(C) Yusuke Tsutaya

2018年3月31日、中山競馬場でダービー卿CT(GⅢ/芝1600m)が行われる。グレーターロンドン、レッドアンシェル、マルターズアポジー、ソルヴェイグ、ゴールドサーベラス、キャンベルジュニアらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

春のマイル王決定戦GⅠ・安田記念に向けての前哨戦の一つとして1996年から芝1600mで(ハンデ戦となったのは2002年から)行われているレースがダービー卿CTである。

それでも久しくダービー卿CTの次走に安田記念に直行した馬の活躍は見られなかったが、2015年のダービー卿CTの勝馬モーリスは安田記念でも連勝を飾っている。

また、翌年2016年もダービー卿CTで2着だったロゴタイプが安田記念で単勝8番人気と低評価を覆すような逃げで2013年の皐月賞以来のGⅠ勝利を飾っているように近年では安田記念でも結果が出るようになったレースとも言える。

なお、古馬の牡馬も参戦できるマイル戦のハンデ重賞は現在、年間でもダービー卿CT以外には1月の京都金杯、7月の中京記念、9月の京成杯オータムハンデのGⅢ3レースしか行われていない。

配当傾向を過去10回で見てみると、ハンデ戦ということもあり毎年万馬券となっていて特に2008年には単勝4番人気→9番人気→16番人気の組み合わせで3連単1,001,530円と100万馬券の大荒れになった。

2018年も従来の傾向通りの荒れた決着となるのか、一転して人気サイドの決着となるのか。

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップして紹介する。人気、血統、枠順、ローテーションなど、予想のポイントになりそうなデータとは?

対象データ:2007年~2017年に中山競馬場で行われたダービー卿CT(2011年は阪神競馬場で行われたため対象外)


ポイント1 極端な人気薄は消し!

ハンデ戦は通常ゴール前で全馬が横一直線に並ぶようにハンディキャッパーが各馬の能力を踏まえて斤量を定めている。そのため接戦となり思わぬ伏兵馬が台頭することも多く順当に収まることのほうが少ない。それでも、人気別に集計した場合、二桁人気になるような馬の成績は奮わない。

人気着別度数
10-16人気0- 1- 3- 64/ 68
人気勝率複勝率単回値複回値
10-16人気0.0%5.9%054

過去10回の結果から見ると、直近5年では馬券圏内に入ってきた馬はいない。2012年に単勝10番人気で2着に入ったオセアニアボスが最後となっていて基本的には消しと判定していいだろう。(※以降、9番人気以内を対象に集計)

ポイント2 母父・ネイティブダンサー系は消し!

血統からポイントを探すと母父・ネイティブダンサー系の出走馬の成績が奮わない。ネイティブダンサー系の代表種牡馬はキングカメハメハで、本来競馬場・距離問わず比較的成績を残す万能型ではあるもののダービー卿CTではこれまで結果を残せていない。

母父系統着別度数
ネイティブダンサー系1- 0- 0-15/ 16
母父系統勝率複勝率単回値複回値
ネイティブダンサー系6.3%6.3%4320

2014年に単勝4番人気で勝利した2012年のGⅠ・NHKマイルカップ馬カレンブラックヒルが2012年秋のGⅡ・毎日王冠以来久々の重賞勝利を飾っているが、それ以外の馬の成績はすべて4着以下となっている。

ポイント3 6歳馬以上は消し!

年齢別で集計すると、成長途上の4歳馬や脂が乗っている5歳馬の活躍が中心だ。晩成型を除き競走馬としてのピークが過ぎつつある6歳以上の高齢馬は不振が目立つ。

馬齢着別度数
6歳以上1- 1- 1-24/27
馬齢勝率複勝率単回値複回値
6歳以上3.7%11.1%6132

なお、今回の消しの対象で馬券圏内に入っている3頭すべてが6歳となっており、7歳以上の該当馬は1頭もいない。

ポイント4 レース間隔10週以上は消し!

レース間隔からポイントを探すと長期に限らず休養明け初戦の出走馬の成績が奮わない。馬にとっても動きやすい春の暖かい時期の前に既に始動をしている馬のほうが、春初戦として出走する馬よりも結果を出せている。

レース間隔着別度数
10週以上0- 0- 2-10/12
レース間隔勝率複勝率単回値複回値
10週以上0.0%16.7%024

過去10回の結果から見ると、3着に食い込んだ例は時折あるものの基本的には消しと判定していいだろう。

ポイント5 前走距離1400mから1600m以外は消し!

前走距離の視点から検討を加えると、やはりマイルが適距離の馬の活躍が目立つ。マイル前後の距離では1800mから短縮するよりも1400mから延長した馬のほうが距離に対応できていることがわかる。

前走距離着別度数
1400m-1600m以外1- 2- 4-22/29
前走距離勝率複勝率単回値複回値
1400m-1600m以外3.4%24.1%1069

2016年に単勝4番人気で2着となったロゴタイプのようにマイルから中距離を得意とした馬もいるものの、ダービー卿CTではマイラーもしくはマイルより短い距離を得意とした馬の活躍が目立っていると言える。

ポイント6 前走東京競馬場出走馬は消し!

ローテーションとしては一見適していると思われる2月に東京競馬場で行われるGⅢ・東京新聞杯を中心に前走東京競馬場のレースに出走してからダービー卿CTに挑む馬が直近5年では毎年いるもののほとんど活躍できていない。左回りから右回りへの変更や中山競馬場の1600mのコースの特殊性など様々な要因が考えられるが注意が必要なデータと言える。

前走場所着別度数
東京1- 1- 0-15/17
前走場所勝率複勝率単回値複回値
東京5.9%11.8%5130

2013年単勝1番人気で2着に入ったダイワマッジョーレが最後に3着以内に入った馬となっている。

まとめ 消しデータを取り除くと?

では、ここまで挙げてきた消しデータを取り除くと、どのような成績になるのだろうか?

着別度数
6- 6- 2- 8/22
勝率複勝率単回値複回値
27.3%63.6%286238

なんと、好走率は6割超、回収率も260%超を弾き出し極めて優秀な成績となった。今年はこのデータに該当する馬を軸に添えてみても、いいかもしれない。

おすすめの記事