福永祐一騎手はダービージョッキーになれるのか?苦戦の歴史を紐解く

(C)Minafl
(C)Minafl

福永祐一騎手がダービージョッキーへの挑戦権を得た。

5月31日に東京競馬場で行われる第82回東京優駿・日本ダービー(GI/芝2400m)にリアルスティールとともに臨むのだ。リアルスティールは共同通信杯を制し、皐月賞で2着になった世代屈指の有力馬だ。当日は皐月賞馬ドゥラメンテに次ぐ2番人気に支持されることが確実視されている。

果たして福永騎手は“悲願”を達成できるのか。彼の挑戦の歴史と、可能性について探っていこう。

スポンサーリンク

ほろ苦すぎるダービーデビュー

福永騎手は今日、トップジョッキーのひとりとして評価されている。有力馬を任されることも少なくない。ただし、いまだにダービーを勝てていない。

福永騎手の苦悩の歴史は、1998年に幕を開けた。そしてこの騎乗が後の苦悩を予見するものだった。デビュー以来、コンビを組み続けたキングヘイローに騎乗すると、皐月賞で2着になったこともあって2番人気に支持された。

しかし、福永騎手は愛馬を抑えることができず、デビューから一度もやったことがなかった逃げの手を打つことに。結果、2番人気ながら14着と大敗してしまった。彼自身、後に「失敗だった」と認めるほど、想定外の騎乗をしてしまったのだ。

以降、ダービーでは1番人気1頭を含め、5番人気以内の有力馬6頭に騎乗したが、最高成績は2着(2回)。トップジョッキーでありながら、皐月賞を含めて春の牡馬クラシックは無冠となっている。

●詳細→福永祐一騎手、春の牡馬クラシックで2着6回…届きそうで届かない“あと一歩の歴史”

苦戦の理由

福永騎手が牡馬のクラシックで勝てないのは、騎乗スタイルがオーソドックスすぎる点にある。上記したリンク先から引用しよう。

実績のとおり、平場では最も買える騎手の1人だ。ソツのない騎乗をするため、才能のある馬を普通に勝たせることはできる。だから、多くの陣営が福永騎手に騎乗を依頼する。

ただし、「ソツのない」というのは必ずしも褒め言葉ではない。例えば「無難」と言い換えることができる。この「無難な騎乗」は平場ではいいかもしれないが、重賞レベルになると足元をすくわれるケースが多い。

特にGIはすべての騎手が勝ちたいと思っている。そういった環境で80点の騎乗をしても、100点の騎乗をしたジョッキーに勝利をかっさらわれてしまうのだ。

なお、皐月賞では100点に近い騎乗をしたが、ドゥラメンテの反則級の末脚に屈した。いい騎乗をしても、それを上回る何かに邪魔されて栄冠を取り逃してきたわけだ。

再び苦戦を強いられる?

今回はワールドエースやエピファネイアの時と同じくらい、チャンスがあると捉えていい。騎乗馬の質としては期待が持てる。

ただし、福永騎手自身がダービーを苦手にしている点は気になる。例えば皐月賞と比較してみよう。

皐月賞は勝っていないものの(0−4−2−8)と比較的いい成績を残している。2着が4回、3着が2回の他にも5着が3回あり、掲示板率は64%だ。

一方、ダービーは大敗することが多く、掲示板率は33%程度。アサクサキングスに騎乗して2着になった年は完全な“展開利”だったことを考えると、「福永騎手だから好走できた」というのはエピファネイアくらいしかいない。

今年も簡単な挑戦でないことは確かなのだ。

呪縛を打ち破れるか

もっとも、連敗記録というのはいつか止まるもの。今の福永騎手の技術と騎乗馬の質であれば、ダービーを勝っても不思議ではない。

幸い、今年はダービーを狙えるパートナーとともに参戦する。

キングヘイローに騎乗してから17年、福永騎手がどんな騎乗をするのか、注目したい。

【関連記事】
福永騎手、春の牡馬クラシックで2着6回…届きそうで届かない“あと一歩の歴史”
ミッキークイーンに続け!ダービー別路線組の動向〜青葉賞、京都新聞杯など〜
日本ダービー血統考察!買えるのはドゥラメンテ?リアルスティール?
ダービーでこそ! サトノクラウンが皐月賞惨敗から巻き返す3つの根拠
日本ダービーに関する記事一覧はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


井原俊之

井原俊之

投稿者プロフィール

某競馬ブログの中の人。主に騎手に関する考察を得意としています。好きな騎手は岩田騎手、小牧騎手、柴山騎手などの地方移籍組。ここでは勢いのある騎手や不遇だけど本当はうまいジョッキーを紹介していきます

この著者の最新の記事

関連記事

人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 150620
    見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る