(C)MAZIMICKEY

本格化への確かな兆し。

6月10日に東京競馬場で行われたエプソムカップ(G3/芝1800)はサトノアーサーの優勝に終わった。

春の東京開催最後の芝重賞はサトノアーサーが強い内容で見事に押し切り勝ち。同馬がレースを制したポイントやダイワキャグニーなど他馬の敗因を探っていこう。


結果・着順

馬名騎手
厩舎
人気
オッズ
1
サトノアーサー戸崎圭騎手2
牡456(栗東)池江5.6
2
ハクサンルドルフ川田騎手4
牡556(栗東)西園7
3
グリュイエール福永騎手5
牡656(栗東)藤原英7.9
4
サーブルオールルメール騎手3
牡556(美浦)萩原6.2
5
エアアンセム藤岡佑騎手8
牡756(栗東)吉村20.4
6
ベルキャニオン石橋脩騎手9
牡756(美浦)堀30.9
7
ゴールドサーベラス大野騎手15
牡656(美浦)清水英252.6
8
バーディーイーグル三浦騎手12
牡856(美浦)国枝52.3
9
マイネルフロスト柴田大騎手13
牡756(美浦)高木57
10
ブラックスピネル石川騎手11
牡556(栗東)音無48
11
マイネルミラノ丹内騎手14
牡858(美浦)相沢58.1
12
スマートオーディン武豊騎手6
牡556(栗東)池江16.8
13
トーセンマタコイヤ柴田善騎手10
牡756(美浦)加藤征47.3
14
ダイワキャグニー横山典騎手1
牡456(美浦)菊沢2.8
15
アデイインザライフ北村宏騎手7
牡756(美浦)萩原20
16
シャイニープリンス勝浦騎手16
牡856(美浦)栗田博260.6

払い戻し

単勝16560円2人気
複勝16
06
05
200円
240円
250円
2人気
3人気
5人気
枠連03 - 081,030円4人気
馬連06 - 162,240円8人気
ワイド06 - 16
05 - 16
05 - 06
870円
850円
1,250円
8人気
7人気
13人気
馬単16 → 063,830円13人気
三連複05 - 06 - 166,380円17人気
三連単16 → 06 → 0528,020円73人気

レース分析

まずラップを見てみると、前半が35秒4、中盤が36秒1、後半が35秒9となっている。

ラスト200の12秒5はこのレベルのレースとしてはかなりかかっており、重たい馬場も相まって消耗戦の色合いが強かった。では、各馬を振り返って行こう。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 サトノアーサー

好スタートを決め先団を見る位置を追走。直線も早めに先頭に立ちそのまま押し切った。

普段より積極的なレースで道悪も苦にせず鮮やかな勝利。1800もベストだろう。

2着 ハクサンルドルフ

いつも通り後方から。直線を向いたところでもまだかなり後ろだったが馬群をさばきながらぐいぐい追い上げ連を確保。ある程度流れる展開なら堅実で、道悪巧者っぷりを存分に見せつけた。

3着 グリュイエール

ぽつんと中団を追走。直線は外から勝ち馬を追ったが捕まえられず。ただ反動も見せず力は示している。重賞でも十分通用する。

4着 サーブルオール

後方寄りの位置から少し押し上げ中団で直線へ。外に出せず中を伸びたが最後はやや鈍った。こういう馬場も得意なほうではあろうが、スムースに外に出せていればもう少しきわどかったか。

14着 ダイワキャグニー

中団の内側を進んだが行きっぷりはイマイチ。直線も反応がなく最後は無理もしなかった。初の道悪がよほど堪えたか。

まとめ

潜在能力を高く評価されながらも伸び悩み気味だったクラシック候補がここにきて遂に花開いて見せた。

大外枠も重たい馬場も克服しての、いつになくスムースな競馬は今後の飛躍を期待させるのに十分過ぎた。

ムラな印象があるかもしれないが、振り返れば距離不向きだったと考えられるダービーと菊花賞を除けばその戦績に傷はない。中距離戦線という居場所でその輝きは増していくだろう。

文=櫻井秀幸

おすすめの記事