(C)tr_qasysh15

2019年2月3日、京都競馬場できさらぎ賞(GⅢ/芝1800m)が行われる。今回は過去のデータやレース傾向を振り返り、当レースの危険な人気馬を予想していく。

馬券を買う上で特に重要なのは「どの馬を買うか」ではなく「どの馬が消しか」を見極めることだ。

人気馬を「買わない」と判断できれば、余った資金を軸馬の買い足しや穴馬の追加購入に回すことができる。そして人気馬が馬券圏外になれば配当が跳ね上がる。

「人気だから押さえようかな」と毎回人気馬を買ってしまうと回収率は落ちていく。だからこそ「買わない人気馬」を見つけることがカギになってくるのだ。

果たして、人気が想定されるヴァンドギャルド、ダノンチェイサー、アガラス、エングレーバー、メイショウテンゲンらの中で危険なのはどの馬なのか。しっかり考察していこう。

なお、特に明記していない場合は過去10年のデータを対象とする。


きさらぎ賞の人気馬成績

過去10年のデータを見ると、1番人気が勝ったのは4回、2着3回で3着0回となっており、まずまずの成績と言える。

ただ2番人気以降は混戦となっており、6番人気が2勝を挙げるなど人気サイドですんなりとはいかないようだ。

ではここからは注目のデータをピックアップして紹介していこう。

予想参考データ① 上がりの脚が勝利への鍵!

実に面白いデータがある。上がり3ハロンでのタイムでデータを見ると、目が離せないデータがあった。

上がり3F 1位 ( 4- 3- 3-0)
勝率 40.0% │ 複勝率 100.0%

複勝率100%、つまりレース中に上がり最速のタイムを出した馬は100%3着以内に入るというデータだ。つまり、末脚が確実な馬を狙うのがポイントと言える。

上がり3F 3位まで ( 10- 7- 8-7)
勝率 31.3% │ 複勝率 78.1%

上がり3ハロンで3位までの馬を見ても複勝率が8割に迫る。予想をする上で見逃せないデータではあるが、落とし穴もある。

脚質・後方 ( 0- 4- 3-20)
勝率 0.0% │ 複勝率 25.9%

逃げ馬が2勝2着3回、先行馬が5勝を挙げるなど基本は前残り。逃げた馬でも上がりの脚が上位なことが多い。最後の直線に賭ける乗り方では辛いかもしれない。

予想参考データ② 巻き返しが許されるのはGⅠだけ

2歳秋の重賞では新馬や未勝利組の台頭が見られるが、きさらぎ賞に関しては500万特別で勝った馬や朝日杯フューチュリティステークスなどに出た馬の結果がいい。

前走1着だった条件戦を走った馬に関してはタイム差をつけて勝つというのが1つの条件と言えるだろう。

一方、前走敗れた組はできるだけタイム差がない方がいい。惜敗程度がよく、完敗レベルの負け方、1馬身以上の差ということになると厳しいかもしれない。

ただ、朝日杯フューチュリティステークスに関しては1秒以上の負けでも巻き返すことが出来る。コンマ5秒以上の大敗を喫しても問題はない。

新馬、未勝利組は多少苦戦してるが、コンマ5秒などそれなりに差をつけて勝てたかが大事だ。そして、未勝利組は1番人気もしくは2番人気。それが条件だろう。

予想参考データ③ 京都2000からの短縮

走る距離を知らされない馬のリズムを考えるとなるべく同じ距離で走らせるのがいいが、距離短縮組、この場合は2000メートルからの短縮組が強い。

前走2000メートル ( 7- 4- 3-22)
勝率 19.4% │ 複勝率 38.9%

ここまで結果が出るとさすがに無視は出来ないわけだが、さらに精査をしていくと京都2000メートルからの短縮組が結果を残している。

例えば福寿草特別組、京都2歳ステークス組などがこれに該当する。冬の京都は前が残りやすく、内回りで結果を出したケースと傾向は似通う。

内回りと外回りで一見違うように感じるが、馬場の傾向などが変わり、距離も短くなる。すると、同じような能力が求められるということになるのかもしれない。

2019年の危険な人気馬は?

ヴァンドギャルドは重賞でも結果を出しており、人気に支持される見込みだが、脚質がやや後方で押し上げるようなレースをする。また東スポ杯でニシノデイジーとタイム差なしだったが、ホープフルステークスではコンマ3秒も差をつけられた。人気先行の可能性がある。きさらぎ賞の好走条件に合致せず、危険な人気馬の一頭になりそうだ。

また、アガラスは1つ目のの消しデータに合致している。前走は素晴らしい差しだったが、後方からの競馬ではこちらも厳しいか。多少不安視はすべきだろう。

反対にエングレーバーは危険なデータに一つも当てはまらない。前目で競馬が行えてすでに輸送もクリア。京都でも勝利経験がある。人気馬の中で最も不安要素が少ないのが、アレスバローズと言えそうだ。

おすすめの記事