カテゴリー:予想・考察

日本ダービー2018の競馬予想分析…過去の血統と種牡馬の共通点は?

(C)Yushi Machida

2018年5月27日、東京競馬場で日本ダービー(GⅠ/芝2400m)が行われる。波乱となった牡馬クラシック初戦の皐月賞だが、今回もエポカドーロが制し2冠達成となるか。弥生賞以来となる2歳王者のダノンプレミアムが再び力の差をみせつけるか、別路線組から参戦のブラストワンピースが無敗でダービー制覇となるか楽しみな一戦である。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去10年、コース・距離別種牡馬成績は2013年以降のレースより集計を行った。


過去10年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
12キングカメハメハシンボリクリスエス
23ハーツクライUnbridled’s Song
31ディープインパクトシンボリクリスエス
13ディープインパクトフレンチデピュティ
22ディープインパクトOren
31ディープンパクトブライアンズタイム
11キングカメハメハサンデーサイレンス
25ディープインパクトIntikhab
33MarjuRossini
13ハーツクライタイキシャトル
21フジキセキCozzene
312ブラックタイドグラスワンダー
11ディープインパクトStorm Cat
23シンボリクリスエススペシャルウィーク
38Big BrownPure Prize
13ディープインパクトBertolini
25ディープインパクトMachiavellian
37ディープインパクトノーザンテースト
11ステイゴールドメジロマックイーン
210ハーツクライStorm Bird
38キングカメハメハサンデーサイレンス
17キングズベストプラティニ
25キングカメハメハサンデーサイレンス
31ネオユニヴァースMachiavellian
12ネオユニヴァースCape Cross
25スペシャルウィークSeattle Slew
38マンハッタンカフェKingmambo
11アグネスタキオンChief’s Crown
212タニノギムレットサンデーサイレンス
36クロフネウイニングチケット

解析・分析:注目血統は?

ディープインパクト・ハーツクライを中心としたサンデーサイレンス系の活躍が目立つが、キングカメハメハも近年2勝しており相性の良いレースと言える。反対にニアークティック系はサトノクラウンやアポロソニックなどの3着があるものの苦戦傾向にある。

サンデー系・キングカメハメハ産駒で近年好走傾向であるのがロベルト系の血を持つ母系が挙げられる。
[サンデー系]
2017年 アドミラブル(母父シンボリクリスエス)
2016年 ディーマジェスティ(母父ブライアンズタイム)
2015年 サトノラーゼン(母父Intikhab)
2014年 マイネルフロスト(母父グラスワンダー)
[キングカメハメハ]
2017年 レイデオロ(母父シンボリクリスエス)

2013年のエピファネイアも父ロベルト系×母父サンデー系であり、相性の良い組み合わせと言えよう。

今年の出走予定馬ではダノンプレミアム・タイムフライヤーが該当し、さらに母母父ニアークティック系である点も前述のディーマジェスティ・サトノラーゼン・マイネルフロスト(・エピファネイア)と同じ組み合わせであり、強調材料と言えよう。ステイフーリッシュも母母父ロベルト系に加えて、相性の良い父サンデー系×母父キングカメハメハの組み合わせで同様に注目したい。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数勝率複勝率
キングズベスト0-0-0-70.0%0.0%
ハーツクライ10-9-9-878.7%24.3%
ステイゴールド20-15-16-14010.5%26.7%
オルフェーヴル0-0-0-00.0%0.0%
オウケンブルースリ0-0-0-00.0%0.0%
ディープインパクト28-17-19-11515.6%35.8%
キングカメハメハ13-10-7-7911.9%27.5%
ルーラーシップ3-1-2-527.3%54.5%
スクリーンヒーロー1-1-0-99,1%18.2%
Kitten’s Joy0-0-0-00.0%0.0%
ロードカナロア0-0-0-00.0%0.0%
カネヒキリ0-0-0-00.0%0.0%
ハービンジャー7-3-5-4511.7%25.0%
Justin Phillip0-0-0-00.0%0.0%

集計期間:2013.1. 1 ~ 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

ダービー馬を輩出しているディープインパクト、キングカメハメハ、ステイゴールドが同条件で安定した成績を残しているのがわかる。キングカメハメハ産駒のルーラーシップも出走頭数は少ないが、現時点で父以上の成績を残しており今回も注目してみたい。

その他ではハービンジャーが上位3頭に迫る成績を残している。今回、別路線からの参戦となるブラストワンピースの好走に期待したい。新種牡馬のオルフェーヴルとロードカナロアは同距離の成績は未知数であり、有力馬を送り出すオークスの成績も参考にしてもよいかもしれない。


日本ダービー2018の競馬予想データ分析…5つの注目点から浮上する激走馬は?

(C)MAZIMICKEY

2018年5月27日、東京競馬場で日本ダービー(GⅠ/芝2400m)が行われる。ダノンプレミアム、ブラストワンピース、ワグネリアン、キタノコマンドール、エポカドーロ、ステルヴィオ、ジェネラーレウーノ、ゴーフォザサミットらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

3歳牡馬3冠レースの中で「最も速い馬が勝つ」GⅠ・皐月賞、「最も強い馬が勝つ」GⅠ・菊花賞に対して「最も運のいい馬が勝つ」と言われている日本ダービーだが今年はどのような名勝負が繰り広げられるだろうか。

皐月賞馬エポカドーロの2冠達成はなるのか、怪我で皐月賞を回避したダノンプレミアムが前評判どおりの活躍を見せるのか、様々な見どころのあるレースでもある。2018年はどのような決着となるのか。

今回は過去10年の日本ダービーの結果を元としてデータ分析するが、特に過去の穴馬の共通項から激走馬を探っていく。


過去10年の該当馬(2008年以降・単勝6番人気以下で3着以内)

着順馬名
20143マイネルフロスト
20133アポロソニック
20123トーセンホマレボシ
20112ウインバリアシオン
20113ベルシャザール
20101エイシンフラッシュ
20093アントニオバローズ
20082スマイルジャック
20083ブラックシェル

注目点① 人気薄を検討する場合は3着中心に!

該当馬のリストを見てもわかるように、過去10年で馬券圏内に入った延べ30頭のうち単勝6番人気以下が9頭と3分の1を占めていて比較的平均的な結果となっている。

ただし、9頭中6頭が3着となっていることは日本ダービーの大きな特徴であり、1着・2着馬の検討を進める場合には上位人気馬から検討をし、三連単などで3着馬を検討する際に人気薄を狙うことも前向きに考えなければならない。

なお、今回の該当馬を人気別や単勝オッズで見ると、人気を気にする必要はないものの単勝万馬券になるような極端な人気薄を狙うのは得策でないことがわかる。

人気別集計 日本ダービー 過去10年

人気着別度数勝率複勝率
1番人気4- 1- 3- 2/ 1040.0%80.0%
2番人気2- 1- 0- 7/ 1020.0%30.0%
3番人気3- 2- 1- 4/ 1030.0%60.0%
4番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
5番人気0- 4- 0- 6/ 100.0%40.0%
6番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%10.0%
7番人気1- 0- 1- 8/ 1010.0%20.0%
8番人気0- 0- 3- 7/ 100.0%30.0%
9番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
10番人気0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%
11番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
12番人気0- 1- 1- 8/ 100.0%20.0%
13番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
14番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
15番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
16番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
17番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
18番人気0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名人気単勝オッズ
2014マイネルフロスト12108
2013アポロソニック861.6
2012トーセンホマレボシ715
2011ウインバリアシオン1024.4
2011ベルシャザール818.5
2010エイシンフラッシュ731.9
2009アントニオバローズ823.3
2008スマイルジャック1249.2
2008ブラックシェル612

注目点② 前走は3番人気以下

過去10年単勝6番人気以下で3着以内に入った9頭中8頭が前走でも人気がなく単勝3番人気以下となっていた。

前走で単勝上位人気に支持されて敗退した馬は、敗退の原因が馬券購入の際に検討され、敗因が明らかな場合には再度上位に支持される傾向がある。

一方、前走人気がなく、実際に敗退した馬は徐々に検討の対象外となり単勝人気も徐々に下降していく傾向があるが、日本ダービーで激走馬を検討する際にはそういった馬たちにも一旦フォーカスを当てて検討いくことが必要だ。

前走人気別集計 日本ダービー 過去10年

前走人気着別度数勝率複勝率
前走1人気3- 2- 4- 22/ 319.7%29.0%
前走2人気0- 6- 0- 18/ 240.0%25.0%
前走3人気3- 0- 3- 14/ 2015.0%30.0%
前走4人気2- 1- 0- 12/ 1513.3%20.0%
前走5人気1- 0- 1- 6/ 812.5%25.0%
前走6~9人0- 1- 2- 35/ 380.0%7.9%
前走10人~1- 0- 0- 41/ 422.4%2.4%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名前走人気
マイネルフロスト3
アポロソニック9
トーセンホマレボシ5
ウインバリアシオン6
ベルシャザール3
エイシンフラッシュ11
アントニオバローズ1
スマイルジャック4
ブラックシェル3

注目点③ 前走は先行か中団待機馬が活躍!

過去10年単勝6番人気以下で3着以内に入った9頭中7頭が前走で先行か中団からのレースをしていた。

GⅠレースともなると、実力が比較的高いレベルで拮抗していることもあって、騎手の駆け引きも重要な要素となり、逃げ馬を目標に見ながらレースを進めることができる先行・中団待機馬が日本ダービーでは激走馬となっている。
前走脚質別集計 日本ダービー 過去10年

前走脚質着別度数勝率複勝率
逃げ0- 0- 1- 7/ 80.0%12.5%
先行1- 4- 4- 35/ 442.3%20.5%
中団6- 5- 4- 66/ 817.4%18.5%
後方3- 1- 0- 40/ 446.8%9.1%
マクリ0- 0- 1- 0/ 10.0%100.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名前走脚質
マイネルフロスト先行
アポロソニック逃げ
トーセンホマレボシ先行
ウインバリアシオン後方
ベルシャザール先行
エイシンフラッシュ中団
アントニオバローズ先行
スマイルジャック先行
ブラックシェル中団

注目点④ 前走は東京か中山で出走

今回の該当馬9頭中8頭が前走は東京競馬場か中山競馬場で出走していた。

レース間隔だったり、東京競馬場とのコース適性を調教師など関係者が考慮・調整して出走してきた結果が、日本ダービーで人気に関係なく着順に反映されていることがわかる。


前走場所別集計 日本ダービー 過去10年

前走場所着別度数勝率複勝率
札幌0- 0- 0- 0/ 0
函館0- 0- 0- 0/ 0
福島0- 0- 0- 0/ 0
新潟0- 0- 0- 0/ 0
東京2- 2- 6- 69/ 792.5%12.7%
中山7- 7- 3- 54/ 719.9%23.9%
中京0- 0- 0- 0/ 0
京都1- 1- 1- 19/ 224.5%13.6%
阪神0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%
小倉0- 0- 0- 0/ 0
地方0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名前走場所
マイネルフロスト東京
アポロソニック東京
トーセンホマレボシ京都
ウインバリアシオン東京
ベルシャザール東京
エイシンフラッシュ中山
アントニオバローズ中山
スマイルジャック中山
ブラックシェル東京

注目点⑤ 出産ピークの3月・4月生まれが優勢

最後に誕生日の視点から見た時に、今回の該当馬9頭中8頭が3月か4月生まれとなっていた。

馬産自体は南半球の産駒を除いて1月から6月まで行われていて、日本ダービーの勝馬も過去10年では1月から5月まで幅広くなっているものの、人気薄の激走馬となると馬産のピークである3月と4月に生まれた馬が活躍できていることがわかる。

生月別集計 日本ダービー 過去10年

生月着別度数勝率複勝率
1月生1- 1- 1- 8/119.1%27.3%
2月生2- 2- 0-35/395.1%10.3%
3月生4- 3- 6-44/577.0%22.8%
4月生1- 2- 3-43/492.0%12.2%
5月生2- 2- 0-17/219.5%19.0%
6月生0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名誕生日
マイネルフロスト3/8
アポロソニック4/2
トーセンホマレボシ3/23
ウインバリアシオン4/10
ベルシャザール4/25
エイシンフラッシュ3/27
アントニオバローズ4/24
スマイルジャック3/8
ブラックシェル1/31

まとめ

ここまでの5つの注目点から、人気薄で激走する可能性のある馬を選定すると次の3頭が該当する。

オウケンムーン
ゴーフォザサミット
サンリヴァル

なお、本原稿は特別登録の段階で執筆しているが、今年の日本ダービーの登録頭数は21頭(出走可能頭数18頭)となっていて賞金順により除外対象となっている馬もいるので注意が必要だ。

また、仮に今回の該当馬が上位人気に支持されたり、出走回避した場合などは、人気薄が上位に食い込む可能性は低いと見て、素直に上位5番人気までの堅い決着を予想する方法もありそうだ。


後は予想時点での単勝人気やオッズも確認の上、検討を加えていくのも、面白いのではないだろうか。


目黒記念2018の競馬予想データ分析…5つの注目点から浮上する激走馬は?

(C)Arappa

2018年5月27日、東京競馬場で目黒記念(GⅡ/芝2500m)が行われる。チェスナットコート、パフォーマプロミス、フェイムゲーム、ゼーヴィント、ポポカテペトル、ロードヴァンドール、コルコバード、ソールインパクトらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

その昔、目黒競馬場で競馬が行われていたことがレース名の由来となっている目黒記念は春と秋の年2回行われていた時期があったり、2月に行われていた時期があったりしたが、1997年以降は春の東京開催で行われるようになった。

現在では、春のグランプリGⅠ・宝塚記念のステップレースとしての意味合いを持つと共に、近年ではGⅠ・日本ダービーと同日の最終レースで行われることも多くなり、ダービーデーを盛り上げる役割も担っている。

今回は過去10年の目黒記念の結果を元としてデータ分析するが、特に過去の穴馬の共通項から激走馬を探っていく。


過去10年の該当馬(2008年以降・単勝6番人気以下で3着以内)

着順馬名
20171フェイムゲーム
20173ハッピーモーメント
20163ヒットザターゲット
20151ヒットザターゲット
20141マイネルメダリスト
20142ラブイズブーシェ
20122トウカイパラダイス
20123コスモロビン
20111キングトップガン
20113ヤングアットハート
20102イケドラゴン
20103フェニコーン
20091ミヤビランベリ
20093ハギノジョイフル

注目点① 人気薄は人気に関係なく検討を

該当馬のリストを見てもわかるように、過去10年で馬券圏内に入った延べ30頭のうち単勝6番人気以下が14頭と5割近くに達していて高配当を裏付ける結果となっている。

しかも、過去10年の内2頭がリストアップされる年が6回もあり積極的に人気薄を狙うことも考えなければならないことがハンデ戦である目黒記念の大きな特徴となっている。

それでも、今回の該当馬を人気別や単勝オッズで見ると、高配当になる場合の人気を気にする必要はないものの単勝万馬券になるような極端な人気薄を狙うのは得策でないことがわかる。

人気別集計 目黒記念 過去10年

人気着別度数勝率複勝率
1番人気1- 5- 1- 3/ 1010.0%70.0%
2番人気0- 1- 1- 8/ 100.0%20.0%
3番人気2- 0- 1- 7/ 1020.0%30.0%
4番人気1- 1- 1- 7/ 1010.0%30.0%
5番人気1- 0- 0- 9/ 1010.0%10.0%
6番人気0- 0- 2- 8/ 100.0%20.0%
7番人気1- 1- 1- 7/ 1010.0%30.0%
8番人気3- 0- 1- 6/ 1030.0%40.0%
9番人気0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%
10番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
11番人気1- 0- 0- 9/ 1010.0%10.0%
12番人気0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%
13番人気0- 0- 1- 8/ 90.0%11.1%
14番人気0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%
15番人気0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%
16番人気0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%
17番人気0- 0- 1- 7/ 80.0%12.5%
18番人気0- 0- 0- 7/ 70.0%0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名人気単勝オッズ
2017フェイムゲーム819.1
2017ハッピーモーメント1345.4
2016ヒットザターゲット824
2015ヒットザターゲット1125.3
2014マイネルメダリスト816.2
2014ラブイズブーシェ1232.4
2012トウカイパラダイス716.9
2012コスモロビン616.3
2011キングトップガン716.3
2011ヤングアットハート611.7
2010イケドラゴン949.7
2010フェニコーン715.3
2009ミヤビランベリ819.4
2009ハギノジョイフル17120.9

注目点② 父・ロイヤルチャージャー系に注目

過去10年単勝6番人気以下で3着以内に入った14頭中10頭がロイヤルチャージャー系種牡馬となっている。

ディープインパクトやステイゴールド、マンハッタンカフェに代表されるように現在の日本種牡馬界の王道とも言えるロイヤルチャージャー系の成績は、クラシックで活躍するような距離での活躍が特に目立ち、目黒記念においてもその傾向は変わらない。

種牡馬系統別集計 目黒記念 過去10年

種牡馬系統着別度数勝率複勝率
ロイヤルチャージャー系6- 9- 7- 91/1135.3%19.5%
ネイティヴダンサー系2- 0- 2- 18/ 229.1%18.2%
ニアークティック系1- 0- 1- 16/ 185.6%11.1%
トゥルビヨン系1- 0- 0- 2/ 333.3%33.3%
ナスルーラ系0- 1- 0- 13/ 140.0%7.1%
その他のエクリプス系0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年
ソート:着別度数順

馬名父系統種牡馬
フェイムゲームロイヤルチャージャー系ハーツクライ
ハッピーモーメントロイヤルチャージャー系ディープインパクト
ヒットザターゲットネイティヴダンサー系キングカメハメハ
ヒットザターゲットネイティヴダンサー系キングカメハメハ
マイネルメダリストロイヤルチャージャー系ステイゴールド
ラブイズブーシェロイヤルチャージャー系マンハッタンカフェ
トウカイパラダイスロイヤルチャージャー系ゴールドアリュール
コスモロビンロイヤルチャージャー系ゼンノロブロイ
キングトップガンロイヤルチャージャー系マヤノトップガン
ヤングアットハートニアークティック系フレンチデピュティ
イケドラゴンロイヤルチャージャー系ニューイングランド
フェニコーンロイヤルチャージャー系マンハッタンカフェ
ミヤビランベリニアークティック系オペラハウス
ハギノジョイフルロイヤルチャージャー系タニノギムレット

注目点③ レース間隔は中3週から8週まで

前走とのレース間隔に注目して今回の該当馬を見てみると、14頭中12頭が中3週から中8週と長期休養明けではない状態で出走してきていることがわかる。

ハンデ戦である目黒記念をチャンスと見て目標にしてきている馬やGⅠ・宝塚記念を最終目標にしている馬など、GⅠではないだけにそれぞれの陣営による調整方法・臨戦過程はあるものの、休み明け初戦での活躍は難しいレースと言える。

間隔別集計 目黒記念 過去10年

間隔着別度数勝率複勝率
連闘0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%
2週1- 0- 0- 5/ 616.7%16.7%
3週2- 1- 2- 30/ 355.7%14.3%
4週2- 3- 1- 23/ 296.9%20.7%
5~ 9週4- 5- 4- 56/ 695.8%18.8%
10~25週1- 1- 3- 16/ 214.8%23.8%
半年以上0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名レース間隔
フェイムゲーム14
ハッピーモーメント3
ヒットザターゲット22
ヒットザターゲット3
マイネルメダリスト7
ラブイズブーシェ7
トウカイパラダイス4
コスモロビン4
キングトップガン5
ヤングアットハート3
イケドラゴン4
フェニコーン8
ミヤビランベリ3
ハギノジョイフル7

注目点④ 前走はGⅠもしくはハンデ戦に出走

今回の該当馬14頭中12頭が前走はGⅠかGⅡ以下のハンデ戦出走馬となった。

GⅠから挑戦する馬の前走は似たような距離を走る天皇賞春や有馬記念であろうことは想像しやすいが、GⅡ以下からの挑戦馬のほとんどがハンデ戦であることはあまり知られていないものの斤量に敏感な馬にとっては重要なファクターであることがわかる。


前走クラス別集計 目黒記念 過去10年

前走クラス着別度数勝率複勝率
1000万下0- 0- 1- 2/ 30.0%33.3%
1600万下1- 2- 0- 17/ 205.0%15.0%
OPEN特別4- 4- 4- 55/ 676.0%17.9%
GⅢ3- 0- 2- 15/ 2015.0%25.0%
GⅡ0- 2- 0- 26/ 280.0%7.1%
GⅠ2- 2- 3- 24/ 316.5%22.6%
ハンデ戦8- 3- 6- 76/ 938.6%18.3%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名前走クラスレース名
フェイムゲームGⅢダイヤモンドSハンデ戦
ハッピーモーメントOPEN特別メトロポリタンS
ヒットザターゲットGⅠ有馬記念
ヒットザターゲットGⅢ新潟大賞典ハンデ戦
マイネルメダリストOPEN特別大阪―ハンブルクCハンデ戦
ラブイズブーシェOPEN特別福島民報杯
トウカイパラダイスGⅠ天皇賞春
コスモロビンGⅠ天皇賞春
キングトップガンOPEN特別メトロポリタンSハンデ戦
ヤングアットハートGⅢ新潟大賞典ハンデ戦
イケドラゴン1600万府中Sハンデ戦
フェニコーン1000万安房特別ハンデ戦
ミヤビランベリGⅢ新潟大賞典ハンデ戦
ハギノジョイフルOPEN特別大阪―ハンブルクCハンデ戦

注目点⑤ 前走は4着以下

最後に前走着順に注目すると、今回の該当馬14頭中13頭までが前走で馬券圏内から外れ4着以下に敗れている(残る1頭は前走1000万条件を勝ち上がった2010年の3着馬フェニコーン)。

前走で何らかの理由で着順が悪かった馬が、短期放牧などで立て直したり、暖かい気候で徐々に調子をあげてきたりなど陣営の努力で調子が上向きに転じ前評判を覆した場合に馬券圏内に入ってくることを示している。

前走着順別集計 目黒記念 過去10年

前走着順着別度数勝率複勝率
前走1着3- 3- 2- 21/ 2910.3%27.6%
前走2着0- 1- 2- 11/ 140.0%21.4%
前走3着0- 1- 0- 7/ 80.0%12.5%
前走4着2- 0- 2- 10/ 1414.3%28.6%
前走5着0- 2- 0- 5/ 70.0%28.6%
前走6~9着3- 1- 2- 47/ 535.7%11.3%
前走10着~2- 2- 2- 39/ 454.4%13.3%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名前走着順
フェイムゲーム6
ハッピーモーメント6
ヒットザターゲット13
ヒットザターゲット11
マイネルメダリスト4
ラブイズブーシェ5
トウカイパラダイス10
コスモロビン14
キングトップガン6
ヤングアットハート4
イケドラゴン12
フェニコーン1
ミヤビランベリ6
ハギノジョイフル9

まとめ

ここまでの5つの注目点から、人気薄で激走する可能性のある馬を選定すると次の1頭が該当する。

ソールインパクト

なお、本原稿は特別登録の段階で執筆しているが、今年の目黒記念の登録頭数は19頭(出走可能頭数18頭)となっていて出走を回避する馬がいない場合は賞金順によりマコトガラハッドが出走できないので注意が必要だ。

後は予想時点での単勝人気やオッズも確認の上、検討を加えていくのも、面白いのではないだろうか。



日本ダービー2018の予想オッズ・人気と出走予定馬は?東京優駿展望

(C)MAZIMICKEY

2018年5月27日、東京競馬場で日本ダービー(GI/芝2400m)が行われる。ダノンプレミアム、ブラストワンピース、エポカドーロ、ワグネリアン、ステルヴィオらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

競馬TIMES編集部では一週間をかけて当重賞を徹底的に検証していく。血統考察やデータ分析、有力馬の強調材料と不安要素の検証など、多角的な視点から当レースの見どころや注目点を解き明かしていく予定だ。

出走馬のおさらい、予想オッズの展望を振り返っていこう。


日程・概要

2018年 5月27日(日) 2回東京12日目 21頭 [仮想出馬表]
【10R】  第85回東京優駿 (馬連5%UP/予定)
3歳・オープン・G1(定量)(牡・牝)(国際)(指定) 芝2400m (C)

出走予定馬・登録馬

圧倒的人気の予想された皐月賞を急遽の挫跖で回避したダノンプレミアムだが、ここに向けて調教の動きは万全。今の時計が出る馬場ならこの馬の持ち味が活きそうだ。

前走の弥生賞では皐月賞で人気を集めたワグネリアン以下を相手にしない先行しての完勝劇。無敗の4連勝を成し遂げた。終始外目を回る危なげないレース運びで、着差以上の完勝だった。距離不安が囁かれていたが、中山の2000mをあれだけ大きく回って完勝するレースぶりから、府中の2400mは十分に対応可能だろう。

東京コースでも勝鞍があり、今の高速馬場ではこの馬の平均的なスピードの高さが大いに活きてきそう。結果的に皐月賞の馬場は向かなかった可能性があり、余裕のあるローテーションになったことをプラスに捉えたい。中間は相変わらずの好時計を調教で連発しており状態に不安はなさそう。スピード勝負なら負けない。

同じく無敗で皐月賞をパスしてきたブラストワンピースも、そのスケール感、パワー、切れ味のどれをとっても一流の素材である。

2走目のゆりかもめ賞が非常に秀逸な内容。3歳の2月時に府中の2400mを条件戦とは言え、稍重の馬場で軽く流して34秒ジャストの上がりを記録したその爆発力は紛れもない本物。

テンの遅さや不器用さがあるのではという懸念がこの時点ではあったものの、その懸念を全て払拭したのが前走の毎日杯。スピードも要求される阪神芝1800m、良馬場の1枠という条件から一転して軽快な先行力を披露。直線は内ラチ沿いから間をこじ開けるようなキレを発揮し、ギベオン以下を完封した。ギベオンがその後のNHKマイルCで2着しているようにレースレベルも低くはなかった。ここでも十分にチャンスはある。

皐月賞を完勝したエポカドーロ。様々な条件に恵まれたとは言え、2馬身という差をつけて勝ったのは地力の証明だろう。

陣営が皐月賞に向けて渾身の仕上げをした点、スプリングS同様に大逃げ集団を見ながら実質単騎で軽快に先行できた点、時計がかかる馬場状態だった点などの条件に恵まれたのは確かだろう。

ただ追ってからの反応はレースごとに良化しており、決して府中の2400mに変わることが大幅なマイナスにはならないだろう。時計勝負にも対応できそうで良馬場だからといって割り引く必要はなさそう。問題は状態面で、やはり皐月賞がピークだったのは陣営も認めるところ。どこまで維持できているかがポイントだ。

皐月賞で1番人気を集めたワグネリアンは、馬場状態が向かなかったのもあるが、内枠から最終的には馬場の大外に持ち出す形で苦しくなって7着。

最後は追えておらず、この馬の持ち味である軽快なキレ・小気味よいトビを発揮できなかっただけに度外視しても良いだろう。良馬場の東京コースで改めて期待したい。

ワグネリアン同様に人気を裏切ってしまったスプリングS覇者のステルヴィオも巻き返しを狙っている。

前走の皐月賞はこの馬なりのポジションを取れた格好だが、やはり馬場が響いた印象。追ってからいつものような反応がなかった。東京コースにも実績があり巻き返しが期待できるが、2400mという距離は正直未知数なところ。オークスを制したルメール騎手が2週連続でロードカナロア産駒を導けるかが注目だ。

他にも皐月賞で最後よく差を詰めていたキタノコマンドールやグレイル、青葉賞を好時計で勝って蛯名騎手が悲願達成を狙うゴーフォザサミット、鞍上・横山典弘騎手込みで大舞台で怖いステイフーリッシュ、GⅠ馬タイムフライヤー、皐月賞で穴を開けた先行勢のジェネラーレウーノ、安定感あるサンリヴァルなどが虎視眈々と上位を狙う。

登録馬は以下の通りだ。


馬名S性齢斤量
アイトーン牡357
アドマイヤアルバ牡357
エタリオウ牡357
エポカドーロ牡357
オウケンムーン牡357
キタノコマンドール牡357
グレイル牡357
ケイティクレバー牡357
コズミックフォース牡357
ゴーフォザサミット牡357
サンリヴァル牡357
ジェネラーレウーノ牡357
ジャンダルム牡357
ステイフーリッシュ牡357
ステルヴィオ牡357
タイムフライヤー牡357
ダノンプレミアム牡357
テーオーエナジー牡357
ブラストワンピース牡357
リョーノテソーロ牡357
ワグネリアン牡357

想定・予想オッズ

18番人気アイトーン477.4倍
17番人気アドマイヤアルバ204.5倍
14番人気エタリオウ95.3倍
5番人気エポカドーロ7.4倍
12番人気オウケンムーン61.8倍
4番人気キタノコマンドール7.3倍
10番人気グレイル39.2倍
21番人気ケイティクレバー716.3倍
16番人気コズミックフォース133.1倍
8番人気ゴーフォザサミット26.2倍
11番人気サンリヴァル49.2倍
7番人気ジェネラーレウーノ15.3倍
13番人気ジャンダルム67.6倍
9番人気ステイフーリッシュ31.5倍
6番人気ステルヴィオ11.1倍
15番人気タイムフライヤー124.4倍
1番人気ダノンプレミアム2.1倍
20番人気テーオーエナジー716.3倍
2番人気ブラストワンピース5.1倍
19番人気リョーノテソーロ636.7倍
3番人気ワグネリアン6.9倍

目黒記念2018の予想オッズ・人気と出走予定馬は?伝統のハンデ重賞展望

(C)Arappa

2018年5月27日、東京競馬場で目黒記念(GII/芝2500m)が行われる。フェイムゲーム、チェスナットコート、ゼーヴィント、パフォーマプロミス、ロードヴァンドールらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

競馬TIMES編集部では一週間をかけて当重賞を徹底的に検証していく。血統考察やデータ分析、有力馬の強調材料と不安要素の検証など、多角的な視点から当レースの見どころや注目点を解き明かしていく予定だ。

出走馬のおさらい、予想オッズの展望を振り返っていこう。


日程・概要

2018年 5月27日(日) 2回東京12日目 19頭 [仮想出馬表]
【12R】  第132回目黒記念 (馬連5%UP/予定)
4歳以上・オープン・G2(ハンデ)(国際)[指定] 芝2500m (C)

出走予定馬・登録馬

フェイムゲームが昨年同様のダイヤモンドSから間隔をとってのローテーションで連覇を狙っている。

既に8歳となっている同馬であるが、前走のダイヤモンドSは年齢を感じさせない大外一気のレース振りで完勝で重賞6勝目を飾った。58.5キロのトップハンデを感じさせない鮮やかレース振りで、近走はかつてのようなムラっ気を見せること無く自分の脚は確実に使う。

とにかく東京コースである程度上がりの掛かる条件・長距離戦なら崩れない。ハンデ戦だけに背負う斤量がポイントとなるかもしれないが、この馬自身はカンカン泣きするタイプではなく、他馬との比較だけだろう。

果敢に挑戦した天皇賞でもあわやのシーンをつくって5着と健闘したチェスナットコートも、ここにきて初重賞制覇の機運が高まっている。

日経賞2着から挑戦した天皇賞春は、サトノクロニクルのロングスパートに付き合う形で外目外目を回らされる苦しい展開。それでもあわや差し切るかという位置まで押し上げており、そこからパッタリ止まらなかったのはこの馬の地力だろう。上に挙げたフェイムゲーム同様ハーツクライ産駒らしく、長くいい脚が使える。蛯名騎手とも手が合っており、ここは十分にチャンスがありそう。

前走の日経賞は久しぶりのレースながら及第点の内容で地力を見せたゼーヴィントも、東京コースで巻き返しを狙っている1頭。

昨夏の七夕賞を好時計で解消して秋の飛躍が期待されたものの故障で休養。前走の日経賞は休み明けを感じさせない出来で軽快に先行。途中、キセキの作る乱ペースに飲まれてしまったものの、最後までしっかりと走りきった。坂で伸びきれなかったのは休み明けの影響だろう。素質はこのメンバーでも随一で、叩いて上積みあれば一発も。

6歳ながらもキャリアが浅く底を見せていないパフォーマプロミスも、前走の日経新春杯の勝ちっぷりから十分に上位が期待できる1頭。中間の動きは絶好調とまでは言えないかも知れないが、昨秋からのレース振りはどんな条件でも安定しており、ここでも警戒が必要か。

逃げればしぶといロードヴァンドールもジワジワと地力を強化しつつある印象。前走の日経賞は逃げる形が取れなかったものの、最後まで気を抜くこと無くしっかりと走りきっての4着。GⅠでは苦しいがGⅡレベルで気分よく先行なら通用の余地は十分にある。

他にも重賞勝ちこそ無いが実績はナンバーワンのサウンズオブアース、スタミナ勝負なら負けない昨年の菊花賞3着馬のポポカテペトル、叩き良化型のリッジマン、連勝の内容が良いコルコバード、血統のスケール感はピカイチのホウオウドリームなどがひしめき合う混戦模様だ。

登録馬は以下の通り。

馬名S性齢斤量
ウインテンダネス牡5
コウキチョウサン牡5
コルコバード牝5
サウンズオブアース牡7
ゼーヴィント牡5
ソールインパクト牡6
チェスナットコート牡4
トウシンモンステラ牡8
ノーブルマーズ牡5
ハッピーモーメント牡8
パフォーマプロミス牡6
フェイムゲームセ8
ブライトバローズ牡6
ホウオウドリーム牡4
ポポカテペトル牡4
マコトガラハッドセ5
リッジマン牡5
ロードヴァンドール牡5
ヴォージュ牡5

想定・予想オッズ

12番人気ウインテンダネス86.6倍
16番人気コウキチョウサン303.6倍
8番人気コルコバード17.8倍
9番人気サウンズオブアース21.1倍
4番人気ゼーヴィント5.1倍
7番人気ソールインパクト17.8倍
1番人気チェスナットコート2.9倍
17番人気トウシンモンステラ404.8倍
10番人気ノーブルマーズ43.2倍
18番人気ハッピーモーメント485.8倍
2番人気パフォーマプロミス4.4倍
3番人気フェイムゲーム5.1倍
13番人気ブライトバローズ97倍
11番人気ホウオウドリーム43.2倍
5番人気ポポカテペトル8.2倍
15番人気マコトガラハッド220.7倍
14番人気リッジマン134.8倍
6番人気ロードヴァンドール12.7倍
19番人気ヴォージュ485.8倍

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る