(C)Pelusa214

その手ごたえは持ったまま。

6月17日に東京競馬場で行われたユニコーンステークス(G3/ダート1600)はルヴァンスレーヴの優勝に終わった。

人気に応える圧勝劇でその存在感を誇示したルヴァンスレーヴ。同馬がレースを制したポイントやグリムなど他馬の敗因を探っていこう。


結果・着順

馬名騎手
厩舎
人気
オッズ
1
ルヴァンスレーヴMデムーロ騎手1
牡356(美浦)萩原2.3
2
グレートタイムルメール騎手3
牡356(栗東)藤原英5.5
3
エングローサー田中勝騎手7
牡356(栗東)清水久34.4
4
ホウショウナウ柴田大騎手10
牡356(栗東)河内52.4
5
セイウンクールガイ江田照騎手16
牡356(美浦)奥平125.9
6
トキノパイレーツ津村騎手13
牡356(美浦)相沢93.2
7
○外リョーノテソーロ吉田隼騎手6
牡356(美浦)武井19.9
8
コマビショウ武士沢騎手5
牡356(栗東)南井17.4
9
グリム川田騎手2
牡356(栗東)野中4
10
プロスパラスデイズ太宰騎手8
牡356(栗東)昆35.3
11
ミックベンハー藤田菜騎手14
牡356(美浦)畠山97.9
12
ダンケシェーン横山典騎手11
牡356(栗東)昆64.7
13
ハーベストムーン戸崎圭騎手4
牡356(栗東)浅見8.3
14
バイラ和田騎手9
牡356(栗東)川村42.4
15
タイセイアベニール大野騎手15
牡356(栗東)西村124.7
16
○外ベストマイウェイ内田博騎手12
牡356(栗東)石坂正76.9

レース分析

まずラップを見てみると、前半が47秒1、後半が47秒9となっている。

ペースはやや前傾。ラスト2ハロン目で若干瞬発力は問われたが全体的に展開の有利不利は少ない力勝負だった印象だ。では、各馬を振り返って行こう。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 ルヴァンスレーヴ

スタートはややもっさりしていたが中団には位置できた。残り800のあたりから外目を進出。

直線入り口ではもう前に取りつく勢いでそのままあっさり突き抜けた。最後は抑える余裕まであった。完勝。

2着 グレートタイム

こちらもスタートは決して速くなく中団やや後方から。直線は進路取りに苦心したがなんとかこじ開けラスト200で急追。着差ほどの力差はない。

3着 エングローサー

道中は後方2番手から。インにもぐりこみ直線は追えないシーンもあったが前が開いてから鋭い脚を見せた。ダートのマイルも問題なかった。

9着 グリム

中団のやや前目から進めたが馬群で揉まれる形。直線も行く所行く所狭くなってしまった。レース前からややテンションも高く、持ち前の勝負根性を発揮できる形にもならず良い所を出せなかった。

まとめ

ルヴァンスレーヴがとにかく強かったの一言に尽きるレース。その強気のレースぶりを見る限り、距離延長にも不安はなさそうで恐らくジャパンダートダービーでも有力馬と目されるだろう。

すでに交流G1のタイトルを持つ同馬は世代ダート王の座を防衛出来るだろうか?悔いの残るレースとなりながらも素質の高さを見せたグレートタイム、同日同コースの準メインで古馬を子供扱いしたシヴァージらも含めこの世代はハイレベル。

王者の今後に、世代の力関係の変遷に、古馬への挑戦に興味は尽きない。

文=櫻井秀幸

おすすめの記事