける圧勝のレースを披露した。

勿論、オークスに出走する大多数の馬達は東京2400mに出走するのは初めてとなるが、一度東京コースを使われていることは大きなアドバンテージとなり、血統的な後押しも期待できるのが、リリーノーブルである。戦い方としてはアーモンドアイ、サトノワルキューレ然り有力馬が追い込み一辺倒の馬達であることから早め抜け出しの競馬に徹することが吉となりそうだ。阪神コースよりも東京コースに変わって上積みが多い馬だけに逆転の余地は立ち回り次第ではあるといっても過言ではないだろう。

条件③ 馬格

上半身は筋肉の塊ともいえ、世代屈指の筋肉量を保持しながらも下半身はしなやかで腹回りもすっきりと見せる印象深い馬体をしているリリーノーブル。

馬体重もデビュー当初から500キロ前後の大きさを維持しており、他の出走馬と比べても一回り大きい印象を持つことができる。筋肉量からも力のいる馬場状態になったとしても心配しなくても大丈夫そうだ。好走率の観点から馬格の大きな馬と小さな馬を比べると、当然であるが馬体重が大きな馬の方が好走率が格段に良いことは周知の事実である。

まとめ

様々な課題をクリアしないといけない出走馬が多い中、リリーノーブルに関しては条件好転の上積みが多い。ただし、折り合い面などマイナス要素が決してないわけではないが、王者から2冠目を奪い取る能力は兼ね備えている馬だけに楽しみが大きいのも事実だろう。3歳牝馬の集大成となるオークスで大きな飛躍を見せ付けることができるのか、是非リリーノーブルを主眼に置き、今週末の競馬を楽しんで欲しい。


オークス2018の競馬予想分析…大器?サトノワルキューレが持つ3つの強み

(C)MAZIMICKEY

2強に割って入る――。

2018年5月20日、東京競馬場でオークス(GⅠ/芝2400m)が行われる。2強を構成するアーモンドアイとラッキーライラックはもちろん、リリーノーブルやマウレアなども出走を予定している。そんな中、別路線で一番有力視されているのがサトノワルキューレだ。

前走はフローラステークスだったが、4コーナーで14番手にいながら33秒4という末脚を見せつけて粘りこみを図るパイオニアバイオなどを差し切った。前半1000メートルが61秒と決して後ろの組にいい流れではなかったにもかかわらず、差し切って見せたのはかなり大きい。フローラステークス組はここ最近健闘を見せるなど、桜花賞組に割って入ることは十分に可能だ。

サトノワルキューレにとっては初めての同世代の一線級と対戦である。両雄並び立たずという言葉があるように、2強ムードの時ほど何かの馬が割って入るというのは勝負事ではよくある話だ。その一頭になるか、むしろ割って入るのではなく、2強を先行することになる可能性も十分に考えられる。サトノワルキューレが持ち合わせる強みを掘り下げる。


強み① 距離の不安がない

ほとんどの牝馬にとってはオークスの舞台2400メートルは未知の距離である。能力でカバーする馬もいれば明らかな距離適性のなさで沈む馬もいる。ただサトノワルキューレの場合はその心配がない。なぜなら、2400メートルで行われたゆきやなぎ賞に勝利し、距離適性があることを証明しているからだ。

ちなみにゆきやなぎ賞は阪神外回り2400メートルというタフなコースで行われる。菊花賞の前哨戦でもある神戸新聞杯と同じ舞台だ。しかも今年の勝ちタイム2分27秒0は2400メートルでゆきやなぎ賞が開催されるようになった2009年以降で最速タイムである。少頭数で行われやすく、神戸新聞杯でも少頭数なら2分28秒3というタイムもある。ちなみにこの時の勝ち馬はこの後に牡馬三冠を達成するオルフェーヴルだ。

牝馬が上々の勝ちタイムで2400メートルを駆け抜けたという事実だけでも十分な買い材料、強みと言える。

強み② フローラステークスの勝ち方

フローラステークスでは4コーナーで14番手にいながら最後は上がり3ハロンのタイム33秒4の脚を使って差し切った。この勝ち方はオークスに直結する勝ち方だった。同じ東京コースでもマイル戦などは前目で粘りこみを図る馬が意外と残りやすく、上がり最速のタイムでは差し届かないことがある。しかし距離が長くなると、たとえ後方にいても上がり最速のタイムをマークすれば差し切ることは可能だ。

特にオークスのようにほとんどの馬が距離適性が分からぬまま出走しているケースでは、直線一気の末脚が炸裂しやすい。フローラステークスの勝ち方は仮想オークスの乗り方としてほぼ満点に近いものだったと言える。アーモンドアイという強力なライバル、同型馬がいるが、末脚だけ見れば互角の可能性が高い。一緒に走っていないからこそ、能力がどちらが上回っているか調べようがない。ちなみにフローラステークスの勝ちタイムも2001年以降に行われた中では最速タイムだ。

強み③ デムーロ騎手が騎乗

サトノワルキューレはここまですべてのレースにミルコ・デムーロ騎手が騎乗している。実はデムーロ騎手、今年はさほど牝馬クラシック競走に絡んでいない。桜花賞はレッドレグナントに騎乗したが惨敗している。デムーロ騎手自体は全く調子落ちをしておらず、リーディング1位だ。ここに来てようやく本格的な馬に乗ることができた。この事実はとても大きい。

デムーロ騎手が素晴らしいのは思い切りの良さにある。ペースが遅いと分かれば果敢に動く。2011年のドバイワールドカップでペースが遅いとわかるやヴィクトワールピサを後方から押し上げて、見事に勝利を収めた。アーモンドアイが強いことは分かっており、それを負かしに行く乗り方をする可能性がある。

もちろん、これだけの武器を持つ馬なので無理に動く必要もない。それでも、勝利のためなら最善を尽くすデムーロ騎手なら勝負に出てもおかしくない。勝ちにこだわる騎乗ができる。そこが日本の騎手とは違う点だ。

まとめ

サトノワルキューレを含めた3頭で人気を分け合うのではないかという説も有力だが、それでも2強で分け合い、3番手をサトノワルキューレが追いかける展開になりそうだ。目標は明確であり、前目に有力馬がいるので牽制も起こりにくい。純粋なスパート勝負になる可能性は高い。

ラッキーライラックが楽に先行しそのまま押し切る展開はサトノワルキューレもアーモンドアイも何もしないまま終わるようなものだ。それをルメール騎手とデムーロ騎手が許すだろうか。枠順次第だが、無理に内に突っ込む必然性はない。あとは馬体重などそのあたりがどうなるかだ。


競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る