ドバイゴールデンシャヒーン2018の予想オッズ・人気と出走予定馬は?ダート短距離の音速決戦を展望


(C)だわさの写真館

2018年3月31日(日本時間23時40分)、メイダン競馬場でドバイゴールデンシャヒーン(GI/ダ1200m)が行われる。マテラスカイ、ロイエイチ、マインドユアビスケッツ、エックスワイジェットらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

競馬TIMES編集部では一週間をかけて当重賞を徹底的に検証していく。血統考察やデータ分析、有力馬の強調材料と不安要素の検証など、多角的な視点から当レースの見どころや注目点を解き明かしていく予定だ。

出走馬のおさらい、予想オッズの展望を振り返っていこう。


出走予定馬・登録馬

BCスプリントに次ぐダート短距離のトップGⅠとして名高いドバイゴールデンシャヒーンだが、今年は9頭立てと寂しい頭数になった。日本からはオープンに昇級したばかりのマテラスカイが果敢に挑戦する。

マテラスカイは日本が誇る名手、武豊騎手とのコンビで参戦。国際レーティングは105。このコンビで1000万下、前走の橿原Sを共に逃げて圧勝しており、日本のオープンクラスならテンのダッシュ力も含め十分に通用する余地はある。

ただ、ここは流石に家賃が高いだろうか。とにかく前に行けるかどうかが勝負にはなるが、この少頭数でペースが落ち着いてくれればマテラスカイにとってはプラスだろう。とにかくスタートがカギだが、武豊騎手がここでバッチリと決めてくれることを祈りたい。

順当に行けば国際レーティング122を誇るアメリカの快速馬ロイエイチが断然の存在だろう。2017年以降はダートの1200mに特化して出走しているが、GⅠ2勝を含め連対を外していない安定感が光る。何と言っても昨年はこの路線でトップのレースであるBCスプリントを制しており、その時に比べればメンバー的には恵まれている。まともなら圧勝も考えられる。

続くのもアメリカのマインドユアビスケッツ。国際レーティングは120。去年のこのドバイゴールデンシャヒーンを制しており、昨年に続いての参戦となった。昨年のBCスプリントではロイエイチの3着に敗れてはいるものの、続くシガーマイル(GⅠ)でも2着があり、地力の高さは言わずもがな。メイダンの経験がある強みと、マイル戦でも頑張る地力を活かして逆転なるかというところだ。

レーティングでは上の2頭(ロイエイチ・マインドユアビスケッツ)に大きく離されてはいるものの、112のレーティングで続くのがこれもアメリカのエックスワイジェットだ。本格化以降スプリント戦では大崩れがなく、重賞はミスタープロスペクターS(G3)を2勝している。GⅠでも一昨年のドバイゴールデンシャヒーン2着、同じく一昨年のヴォスワーグS5着の実績がある。展開次第では上位への食い込みがあってもいい。

他にも地元UAEから出走するマイキャッチ、レイナルドザウィザードなどがレーティング的には続いているメンバー構成となっている。

登録馬は以下の通りだ。

出走予定馬・登録馬

エクスワイジェットセ6ハラミジ騎手ナバーロ厩舎
シロング牡5コスグレ騎手アルアラ厩舎
ジョーダンスポートセ5デフリー騎手ナス厩舎
マイキャッチセ7ドブス騎手ワトソン厩舎
マインドユアビスケッツ牡5ロザリオ騎手サマーズ厩舎
マテラスカイ牡4武豊騎手森秀行厩舎
ムアラブセ9クローリ騎手アルライ厩舎
レイナルドザウィザードセ12マレン騎手シーマー厩舎
ロイエイチセ6デザーモ騎手ミラー厩舎

想定・予想オッズ

4番人気エクスワイジェット7.3倍
8番人気シロング50.7倍
3番人気ジョーダンスポート6.4倍
9番人気マイキャッチ71倍
2番人気マインドユアビスケッツ3.4倍
5番人気マテラスカイ10.5倍
6番人気ムアラブ26.5倍
7番人気レイナルドザウィザード34.2倍
1番人気ロイエイチ1.5倍

この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る