カテゴリー:海外競馬

トーセンスターダムとトゥザワールドに勝機は?クイーンエリザベスS2015を展望

(C)taka

オーストラリアのロイヤルランドウィック競馬場で4月11日に行われるクイーンエリザベスステークス(GI/芝2000m)にトゥザワールド(牡4)とトーセンスターダム(牡4)の2頭が出走する。

クイーンエリザベスステークスは南半球の秋シーズンのビッグイベント『ザ・チャンピオンシップ』における主要レースの一つ。同イベントは1週間に1日ずつ、計2週にわたって行われ、2週目の最高賞金レースがクイーンエリザベスSだ。

果たして日本馬はオーストラリアで新たな快挙を達成できるのか? 探っていくことにしよう。

想定人気

1番人気 クライテリオン
2番人気 トゥザワールド
3番人気 アデレード
4番人気 トーセンスターダム
5番人気 ルーシアバレンティーナ

1番人気が想定されたコントリビューターは回避が決定。日本馬は2頭とも場人気に支持されている。

ライバルたち

コントリビューターの回避によって最大のライバルとなるのがクライテリオンだ。昨年のシドニーにおけるクラシックレース、ローズヒルギニー(GI/芝2000m)とオーストラリアンダービー(GI/芝2400m)で勝利。ここ2走は勝ってこそいないものの、3、2着と高いレベルを維持している。

前走のジョージライダーステークス(GI/芝1600m)ではリアルインパクトに敗れているが、敗因は距離が短かったことになると言われている。得意の中距離に戻れば、実力上位だろう。

アデレードも注目したい存在だ。ここまでキャリア8戦4勝、GI2勝という実績を持っている。しかも今まで3着以内を1度も外したことがない。昨年のコックスプレート(GI/芝2040m)ではクライテリオン、ハッピートレイルズらに先着している。

他にも前走のTHE BMW(GI/芝2000m)でトゥザワールドとともに好走したビートゥンアップや、先週のドンカスターマイルでカーマデック、リアルインパクトに次ぐ3着となったロイヤルディセント、前走GI初勝利を飾ったスピルウェイなどが控えている。

日本馬制覇の可能性は?

ではトゥザワールドとトーセンスターダムにチャンスはあるのか?


結論から言えば、十分に勝つ可能性はある。

日本の芝中距離路線は世界的に見てもレベルが高い。事実、この2頭は前走、初の海外遠征ながら、しっかりと2着に好走している。状態が上がっているとすれば、ここでも好勝負になるはずだ。

しかも2頭は4歳馬であり、短い期間でも成長してくる可能性がある。特にトーセンスターダムは近親にカンパニーやトーセンジョーダンがいる晩成血統だ。十分に上積みは見込める。

また、「人間面」でも強調できる。

池江泰寿調教師はオルフェーヴルの凱旋門賞、トレイルブレイザーのブリーダーズカップターフなど、海外遠征の経験が豊富だ。ノウハウは分かっている。

先週はリアルインパクトが惜しくも2着となった。今週は先週以上に期待ができるし、いい結果になる可能性は十分だろう。


リアルインパクトが示した豪州遠征の価値と賞金1億円

(C)arima0208

オーストラリアのロイヤルランドウィック競馬場で4月6日にドンカスターマイル(GI/芝1600m)が行われ、リアルインパクト(牡7)が2着に入った。地元オーストラリアの3歳牡馬カーマデックに敗れはしたものの、斤量差(5キロ差)を考慮すると“誇れる2着”だったと言っていい。

改めてリアルインパクトの遠征を振り返ると、同馬にとっても日本競馬界全体にとっても、大変有意義なものになったと感じられる。改めてこの7歳馬が示した“道筋”を振り返ってみよう。

新たな選択肢

まずオーストラリア遠征が“現実的な選択肢”であることを示した。

日本ではマイル路線なら安田記念まで、中距離路線なら宝塚記念まで大レースがない。距離適性の関係で高松宮記念や天皇賞春に出られない馬は、春の目標を一つしか設定できないことになる。また、ドバイは一部の有力馬しか選択できない。

となると、1600mや2000mの大レースがあり、ドバイほどレベルが高くないオーストラリアは“現実的な選択肢”と言える。

日本馬が通用することを証明

リアルインパクトはジョージライダーステークス(GI/芝1500m)で1着、ドンカスターマイルで2着となった。

こういっては何だが、リアルインパクトは日本のマイル路線における“トップ・オブ・ザ・トップ”というわけではない。安田記念に出れば中穴人気くらいの存在だろう。

そんな馬が、適性さえ合えばオーストラリア最高峰のレースで通用することが分かった。リアルインパクトのみならず、日本の競馬関係者は勇気を得たことだろう。

日本に匹敵する高額賞金

リアルインパクトはこの遠征で112万豪ドル(約1億円)を手にした。内訳はジョージライダーSで60万ドル(1着賞金)、ドンカスターマイルで52万ドル(2着賞金)だ。

もちろん、好走しなければ賞金を手にすることはできないが、1度でも上位に入れば(少なくとも)遠征費の回収くらいはできる。うまく行けば日本で走るより高額の賞金を手にできる。事実、ドンカスターマイルの1着賞金は180万豪ドル(約1億6000万円)。安田記念の1着賞金1億円よりはるかに高い。


しかもGIで好走したとなると、種牡馬としての価値も上がる。日本でGIIやGIIIを勝つよりメリットは多いのだ。(ちなみにワールドエースは結果を出せなかったが、ドンカスターマイルで8着賞金7万5000豪ドル(約685万円)を手にしている。遠征費の回収とはいかないだろうが、これだけあれば少なくない“補填”にはなるはずだ)

春の豪州遠征は“トレンド”になる?

以上のように、リアルインパクトはオーストラリア遠征が価値のあるものだと示してくれた。

また、リアルインパクトの他にもトーセンスターダムとトゥザワールドがそれぞれGIで2着となった。以前にはハナズゴールやアドマイヤラクティがGIを制し、日本馬が豪州で十分通用することを証明している。

今後は豪州遠征が“トレンド”になっていくかもしれない。


リアルインパクトとワールドエースに勝機は?ドンカスターマイル2015を展望

ザ・チャンピオンシップの公式HP(画面キャプチャ)

オーストラリアの豪州のロイヤルランドウィック競馬場で4月4日に行われるドンカスターマイル(GI/芝1600m)にリアルインパクト(牡7)とワールドエース(牡6)の2頭が出走する。

ドンカスターマイルは南半球の秋シーズンのビッグイベント『ザ・チャンピオンシップ』における主要レースの一つ。同イベントは1週間に1日ずつ、計2週にわたって行われ、1週目の最高賞金レースがドンカスターマイルだ。

果たして日本馬はオーストラリアで新たな快挙を達成できるのか? 探っていくことにしよう。

想定人気

1番人気 ハロウドクラウン
2番人気 カーマデック
3番人気 リアルインパクト、ポミシェ
5番人気 ロイヤルディセント

上位人気はこんなところだろう。

ライバルたち

最大のライバルとなるのが3歳馬のハロウドクラウンだ。今年3月のランドウィックギニー(豪GI/芝1600m)を制したオーストラリアのクラシックホースである。

キャリア8戦6勝と抜群の安定感を誇っている。前走のローズヒルギニー(豪GI/芝2000m)は3着に敗れたが、「距離」という明確な敗因があった。マイルに戻れば間違いなく大将格だろう。距離短縮というローテーションや、斤量52キロも評価され、1番人気となっている。

2番人気の3歳馬カーマインはリアルインパクトが勝った前哨戦のジョージライダーステークス(豪GI/芝1500m)で3着。このレースで大きく出遅れながら3着まで迫ったことや、ハロウドクラウンと僅差の競馬をしていること、さらに斤量50キロで出走できることが評価されている。

ただ、出遅れグセがあり、差し馬ということもあって7戦2勝と不安定なキャリアを送っている。ハマれば強いが、不利を受けるリスクが常に付きまとう。

リアルインパクトと同じ3番人気に支持されているのはポミシェはフランスの2000ギニー(芝1600m)で3着の実績を持つ。この時の勝ち馬カラコンティは昨年のブリーダーズカップ・マイルの覇者。先週行われた2000mのGIII戦を勝ってここに参戦してくる。過酷なローテがどうか。


ロイヤルディセントは昨年のドンカスターマイルで2着になった実績馬だ。昨年は外枠から発走となった中で距離をロスしながら最後は勝ち馬に半馬身まで迫った。2着が多いタイプでなかなか勝ち切れないキャリアが続いているのがどうか。

日本馬たちに勝機は?

ではリアルインパクトとワールドエースに勝機はあるのだろうか?

現実的に考えると、簡単なことではないと感じられる。

まずオーストラリアのこの路線のレベルは決して低くない。前走、リアルインパクトがいきなりGIを制したが、あくまでも前哨戦だ。ドンカスターマイルは南半球のマイル王決定戦であり、日本円にして約1億6000万円の賞金がかかるレースだ。各陣営の本気度は高く、“メイチ”で仕上げてくるはずだ。

また、2頭とも外枠からの発走になってしまったのは痛い。最大で20頭立てとなるため、どうしても外枠は距離ロスにつながり、不利になりがちだ。特にワールドエースは前走のように外を回らせられると厳しい。

さらにリアルインパクトは前走の人気薄から、マークされる立場に変わった。前走は楽にレースが運べて押し切れたものの、今回はそうならないはず。

となると、日本馬にとって厳しいレースになる可能性は十分ある。

ただ、上記したように、不安を抱えていたり、勝ち味に遅かったりする上位人気馬が多い。そう考えると、日本馬にチャンスが出てくる可能性はある。特に前走凡走して人気を落としているワールドエースに注目したい。

前走は1500mと、ワールドエースにとって明らかに距離が短かった。今回は1600mに距離が伸びる。ディープインパクト産駒は数々のマイルGI馬を輩出しているため、ワールドエースもポテンシャルは秘めているはずだ。しかも前走の凡走によって気楽な立場で臨める。そうなると、一発あってもおかしくないのではないか。

最後に

南半球の秋競馬の一大イベントということで、好メンバーが揃った。


そんな中に日本馬が2頭参戦するというのは楽しみだし、今後に向けてもいい経験になるはずだ。ここでいい成績を残せれば、今後「春のオーストラリア遠征」は定番化するかもしれない。

まずはいいレースを期待し、願わくば日本馬たちの活躍という吉報がとどくことを願いたい。


エピファネイアのドバイWC惨敗は必然?浮かび上がる3つの“準備不足”

(C) Koichi Takahashi

3月28日に行われたドバイワールドカップで最下位の9着に終わったエピファネイア。昨年のジャパンカップで圧勝し、ジャスタウェイに次ぐ世界レーティング2位に評価されたことでドバイでも注目されていたが、結果は惨敗に終わった。

挑戦が失敗に終わるのは仕方がない。ただし、ここに来ていくつか「準備不足」と言われても仕方がない事実が浮上してきている。

そこで、今回は改めてエピファネイアが惨敗した理由を考えていきたい。

1.準備なき芝GI馬のダート挑戦

芝GI馬のダート挑戦は厳しい結果に終わることが多い。

なぜエピファネイアのドバイWC挑戦を“批判”するメディアはないのか?

この記事で触れたが、過去を振り返るとカレンブラックヒル、トゥザグローリー、グランプリボス、リーチザクラウン、ローエングリンといった芝GIで好走した馬が、ダート初挑戦で惨敗している。

芝とダートでは使う筋肉をはじめとして、求められる資質が全く違う。だから惨敗するのは当然といえば当然で、トゥザヴィクトリー(初挑戦のフェブラリーステークスで3着→ドバイワールドカップで2着)やアグネスデジタル(芝・ダート両方のGIを制覇)のような馬のほうが稀なのだ。

しかもアグネスデジタルはもともとダートを使われていた馬だし、トゥザヴィクトリーはドバイワールドカップを使う前にフェブラリーSでダートを経験していた。

大前提として、ドバイワールドカップでダートに初めて挑戦するというのは極めて厳しいシチュエーションだったわけだ。

2.ドバイ直行というローテーション

今回のドバイワールドカップデーを振り返ると、ほとんどの馬が前哨戦をドバイで戦っていた。


ドバイワールドカップを制したプリンスビショップは前走、ステップレースのアルマクトゥームCR3で2着。UAEダービーを制したムブタヒージュは前哨戦のアルバスタキヤで勝っていた。さらにゴドルフィンマイルを勝ったタマークズも前哨戦のブルジュナハールステークスを叩いて臨んでいた。

日本馬はドバイで前哨戦を使うことがほとんどない。それでいて結果を出しているわけだから、その点を一概に批判することはできない。ただ、ダートの経験がないエピファネイアに関しては、前哨戦を使うという選択肢はなかったのだろうか? 極端な話、前哨戦でダートがダメだと分かれば目標をドバイシーマクラシックやドバイターフに変更できたはずだ。

有馬記念から間隔が空いていないこともあって難しかったのかもしれないが、考慮しても良かったのではないか。

3.スパイク蹄鉄などの事前準備

これが後に分かった一番残念なニュースだ。

JRAのドバイワールドカップデー特設HPに記載されている角居厩舎スタッフの回顧を引用する。

蹄鉄についての部分などで、勉強が必要だとも感じさせられました。(中略)今のエピファネイアは芝馬の形で蹄が出来ているので、スパイク鉄は後脚の角度が余分に大きくついてしまうため、履くことはできませんでした。

スパイク蹄鉄はダート競馬が主流なアメリカでは一般的に広く使われている。蹄の引っ掛かりを良くする効果があるため、ドバイでも多くの馬が使用していた。そのスパイク蹄鉄を、エピファネイアは使えなかったという。

ここで疑問に思うのは、「事前に調べられなかったのか?」、「調べて履けないと分かったなら、代替になる蹄鉄を準備できなかったのか」ということだ。ドバイワールドカップを使うなら、事前に調べておくべきだし、世界中にネットワークを持つ角居厩舎なら調査は可能だったはず。それなのに「芝馬の蹄なので履けなかった」で済ますのはいかがなものなのだろうか?

エピファネイアの馬主はキャロットファーム。つまり、多くの一口馬主の方が出資している。出資している人数が多いからどういうというわけではないが、多くの期待を背負っていることは間違いないのだから、下準備を徹底する必要はなかったのだろうか。

スパイク蹄鉄が直接の敗因だとは思わないが、以上の3つを見ると、「全体的に準備不足だったのではないか」と思わずにはいられない。


芝で真の実力の証明を

エピファネイアのドバイ遠征は疑問と課題が残るものだった。「ジャパンカップの勝ち馬」、「前年の世界レーティング2位」という肩書は世界的に注目を集めるため、日本を代表する意味でもベストな状態で出走するか、ベストなレース(=芝)を選択してほしかった。

終わった後の後出しジャンケンのようなことは書きたくなかった(一応、事前にも指摘していたのでお許し頂きたい)が、今回の経験が次の挑戦にいきるよう、振り返りを忘れないでほしいという意味でキーボードを叩いた。

エピファネイアは芝に戻ればエース格であることに変わりない。次は宝塚記念という報道もちらほら出ている。春のグランプリで真の実力を発揮できるよう、日本のファンに本当の姿を見せられるよう、祈るばかりだ。


ハープスターは過剰人気馬の典型?“華やかさとリスクの代償”に迫る

(C) Yusuke Tsutaya

ドバイのメイダン競馬場で3月28日に行われるドバイシーマクラシック(GI/芝2400m)に出走するハープスター(牝4)が1番人気に支持される見込みとなった。

デザインズオンローム(騙5)やフリントシャー(牡4)をおさえて最上位の評価を得ているのだから、桜花賞を制したディープインパクト産駒が世界の舞台でいかに高く評価されているかがうかがえる。

しかし、やや引っかかる部分がある。この人気を見た時、率直なところ「やや見込まれた」という印象を受けた。ハープスターは並み居る強豪をおさえて1番人気に支持されるような馬なのだろうか?

華やかさとリスク

最後方から差しきった桜花賞や、ただ1頭外から伸びてきた凱旋門賞の走りを見れば能力の高さは明らかだ。1番人気に推したくなる気持ちも分かる。

だが、冷静に現実を見ると、ハープスターは牝馬限定のGIを一つ勝ったにすぎない。(レベルが高かったというエクスキューズはあるが)凱旋門賞やジャパンカップといった古馬と混じったGIでは馬券に絡めていない。

あれだけ高い能力を示しておきながらGIを一つしか勝てていないというのには理由がある。昨年引退したジェンティルドンナを見れば分かるとおり、現代競馬で安定した成績を残すために必要な能力は「機能性」だ。

どんな状況でもスタートから好位につけられ、展開次第でいつでも動いて終いの脚をまとめられる――。

それが現代競馬における競走馬の理想型と言える。

ハープスターはその定義から著しく逸脱している。決してそれが悪いとは思わない。個性的な馬は愛らしい。事実、ハープスターはファンの多い馬だ。メディアの注目度も高い。

ただし、後方一気の脚質は華やかで豪快な一方で展開に左右されたり、前が詰まったり、不利を受けたりする危険性が極めて高い。華やかさの代償として、それ相応の“リスク”を背負っているわけだ。


ドバイシーマクラシックには3連勝中のGI3勝馬デザインズオンロームや、昨年の凱旋門賞やブリーダーズカップターフで2着となったフリントシャー、昨年の凱旋門賞でハープスターに先着したフランスの牝馬ドルニヤら、強力なライバルが出走する。

そう考えると、現状ではハープスターの人気が過剰人気だと言わざるを得ない。

リスクの代償は爆発力

ここまでネガティブな文章を書いてきてしまったが、何もハープスターにチャンスがないと言っているわけではない。

むしろ、チャンスは大いにある。

先ほど「それ相応のリスクを背負っている」と書いたが、リスクの代償は“華やかさ”だ。言い方を変えれば、“爆発力”である。

展開さえハマれば、どんな馬が相手でも倒せる爆発力を持っている。それこそ、末脚勝負になればハープスターの瞬発力に敵う馬など、世界中を探してもいないはずだ。

だからこそ、ドバイシーマクラシックは展開が鍵になる。展開さえハマれば、ハープスターはGI2勝目を遠くドバイの地で挙げることになるだろう。そして、昨年このレースを勝ったジェンティルドンナから“名牝のバトン”を受け継ぐことになる。

そんな未来を期待するばかりだが、結果やいかに。


Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る