イモータルの重賞制覇は時間の問題?血統と新馬戦で見せた大器の片鱗とは?


重賞級の理由

イモータルの新馬戦はかなり秀逸だった。走破時計は1分49秒8と平凡だったものの、見どころは多かった。

中でも注目したいのは上がりタイムだ。32.9秒という圧倒的な瞬発力を披露した。(同日の古馬500万条件で1分45秒台が出ているように馬場が速かったことは確かだが)2歳の若駒が簡単に出せるタイムではない。

実際、振り返ってみると気になるデータが浮上する。

2歳時に新潟芝外回り1800mで上がり33秒台前半より速い時計を記録した馬たちの“その後”が凄まじいものになっているのだ。

■条件
・2歳
・上がり33.4秒以内
・上がり1位

ジャストドゥイング 上がり32.0秒
OP特別2勝

ルージュバック 上がり32.9秒
オークス2着、きさらぎ賞1着

ダノンリバティ 上がり33.3秒
毎日杯、レパードS2着

クラリティシチー 上がり33.2秒
ダービー卿CT、ラジオNIKKEI賞2着
スプリングS、東スポ杯2歳S3着

サトノノブレス 上がり33.2秒(※2位)
菊花賞2着、日経新春杯、小倉記念1着など


オメガハートランド 上がり33.4秒
フラワーカップ1着

2010年以降、該当馬は6頭。うち、ヴュルデバンダムを除く5頭がOP馬で、重賞で勝ち負けするレベルの馬だった。また、上がり2位のため該当しなかったものの、サトノノブレスは重賞2勝、菊花賞でも馬券になっている。

イモータルは上がり32.9秒でこの条件に合致している。重賞で勝負できるレベルの才能を持っていると判断していいだろう。

今後、どのような路線を歩むかはまだ分からないが、クラシック路線に乗ってくる可能性は高い。注目の若駒として、覚えておきたいところだ。

【関連記事】
ペルソナリテの血統や将来性は?ダリア賞1着馬を徹底検証
ベルカントの血統や将来性は?アイビスサマーダッシュ1着馬を徹底検証
タニセンビクトリーが達成した史上初の快挙とは?素質馬の将来性を探る
武豊とディープ産駒で儲けろ!回収率100%を超える4つの条件とは?
彼女欲しけりゃペルーサになれ!稀代の愛され馬から学ぶ4つのモテテク

ページ:
1

2


この著者の最新の記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る