© 2017 Ricky All Rights Reserved.

2018年12月23日、中山競馬場で有馬記念(GⅠ/芝2500m)が行われる。レイデオロ、キセキ、オジュウチョウサン、シュヴァルグラン、サトノダイヤモンドらが出走する。

今回の有馬記念で最大の話題を攫っているのは、昨年のダービー馬であり今年の天皇賞秋を完勝しているレイデオロ……ではなく、なんと言っても武豊騎手が鞍上で出走する、日本競馬史における最強障害馬といっても過言ではないオジュウチョウサンの参戦だろう。

条件戦を連勝したのみで、実際のクラスは準オープンであり、時計的に厳しいのは百も承知。そうでありながら、平成を代表する天才が平成最後の有馬記念に選んだパートナーである。オグリキャップ、ディープインパクト、キタサンブラック……有馬記念を制した歴史的名馬の鞍上には武豊が居た。すでに人気だけならJRAトップのレベルにあり、平地と障害で形は違えど歴史的名馬であるのは揺るがない事実。

さらに、枠順抽選会では1枠1番という運命的な枠を引き当てた。今回は、そのオジュウチョウサンと武豊騎手が奇跡を起こす3つのサインについて考えてみたい。


サイン① 血統面は最高のグランプリ血統!

オジュウチョウサンはシンボリクリスエスの肌にステイゴールドの配合である。

ステイゴールドは自身も有馬記念での好走歴があるが、オルフェーヴルやゴールドシップの例を出すまでもなく、特に産駒はこのグランプリレースを得意としている。ゴールドシップが勝ったときは2着もステイゴールド産駒のオーシャンブルーであった。

有馬記念を離れて、単純な中山2500mでの成績(過去1年)をみても、複勝率52%は驚異的な数字だ(23頭出走)。例えばディープインパクト産駒は過去1年で中山2500mに8頭出走しているが、勝利はおろか馬券圏内もない状況だ。

さらに、母父のシンボリクリスエスもこの有馬記念を制している。もともとロベルト系は有馬記念での成績がよく、この点も見逃せないところ。

サイン② 調教面は過去最高のデキ!

オジュウチョウサンは障害練習を除くと、基本的に南Wコースでの調整が主体となっている。基本的に前週と当週をあわせて仕上げるのが和田厩舎のやり方ではあるが、今回は近走と比較しても過去最高の追い切りをこなしていると言えよう。4Fタイムを比較すると顕著な違いがある。

【昨年の中山大障害】
前週 53.2
当週 56.6

【今年の中山GJ】
前週 計時不能
当週 53.7

【久々の平地 開成山特別】
前週 52.1
当週 53.4

【前走の南武特別】
前週 53.8
当週 53.1

【今回】
前週 53.7
当週 51.7

以上を見ても分かる通り、基本的には53秒台での調整が基本となっている。しかし今回は、当週追い切りで初の51秒台を記録してきた。決して一杯に追われた訳ではなく、いつもの石神騎手が乗って強め程度のアクション。自己ベスト更新は好調の証だろう。

昨年の中山大障害では前週53秒台から当週56秒台というゆったりめの調整でも、アップトゥデイトと歴史的な死闘を繰り広げた同馬。あれから1年、平地再挑戦から半年を経てオジュウチョウサンは確実に平地仕様になっており、その上積みもかなりのものだ。

サイン③ 週末の雨予報はプラス!

週末は50%程度の確率で雨予報であり、これはオジュウチョウサンにとってはプラスだろう。武豊騎手が言っている通り、決して重馬場で走るタイプではないが、少なくとも苦にするタイプではない。時計が落ち着くのは歓迎であり、スタミナを活かせるような流れになった時、日本中、いや世界中を探してもこの馬に叶うような馬は居ないのではないか。

中山は中途半端な雨で乾きが偏るとインが有利になる傾向もあり、武豊騎手が引き当てた1番枠が活きる可能性もある。

まとめ

常識的に考えれば無謀とも思えた有馬記念挑戦の夢であったが、オジュウチョウサンと武豊騎手はその実力でゲートインまで達成してみせた。あとは平成最後の有馬記念、平成を代表する天才と名ジャンパーが常識のハードルを越えるのみだ。

おすすめの記事