アイビスサマーダッシュ(2015年)予想考察!5つの消しファクターとは?

消しファクター③ 前走1400m以上

スピード決着の電撃1000m戦のため、前走1400m以上からの距離短縮は好ましくない傾向が出ている。

前走1400m以上
(0−0−1−17)

08年に1番人気のエイムアットビップが1番人気を裏切っている。

消しファクター④ 父サンデーサイレンス系

芝の中距離を得意としているサンデーサイレンス系は1000mには合わないようだ。

父サンデーサイレンス系
(0−0−1−20)

09年にアルティマトゥーレが3着になっている以外、壊滅状態。12年にはビウイッチアスが1番人気で10着と大きく人気を裏切っている。軸馬はサンデーサイレンス系以外の馬から選ぶのが無難なようだ。

消しファクター⑤ 人気薄の牡馬

夏といえば牝馬。アイビスサマーダッシュも例に漏れず、牝馬の活躍が目立っている。反対に牡馬は苦しい。

7番人気以下の牡馬
(1−1−2−62)

ちなみに牝馬は好走馬こそが同数であるものの(4−0−0−34)と勝ち切っている。率もこちらのほうが高いため、「勝ちきるなら牝馬」と考えたほうがよさそうだ。

まとめ

いかがだっただろうか? これである程度、絞ることができるのではないだろうか?

ちなみに1番人気濃厚のセイコーライコウは8歳馬でマイナスファクターに該当。昨年7歳で1着となったが、今年はどうか。

また人気の一角、リトルゲルダは前走ヴィクトリアマイル(1600m)でマイナスファクターにこちらも該当している。さらに穴人気しそうなサフィロスは父サンデーサイレンス系で前走1400m。

人気馬たちがマイナスファクターに該当しているため、穴馬の台頭があるかもしれない。

【関連記事】
レッドリヴェールの血統が面白い2つの理由とは?クイーンSで復活なるか
ワントゥワンの血統や将来性は?ハープスターと同配合の素質馬の課題
スマートオリオンの血統や将来性は?中京記念1着馬を徹底検証
武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?
【イベントやります!】みんなで競馬を語ろう!札幌記念大討論会

おすすめの記事