(C) Yusuke Tsutaya

今回はオルフェーヴル産駒の特徴や成績を振り返り、芝・ダート別の傾向や距離適性、重馬場適性など分析していきます。

オルフェーヴルは2008年生まれの競走馬です。現役時代には皐月賞、日本ダービー、菊花賞の3冠を達成。凱旋門賞で2度の2着になるなど、競馬界に残る名馬として知られています。

そんなオルフェーヴルは種牡馬としてどんな成績を残しているのか? 産駒にはどのような特徴が見られるのか? 徹底的に分析していきます。


オルフェーヴルのプロフィール

ステイゴールド
オリエンタルアート
母の父メジロマックイーン
母の母エレクトロアート
性別
馬齢5 歳
生年月日2008年5月14日
毛色栗毛
馬主(有)サンデーレーシング
調教師池江泰寿(栗東)
生産牧場(有)社台コーポレーション白老ファーム
産地白老町
馬名意味金細工師(仏)

オルフェーヴルの種付け料

2019年度 Fee:400万円(受胎確認後)
2018年度 Fee:500万円(前納、不受胎時全額返還)
2017年度 Fee:600万円(前納、不受胎時全額返還)
2016年度 Fee:600万円(前納、不受胎時全額返還)
2015年度 Fee:600万円(前納、不受胎時全額返還)
2014年度 Fee:600万円(受胎条件)

オルフェーヴルの代表産駒

(C)MAZIMICKEY

ラッキーライラック(阪神ジュベナイルフィリーズ、アルテミスステークス、チューリップ賞)
ロックディスタウン(札幌2歳ステークス)
エポカドーロ(皐月賞)

オルフェーヴル産駒の特徴は?データ分析

ここからはオルフェーヴル産駒のデータをもとに、特徴を導き出していきます。

芝・ダートやそれぞれの条件でどのような傾向があるのか、見ていくことにしましょう。

なお、データ集計は以下の条件に準じています。

・2018年12月31日より過去3年
・単勝100倍以上の人気薄は除外

オルフェーヴル産駒の芝適正

(C)n.hiroto

【芝】人気・オッズ別の特徴

人気着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
54- 73- 53-484/6648.1%27.1%5868

結論から書くと、オルフェーヴル産駒の芝の期待値はあまり高くありません。

一般的に平均の単勝回収値・複勝回収値は75〜79程度です。

しかし、オルフェーヴル産駒は単勝回収値58、複勝回収値68。ともに平均を下回っています。

人気馬は疑い、穴馬も過度な期待をかけすぎないのが基本戦略と言えそうです。

【芝】コース(競馬場)別の特徴

場所着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
札幌4- 4- 1- 15/ 2416.7%37.5%13390
函館3- 4- 2- 13/ 2213.6%40.9%3687
福島5- 3- 3- 29/ 4012.5%27.5%18792
新潟7- 6- 1- 44/ 5812.1%24.1%3657
東京7- 10- 9- 86/1126.3%23.2%4473
中山7- 11- 6- 63/ 878.0%27.6%7185
中京4- 4- 5- 26/ 3910.3%33.3%15385
京都6- 13- 13- 91/1234.9%26.0%3363
阪神8- 15- 9- 62/ 948.5%34.0%2357
小倉3- 3- 4- 55/ 654.6%15.4%2631
東開催26- 30- 19-222/2978.8%25.3%7076
西開催21- 35- 31-234/3216.5%27.1%4357
中央開催28- 49- 37-302/4166.7%27.4%4269
ローカル26- 24- 16-182/24810.5%26.6%8666

注目ポイントは馬場の重たさです。

複勝率を見てみると、上位は函館、札幌、中京、阪神となっています。

これらの競馬場に共通しているのが、JRAの中では馬場が重たいということです。

北海道は洋芝。阪神は中央4場の中で最も重たい芝質をしています。

オルフェーヴル自身、得意としていた競馬場は阪神や中山でした。凱旋門賞でも2着に2回来ています。日本馬としては突出したスタミナを持っていましたが、産駒にもその能力が引き継がれているわけです。

オルフェーヴル産駒を狙うなら、馬場の重たい競馬場がおすすめです。

一方、東京、京都、新潟のように馬場の軽い競馬場では成績を落とす傾向にあります。

軽い馬場、時計の速い馬場になったときは割引が必要と言えそうです。

【芝】クラス別の特徴

クラス着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
新馬12- 18- 19-137/1866.5%26.3%3667
未勝利23- 38- 27-269/3576.4%24.6%6266
500万下12- 9- 4- 47/ 7216.7%34.7%8772
1000万下2- 2- 0- 11/ 1513.3%26.7%4244
1600万下0- 0- 1- 1/ 20.0%50.0%070
OPEN特別0- 1- 1- 4/ 60.0%33.3%016
G32- 1- 0- 7/ 1020.0%30.0%74113
G21- 2- 0- 4/ 714.3%42.9%2575
G12- 2- 1- 4/ 922.2%55.6%206132

注目ポイントは重賞に強い点です。

平場の成績は軒並み低調ですが、重要以上になると途端に成績を跳ね上げています。

オルフェーヴルの父ステイゴールドも、種牡馬としては「三振かホームランか」というようなタイプとして知られています。

オルフェーヴルもアベレージはよくありませんが、大物を輩出するタイプと見ていいかもしれません。

実際、勝ち上がり率は高くないものの、エポカドーロやラッキーライラックといったGIホースを輩出しています。

・新馬〜条件戦では軽視
・条件戦を勝ち上がってきた重賞出走馬は要注意

これらが基本戦略になりそうです。

【芝】コース距離別の特徴

距離着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1000m0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%00
1200m4- 2- 5- 37/ 488.3%22.9%14374
1400m3- 3- 4- 27/ 378.1%27.0%14788
1500m0- 3- 1- 4/ 80.0%50.0%0102
1600m13- 15- 11-113/1528.6%25.7%4864
1800m14- 28- 10-130/1827.7%28.6%3470
2000m19- 20- 15-141/1959.7%27.7%6462
2200m1- 1- 3- 11/ 166.3%31.3%30106
2400m0- 1- 4- 13/ 180.0%27.8%056
2600m0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%00
3000m0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%00

オルフェーヴルは現役時代、中長距離で活躍しました。

しかし、産駒はあまり長距離で活躍できていません。

オルフェーヴル産駒は父に似て気性の激しい馬が多く、長距離戦になると折り合いを欠いたり、レース前の段階で力を使い果たしてしまったりするため、芳しい成績を残せていないのです。

反対に短距離は単勝回収率も100を超えています。

中長距離では過大な評価をせず、短距離で穴なら狙ってみるのが面白いといえそうです。

【芝】馬場状態別の特徴

前走馬場状態着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
芝・ 良40- 37- 27-230/33412.0%31.1%8569
芝・稍重1- 11- 4- 49/ 651.5%24.6%1468
芝・ 重0- 2- 1- 16/ 190.0%15.8%032
芝・不良0- 1- 0- 3/ 40.0%25.0%027

競馬場別の傾向では重たい芝が得意な傾向にありましたが、馬場が渋るのはあまり歓迎ではないようです。

良馬場の成績が極端によく、馬場が渋ると成績を落とす傾向にあります。

【芝】前走距離別の特徴

前走平地距離着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
同距離26- 19- 16-140/20112.9%30.3%8064
今回延長10- 18- 14-116/1586.3%26.6%5273
今回短縮5- 17- 4- 77/1034.9%25.2%4768

この項目ではあまり顕著な傾向は見て取れません。

【芝】馬体重別の特徴

馬体重着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
~399kg2- 2- 2- 20/ 267.7%23.1%6470
400~419kg1- 1- 3- 51/ 561.8%8.9%9646
420~439kg7- 15- 9-114/1454.8%21.4%3183
440~459kg15- 17- 13-111/1569.6%28.8%6270
460~479kg9- 26- 11- 91/1376.6%33.6%2762
480~499kg14- 5- 6- 54/ 7917.7%31.6%13064
500~519kg4- 6- 6- 26/ 429.5%38.1%6276
520~539kg2- 0- 3- 13/ 1811.1%27.8%5039
540~0- 1- 0- 4/ 50.0%20.0%034

顕著な特徴は見られませんが、460〜520キロの馬の成績が若干良い傾向にあります。

オルフェーヴル産駒のダート適正

(C)競馬TIMES

【ダート】人気・オッズ別の特徴

人気着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
ダート28- 38- 21-167/25411.0%34.3%4575

結論から書くと、オルフェーヴル産駒のダートの期待値はあまり高くありません。

一般的に平均の単勝回収値・複勝回収値はそれぞれ75、79程度です。

オルフェーヴル産駒は単勝回収値45、複勝回収値75。複勝回収値は平均程度です。

人気馬は疑い、穴馬も過度な期待をかけすぎないのが基本戦略と言えそうです。

【ダート】コース(競馬場)別の特徴

場所着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
札幌1- 4- 2- 9/ 166.3%43.8%2078
函館0- 2- 1- 7/ 100.0%30.0%0149
福島0- 1- 0- 5/ 60.0%16.7%031
新潟2- 1- 0- 10/ 1315.4%23.1%5333
東京3- 5- 1- 18/ 2711.1%33.3%7777
中山3- 2- 3- 23/ 319.7%25.8%2954
中京2- 3- 4- 18/ 277.4%33.3%4559
京都5- 10- 3- 23/ 4112.2%43.9%41106
阪神11- 10- 6- 41/ 6816.2%39.7%6686
小倉1- 0- 1- 13/ 156.7%13.3%1221
東開催8- 9- 4- 56/ 7710.4%27.3%4757
西開催19- 23- 14- 95/15112.6%37.1%5080
中央開催22- 27- 13-105/16713.2%37.1%5583
ローカル6- 11- 8- 62/ 876.9%28.7%2860

注目ポイントは西開催と中央開催での成績です。

複勝率を見てみると、上位は札幌、京都、阪神です。

札幌を除くこれらの競馬場に共通しているのが、西開催の中央開催競馬場です。

オルフェーヴル産駒を狙うなら西開催の中央開催競馬場がおすすめです。

一方、福島、新潟、中山、小倉のように東開催かローカル開催だと成績を落とす傾向にあります。

【ダート】クラス別の特徴

クラス着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
新馬1- 1- 1- 18/ 214.8%14.3%1649
未勝利18- 27- 16-121/1829.9%33.5%4278
500万下7- 7- 3- 22/ 3917.9%43.6%5373
1000万下2- 2- 1- 4/ 922.2%55.6%168103
1600万下0- 1- 0- 2/ 30.0%33.3%076

注目ポイントは1000万条件での成績です。

1000万より下の条件での成績は低調ですが、1000万条件になると途端に成績を跳ね上げています。

オルフェーブル産駒の芝での成績は重賞になると成績がよくなる傾向ですが、ダートではまだ重賞の出走はありませんが、芝同様に上級条件で強さを見せてくれるかもしれません。

・新馬〜500万条件では軽視

・1000万条件の出走馬が狙い目

これらが基本戦略になりそうです。

【ダート】距離別の特徴

距離着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1000m0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%00
1150m0- 1- 0- 2/ 30.0%33.3%063
1200m2- 1- 4- 16/ 238.7%30.4%4370
1300m0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%00
1400m2- 4- 2- 23/ 316.5%25.8%3647
1600m0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%00
1700m2- 6- 4- 27/ 395.1%30.8%1378
1800m19- 20- 10- 75/12415.3%39.5%5586
1900m0- 1- 0- 4/ 50.0%20.0%036
2100m3- 5- 1- 7/ 1618.8%56.3%130130
2400m0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%00

オルフェーヴルは現役時代、芝の中長距離で活躍しダートは未出走です。

なので、産駒はあまりダートで活躍できていませんが、その中でもダート2100mだけ成績がよく単複回収率も100を超えています。

ダート戦では過大な評価をせず、2100mに出走してきた時だけ狙うのが良い傾向です。

【ダート】馬場状態別の特徴

馬場状態着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
ダ・ 良19- 21- 11- 92/14313.3%35.7%5971
ダ・稍重5- 10- 7- 42/ 647.8%34.4%3093
ダ・ 重2- 4- 2- 16/ 248.3%33.3%1978
ダ・不良2- 3- 1- 17/ 238.7%26.1%3051

不良以外の複勝率はまずまずですが、この項目ではあまり顕著な傾向は見て取れません。

【ダート】前走距離別の特徴

前走平地距離着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
同距離10- 19- 8- 57/ 9410.6%39.4%4681
今回延長5- 11- 4- 26/ 4610.9%43.5%55100
今回短縮12- 6- 8- 62/ 8813.6%29.5%4965

前走短縮組が低調で、同距離組はまずまずの成績です。一方で、延長組は複勝率が1番高く複勝回収値も100です。

勝率はどの組もあまり変わりませんが、延長組を紐穴で狙ってみるのが面白いといえそうです。

【ダート】馬体重別の特徴

馬体重着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
400〜419kg0- 0- 1- 14/ 150.0%6.7%012
420〜439kg2- 3- 4- 30/ 395.1%23.1%2146
440〜459kg12- 16- 8- 37/ 7316.4%49.3%6995
460〜479kg6- 5- 2- 36/ 4912.2%26.5%4769
480〜499kg5- 10- 6- 30/ 519.8%41.2%47104
500〜519kg1- 2- 0- 11/ 147.1%21.4%1245
520〜539kg1- 1- 0- 3/ 520.0%40.0%6254
540〜1- 1- 0- 6/ 812.5%25.0%5886

顕著な特徴は見られませんが、440キロ以上の馬が若干良い傾向にあります。

おすすめの記事