藤田伸二騎手の苦境!成績低迷の原因と現在地とは?チラつく引退の二文字


近年の藤田騎手の成績は?

騎乗馬の質が落ちていることは間違いない。ただ、成績が落ちている理由はそれだけではない。

例えば人気馬(1〜3番人気)に騎乗した時の騎乗成績を比較してみよう。植木氏がご存命だった10年の成績と今年の成績を比較してみると……

2010年
(74−46−57−136)
勝率24%
複勝率57%
単勝回収値80
複勝回収値85

2015年
(6−3−3−24)
勝率17%
複勝率33%
単勝回収値61
複勝回収値53

10年は人気馬に騎乗した場合、半数以上を馬券圏内に持ってきているのに対し、15年は3回に1回程度しか好走に導けていない。回収率の差も歴然である。

このデータを見る限り、騎手としての力、影響力が落ちていると言わざるをえないだろう。

まとめ

競馬ファンとしてはまだまだ競馬界の“番長”には頑張ってほしいところ。

ただし、かつて「北海道シリーズといえば藤田伸二」と言われた男も、今年の函館開催は(0−2−3−39)で、なんと勝ち鞍ゼロという結果になってしまっている。

果たして、番長の巻き返しがあるのだろうか? 少なくとも今の成績が続くようなら、否が応でも“引退”の二文字がチラついてしまうところだ。

【関連記事】
武豊復活の根拠とは?強い馬を勝たせる技術は全盛期と遜色なし?
池添謙一騎手を追え!オルフェーヴルの相棒は最も買える穴ジョッキー?
横山典弘騎手の“ポツン騎乗”は本当に多いのか?天才の気まぐれの真相
乗り遅れると損するよ?柴山雄一という“2015年で一番買える騎手”
福永祐一騎手はダービージョッキーになれるのか?苦戦の歴史を紐解く


ページ:
1 2

3


井原俊之

投稿者プロフィール

某競馬ブログの中の人。主に騎手に関する考察を得意としています。好きな騎手は岩田騎手、小牧騎手、柴山騎手などの地方移籍組。ここでは勢いのある騎手や不遇だけど本当はうまいジョッキーを紹介していきます

この著者の最新の記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る