レッドアリオンの血統や今後は?関屋記念1着馬を徹底検証


(C)minafl

8月16日に新潟競馬場で行われたサマーマイルシリーズ第2戦、関屋記念(GⅢ/芝1600m)は、2番人気のレッドアリオンが出負けしながらも先手を奪い、長い直線を凌ぎきって逃げ切り勝ちを収めた。レッドアリオンはこれでマイラーズカップ以来の重賞2勝目で、関屋記念は兄に続いて兄弟制覇となった。

レッドアリオンの血統はどのようなものだろうか、徹底分析を行っていこう。


血統評価は?

レッドアリオンは父アグネスタキオン、母エリモピクシー、その父ダンシングブレーヴという血統。アグネスタキオン産駒による関屋記念勝利は、11年のレインボーペガサス以来、2頭目となった。また、新潟芝マイル重賞では新潟2歳ステークスを含めても、産駒は(3-0-2-7)で複勝率41.7%。単複回収率も100%超えと好相性を誇っている。

レッドアリオンは09年のデイリー杯2歳ステークスなどを制したリディルの全弟で、昨年の関屋記念などマイル重賞6勝のクラレントの半弟。97年のエリザベス女王杯馬エリモシックの全妹にあたる母エリモピクシーもマイルのOP特別ウィナーであり、非常にマイル適性の高い血統といえる。

次走はサマーマイル王者を目指して京成杯オータムハンデ(GIII/中山芝1600m)に進む可能性が高いが、舞台適性には疑問符がつく。兄弟は言うまでもないが、母系を見てもエリモシック(エリザベス女王杯)、エリモハリアー(函館記念3連覇)、エリモダンディー(京阪杯、日経新春杯)など平坦コースに相性がいい。

ただし、レッドアリオンはニュージーランドT2着があり、古馬になってからもニューイヤーS(OP)勝ちや、阪神コースでの勝ち鞍もある。昨年のダービー卿CTは稍重ながらかなりタフな馬場になり、ダート的なパワーのある血統が上位を占める結果となったため14着惨敗も情状酌量の余地ありか。時計の速い決着になりやすい秋の中山前半に行われる京成杯AHであれば、克服も可能だろう。

楽しみなのは得意の京都で行われるマイルCSで、レッドアリオンを手の内に入れた川須騎手とのコンビであれば前々での粘りこみが十分できる。

【関連記事】
アラバスターの血統や将来性は?母にレーヴディソールの問題点とは?
レプランシュの血統や将来性は?新馬戦快勝のディープインパクト産駒を紐解く
イモータルの重賞制覇は時間の問題?新馬戦で見せた大器の片鱗とは?
武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?
彼女欲しけりゃペルーサになれ!稀代の愛され馬から学ぶ4つのモテテク


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る