カテゴリー:予想・考察

日本ダービー2018の競馬予想データ分析…5つの消しで好走率7割超、回収率200超

(C)tr_qasysh15

2018年5月27日、東京競馬場で日本ダービー(GⅠ/芝2400m)が行われる。ダノンプレミアム、ブラストワンピース、ワグネリアン、キタノコマンドール、エポカドーロ、ステルヴィオ、ジェネラーレウーノ、ゴーフォザサミットらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

普段競馬にあまり興味がないライトなファンにとっても、マスコミなどで大きく取り上げられることもあって、年末の風物詩ともなったGⅠ・有馬記念と並ぶかそれ以上に注目を集める祭典とも言えるレースが日本ダービーだ。

 

配当傾向を過去10年で見てみると、三連単は2008年から2011年までは4年連続で10万円を超える配当となっていたが、直近3年は順当な決着となり、特に一昨年2016年は単勝3番人気→2番人気→1番人気の組み合わせで4,600円となっている。2018年はどのような決着となるのか。

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップして紹介する。人気、血統、枠順、ローテーションなど、予想のポイントになりそうなデータとは?(対象データ:2008年~2017年に行われた日本ダービー)


ポイント1 人気薄は消し!

直近3年は順当な決着となっているように単勝10倍未満かつ単勝5番人気までの上位人気馬で1着から3着のうち2頭もしくは3頭とも占めることが多いのが日本ダービーの特徴だ。そのため人気別に集計した場合、単勝6番人気以降の人気薄の成績は奮わない。

人気着別度数
6-18人気1- 2- 6-119/128
人気勝率複勝率単回値複回値
6-18人気0.8%7.0%2447

過去10年の結果から見ると単勝6番人気以降の馬は3着に入ったことが6回あるため、相手馬探しの場合には即消しとはしにくいものの、軸馬を探す場合には基本的には消しと判定していいだろう。

※以降、5番人気以内を対象に集計

ポイント2 前走4コーナー3番手以内は消し!

最後の直線が長い東京競馬場のコースで逃げ馬や先行馬が粘れることは少なく、また騎手の駆け引きも重要な要素となることから、前走4コーナーで3番手以内にいるような逃げ・先行馬は絶好の目標にされやすく日本ダービーでの好走例が少ない。

前走4コーナー位置着別度数
3番手以内0- 2- 0- 5/ 7
前走4コーナー位置勝率複勝率単回値複回値
3番手以内0.0%28.6%095

2013年に単勝3番人気で2着となったエピファネイアが最後の該当馬だが、前走の皐月賞とは異なり日本ダービーでは中団からレースを進め4コーナーでは10番手の位置取りであった。

ポイント3 前走馬体重460-519kg以外は消し!

前走の馬体重に注目すると、3歳の若駒には比較的長距離となる2400m戦で一見スタミナが求められそうだが持久力だけでは活躍できない結果となっている。スタミナだけでなくスピードもある程度要求されていて馬体重があり馬格がしっかりしていればいいわけではないことがわかる。

前走馬体重着別度数
460-519kg以外1- 2- 0- 8/11
前走馬体重勝率複勝率単回値複回値
460-519kg以外9.1%27.3%2787

前走馬体重が460kg未満の馬の中には2011年の三冠馬オルフェーヴルが含まれているが、520kg以上の重量馬が3着以内に入ってことは過去10年で1頭もいない。

ポイント4 前走中山以外は消し!

日本ダービーへ向けてのステップレースは東京競馬場のGⅡ・青葉賞や京都競馬場のGⅡ・京都新聞杯など他場でも用意はされているもののGⅠ・皐月賞組がやはり優勢で前走中山競馬場以外のレースを経て出走した馬の成績は奮わない。

前走場所着別度数
中山以外3- 2- 1-14/20
前走場所勝率複勝率単回値複回値
中山以外15.0%30.0%4767

昨年2017年は前走青葉賞を勝利したM.デムーロ騎手騎乗のアドミラブルが単勝1番人気に支持されたものの3着に敗退している。

ポイント5 キャリア4-5戦以外は消し!

最後に日本ダービーまでのキャリアに注目すると有力馬は各陣営共に日本ダービーを大目標に調整を進めてきていることから、デビューからレース経験が浅い馬が活躍することは少なく、また、使われる続けた馬が活躍することもない。

キャリア着別度数
4-5戦以外4- 3- 2-14/23
キャリア勝率複勝率単回値複回値
4-5戦以外17.4%39.1%6579

以前はキャリア6戦以上の馬が優勝することもあったが、2014年に単勝3番人気で日本ダービー馬となった横山典弘騎手騎乗のワンアンドオンリーが最後となっている。

まとめ 消しデータを取り除くと?

では、ここまで挙げてきた消しデータを取り除くと、どのような成績になるのだろうか?

着別度数
5- 2- 1- 3/11
勝率複勝率単回値複回値
45.5%72.7%249151

なんと、好走率は7割超、回収率も200%を弾き出し極めて優秀な成績となった。

今年はこのデータに該当する馬を軸に添えてみても、いいかもしれない。


目黒記念2018の競馬予想データ分析…5つの消しで好走率5割超、回収率約220超

(C)MAZIMICKEY

2018年5月27日、東京競馬場で目黒記念(GⅡ/芝2500m)が行われる。チェスナットコート、パフォーマプロミス、フェイムゲーム、ゼーヴィント、ポポカテペトル、ロードヴァンドール、コルコバード、ソールインパクトらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

配当傾向を過去10年で見てみると、単勝1番人気は1勝(ただし2着は5回)しかしておらず、2008年を除き三連単はすべて万馬券、昨年2017年は単勝8番人気→1番人気→13番人気の組み合わせで316,940円と高配当になっている。

2018年も従来の傾向通りの荒れた決着となるのか、2008年のように一転して人気サイドの決着となるのか。

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップして紹介する。人気、血統、枠順、ローテーションなど、予想のポイントになりそうなデータとは?(対象データ:2008年~2017年に行われた目黒記念)


ポイント1 極端な人気薄は消し!

ハンデ戦はハンディキャッパーがゴール時に各馬が横一線に並ぶことを想定して斤量を設定していることもあり、高配当となる年が多い一つの要因となっているが、それでも人気別で集計した場合、9番人気以下になるような極端な人気薄の馬の成績は奮わない。

人気着別度数
9-18人気1- 2- 2- 86/ 91
人気勝率複勝率単回値複回値
9-18人気1.1%5.5%2760

昨年2017年には単勝13番人気川田将雅騎手騎乗のハッピーモーメントが3着に入るなど時折馬券圏内に入ってくる馬はいるものの基本的には消しと判定していいだろう。

※以降、8番人気以内を対象に集計

ポイント2 父・ロイヤルチャージャー系以外は消し!

血統からポイントを探すと父・ロイヤルチャージャー系のみが活躍しているといっても過言ではない。ディープインパクトやハーツクライ、マヤノトップガンに代表されるように現在の日本種牡馬界の王道とも言えるロイヤルチャージャー系の成績は、クラシックで活躍するような距離で特に目立ち目黒記念でも活躍できている。

父系統着別度数
ロイヤルチャージャー系以外3- 1- 3-20/ 27
父系統勝率複勝率単回値複回値
ロイヤルチャージャー系以外11.1%25.9%11379

毎年必ず1頭以上ロイヤルチャージャー系種牡馬産駒が馬券圏内に入っていて、特に昨年2017年は1着フェイムゲーム(父・ハーツクライ)2着ヴォルシェーブ(父・ネオユニヴァース)3着ハッピーモーメント(父・ディープインパクト)と独占する結果となった。

ポイント3 社台ファーム生産馬は消し!

馬産地について注目をすると、クラシック戦線で中心となるような距離になると社台グループが最も本領を発揮する条件といえるが、目黒記念ではグループの中で社台ファームの成績が奮わない。

生産牧場着別度数
社台ファーム0- 3- 1- 7/11
生産牧場勝率複勝率単回値複回値
社台ファーム0.0%36.4%089

社台ファーム生産馬で馬券圏内に入ったのは2015年に単勝4番人気で2着となったレコンダイト(M.デムーロ騎手騎乗)が最後となっているが、同馬は2016年単勝6番人気4着(武豊騎手騎乗)、2017年単勝17番人気5着(松山弘平騎手騎乗)という結果になっている。

ポイント4 前走逃げ・先行馬は消し!

最後の直線が長い東京競馬場のコースで逃げ馬や先行馬が粘れることは少なく、また騎手の駆け引きも重要な要素となることから、前走で逃げたり先行したような脚質の馬は目黒記念では絶好の目標にされやすいため好走例が少ない。

前走脚質着別度数
逃げ・先行3- 1- 2-15/21
前走脚質勝率複勝率単回値複回値
逃げ・先行14.3%28.6%13670

近年になるほど成績は悪くなっていて、レース展開により自在に位置を変えやすい中団待機馬や、東京競馬場の最後の長い直線に勝負をかけることができる後方からレースを進める馬を検討の際には優先的に考え、それ以外の馬は思い切って消しと判断していいだろう。

ポイント5 前走距離2400m未満は消し!

最後に前走の距離に注目した時、目黒記念が行われる2500mから若干距離が短い2400mまでであれば目黒記念でも結果を残しているものの、それより短い距離の場合、結果が残せておらず距離適性が大きな要素となっていることがわかる。

前走距離着別度数
2400m未満1- 2- 1-20/24

<tr2400m未満4.2%16.7%8047

前走距離勝率複勝率単回値複回値

前走2400m未満の馬でも目黒記念で好走できた馬はほとんどが過去に長距離戦で馬券圏内に入ったことがあることから、長距離初挑戦の馬は消しと判断していいだろう。

まとめ 消しデータを取り除くと?

では、ここまで挙げてきた消しデータを取り除くと、どのような成績になるのだろうか?

着別度数
5- 4- 3-11/23
勝率複勝率単回値複回値
21.7%52.2%295155

なんと、好走率は5割超、回収率も220%超を弾き出し極めて優秀な成績となった。

今年はこのデータに該当する馬を軸に添えてみても、いいかもしれない。



日本ダービー2018の競馬予想分析…ステイフーリッシュ、GⅠ初制覇への3つの着眼点

(C)n.hiroto

2018年5月27日、東京競馬場で日本ダービー(GⅠ/芝2400m)が行われる。ステイフーリッシュは前走の京都新聞杯で重賞初制覇。ダービーへの最終切符をもぎ取った。今回は、通算5勝を挙げた母カウアイレーンの主戦を務めた横山典弘騎手を鞍上に迎えて、さらなるビッグタイトルを狙う。

騎乗する横山典弘騎手はダービージョッキー(2009年ロジユニヴァース、2014年ワンアンドオンリー)で、管理する矢作芳人調教師はダービートレーナー(2012年ディープブリランテ)。さらに、父ステイゴールドは2011年の3冠馬オルフェーヴルを出しており、強調材料は多い。

重賞初制覇からわずか1か月足らずで、一気に世代の頂点まで駆け上がることはできるのか。その可能性について掘り下げていく。


ポイント① 京都新聞杯組

過去10年のダービーで連対馬を見ると、20頭中15頭の前走が皐月賞と、いわゆる王道路線を歩んできた馬が圧倒的に強い。京都新聞杯組は【1・1・1・18】。2013年にキズナが勝っているが、同馬の場合は皐月賞に出走できるだけの十分な賞金を持っていたが、あえて皐月賞を自重してダービー一本に絞ったローテーションが組まれ、京都新聞杯でもダービーを見据えた競馬ができたことが大きかった。

一方でステイフーリッシュは、京都新聞杯のレース前の時点で本賞金400万円。ダービーに出走するためには勝利が絶対条件だった。そのため、かなり高いレベルで仕上がっていたはずで、勝ちを強く意識した競馬を試みた。結果的にそれまでの差す競馬ではなく、2番手から抜け出して新たな面を見せたが、そこで全力の競馬をしたことが本番に影響してきそうだ。

ポイント② 長距離輸送

関東圏への遠征競馬は、今回で3度目となるが、2走前の共同通信杯はマイナス12kgと大きく馬体重を減らし、パドックでもテンションが高めだった。そのことも影響してか、レースでは2番人気に支持されながら本来の力を発揮することができず、10着と大敗した。

前走時でも馬体重454kgと、もともと小柄なタイプで、大幅な馬体減があると厳しくなる。今回は、前走から中2週と間隔が詰まっており、共同通信杯時と同じ東京への長距離輸送が控えているだけに、当日の馬体重はもちろん、パドックや返し馬でのテンションはしっかりとチェックしておいた方がいいだろう。

ポイント③ トップクラスと未対戦

京都新聞杯の走破タイムは2.11.0と優秀だが、メンバーのレベルには疑問符が付く。2着だったアドマイヤアルバは、500万下を勝ったばかりで当時重賞初挑戦。3着だったシャルドネゴールドは、その約1か月前の毎日杯で7着に敗れていた。

また、新設GⅠのホープフルSでの3着が強調されるが、同レースを勝ったタイムフライヤーはその後、若葉S5着、皐月賞10着と不振。2着だったジャンダルムも皐月賞で9着と、ともに歯が立たなかった。

ステイフーリッシュは当時と比べればかなり力を付けていることは間違いないが、本当の世代トップクラスとは未対戦であり、力関係は未知数だ。上昇度で王道路線組を上回ることができるか。

まとめ

スティーブ・ジョブズがスピーチで発した言葉から名付けられたステイフーリッシュ。裏街道から力を付けてきた上がり馬が、常識を覆すような走りを見せることができるか。


日本ダービー2018の競馬予想分析…皐月賞1番人気馬!ワグネリアンの逆襲は?

(C)shinpact_k

遂に今年もこの時が来た。待ちに待った牡馬クラシックの第2弾、日本ダービーが今週末いよいよ行われる。前哨戦となる皐月賞では3連単37万2080円の決着を皮切りにトライアルの青葉賞でも6番人気ゴーフォザサミットが勝利する波乱決着、また京都新聞杯でも人気薄のステイフーリッシュが勝利を挙げ、波乱が続いている。

確固たる馬が見付からず戦国ダービーとも呼ばれているが、そのような中で今回、注目するのは皐月賞7着馬のワグネリアンだ。前走の皐月賞では、本来の瞬発力を活かすことができず、キャリア初の着外という結果であった。果たしてワグネリアンは皐月賞7着からは巻き返すことができるのか?過去のデータから検証していこう。


注目点① 前走の結果

例年、中盤のラップが極端に緩みスローペースからの瞬発力勝負になりやすい弥生賞。今年もその傾向は顕著に表れており、レースラップが11秒台を記録したのは最後の3Fと前半の2Fのみである。

弥生賞のレースラップ
【12.5―11.0―12.5―12.8―12.7―12.4―12.8―11.711.011.6
↓↓↓
皐月賞のレースラップ
【12.6―11.011.911.5―12.2―11.9―12.4―12.4―12.7―12.2】

皐月賞のレースラップと比べると分かりやすいが、同じコースで行われているとは思えない極端なレースラップを計時している。弥生賞で2着に入線したワグネリアン、同レース3着ジャンダルムが共に皐月賞で着外になった理由として、持ち前の瞬発力が活かせる展開でなかったことが挙げられる。その点からも前走の敗北は度外視しても全く問題だろう。瞬発力が問われる東京コースに舞台が変わることもワグネリアンに大きなプラスに働きそうだ。

注目点② 前走、皐月賞組

過去10年の日本ダービーにおいて、3着入線した30頭のうち19頭が皐月賞組である。過去10年で、実に8勝を挙げている最重要ステップレースだ。なお、3着以内に入線した皐月賞組のうち、皐月賞で1着馬~5着馬もしくは皐月賞で1番人気~5番人気に支持されていた馬であった。

そのデータから考察できることは、皐月賞で敗北を喫したとしても皐月賞が行われる時点である程度の評価が下されていれば、問題ないといえる。その点、ワグネリアンは皐月賞で3.5倍の1番人気に支持されていた背景から、日本ダービーで巻き返すだけの下地があると判断できるだろう。皐月賞の敗北により馬柱が汚されて人気が落ちるようであれば、なおさら面白い。

注目点③ 東京コースとディープインパクト産駒

着度別数勝率連対率複勝率
11-5-9-49/7414.9%21.6%33.8%

今開催の東京コースで秀逸な戦績を残すのが、ディープインパクト産駒だ。勿論、ディープブリランテ、キズナ、マカヒキのダービー馬3頭を輩出しているだけに、ディープインパクト産駒と東京コースとの相性の良さは誰でも知っている事実であろう。しかし、今開催では、その傾向が顕著に表れているといえる。馬場状態も良く、ディープインパクト産駒の最大の長所である瞬発力を活かせる舞台は整っているといえるのではないだろうか。

まとめ

如何だったろうか?皐月賞で1番人気に支持されながらも7着に敗れたワグネリアンだが、本来の実力さえ発揮することができれば復活は十分にありえるだろう。また、騎乗する福永騎手にとっても悲願といえる日本ダービー制覇に向けて人馬共に最高の状態で日本ダービーを迎えて欲しいものだ。その結果を楽しみに今週末の競馬開催まで待つことにしよう。


安田記念2018の一週前予想オッズ・人気と日程、出走予定馬は?

© 2017 Ricky All Rights Reserved.

2018年6月3日、東京競馬場で安田記念(GI/芝1600m)が行われる。スワーヴリチャード、ペルシアンナイト、リスグラシュー、サングレーザー、リアルスティールらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

競馬TIMES編集部では来週一週間をかけて当重賞を徹底的に検証していく。血統考察やデータ分析、有力馬の強調材料と不安要素の検証など、多角的な視点から当レースの見どころや注目点を解き明かしていく予定だ。

出走馬のおさらい、予想オッズを見ていくことにしよう。


日程・概要

2018年 6月 3日(日) 3回東京2日目 19頭 [仮想出馬表]
【11R】  第68回安田記念
3歳以上・オープン・G1(定量)(国際)(指定) 芝1600m (C)

出走予定馬・登録馬

馬名S性齢斤量
アエロリット牝4 56
ウインガニオン牡658
ウエスタンエクスプレス58
キャンベルジュニア牡658
サトノアレス牡458
サングレーザー牡458
スターオブペルシャセ558
スワーヴリチャード牡458
タワーオブロンドン牡354
ダッシングブレイズ牡658
ヒーズインラブ牡558
ブラックムーン牡658
ペルシアンナイト牡458
ムーンクエイクセ558
モズアスコット牡458
リアルスティール牡658
リスグラシュー牝4 56
レーヌミノル牝4 56
レッドファルクス牡758

想定・予想オッズ

8番人気アエロリット23.2倍
13番人気ウインガニオン115.7倍
10番人気ウエスタンエクスプレス63.5倍
14番人気キャンベルジュニア115.7倍
7番人気サトノアレス18.7倍
3番人気サングレーザー5倍
19番人気スターオブペルシャ849.5倍
1番人気スワーヴリチャード2.1倍
11番人気タワーオブロンドン66.9倍
17番人気ダッシングブレイズ212.2倍
18番人気ヒーズインラブ509.6倍
15番人気ブラックムーン169.7倍
2番人気ペルシアンナイト4.1倍
12番人気ムーンクエイク82倍
9番人気モズアスコット37.8倍
5番人気リアルスティール13.3倍
4番人気リスグラシュー6.5倍
16番人気レーヌミノル195.9倍
6番人気レッドファルクス14.3倍

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る