過去の記事一覧

日経新春杯2018の競馬予想データ分析…5つの消しで好走率約4割、回収率150超

(C)Ko-Mei

2018年1月14日、京都競馬場で日経新春杯(GⅡ/芝2400m)が行われる。ミッキーロケット、ロードヴァンドール、モンドインテロ、ソールインパクトらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップして紹介する。

人気、血統、枠順、ローテーションなど、予想のポイントになりそうなデータとは?


ポイント1 7歳以上は消し!

年齢別の成績を見ていくと、明確な傾向が出ていることが分かる。5歳をピークに、歳を重ねるごとに成績を落としているのだ。

特に7歳以上になると、好走はほとんど難しくなる。

年齢着別度数
4歳6- 5- 2- 23/ 36
5歳2- 4- 5- 21/ 32
6歳1- 1- 3- 24/ 29
7歳1- 0- 0- 28/ 29
8歳0- 0- 0- 12/ 12
年齢勝率複勝率単回値複回値
4歳16.7%36.1%13574
5歳6.3%34.4%17166
6歳3.4%17.2%11870
7歳3.4%3.4%247
8歳0.0%0.0%00

集計期間:2008. 1.20 ~ 2017. 1.17

7歳以上は48頭走って、好走したのはわずか1頭のみ。基本的に消してOKだろう。

ポイント2 ディープインパクト産駒は消し!

京都の重賞といえばディープインパクト産駒だ。日経新春杯でも複数等が好走している。

ただし、「人気になりすぎる」「人気ほどの信頼性がない」という傾向が見られる。

ディープインパクト産駒(1−1−2−11)

15頭走って4頭が好走しているが、回収率はかなり低い。実際に見てみると、好走したのは4番人気以内の人気馬。5番人気以下の穴馬は馬券圏内に入れていない。

好走が難しいわけではないが、回収率的な観点から見ると、軸にするのはあまり得策ではないと言えるのだ。

ポイント3 前走1800m以下は消し!

距離別の成績を見ていくと、前走2000m以上の馬たちが圧倒的にいい成績を残している。

一方、1800m以下は芳しくない。

前走平地距離着別度数
1400m0- 0- 0- 1/ 1
1500m0- 0- 0- 0/ 0
1600m0- 0- 0- 9/ 9
1700m0- 0- 0- 0/ 0
1800m0- 2- 1- 15/ 18
前走平地距離勝率複勝率単回値複回値
1400m0.0%0.0%00
1500m
1600m0.0%0.0%00
1700m
1800m0.0%16.7%032

集計期間:2008. 1.20 ~ 2017. 1.17

1800m以下から勝ち馬は出ておらず、全体的な回収率も低調だ。割り引いてしかるべきだろう。

ポイント4 前走後方脚質は消し!

京都の外回りは直線の長い。しかし、後ろから競馬をして差しきれるような馬場状態にないことが多く、基本的に好位置につけられる馬が有利になる。

脚質別の成績を見ていくと、この傾向は明らかだ。

前走脚質着別度数
平地・逃げ0- 0- 0- 5/ 5
平地・先行4- 2- 3- 25/ 34
平地・中団5- 6- 4- 39/ 54
平地・後方1- 2- 2- 39/ 44
平地・マクリ0- 0- 0- 3/ 3
前走脚質勝率複勝率単回値複回値
平地・逃げ0.0%0.0%00
平地・先行11.8%26.5%187127
平地・中団9.3%27.8%5086
平地・後方2.3%11.4%1025
平地・マクリ0.0%0.0%00

集計期間:2008. 1.20 ~ 2017. 1.17


後方組は低調。また、コーナーで脚を使うマクリの成績も良くない。評価を落としていくのが打倒だろう。

ポイント5 昇級戦は消し!

前走のクラス別の成績を見ていくと、1000万下から好走している馬も見受けられる。

もっとも、全体的な傾向を見ると、前走OPクラス以上の馬でないと厳しいことが分かる。

前走クラス着別度数
1000万下1- 1- 1- 2/ 5
1600万下0- 3- 0- 19/ 22
前走クラス勝率複勝率単回値複回値
1000万下20.0%60.0%456198
1600万下0.0%13.6%018

集計期間:2008. 1.20 ~ 2017. 1.17

準OP組はかなり低調で、基本的に評価を落としたほうが良いだろう。

まとめ 消しデータを取り除くと?

では、ここまで挙げてきた消しデータを取り除くと、どのような成績になるのだろうか?

着別度数
6- 3- 6-25/40
勝率複勝率単回値複回値
15.0%37.5%145174

集計期間:2008. 1.20 ~ 2017. 1.17

なんと、好走率は37%超、回収率も150%オーバーという極めて優秀な成績となっている。

今年はこのデータに該当する馬を軸に添えてみても、いいかもしれない。


愛知杯2018の競馬予想分析、結果発表!回収率300超のデータ該当馬とは?

(C)Arappa

2018年1月13日、中京競馬場で愛知杯(GⅢ/芝2000m)が行われる。マキシマムドパリ、キンショーユキヒメ、ゲッカコウ、エテルナミノルらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵はいるのか?

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップした。では、人気、血統、枠順、ローテーションなどから導き出したデータに合致するのはどの馬なのか?

5つの消しフィルターを通したとき、残る馬を探っていくことにしよう。


消しデータまとめ

今回、ピックアップしたデータは以下だ。

ポイント1 明け4歳馬&7歳以上は消し!
ポイント2 キャリアが多すぎる馬は消し!
ポイント3 休み明け&間隔が詰まりすぎている馬は消し!
ポイント4 前走後方一気組は消し!
ポイント5 前走6着以下は消し!

※詳細は過去の記事を参照

一つずつ、見ていくことにしよう。

ポイント1 明け4歳馬&7歳以上は消し!

まずは旬のある牝馬の限定戦ということで、高齢馬は厳しい。また、2014年まで暮れ開催だった際、3歳馬の成績がよくなく、明け開催となった2015年からの2年も明け4歳馬は5頭走って好走したのは1頭のみと芳しくない。

馬名馬齢
ゲッカコウ5
ギモーヴ5
メイズオブオナー4
リカビトス4
タニノアーバンシー5
ブラックオニキス4
マキシマムドパリ6
レイホーロマンス5
キンショーユキヒメ5
エテルナミノル5
シャルール6
クインズミラーグロ6
コパノマリーン5
クィーンチャーム6
ロッカフラベイビー6
ハッピーユニバンス6
アンドリエッテ6
ワンブレスアウェイ5

4歳&7歳以上は……

メイズオブオナー
リカビトス
ブラックオニキス

まずはこの馬たちが消える。

ポイント2 キャリアが多すぎる馬は消し!

年齢と同様の理由でキャリアが多すぎる馬は評価を落とすのが打倒だろう。

キャリア26戦以上(0−0−1−22)

23頭走って馬券に絡んだのはわずか1頭のみ。牝馬同士のレースだけに、旬な馬を狙っていきたいところだ。

馬名キャリア
ゲッカコウ25
ギモーヴ16
メイズオブオナー13
リカビトス4
タニノアーバンシー14
ブラックオニキス14
マキシマムドパリ25
レイホーロマンス19
キンショーユキヒメ23
エテルナミノル18
シャルール21
クインズミラーグロ28
コパノマリーン13
クィーンチャーム20
ロッカフラベイビー24
ハッピーユニバンス20
アンドリエッテ23
ワンブレスアウェイ14

キャリアが多すぎるのは……

クインズミラーグロ

ここではこの馬たちが消える。

ポイント3 休み明け&間隔が詰まりすぎている馬は消し!

ローテーションの面も気にかけたいところだ。特に休み明けや中2週の馬は、成績が芳しくない。3週以上で間隔が開きすぎていない馬(9週以内)を狙うのがいいだろう。

馬名間隔
ゲッカコウ4
ギモーヴ6
メイズオブオナー4
リカビトス13
タニノアーバンシー6
ブラックオニキス13
マキシマムドパリ5
レイホーロマンス4
キンショーユキヒメ10
エテルナミノル4
シャルール11
クインズミラーグロ9
コパノマリーン22
クィーンチャーム5
ロッカフラベイビー13
ハッピーユニバンス9
アンドリエッテ8
ワンブレスアウェイ4

休み明けや間隔が2週以下なのは……


リカビトス
ブラックオニキス
キンショーユキヒメ
シャルール
コパノマリーン
ロッカフラベイビー

ここではこの馬たちが消える。

ポイント4 前走後方一気組は消し!

牝馬限定戦はスローペースになりやすく、ポジション取りが悪い馬が不利になりやすい傾向にある。実際、愛知杯でも前走差し競馬をした馬の成績がよくない。

馬名脚質
ゲッカコウ
ギモーヴ
メイズオブオナー
リカビトス
タニノアーバンシー
ブラックオニキス
マキシマムドパリ
レイホーロマンス
キンショーユキヒメ
エテルナミノル
シャルール
クインズミラーグロ
コパノマリーン
クィーンチャーム
ロッカフラベイビー
ハッピーユニバンス
アンドリエッテ
ワンブレスアウェイ

前走後方から競馬をしたのは……

リカビトス
ブラックオニキス
ロッカフラベイビー
ハッピーユニバンス
アンドリエッテ
ワンブレスアウェイ

ここではこの馬たちが消える。

ポイント5 前走6着以下は消し!

何度も書いているように、牝馬には旬がある。旬の時期には何度でも好走するが、ぱたっと走らなくなってしまうことがある。

愛知杯を見ても、ほとんどが前走3着以内の馬で決着している。特に6着以下になると、好走の確率はかなり低くなってしまうのだ。評価は落としていくのが妥当と言えそうだ。

馬名前走順位
ゲッカコウ2
ギモーヴ2
メイズオブオナー1
リカビトス10
タニノアーバンシー6
ブラックオニキス6
マキシマムドパリ5
レイホーロマンス1
キンショーユキヒメ12
エテルナミノル5
シャルール8
クインズミラーグロ14
コパノマリーン8
クィーンチャーム12
ロッカフラベイビー13
ハッピーユニバンス14
アンドリエッテ1
ワンブレスアウェイ8

前走6着以下なのは……

リカビトス
タニノアーバンシー
ブラックオニキス
キンショーユキヒメ
シャルール
クインズミラーグロ
コパノマリーン
クィーンチャーム
ロッカフラベイビー
ハッピーユニバンス
ワンブレスアウェイ


ここではこの馬たちが消える。

残った激走馬候補とは?

さて、ではいくつかの消しフィルターをくぐり抜け、ここまで残った馬はいるのだろうか? それは……

ゲッカコウ
ギモーヴ
マキシマムドパリ
レイホーロマンス
エテルナミノル

今回の激走馬候補は5頭。

馬券の軸にするもよし、相手に加えるもよし。どんな扱いにするにせよ、気にかけてみるのがいいのではないだろうか。


愛知杯2018の最終追い切り分析…マキシマムドパリらの調教評価は?

(C)MAZIMICKEY

2018年1月13日、中京競馬場で愛知杯(GⅢ/芝2000m)が行われる。マキシマムドパリ、キンショーユキヒメ、ゲッカコウ、エテルナミノルらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵はいるのか?

今週、最終追い切りが美浦、栗東の東西トレーニングセンターで行われた。これを受けて、体調や仕上がり具合を一週前の調教と最終追い切りから考察していく。


最終追いきり診断

今回は上位人気が予想される馬を中心に見ていく。

マキシマムドパリ・牝6歳(栗東・松元厩舎)

評価B+

1月3日に行われた一週前追い切りは栗東坂路良馬場で行われ、4F52秒7―38秒5―25秒3―12秒8のタイムをラスト1F強めでマークしている。

通常は馬なりのため今回は終い強めで行ったようだ。タイムは及第点程度だが強めで動かせばもっと良いタイムが出るタイプなので気にする必要はない。

最終追い切りは1月10日に栗東坂路(稍重)で行い、4F56秒9―41秒0―26秒3―12秒5のタイムが出た。

坂路で藤岡佑騎手を背に単走で、前半はゆっくり入り終い重点の追い切りだった。

時計自体は遅く参考程度にしかならないが、馬体は維持されていて順調に仕上がっている。

キンショーユキヒメ・牝5歳(栗東・中村厩舎)

評価A

1月3日栗東CWコース(良)で行った一週前追い切りは新馬相手の併せ馬で、3秒追走し一杯に追って6F81秒7―65秒9―50秒9―38秒6―11秒6の好時計をマークして先着した。

気合い乗りは良く、馬体も一週前でほぼ仕上がっている。

1月10日(水)の最終追い切りは栗東 CWコース(稍重)単走で行われた。タイムは6F83秒3―66秒6―51秒5―37秒8―11秒9と好タイムでフィニッシュ。

体を全体的に使ったダイナミックなフォームでグイグイと加速する行きっぷりの良さを見せた。

ずっと加速しながらの調教でも最後までしっかりと脚を伸ばしており、文句なしの仕上がり。

ゲッカコウ・牝5歳(美浦・高橋厩舎)

評価B+

一週前追い切りは1月3日に美浦南Wコース(良)馬なりで行い、5F71秒7―55秒7―40秒7―13秒6と平凡なタイム。ただ、乗り込み量は豊富で馬体はスッキリしている。

最終追い切りは1月10日に美浦南Wコース(良)単走馬なり終い強めで行われ、5F70秒5―54秒6―40秒6―13秒4のタイムでフィニッシュ。今回も時計は出ていないが走りそうな雰囲気を出していて仕上がり具合は良さそう。

メイズオブオナー・牝4歳(栗東・藤原厩舎)

評価A


1月3日の一週前追い切りは栗東CWコース(良)で行い、5F64秒8―50秒4―37秒5―12秒1のタイム、一杯で追われての素晴らしいラップタイムが記録された。

見るからに状態は良さそうで、脚もしっかり伸びて走りたいオーラが出ている。

1月10日栗東CWコース(稍重)で最終追い切りを併せ馬で行った。強めで追って5F66秒9―51秒4―37秒7―11秒8で併入した。

この日も動きは抜群で、前々走(ローズS)から3ヶ月の間隔があった前走(1000万下)も動きは良かったが、上積みがある分だけ今回の方が馬体の張りや脚の運びなどはより良くなっている。

ブラックオニキス・牝4歳(美浦・加藤厩舎)

評価B

一週前追い切りは1月3日美浦南Wコース(良)で行い、6F84秒6―68秒6―53秒7―38秒8―13秒1のタイムを一杯に追われてマークした。時計はある程度出たが最後の1Fが甘くなった。

最終追い切りは1月10日美浦南Wコースを馬なりで追われて4F57秒3―41秒9―13秒2のタイムだった。普段はもう少し強く追っているはずだが、今回は調整が甘いような印象を受ける。

前走の秋華賞6着から3ヶ月振りのレースとなるため乗り込んではいるが、動きは物足りない。

今回よりも次走辺りの方が動きが良くなりそうな雰囲気に見える。今回は見送った方が良さそうだ。

愛知杯の追い切りを見ていると実績のある馬の方が動きが少しもの足りなく、格上挑戦をしてくる馬の動きが格段に良く見えた。


斤量との兼ね合いもあるが、格上挑戦の馬で体調が良さそうな馬から狙ってみても良さそうなレースである。


日経新春杯2018の競馬予想分析…ミッキーロケットを頭で狙えない3つの理由とは?

(C)Arappa

2018年1月14日、京都競馬場で日経新春杯(GⅡ/芝2400m)が行われる。ミッキーロケット、ロードヴァンドール、モンドインテロ、ソールインパクトらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

ミッキーロケットは昨年のこのレースで、1番人気に応えて重賞初制覇。その後は勝てていないものの、ほとんど大崩れせずに走っている。

今年は受けて立つ立場となり、1番人気の最有力候補といえる。しかし連覇へ向け、昨年より条件は厳しそうだ。その理由を挙げていく。


不安① ハンデ

今回はトップハンデの57.5kgを背負う。前走も同じハンデを背負って2着だったが、勝ったメートルダールには1馬身半差と決定的な差をつけられた。

昨年勝ったときはハンデ55kgで、500万下、1000万下を勝ったときは斤量54kgだった。57kg以上を背負ったレースは、⑬⑤⑦⑥④⑫②着と7戦未勝利。斤量が重くなるとパフォーマンスを下げる傾向にある。57.5kgを克服することができるだろうか。

不安② 持ち時計

昨年は、のちに日経賞を勝つシャケトラを破っているが、馬場状態は稍重で、走破タイムは2.25.7と平凡だった。同じ距離の神戸新聞杯でサトノダイヤモンドにクビ差まで食い下がったときも、走破タイムは同じく2.25.7。一方で、勝ちタイムが2.23.0だった昨年の京都大賞典は4着に敗れている。

今週は日曜まで雨の予報はなく、良馬場で行われることが濃厚。芝2000mの持ち時計を見ても1.59.4と平凡で、速い時計の決着になったときに不安がある。

不安③ 調整過程

早くから日経新春杯の連覇を目指していたが、中間に一頓挫(左前球節の傷腫れ)あり、1週前追い切りを金曜にスライドさせた経緯がある。

10日の最終追い切りでは栗東坂路で4F51.2秒の好時計をマークし、不安なしをアピールしたが、調整に微妙な狂いが生じた点をどう見るか。

まとめ

再びGI戦線に殴り込むためにも、ここで力を示したいミッキーロケット。新春の名物レースで1年ぶりの勝利を飾り、飛躍への足がかりとすることができるだろうか。


愛知杯2018の競馬予想分析…ワンブレスアウェイ重賞制覇への2つの期待と不安

(C)Arappa

波乱の愛知杯、その中心に残れるか――。

2018年1月13日、中京競馬場で愛知杯(G3/芝2000m)が行われる。2016年から1月開催に変更となった同レース、3連単が10万馬券となることから荒れる牝馬ハンデ戦と認識している人も少なくない。

ワンブレスアウェイは重賞こそ勝利経験はないものの、前走ターコイズSでは0.3秒差の8着、前々走のG2府中牝馬S杯でも勝ち馬と0.6秒差である。大きな負けがないのは力のある証拠である。しかし、クイーンズミラーグロやマキシマムドパリなど強豪も出走を予定している。

ここではワンブレスアウェイが好走する可能性について、いくつかの側面から考察していきたい。果たして重賞初勝利を飾ることはできるのか?


期待① 明け5歳馬の好成績

データ分析では、開催が1月に変わったのは2016年からでありサンプル数は少ないが、明け5歳馬の好成績が目立つ結果になった。

5歳馬は勝率20.0%、複勝率40.0%という、他の馬齢のデータを大きく上回った。5歳馬以外の勝率はいずれも0.0%であり、複勝率はそれぞれ4歳20.0%、6歳7.1%、7歳馬は0.0%だった。

そのため、このレースでは明け5歳馬に注目して予想を行う必要がある。ワンブレスアウェイももちろん明けて5歳になった馬であり、5歳馬が多いレースではあるが期待が持てる。

期待② 近走の失敗は出遅れ

ワンブレスアウェイの成績を見るとわかるように連対率が60%を超える驚異的な数字を叩き出している。近2走は重賞への挑戦となったが、出遅れとスローのキレ負けで痛い敗戦だった。高い能力がありながらも先行力を発揮することができなかったのだ。

ここで距離を延長してきたのは出遅れを想定してのリカバリーを容易にするためとも考えられる。ステイゴールド産駒であることを加味しても、距離の延長は不安要因とはならないのではないか。

近走の負けは出遅れあってのもの、ここでスタートをきっちり決めることができれば勝利してもおかしくない。万が一また出遅れても距離延長で挽回できるかも?

不安① 騎手

これまで主戦として戦ってきた戸崎騎手は年明けからエンジン全開で勝ち星を挙げている。ここでも続戦となれば最高の買い要因となるが、今回は津村騎手との初コンビで愛知杯制覇に挑む。

ここでの乗り替わりは不安要因と考えざるを得ないだろう。戸崎騎手はすでに重賞3戦3勝で勢いに乗っている。ここまでに8勝を挙げた主戦騎手から1勝しかできていないテン乗り騎手では、全くもって期待度が変わってくる。

津村騎手はどこまでこの馬の力を引き出すことができるのか?

不安② 重賞勝ち馬の強さ

5歳馬の強さをデータ分析として挙げたが、一方で不安要素となるデータもある。それは重賞ウィナーの成績だ。過去10回の2歳重賞を除いた重賞勝ち成績を比較すると勝利経験のある馬の複勝率は34.8%、未経験の馬は11.0%だった。

ワンブレスアウェイは勢いのある馬で実力があることも近走成績から理解できるが、重賞勝ち星は無い。その場合複勝率は大きく落ちてしまうのだ。

ワンブレスアウェイは持ち前の先行力を十分に発揮して、この負のデータを打破できるのか注目して見るのも面白い。

まとめ

いかがだっただろうか?ワンブレスアウェイは重賞でも十分通用する機からを持ちつつも未だ結果を出せていないのが現状だ。しかし、その理由は出遅れによるものが大きいのも事実である。

乗り替わりや非重賞勝ち馬の成績不振など不安要素を拭いきれないところもあるが、ここで注目して見るのも悪くない。


競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る