ジャパンカップ2017の予想分析…3歳牝馬ソウルスターリング優勝への4つの条件


(C)Ko-Mei

11月26日、東京競馬場にて行われるジャパンカップ(GI/芝2400m)。エリザベス女王杯(モズカッチャン)、マイルチャンピオンシップ(ペルシアンナイト)に続く3歳馬の躍進は見られるのだろうか。

ジャパンカップに出走する3歳馬は2頭。神戸新聞杯(GII/2400m)を休み明けで勝ったダービー馬レイデオロと毎日王冠、天皇賞(秋)と古馬相手に惨敗したオークス馬ソウルスターリングだ。秋華賞、菊花賞を目指さない3歳馬としては珍しいローテーションとなったこの2頭は、古馬相手にどのような戦いを見せるのか。

今回はソウルスターリングに着目して展望していく。


近走を振り返って

オークスを勝利しての休み明け、毎日王冠で1番人気に推されたソウルスターリングは8着でのゴールとなった。やや出負けしたが二の脚を使ってハナを取る競馬となった。その後は上手くスローペースに持ち込んだものの3〜4角でペースが上がらず、早い段階でダイワキャグニーに並ばれ、そこで仕掛けざるを得なかったように見える。

上がりの速い脚がないぶん直線でのキレ勝負には対応できなかった。もう少し3〜4角でじわじわペースを上げていければ展開は変わったかもしれない。

休み開け2走目の天皇賞(秋)、不良馬場の古馬一級戦に挑んだソウルスターリング。今回も少し出負けのスタートとなり、中団外めにポジションを取った。勝ち馬と2着馬は内を通って進んだが、内を突ける位置におらず、外を回ることとなった。早めに追い出されてそれなりに伸びるも前からは離されて6着。

スタートで再び出負けしたことから前への意識が薄れ、外を回る展開となった。武豊騎手、M. デムーロ騎手に続き、内を突くことのできる騎手だったため、残念な位置取りとなってしまったのは言うまでもない。

もっとも、相手は古馬一線級、不良馬場など不安要素は多かった。6着という結果はそこまで悲観するべきものではないだろう。

ジャパンカップでの復活に向けて

では、ジャパンカップでオークス以来となる勝利を挙げるためのポイントはどこにあるのだろうか?


古馬相手に戦った近2走を振り返り、ジャパンカップで巻き返しを狙うために重要なポイントを挙げていこう。

ポイント① スタート

まず1つ目はスタートだ。毎日王冠ではスタートで出負けしたことによって、脚を使ってハナを取りに行った。また、天皇賞(秋)では出負けしたことで前には行かず中団外に付くことになった。スタートによって後手後手に回ってしまい、スムースな競馬ができていない。スタートをしっかり決めてスムースに先行できれば、本来の競馬ができる可能性は高まる。

ポイント② 枠

2つ目は枠だ。ジャパンカップは東京芝2400mで行われ、コーナーを4つ回ることになる。内枠が比較的有利であり、オークスの時と同じように内枠の偶数番に入ることも重要な要因となる。外枠になるようなら少し割り引かなければならない。

ポイント③ 馬場

3つ目は馬場だ。C. ルメール騎手は天皇賞(秋)のあと「馬場は大丈夫です」とコメントしているが、桜花賞の結果も踏まえると、馬場の悪化は不安要素として挙げざるを得ない。もっとも、最近は重馬場での重賞開催の多さが目立つとはいえ、現時点で週末の東京に雨予報はない。古馬一線級と良馬場でのリベンジマッチが期待できそうだ。

ポイント④ 騎手

最後は鞍上だ。ジャパンカップでソウルスターリングに跨るのは、これまで乗っていたC. ルメール騎手ではなく、C. デムーロ騎手である。C. ルメール騎手は2頭の3歳馬からレイデオロを選んだことになる。

ソウルスターリングのことを知り尽くしているルメール騎手が乗れないというのは、少なからずマイナス要素と捉えられる。

ただし、C.デムーロ騎手もトップジョッキーの一人だ。大幅な鞍上弱化とはならない。真っ向勝負ではキタサンブラックやレイデオロらとの力勝負でかなわない可能性が高いだけに、いかに鞍上が3歳牝馬をエスコートするかに注目が集まる。

まとめ

3歳牝馬のクラシック戦は一瞬のキレで勝ち切れることもあるが、古馬相手のジャパンカップはそうはいかないだろう。ソウルスターリングにはキレる脚がないぶん、先行して古馬を押し切るだけのスタミナがあるかを試す一戦になる。

3歳牝馬の斤量が非常に魅力的であることは明確で、これを生かして見応えのある粘り込みを見せられるかどうかが焦点となる。そのためには枠や馬場に恵まれること、そして新コンビとなったC. デムーロ騎手とスタートからスムースな競馬をすることが重要となる。

最近の3歳牝馬の好走は疑うことなくそのレベルの高さを顕示している。これまでに負かした馬が古馬相手にGIを勝った今、ソウルスターリングもその力を存分に発揮したいところだ。



この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る