(C)MAZIMICKEY

2018年7月1日、福島競馬場でラジオNIKKEI賞(GⅢ/芝1800m)が行われる。素質馬フィエールマン、春のクラシックトライアル戦で好走してきたイェッツト、前走白百合Sを圧勝してここに臨むメイショウテッコンなどの注目馬が揃った。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去9年(中山で開催された2011年を除く)、コース・距離別種牡馬成績は2013年以降のレースより集計を行った。


過去10年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
12ディープブリランテブライアンズタイム
28ステイゴールドメジロマックイーン
39ブレイクランアウトフジキセキ
11ディープインパクトブライアンズタイム
29ネオユニヴァーススウェプトオーヴァーボード
35ハーツクライSwain
11ディープインパクトエルコンドルパサー
24バゴリアルシャダイ
312ゴスホークケンOld Trieste
15マツリダゴッホFusaichi Pegasus
21キングカメハメハスペシャルウィーク
37スズカフェニックスアグネスデジタル
18ステイゴールドシンボリクリスエス
214スタチューオブリバティBelong to Me
35アドマイヤムーンサンデーサイレンス
12ディープインパクトO’Reilly
21ダイワメジャーSadler’s Wells
316オペラハウスダンシングブレーヴ
13マンハッタンカフェハートレイク
22アグネスタキオンヘクタープロテクター
36ザカリヤコマンダーインチーフ
15ダンスインザダークKingmambo
213マーベラスサンデートニービン
32シンボリクリスエスSmart Strike
18ニューイングランドジャッジアンジェルーチ
26アグネスタキオンMachiavellian
31ジャングルポケットSlew o’Gold

解析・分析:注目血統は?

ディープインパクト産駒を中心にサンデーサイレンス系種牡馬産駒の活躍が目立つ。非サンデー系ではミスタープロスペクター系や二アークティック系(storm cat系)が近年活躍しておりこれらの産駒に注目したい。

サンデー系の好走馬の傾向として母父ロベルト系との相性の良さに注目したい。
2017年 セダブリランテス(母父ブライアンズタイム)
2016年 ゼーヴィント(母父ブライアンズタイム)
2013年 ケイアイチョウサン(母父シンボリクリスエス)
いずれも勝ち馬であり、今年の該当馬であるマイハートビートやロードライトの激走に期待したいところだ。

Storm Cat系の出走はないが、ミスタープロスペクター系種牡馬産駒としてエイムアンドエンド・ロードアクシスが出走する。中でもエイムアンドエンドは好相性の母父サンデー系との組み合わせであり、こちらも注目だ。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数勝率複勝率
カンパニー0-1-0-110.0%8.3%
エイシンフラッシュ1-0-1-225.0%50.0%
バゴ0-1-1-160.0%11.1%
ダノンシャンティ2-2-0-816.7%33.3%
ハービンジャー3-3-7-405.7%24.5%
ノヴェリスト1-1-0-416.7%33.3%
ディープインパクト16-13-14-6914.3%38.4%
ゼンノロブロイ6-6-7-548.2%25.0%
ディープブリランテ1-1-0-108.3%16.7%
マンハッタンカフェ8-3-4-5711.1%20.8%
ブレイクランアウト1-0-1-133.3%66.7%
ヴィクトワールピサ2-2-1-1410.5%26.3%

集計期間:2013.1. 1 ~ 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

出走回数が多い中でディープインパクト、ついでゼンノロブロイと好成績を残しているのがわかる。人気を集めそうなディープインパクト産駒のフィエールマンがここも好走が期待される。

一方でダノンシャンティも産駒の出走が少ないもののディープインパクトに匹敵する好成績を残している。前走500万下を快勝してここに臨むキューグレーダーの激走となるか注目だ。

おすすめの記事