過去の記事一覧

京成杯2018の競馬予想分析…ダブルシャープ地方所属馬勝利への3つのポイント

(C)MAZIMICKEY

戦ってきた相手が強かった、地方の意地をここで見せられるか――。

2018年1月14日、中山競馬場で京成杯(G3/芝2000m)が行われる。この時期の3歳戦だけあって新馬・未勝利勝ち、500万下や重賞などからの出走となり、比較が非常に難しい一戦である。

ダブルシャープはダノンプレミアムを筆頭に、世代を代表することが予想されるロックディスタウン、タワーオブロンドンなどの強豪と戦ってきた。その相手に善戦しており、順当にいけばここでは力上位ではないか。

ここではダブルシャープが勝利する可能性について、いくつかの側面から考察していきたい。果たして重賞初勝利を飾ることはできるのか?


ポイント① 戦ってきた相手

ダブルシャープがこれまでに対戦した相手を再確認してみよう。札幌2歳ではロックディスタウン、サウジアラビアRCや朝日杯FSではダノンプレミアムやステルヴィオ、タワーオブロンドンなど、世代を代表する馬と戦ってきた。

重要なのはその強豪と戦えていたかという点だ。前走でのダノンプレミアムの走りには完敗だったが、サウジアラビアRCでは向正面で不利があってのあの競馬。力は十分示すことができている。過去にロックディスタウンやタワーオブロンドンと差の無い競馬をしていることも評価したい。

戦ってきた相手と強豪相手に負けていない競馬をしているダブルシャープの力は疑うこと余地はなく、相手の落ちるここなら十分勝ち負けに持っていけるのではないか。

ポイント② 騎手

これまでは主戦騎手として石川倭騎手が騎乗してきた。しかし、前走では和田騎手、そして今回は田中勝春騎手に乗り替わることになっている。昨年は22勝で47位に終わった田中勝春騎手はどのような騎乗を見せるか。

前走は自身キャリアハイを更新する96勝でリーディング5位だった和田騎手だったこともあり、この有力馬に田中勝春騎手が騎乗することに不安を覚える人も少なくないだろう。

しかし、年始の田中勝春騎手はすでに2勝しており、複勝率も37.5%と好成績を残している。今年の勝春は一味違う…可能性があるのだ。

そのため、騎手でダブルシャープを切るのはまだ早い。週末の勝春の騎乗をチェックしてからでも遅くないだろう。

ポイント③ 出走回数

データ分析からは興味深い結果が導き出されている。それは出走回数に関するデータで、2011年から7年間出走回数が4回を超える馬は、一度も勝利していないというものだ。

集計期間中においては、出走回数が2回と3回の馬しかこの舞台で勝利しておらず、出走回数が7回のダブルシャープにとっては厳しいデータである。

この結果をあくまでデータ上のものだと軽視するか、それとも信用して頭から外すか判断する必要がある。出走回数に関してはこの馬が地方所属であることも加味して柔軟に考えることをお勧めする。

まとめ

いかがだっただろうか。ダブルシャープは良血馬とはいかないものの戦ってきた相手が強く、この馬も評価したくなる。データ上は勝てない要因が浮かび上がったが、その不安要素を撥ね退けて勝利できるか注目が集まる。


日経新春杯2018の競馬予想分析…ロードヴァンドールが好走する3つの根拠とは?

(C)MAZIMICKEY

鞍上進言で距離延長、吉と出るか凶と出るか――。

2018年1月14日、京都競馬場で日経新春杯(G2/芝 2400m)が行われる。人気になりそうなのは、ミッキーロケットやモンドインテロあたりだろうか。しかし、天皇賞・秋の後から調子を上げているロードヴァンドールのことを忘れてはならない。

この馬には、今回のレースで好走できる要因がいくつか存在する。充実期に入るロードヴァンドールはここでも馬券内に逃げ粘る可能性があるのだ。

本記事ではロードヴァンドールが好走する可能性が高いとするその根拠について考察していこう。


根拠① 得意の京都

ロードヴァンドールの京都競馬場成績に着目してみると、3-1-1-2/7という好成績を残している。具体的に表すと勝率43%、複勝率71%と好成績という言葉だけで片付けることのできないような数字だ。

昆貢調教師はこの成績について偶然だと思うとコメントしている。ロードヴァンドールは徹底して逃げていくスタイルの馬である。ただの偶然ではなくこの脚質も影響しているのではないか。

そこで着目するのは京都の最後の直線が関係する可能性がある。この直線は平坦で前が簡単には止まらないのだ。このコースの利を活かしてロードヴァンドールは好走できるか。

根拠② 距離延長

ロードヴァンドールは2000mをメインに走ってきた馬で、ここで2400mを使うことに不安を覚える人も少なくない。確かに一度だけ走った2400mは9着と良い結果は残せていない。

しかし、そのレースの勝ち馬はサトノダイヤモンドであり、この負けだけで判断するのは早すぎる。3歳時には京都2200mで快勝した経験もあり、そこまで不安視する必要はないのではないか。

この距離延長は前走で跨った横山典弘騎手の言葉によるものである。今回も継続騎乗することが発表されており、進言通り結果を出してくることが期待される。

この距離延長は、京都では2200mより2400mの方が前有利という特徴も支持することになる。前述した直線坂のない京都だが、さらに逃げ馬に有利に働く要因が京都芝2400mには存在するのだ。

それはスタート直後のスタンド前の直線の長さだ。1角までの距離は600mと長く、1角に入るまでにそれぞれの位置取りが決まり、ペースが落ち着くことが多いのだ。

そのため、楽なペースでロードヴァンドールが逃げることができる可能性が高く、この馬の好走に期待が集まる。ただし、他馬が緩みのあるペースを嫌って捲ってくることもあり、これには注意が必要だ。

根拠③ 若い馬ほど有利

JRAが発表したデータ分析に若い馬ほど信頼できるというものがある。過去10年間の勝率を比較してみると4歳馬が16.7%と最も高い数値を出している。しかし、今回4歳馬の出走予定はない。

このデータでは4歳に次いで成績が良いのは5歳馬である。勝率は6.3%とお世辞にも良いとは言えない数字だが、複勝率をみると34.4%であり、4歳不在の今回は5歳の力が発揮される可能性がある。

そのため、今年もより若い世代、今回は5歳馬を重視する必要があるのではないか。5歳馬はロードヴァンドールやミッキーロケットを含めて4頭出走する。

まとめ

以上のようにロードヴァンドールにはここでも好走する根拠がいくつかあることが分かる。ハンデは56kgと若干見込まれた感も否めないが、それを跳ね除けることはできるのか?

距離不安によって即消しせずに、このような点を取り入れて予想してみるのも面白いのではないか。


京成杯2018の競馬予想データ分析…5つの消しで好走率約7割、回収率190超

(C)MAZIMICKEY

2018年1月14日、中山競馬場で京成杯(GⅢ/芝2000m)が行われる。ジェネラーレウーノ、ダブルシャープ、デルタバローズ、コスモイグナーツらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップして紹介する。

人気、血統、枠順、ローテーションなど、予想のポイントになりそうなデータとは?


ポイント1 極端な人気薄は消し!

京成杯は「極寒期の中山」というシチュエーションで行われる。皐月賞と同じ舞台とはいえ、開催時期が全く違い、求められる要素も異なるため、クラシックで好走しないタイプの馬が走ることが多い。

ただし、「タフな馬場コンデイション」「若駒には厳しい2000m」という舞台設定のため、力が足りない馬が大駆けすることは少ない。

人気着別度数
1番人気3- 3- 1- 3/ 10
2番人気3- 0- 2- 5/ 10
3番人気1- 1- 1- 7/ 10
4番人気0- 0- 2- 8/ 10
5番人気2- 2- 0- 6/ 10
6番人気0- 0- 1- 9/ 10
7番人気1- 2- 1- 6/ 10
8番人気0- 1- 0- 9/ 10
9番人気0- 0- 1- 9/ 10
10番人気0- 0- 0- 10/ 10
11番人気0- 0- 0- 10/ 10
12番人気0- 1- 0- 9/ 10
13番人気0- 0- 1- 8/ 9
14番人気0- 0- 0- 7/ 7
15番人気0- 0- 0- 7/ 7
16番人気0- 0- 0- 5/ 5
17番人気0- 0- 0- 1/ 1
18番人気0- 0- 0- 0/ 0
人気勝率複勝率単回値複回値
1番人気30.0%70.0%102101
2番人気30.0%50.0%14888
3番人気10.0%30.0%5353
4番人気0.0%20.0%051
5番人気20.0%40.0%186112
6番人気0.0%10.0%027
7番人気10.0%40.0%126155
8番人気0.0%10.0%069
9番人気0.0%10.0%064
10番人気0.0%0.0%00
11番人気0.0%0.0%00
12番人気0.0%10.0%072
13番人気0.0%11.1%0157
14番人気0.0%0.0%00
15番人気0.0%0.0%00
16番人気0.0%0.0%00
17番人気0.0%0.0%00

集計期間:2008. 1.20 ~ 2017. 1.15

原則として10番人気以内から選んでいくのがいいだろう。

※以降、10番人気以内を対象に集計

ポイント2 前走上がり3位以下は消し!

日本の競馬において「速い上がりを使えるかどうか」は才能を図るための一つの指標だ。

キャリアの少ない若駒たちの能力を見極める上で、この上がりに着目しない手はない。実際、京成杯でも前走しっかりと上がりの脚をまとめている馬が好走するパターンが多い。

前走脚質着別度数
3F 1位3- 1- 3- 21/ 28
3F 2位6- 4- 4- 10/ 24
3F 3位0- 1- 0- 11/ 12
3F ~5位0- 1- 1- 14/ 16
3F 6位~1- 2- 1- 16/ 20
前走脚質勝率複勝率単回値複回値
3F 1位10.7%25.0%7154
3F 2位25.0%58.3%142158
3F 3位0.0%8.3%014
3F ~5位0.0%12.5%030
3F 6位~5.0%20.0%3660

集計期間:2008. 1.20 ~ 2017. 1.15

ご覧の通り、上がり2位以上と3位以下とでは大きな差がある。上がり2位以内の馬に着目していくことにしよう。

ポイント3 前走1700m以下は消し!

京成杯は極寒期の中山で行われる。とてもタフな舞台設定であるため、ある程度距離を走りきれる保証がないと厳しい。となると、注目されるのが前走の距離だ。

前走平地距離着別度数
1600m1- 1- 0- 16/ 18
1700m0- 0- 0- 1/ 1
1800m2- 2- 2- 15/ 21
1900m0- 0- 0- 0/ 0
2000m7- 6- 7- 40/ 60
前走平地距離勝率複勝率単回値複回値
1600m5.6%11.1%4026
1700m0.0%0.0%00
1800m9.5%28.6%7585
1900m
2000m11.7%33.3%6482

集計期間:2008. 1.20 ~ 2017. 1.15

少なくとも1800m以上を経験していないと厳しい。「スタミナもスピードも問われる1800m以上で、速い上がりを使えている(=惰性の粘り込みではない=実力)という馬を買うべきなのだ。

ポイント4 キャリア2戦以下は消し!

3歳重賞では毎度のことになるが、キャリアが少なすぎる馬を選ぶのはリスクが高い。

・単純に弱い可能性がある
・経験不足が競馬に響く可能性がある

以上の観点から、あまりおすすめできない。

キャリア着別度数
1戦0- 0- 1- 12/ 13
2戦1- 1- 2- 19/ 23
3戦5- 4- 2- 21/ 32
4戦4- 3- 0- 4/ 11
5戦0- 1- 2- 9/ 12
6戦0- 0- 1- 5/ 6
7戦0- 0- 1- 1/ 2
8戦0- 0- 0- 1/ 1
キャリア勝率複勝率単回値複回値
1戦0.0%7.7%023
2戦4.3%17.4%1626
3戦15.6%34.4%12085
4戦36.4%63.6%175173
5戦0.0%25.0%0109
6戦0.0%16.7%025
7戦0.0%50.0%095
8戦0.0%0.0%00

集計期間:2008. 1.20 ~ 2017. 1.15


実際、京成杯でもキャリア1戦馬は(0−0−1−12)と結果が出ていない。また、2戦に広げても回収率は低く、一部の人気馬しか走っていないことが分かる。

キャリアは3戦以上重ねている馬がオススメだ。

ポイント5 前走ダートは消し!

3歳のこの時期はダートの選択肢がないため、芝の重賞に参戦してくるダート馬が多い。

しかし、なかなか結果は出せておらず、京成杯では(0−0−0−5)。4番人気に支持された馬が2頭いたが、いずれも馬券圏外に敗れている。

無難に前走芝馬を選ぶのがいいだろう。

まとめ 消しデータを取り除くと?

では、ここまで挙げてきた消しデータを取り除くと、どのような成績になるのだろうか?

人気着別度数
指1-18人8- 5- 4- 8/25
勝率複勝率単回値複回値
32.0%68.0%201182

集計期間:2008. 1.20 ~ 2017. 1.15

なんと、好走率は68%超、回収率も190%オーバーという極めて優秀な成績となっている。

今年はこのデータに該当する馬を軸に添えてみても、いいかもしれない。


愛知杯2018の競馬予想データ分析…5つの消しで好走率5割超、回収率300超

(C)はねひろ

2018年1月13日、中京競馬場で愛知杯(GⅢ/芝2000m)が行われる。マキシマムドパリ、キンショーユキヒメ、ゲッカコウ、エテルナミノルらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵はいるのか?

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップして紹介する。

人気、血統、枠順、ローテーションなど、予想のポイントになりそうなデータとは?


ポイント1 明け4歳馬&7歳以上は消し!

まずは旬のある牝馬の限定戦ということで、高齢馬は厳しい。また、2014年まで暮れ開催だった際、3歳馬の成績がよくなく、明け開催となった2015年からの2年も明け4歳馬は5頭走って好走したのは1頭のみと芳しくない。

年齢着別度数
3歳0- 1- 0-14/15
4歳3- 1- 3-15/22
5歳2- 2- 1-23/28
6歳0- 1- 1-15/17
7歳0- 0- 0- 5/ 5
年齢勝率複勝率単回値複回値
3歳0.0%6.7%048
4歳13.6%31.8%283190
5歳7.1%17.9%9670
6歳0.0%11.8%095
7歳0.0%0.0%00
年齢着別度数
4歳・1-3月0- 0- 1- 4/ 5
4歳・4-6月0- 0- 0- 0/ 0
4歳・7-9月0- 0- 0- 0/ 0
4歳・10-123- 1- 2-11/17

集計期間:2012.12.15 ~ 2017. 1.14

評価を落としたほうが良いだろう。

ポイント2 キャリアが多すぎる馬は消し!

年齢と同様の理由でキャリアが多すぎる馬は評価を落とすのが打倒だろう。

キャリア26戦以上(0−0−1−22)

23頭走って馬券に絡んだのはわずか1頭のみ。牝馬同士のレースだけに、旬な馬を狙っていきたいところだ。

ポイント3 休み明け&間隔が詰まりすぎている馬は消し!

ローテーションの面も気にかけたいところだ。特に休み明けや中2週の馬は、成績が芳しくないことが分かる。

間隔着別度数
2週0- 0- 0- 9/ 9
3週1- 0- 3- 3/ 7
4週1- 2- 0-10/13
5~ 9週2- 3- 2-45/52
10~25週0- 0- 0- 5/ 5
半年以上1- 0- 0- 0/ 1
間隔勝率複勝率単回値複回値
2週0.0%0.0%00
3週14.3%57.1%71265
4週7.7%23.1%111176
5~ 9週3.8%13.5%9168
10~25週0.0%0.0%00
半年以上100.0%100.0%2190780

集計期間:2012.12.15 ~ 2017. 1.14

半年以上の休み明けでバウンスシャッセが大駆けしているものの、これはどちらかといえば例外と捉えたほうが良い。3週以上で間隔が開きすぎていない馬(9週以内)を狙うのがいいだろう。

ポイント4 前走後方一気組は消し!

牝馬限定戦はスローペースになりやすく、ポジション取りが悪い馬が不利になりやすい傾向にある。実際、愛知杯でも前走差し競馬をした馬の成績がよくない。

前走脚質着別度数
平地・逃げ1- 1- 0- 6/ 8
平地・先行1- 2- 2- 9/14
平地・中団2- 2- 2-33/39
平地・後方1- 0- 1-24/26
前走脚質勝率複勝率単回値複回値
平地・逃げ12.5%25.0%181215
平地・先行7.1%35.7%312217
平地・中団5.1%15.4%2348
平地・後方3.8%7.7%8470

集計期間:2012.12.15 ~ 2017. 1.14

26頭走って馬券に絡んだのは2頭のみ。しかもうち1頭は、愛知杯においては先行していた。前走後ろから競馬をして、かつ愛知杯でも後ろから行くことが確実な馬は評価を落とさざるをえない。

ポイント5 前走6着以下は消し!

何度も書いているように、牝馬には旬がある。旬の時期には何度でも好走するが、ぱたっと走らなくなってしまうことがある。

だからこそ、前走の成績が大事になってくる。

前確定着順着別度数
前走1着2- 1- 3-12/18
前走2着1- 0- 0- 1/ 2
前走3着1- 1- 0- 6/ 8
前走4着0- 0- 0- 3/ 3
前走5着0- 1- 1- 5/ 7
前走6~9着0- 1- 1-25/27
前走10着~1- 1- 0-20/22
前確定着順勝率複勝率単回値複回値
前走1着11.1%33.3%323188
前走2着50.0%50.0%25095
前走3着12.5%25.0%51170
前走4着0.0%0.0%00
前走5着0.0%28.6%061
前走6~9着0.0%7.4%065
前走10着~4.5%9.1%9961

集計期間:2012.12.15 ~ 2017. 1.14

ほとんどが前走3着以内の馬で決着している。特に6着以下になると、好走の確率はかなり低くなってしまうのだ。評価は落としていくのが妥当と言えそうだ。


まとめ 消しデータを取り除くと?

では、ここまで挙げてきた消しデータを取り除くと、どのような成績になるのだろうか?

着別度数
4- 3- 3- 8/18
勝率複勝率単回値複回値
22.2%55.6%373284

集計期間:2012.12.15 ~ 2017. 1.14

なんと、好走率は55%超、回収率も328%オーバーという極めて優秀な成績となっている。

今年はこのデータに該当する馬を軸に添えてみても、いいかもしれない。


日経新春杯2018の競馬予想分析…パフォーマプロミスを単勝で狙えない3つの不安とは?

(C)Arappa

ハンデ差と勢いそのままに大きなタイトルを手に入れることが出来るか?

2018年1月14日、京都競馬場で日経新春杯(/G2/芝 2400m)が行われる。ミッキーロケット、ソールインパクト、モンドインテロなどが出走を予定している中パフォーマプロミスも、重賞初挑戦ながらミルコデムーロ鞍上も相まって上位人気に推される可能性が高い。

同馬は並み居る強豪を退けてこのレースを制することが出来るだろうか。G2制覇の壁は決して低くはなく、不安が目立つように思える。その理由を紐解いていこう。


不安① 非根幹距離で本領

パフォーマプロミスはこれまで5勝を挙げているが、その内4勝はトリッキーな距離のレースでのものだ。

前走グレイトフルステークス優勝でオープン入りを決めたがこのレースは2500メートル。それ以外も1800、2200に勝ち鞍があるが2400では未勝利だ。今回の京都2400は決めてが生きる舞台で、同馬も比較的差しタイプの脚質ではあるがスパっと切れるタイプではない。これまでのように好走する可能性はあるが勝ち切るまではどうか。

不安② クラスの壁

やはり初の重賞では荷が重そうだ。

この馬は過去に再挑戦の1000万クラスで3戦 準オープンクラスでも3戦足踏みしたことがあり、クラス慣れに時間がかかるタイプである可能性が高い。ましてや今回は最も上のクラスへのチャレンジで、それもオープン特別やG3ではなく伝統のG2。高い壁に跳ね返されるシーンがあるだろう。

不安③ 藤原厩舎の不振

昨年のナンバー2トレーナーが長く重賞を勝てていない。

パフォーマプロミスを管理するのは名伯楽藤原トレーナーだ。昨年まで11年連続TOP10に入っている押しも押される超名門であることは広く知られている。しかしここ1年半重賞タイトルからは遠ざかっており、2006年から続いていた厩舎の連続重賞勝利記録は11年でストップしてしまった。

昨年だけでも重賞で9回も馬券に絡んでいることもあり、不振の印象はさほどないがこの厩舎がここまで重賞を勝てないのは異常事態だ。パフォーマプロミスも好走すれど勝ちきれずの流れに飲み込まれてしまうだろうか。

まとめ

ここまで見てきたようにパフォーマプロミスが優勝するのは難しいミッションに思える。

数々の不利なデータを覆し、混沌としてきた古馬王道戦線に風穴を開けることは出来るだろうか。その答え合わせは日曜日15時45分にスタートだ。

文=櫻井秀幸


競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る