京都記念2021の競馬予想分析!3つのデータから導く危険な人気馬
(C)Ko-Mei

2021年2月14日、阪神競馬場で京都記念(GⅡ/芝2200m)が行われる。今回は過去のデータやレース傾向を振り返り、当レースの危険な人気馬を予想していく。

馬券を買う上で特に重要なのは「どの馬を買うか」ではなく「どの馬が消しか」を見極めることだ。

人気馬を「買わない」と判断できれば、余った資金を軸馬の買い足しや穴馬の追加購入に回すことができる。そして人気馬が馬券圏外になれば配当が跳ね上がる。

「人気だから押さえようかな」と毎回人気馬を買ってしまうと回収率は落ちていく。だからこそ「買わない人気馬」を見つけることがカギになってくるのだ。

果たして、人気が想定されるラヴズオンリーユー、ステイフーリッシュ、ワグネリアン、モズベッロ、ダンスディライトらの中で危険なのはどの馬なのか。しっかり考察していこう。

今年は阪神開催のため、宝塚記念などの傾向を参考に予想を進めていく。


京都記念の人気馬成績

過去10年のデータを見ると、1番人気は2勝、2着は2回、3着も2回。1倍台の馬は過去10年4頭出ているが、3着が精一杯という厳しい結果が出ている。

ただし2倍台は複勝率100%で、程よい人気が良さそうだ。大穴をあける馬が少なく、人気を別の馬に譲るような馬が狙いになっていくか。

ではここからは注目のデータをピックアップして紹介していこう。

予想参考データ① 阪神2200の傾向

今年の京都記念は阪神開催なので、宝塚記念と全く同じコースになる。ちなみに昨年秋にはエリザベス女王杯もあった。

非根幹距離で強い馬が台頭しやすく、芝1700、1800など非根幹距離で結果を出していたサラキアが典型例。引退が惜しまれるが、府中牝馬ステークスから有馬記念までの大健闘はある意味で衝撃的であり、グランプリコースはリンクしやすいことを印象付けた。ローズステークスやエプソムカップ2着もあったが、やはり非根幹距離。

ラヴズオンリーユーはサラキアと全く同じローテだったが、サラキアに完敗。阪神内回りとの相性が微妙で、鳴尾記念で敗れたのが引っかかる。非根幹距離の適応も少し疑わしい。

予想参考データ② 宝塚記念からわかること

金鯱賞の傾向は同条件だった先週のきさらぎ賞でも見られることができたので、今回も宝塚記念から穴馬の傾向で判断したい。

宝塚記念では上がり最速の馬が滅法強く、クロノジェネシスを含めて過去10年連対率100%だ。4コーナー10番手以下で来る馬はほとんどこのパターンである。ちなみに阪神開催だったエリザベス女王杯の上がり最速馬はサラキアで、4コーナー12番手。

ステイフーリッシュは基本的にジリ脚、前目でどれだけ粘れるかというタイプ。本来はこのタイプが来るが、あまり阪神向きではない。幸いなのは上がり最速馬のイメージがある馬が少ないこと。

予想参考データ③ それぞれの馬の前走レベル

ラヴズオンリーユーの前走は有馬記念だったが、タイムは平凡。見せ場なく敗れただけで、ラヴズオンリーユーと同じような場所でレースを進めて上がり2位だったペルシアンナイトが7着だったことを思うと、ポジションが悪かったか。サラキアが1頭だけ異次元の末脚を見せており、そこまであればよかったが。

ワグネリアンの前走は宝塚記念だったが、このレースもタイムは平凡。ワグネリアンのポジションはよかったと思うが、先行馬がほぼ全滅だったことを思うと差し引いてもよさそう。宝塚記念を度外視すれば負け幅もそれなり。ラッキーライラックも宝塚記念の負けをエリザベス女王杯で跳ねのけており、そこまで気にしなくていいだろう。

ステイフーリッシュとモズベッロの前走はAJCCだったが、不良馬場ゆえの勝ちタイムという感じか。モズベッロはそれなりに頑張った方だ。しかし、馬場が渋った方がいいタイプ。間隔は置いていないとはいえ、一応の開幕週、天候も崩れないとなればどうか。ステイフーリッシュの場合も同じ。

ダンスディライトの前走は京都記念と同条件のオリオンステークス。スローの分だけタイムが遅くなった形で、最初の3ハロンの入りが緩すぎる気がしないでもない。時計勝負にさえならなければ、阪神内回り巧者の面白さはある。

2021年の危険な人気馬は?

ラヴズオンリーユーは人気になる見込みだが、牡馬が絡むと勝ち切れなくなる可能性がある。鳴尾記念も54キロだったが、競り負けてしまった。鳴尾記念より相手は揃っており、飛んでも不思議ではない。京都記念の好走条件に合致せず、危険な人気馬の一頭になりそうだ。

また、ステイフーリッシュは3つ目の消しデータに合致している。大負けはしないだろうが、掲示板あたりといったところか。

反対にワグネリアンは危険なデータに一つも当てはまらない。元々喉なりが見られ、宝塚記念で悪影響が強まったため手術。前走はその影響だったとみればここでも買える。武豊騎手に乗り替わったのがどう出るか、ここも楽しみだろう。人気馬の中で最も不安要素が少ないのが、ワグネリアンと言えそうだ。

おすすめの記事