(C)Yusuke Tsutaya

その勢いは止まらない。

3月31日に中山競馬場で行われたダービー卿チャレンジトロフィー(G3/芝1600)はヒーズインラブの優勝に終わった。

実績馬たちが馬群に沈み中波乱といったところだが、どこがレースの鍵となったのだろうか?レースを分析していきながらヒーズインラブがレースを制したポイントやグレーターロンドンなど他馬の敗因を探っていこう。


結果・着順

馬名騎手
厩舎
人気
オッズ
1
ヒーズインラブ藤岡康騎手4
牡555(栗東)藤岡6.5
2
○外キャンベルジュニア石橋脩騎手6
牡655(美浦)堀13.4
3
ストーミーシー大野騎手9
牡554(美浦)斎藤誠26.3
4
テオドール吉田隼騎手5
牡554(美浦)国枝13.3
5
グレーターロンドン田辺騎手1
牡656.5(美浦)大竹3.6
6
ゴールドサーベラス柴山騎手7
牡654(美浦)清水英14.8
7
レッドアンシェル戸崎圭騎手2
牡456.5(栗東)庄野4
8
マイネルアウラート柴田大騎手14
牡756(美浦)高橋裕202
9
マルターズアポジー柴田善騎手3
牡658(美浦)堀井5.5
10
アデイインザライフ北村宏騎手8
牡757(美浦)萩原17.6
11
ダイワリベラル菊沢騎手15
牡756(美浦)菊沢243.4
12
ロジチャリス池添騎手12
牡657(美浦)国枝62.4
13
クラリティスカイ木幡巧騎手16
牡657(美浦)斎藤誠407.2
14
ソルヴェイグ三浦騎手11
牝555.5(栗東)鮫島44.4
15
サンライズメジャー田中勝騎手13
牡956.5(栗東)浜田110.9
16
ミュゼエイリアンミナリク騎手10
セ656(美浦)黒岩32.9

払い戻し

単勝9650円4人気
複勝09
03
15
230円
470円
580円
3人気
8人気
9人気
枠連02 - 05850円2人気
馬連03 - 093,890円17人気
ワイド03 - 09
09 - 15
03 - 15
1,510円
1,880円
4,010円
19人気
23人気
46人気
馬単09 → 036,770円26人気
三連複03 - 09 - 1527,990円91人気
三連単09 → 03 → 15126,530円426人気

レース分析

まずラップを見てみると、前半が46秒2、後半が46秒となっておりほぼイーヴンな推移と言える。中山の馬場はそれなりに時計の出る状態で極端な追い込みは利きづらくある程度立ち回りの器用さも求められた。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 ヒーズインラブ

中団の内目でレースを進めた。勝負どころでも外を回らずタイトな位置を維持し、ダイワリベラルの内側の狭いところをうまく回ってきた。

直線も間を割る形となったが力強く伸び、先に抜けた2着馬を余裕を持って交わしさった。兄にサンデーウィザードを持つ良血馬がいよいよ本格化。

2着 キャンベルジュニア

スタート直後はハナにも行ける勢いだったが結局は好位のインに収まった。勝負どころでソルヴェイグの内を掬ってロスなく回り一旦は抜け出した。

しかし勝ち馬の強襲に遭い昨年に続いて2着に終わった。一昨年のこのレースこそチグハグな競馬で大敗したが、中山は本当に得意な馬だ。

3着 ストーミーシー

出負けし道中は勝ち馬の一列後ろにつけた。勢いよく外を進出し追い上げ、直線でも一頭だけ違う脚で差してきたがそれでもここまで、やはり中山マイルの外枠は難しい。

5着 グレーターロンドン

後方のインを進みその位置のまま直線へ。コーナーワークでやや位置をあげたもののそこからイマイチ脚を使えず。本来の決め手を生かせない競馬が続いている。

7着 レッドアンシェル

中団の内目で勝ち馬のインに位置した。しかしそのまま見せ場の少ない競馬に終わった。直線はキャンベルジュニアの後ろでやや窮屈ではあったがいづれにせよ好走は厳しかっただろう。

9着 マルターズアポジー

まずますのスタートだったが他馬も速くハナを取り切れたのは1Fほど行ったあたり。そこからペースも緩まず厳しいレースになった。それでも一旦は振り切りらしさはみせている。マイルは少し忙しい。

まとめ

力強い伸び脚で見事親子鷹を実現させたヒーズインラブが藤岡家を愛で包んでみせた。ハービンジャー産駒ながら速い時計にも難なく対応しており本当に地力強化が顕著だ。

混沌とするマイル戦線にまた新星が誕生。このスピード能力と根性はもっと上のレベルでも十二分に通用するだろう。

文=櫻井秀幸

おすすめの記事