藤田伸二騎手の苦境!成績低迷の原因と現在地とは?チラつく引退の二文字

(C)arima0208

ページ:

1

2 3

最近、すっかり影が薄くなってしまった騎手がいる。

競馬界のご意見番こと藤田伸二騎手のことだ。かつてはアニキ肌のキャラクターやブログが好評を博して一世を風靡し、暴露本『騎手の一分』を発売してベストセラー作家となった。

しかし、最近は元気がない。元気が無いのか、やる気を失ってしまったのかは定かではないが、とにかく話題に上がることが少なくなってしまった。

競馬界の“アニキ”の“現在地”とは一体どんなものなのだろうか?

スポンサーリンク

藤田騎手とは?

藤田騎手はデビュー以来、順風満帆な騎手生活を歩んできた。

1年目から39勝を挙げて最多勝利新人騎手賞を獲得すると、フサイチコンコルドで日本ダービーを制覇。早々にトップジョッキーの仲間入りを果たした。2002年以降は6年連続で年間100勝をマークし、以降も大レースで存在感を発揮してきた。

2011年のドバイワールドカップでトランセンドを2着に導いたシーンは今なお記憶に新しいところだ。

ほとんど制裁を受けない“ミスターフェアプレー”としても知られ、04年に特別模範騎手賞を史上最年少で受賞。以降も模範騎手として若手ジョッキーたちを厳しく指導(?)している。

しかし、徐々に勝ち鞍が減り始め、11年には59勝、12年には31勝まで激減した。31勝はデビュー以来、最低の成績である。

なぜ、藤田騎手は勝てなくなったのか? その裏には現代競馬で最も重要な制度の問題があった。

【次のページヘ】藤田騎手の勝ち鞍が激減した理由とは?

ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る