(C)Mina Mina

少し前のニュースになるが、白毛馬の活躍を紹介しよう。

3月9日、アメリカのマホニングバレー競馬場で行われた第4Rで白毛馬のウェアザマスク(Wear the Mask/牡4歳)がキャリア2勝目を挙げた。これでキャリアは18戦2勝(2着5回、3着1回)となった。

まずはレース映像を見てもらおう。

レース映像を見てもらえれば分かると思うが、白毛の馬体がダートコースによく映えている……のだが、

白毛馬より田んぼのような馬場が気になってしまう(笑)。

それはさておき、この馬の勝利はアメリカでそれなりに注目を集めているようだ。

下級条件の4歳馬が2勝目を挙げた話など普通は見向きもされないものだが、上記したようにニュースで報じられるほど。それほど珍しいということなのだろう。

日本ではユキチャンが関東オークスなど重賞を3勝し、ブチコもダート戦を快勝するなど活躍しているが、アメリカでは目立った活躍馬が出ていない。そういう意味では本当に“物珍しい馬”といえるのかもしれない。

白毛馬は超希少種として知られている。確率的には「1万頭に1頭いるかどうか」。こういう馬が活躍すると競馬に注目が集まるから嬉しい。何より、愛らしい姿は応援したくなる。ブチコもウェアザマスクに負けず、活躍してファンを喜ばせてほしいところだ。

なお、ブチコは今後、マリーンカップ(4月14日)を視野に入れつつ、最大目標を関東オークス(6月10日)に設定していると報じられている。

おすすめの記事