カテゴリー:回顧

競馬予想のヒント!次走の注目馬は?馬券的中に繋がる未来の激走馬/12月第1週

(C)競馬TIMES

競馬を予想するのは楽しい。しかし、予想を繰り返すだけでは馬券が当たるようにはならない。

どうすれば馬券が当たるようになるのか? 一つは、過去のレースをしっかりと振り返り、次走激走しそうな未来の穴馬を見つけていくことだ。

そこで本連載では先週の競馬を徹底分析。不利を受けた馬や強い競馬をした馬にフォーカスし、未来の激走馬を導き出していく。


次走の注目馬

キチロクステージ/鮫島克駿騎手(9番人気/5着)

阪神10R姫路特別(ダート/1800m)

悪くないスタートから後方内4番手に控える形。その後、後ろの馬が先に仕掛けたため3角ではシンガリに。直線を向いて外に出して前を追うも、若干進路が狭くなった。

シンガリからいい脚を長く使って5着入線。もう少し早めに外に出せれば馬券内に来てもおかしくない馬だけに次走の騎手に注目。

ハナズレジェンド/浜中俊騎手(2番人気/3着)

阪神11R 逆瀬川S(芝/1800m)

少し出負け気味のスタートから中団の後方内にポジションを取った。直線を向いて楽な手応えで進出するも前が詰まって右往左往。

浜中騎手は、詰まり気味で道中脚を溜め、ワンテンポかツーテンポ遅らせて仕掛けて欲しいという調教師の指示通りに乗った。最後狭くなったことがこの結果の全てであるが、勝てるレースだったのは間違いない。

矢作厩舎であることもあり、連闘の可能性も少なくない。どのような状態か、そして相手関係を見極めてもう一度買っても面白い1頭である。

コウエイワンマン/太宰啓介騎手(10番人気/5着)

阪神11R 逆瀬川S(芝/1800m)

最低限スタートを出て、離された最後方からの競馬に。1000m通過付近でやっと馬群に追い付いた。馬群に追い付いてからは内を追走。直線で外目に出して長くいい脚を使って追い込んで5着。

上がり上位の脚を使っており、スタートからポツン後方することなくスムースにレースを運べていれば馬券内に来てもおかしくなかった。

コウキチョウサン/北村宏司騎手(5番人気/10着)

中山12R 3歳上1000万下(芝/2500m)

まずまずのスタートから控えて後方からの競馬。直線いい脚で前を追うも内が詰まって進路を外に変更、今度は外を蓋され追い込むことができなかった。

脚を余す形での入線となった。道中脚を溜めることができたのは好印象だったが、直線での進路は残念極まりない。次走まともなら馬券内に来ても驚きはない。


ゴールドドリームはなぜ勝てたのか?勝因と敗因を分析!チャンピオンズカップ2017回顧

(C)arima0208

2017年12月3日、中京競馬場でチャンピオンズカップ(GⅠ/ダート1800m)が行われ、8番人気の伏兵・ゴールドドリームが差し切り勝ちを収めた。

初GⅠで一番人気に推されたテイエムジンソクは、惜しくも2着に敗れた。

1着のゴールドドリームは中団からの差しだったが、2着のテイエムジンソク、3着のコパノリッキーは先行しての粘りこみであり、前が残る結果となった。

このような結果になったのはなぜなのか?

ラップタイムを分析しながら、レースを振り返っていく。


今年のラップタイム分析

まずは過去3年間のラップタイムを見てみよう。黄色は前半3Fを除いた最速ラップ、ピンク色は最遅ラップを示している。

2016・2015年はハイペースかつ早めスパートの差し決着、2014年はスローかつラスト2F地点が最速の先行決着であった。

続いて、今年のラップタイムを見てみよう。

前半3Fに限れば昨年とほぼ同じ36.2と比較的速めだったが、昨年と大きく異なるのは4~5F目だろう。

昨年は12.5-11.8と、ペースアップしていたが、今年は12.7-12.7。緩いペースが続いていた。

中盤に大きく息が入り、先行勢が余力を持って直線へ入ったため、直線入りの残り2F地点で良馬場ダートでは速い11.8を記録した。ラストも12.4までしか落としておらず、後方待機勢にはかなり辛い展開になった。

このラップ推移は、4角出口の位置取りが4番手以内の馬で決着した2014年に似ている。前の馬にとって楽なペースであったと言える。

1~3着馬の好走要因は?

1着のゴールドドリームは、中団から鋭い差し脚で見事な差し切りを見せた。

この馬の過去のレースを振り返ると、レースの上がりが37秒以上かかる中距離のタフなレースではあまり成績が良くない。

それに対して、マイルで上がり35秒台、いわゆる「切れ味」を問われるようなレースでは好走している。今回のレースは中盤緩んだことによりしっかり脚を溜めることができた。フェブラリーステークスでも好走が期待される。

2着のテイエムジンソク、3着のコパノリッキーは上手くレースを支配しての粘りこみだった。

直線入り口ではコパノリッキーの加速力に一瞬置いて行かれたテイエムだったが、しぶとさを存分に発揮して2着を確保することができた。コパノリッキーも最内枠から理想的な競馬をすることができた。


上位人気馬の敗因は?

昨年の覇者のサウンドトゥルーには非常に厳しい競馬となった。昨年は追い込みが決まりやすい展開で、直線も上手く捌いての結果だったが、今年は前が楽をしていた上に直線の進路も無かった。これは追い込み馬の宿命。今後も展開次第の競馬が続くが、巻き返しが期待される。

昨年2着のアウォーディーも展開的には難しいレースだった。この馬は非常にズブいため、直線入り口の坂で11.8のラップを前に刻まれてはどうしようもない。ただ、4コーナーでの動きがいくらズブいといえど昨年よりも鈍く映った。年齢的な衰えも考えられる。

ケイティブレイブは展開が向いたと思うが、中距離では中央の一線級に対して少し見劣るか、という内容であった。それでも4着にきており、今後も期待できる。

カフジテイクはいつもより前で競馬をしたが、中盤息が入っているので無理な位置取りではなかったはず。しかし結果は7着惨敗であり、中距離では一線級にはやはり劣るように見えた。得意の1400mでの好走が期待される。

まとめ

いかがだっただろうか?

競馬は、展開一つで着順が大きく変わる。今回好走できなかった馬も、得意な条件なら巻き返してくるはずだ。

今後もダート戦線から目が離せない。


アルバートの勝因とフェイムゲームの敗因は?ステイヤーズステークス2017回顧

© 2017 Ricky All Rights Reserved.

12月2日土曜日に中山競馬場でステイヤーズS(G2/芝3600m)が行われ、アルバートが優勝した。これで同馬はこのレース3連覇となった。

終始落ち着いてレースを進めたアルバートと、早め早めの競馬で真っ向勝負を挑んたフェイムゲームの激闘は非常に見ごたえがあるものだった。

勝者、敗者をわけた“分岐点”はどこにあったのだろうか? 振り返っていくことにしよう。


結果・着順

2017年12月 2日(土) 5回中山1日 天候 : 晴  馬場状態 : 良
【11R】 第51回スポーツニッポン賞ステイヤーズS
3歳以上・オープン・G2(別定) (国際)(特指) 芝 3600m 10頭立

馬名性齢
9アルバート牡61
2フェイムゲームセ72
7プレストウィック牡63
5プロレタリアト牝68
6シホウ牡64
3グランアルマダ牡56
4シルクドリーマー牡85
10カムフィー牡810
1デルマサリーチャン牝67
108サイモントルナーレ牡119

LAP 13.3-11.3-13.0-12.4-12.2-12.6-12.7-12.9-12.6-12.5-13.1-12.7-12.3-12.0-11.9-12.0-11.7-11.8
通過 37.6-50.0-62.2-74.8  上り 71.7-59.4-47.4-35.5  平均 1F:12.39 / 3F:37.17

払い戻し

単勝  9 \130
複勝  9 \100 / 2 \120 / 7 \140
枠連  2-8 \220 (1)
馬連  02-09 \210 (1)
ワイド 02-09 \130 (1)/ 07-09 \180 (2)/ 02-07 \400 (6)
馬単  09-02 \290 (1)
3連複 02-07-09 \450 (1/120)
3連単 09-02-07 \830 (1/720)

レース分析

時計面から見ていこう。前半の3Fが37秒6、最後の3Fが35秒5と最初と最後だけ抜き出すと比較的上がり勝負のレースかなとしか思わないが、勝ち時計の3分43秒フラットは非常に優秀なタイムだ。

このレース歴代2位の好タイムであり、ここ数年の勝ち時計を楽に2秒以上上回る。それだけに上位馬を高く評価することはもとより、下位の馬たちにも一定の評価が必要だろう。では、各馬の走りを振り返って行こう。

出走馬勝因、敗因

1着 アルバート

終始長手綱で完璧な折り合いだった。道中は中団のやや後ろを悠々と進みフェイムゲームを斜め前に見る形。慌てず騒がず脚をしっかりと溜められた。勝負どころからエンジンをかけていったが、直線を向いた所でも前とはまだ少し差があった。

しかしそこからの決め手は圧巻で上がりは唯一の34秒台。勝因は道中の完璧な折り合いと相手をフェイムゲームを決め打ったムーアの落ち着き。圧巻の3連覇だった。

この距離なら間違いなく現役最強。歴代でも屈指の正真正銘のステイヤーだ。

2着 フェイムゲーム

16キロ増えた体重は昨年のダイヤモンドS(2着)の時とそう変わらないのであまり影響はないかと思うが、やや折り合いを欠くシーンがあったあたり完全な状態ではなかった可能性もある。

それでも一端は抜け出し形を作ったが、最後は余力の差を見せつけられた。最初のスタンド前でも頭を上げるシーンがあったのが悔やまれる。何もかもが完璧でないと今日のアルバートには勝てなかった。

この年齢でもまだまだ元気で長距離戦では引き続き上位争いが可能だ。

3着 プレストウィック

道中はアルバートの後ろでそれをマークする形。直線でも一定の脚は見せており力は出し切った。

上がり2位のタイムで差を詰めたがそれでもフェイムゲームに迫る事も出来ず。前2頭とは力差があった。

4着 プロレタリアト

勝負所で取りたかった進路をアルバートに取られたのが痛かった。そこがスムースなら3着はあり得た。牝馬だが牡馬に混じったスタミナ比べでもひけをとらない実力馬。

5着 シホウ

なだれ込むような形での入着でそこまで高くは評価出来ないが、後ろには6馬身差。重賞でも掲示板争い出来る能力はある。

6着 グランアルマダ

気合をつけられハナへ。しかし4コーナーを前に早々にシルクドリーマーに先頭を明け渡した。ただそこから粘りを見せたあたりに豊富なスタミナは感じる。


7着 シルクドリーマー

直線手前で抜け出そうとしたがフェイムゲームの強襲に遭いそこからは沈む一方。もう少し仕掛けを我慢したほうが良かっただろう。

8着 カムフィー

後方をついて回っただけ。一昨年の2着馬だが近走は衰えが顕著。ただこの馬でも例年なら勝ちタイム並み。

9着 デルマサリーチャン

道中は3番手だったが残り800を前に早々と後退。ここでは見劣ったが距離が長かった事も事実。

10着 サイモントルナーレ

11秒以上の差をつけられ惨敗。付いていくことも全く出来ずいつまでの現役生活だろうか。。

まとめ

やはり光ったのはアルバートのスタミナ・実力、そしてムーアの手綱さばきだ。

自身が圧倒的人気を背負いながらもライバルをフェイムゲーム一頭と腹を括り、道中はラチ沿いをピタリと静かに追走した。その度胸と読みのセンスに改めて脱帽だ。

フェイムゲームも見せ場を作りハイレベルなレースを演出してくれた。現役屈指の実力派ステイヤーたちが作りあげた味わい深い大人の好レースだった。

文=櫻井秀幸


ゴールドドリームの勝因とテイエムジンソクの敗因は?チャンピオンズカップ2017回顧

(C)arima0208

2017年12月3日、中京競馬場でチャンピオンズカップ(GI/ダート1800m)が行われ、豪快に差し切ったゴールドドリーム(牡4)が見事勝利した。

2着は1番人気のテイエムジンソク、3着は逃げたコパノリッキーとなった。

勝者、敗者をわけた“分岐点”はどこにあったのだろうか? 振り返っていくことにしよう。


結果・着順

2017年12月 3日(日) 4回中京2日 天候 : 晴  馬場状態 : 良
【11R】 第18回チャンピオンズカップ
3歳以上・オープン・G1(定量) (国際)(指定) ダート 1800m 16頭立

馬名S性齢
9ゴールドドリーム牡48
13テイエムジンソク牡51
1コパノリッキー牡79
2ケイティブレイブ牡43
11アウォーディー牡74
3ミツバ牡512
12カフジテイク牡55
10キングズガード牡611
4ノンコノユメセ56
108グレンツェント牡410
1114サウンドトゥルーセ72
1216ローズプリンスダム牡314
136モルトベーネ牡513
145メイショウスミトモ牡615
157ロンドンタウン牡47
15アポロケンタッキー牡5

LAP 12.8-10.9-12.5-12.7-12.7-12.3-12.0-11.8-12.4
通過 36.2-48.9-61.6-73.9  上り 73.9-61.2-48.5-36.2  平均 1F:12.23 / 3F:36.70

払い戻し

単勝  9 \1300
複勝  9 \500 / 13 \230 / 1 \560
枠連  5-7 \1570 (7)
馬連  09-13 \4140 (18)
ワイド 09-13 \1830 (23)/ 01-09 \4060 (51)/ 01-13 \2380 (34)
馬単  09-13 \9400 (43)
3連複 01-09-13 \27350 (111/455)
3連単 09-13-01 \158490 (616/2730)

レース分析

レースラップは以下の通りである。

12.8-10.9-12.5-12.7-12.7-12.3-12.0-11.8-12.4(36.2-36.2)

全馬ほぼ揃ったスタートでダート界の頂上を決める一戦が始まった。宣言通り内枠から逃げるコパノリッキーの後ろにテイエムジンソク、ケイティブレイブ、ロンドンタウンが続く形で先頭集団が形成された。

中団にはアヴォーディーやグレンツェントが引っ張り、ゴールドドリームは中団後ろの内目位置を取っていた。カフジテイク、サウンドトゥルーらは後方からの競馬となった。

テイエムジンソクが掛かり気味に逃げるコパノリッキーに突っかけたことで序盤少しペースが上がった。その後、折り合いをつけて控えたテイエムジンソク、中団もペースを合わせ、前にちょっかいを出すことはなかった。それによってコパノリッキーは脚を溜めながら楽に逃げることができた。

全体ラップは36.2-37.7-36.2(1.50.1)と、中盤にペースが緩んでいることがよく分かる。このような展開では先行有利、追い込み馬には厳しい条件となるのは明確だ。

1000m通過から12.3-12.0-11.8-12.4と徐々にペースが上がってきている。このラップ推移で後ろから完璧に差し切ったゴールドドリームの強さに驚愕した。4角のコーナリングで後退したカフジテイクのスペースを利用してロスなく加速することができたことも大きなポイントである。

完全な前残り展開でコパノリッキーとテイエムジンソクに後続は離される形となり、後ろから差し届いたのは勝ち馬だけだった。道中の捌きから4角、直線での進路ともにムーア騎手の手腕を感じる一戦でもあった。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 ゴールドドリーム

スタートを出て無理することなく中団内目に位置を取り、レース序盤をロスなく進めることができた。3角の入り付近から徐々に位置を上げていき、4角でカフジテイクが交代したスペースを通ってロスなく加速して外に出すことができた。

ペースは完全な前残り展開だったが、それを差し切ったゴールドドリームは、ここでは地力が上だったと感じざるを得ない内容だった。上記した通りムーア騎手の騎乗も見事だった。

フェブラリーステークス(GI/ダート 1600m)を制してから負けが続いていたが、再び第一線で戦えることを証明することができた。非常に強い競馬を魅せたゴールドドリームはこれでもまだ4歳、これからが非常に楽しみである。

2着 テイエムジンソク

スタートで少し掛かり気味に逃げるコパノリッキーに突っかけていった。折り合いをつけて2番手に控えた。中団が前に突っかけることなく落ち着いたため、前有利な展開となり、同馬も楽に直線を向いた。

ゴール前でコパノリッキーを交わしたものの後ろから一気に突き抜けたゴールドドリームに差されて2着入線となった。新旧対決となったチャンピオンズCだったが、負けはしたものの新興勢力として十分力を示すことができた。

有利な展開で好走することはできたが、差し展開になった時に粘って残ることができるか、今後注目すべきかも知れない。


3着 コパノリッキー

SNSで馬主Dr. Copaが宣言した通り、スムーズなスタートからハナを取って逃げた。テイエムジンソクが後ろから前を伺ったことで序盤にペースが上がった。 その後テイエムジンソクが折り合いをつけて控える選択を取り、コパノリッキーは道中脚を溜めながら楽に逃げることができた。

1000m通過付近から徐々にペースが上がり、直線では後続を離してテイエムジンソクとの叩き合いを演じた。最後は力尽きて3着も7歳ながら健闘した。まだまだ若い者には負けないぞと言わんばかりの競馬だった。

4着 ケイティブレイブ

スムーズにゲートから出てテイエムジンソクに続く3番手で内をロスなく進んだ。
直線でインから外に出して前の2頭を懸命に追うも差は縮まらず、4着での入線となった。

5着 アヴォーディー

中団外にポジションを取って道中進んだ。3角でジワジワと位置を上げていき、直線は外から前を捉えようと必死に追った。

アヴォーディーは道中外を進んだためか、内で脚を溜めてから直線で同じような進路を取った勝ち馬とは直線のキレが劣った。もう少しペースが流れる一戦で狙うべき一頭である。


サトノクロニクルの勝因とブレスジャーニーの敗因は?チャレンジカップ2017回顧

(C)MAZIMICKEY

2017年12月2日、阪神競馬場でチェレンジカップ(GⅢ/芝2000m)が行われ、ゴール前の叩き合いを制したサトノクロニクル(牡3)が人気に応えて見事勝利した。

2着は5番人気のデニムアンドルビー、3着は2番人気に推された3歳馬ブレスジャーニーとなった。

勝者、敗者をわけた“分岐点”はどこにあったのだろうか? 振り返っていくことにしよう。


結果・着順

2017年12月 2日(土) 5回阪神1日 天候 : 晴  馬場状態 : 良
【11R】 第68回チャレンジカップ
3歳以上・オープン・G3(別定) (国際)(特指) 芝・内 2000m 12頭立

馬名性齢
3サトノクロニクル牡31
8デニムアンドルビー牝75
6ブレスジャーニー牡32
5モンドインテロ牡53
4スーパーマックス牡311
9マイネルミラノ牡76
10マサハヤドリーム牡59
2メドウラーク牡67
7プリメラアスール牝58
1012レッドソロモン牡510
1111ジョルジュサンク牡44
121ニシノジャーニー牡412

LAP 12.7-11.4-12.4-12.0-11.4-11.9-11.6-11.4-11.7-12.1
通過 36.5-48.5-59.9-71.8  上り 70.1-58.7-46.8-35.2  平均 1F:11.86 / 3F:35.58

払い戻し

単勝  3 \350
複勝  3 \140 / 8 \220 / 6 \160
枠連  3-6 \1140 (6)
馬連  03-08 \1540 (5)
ワイド 03-08 \590 (5)/ 03-06 \330 (2)/ 06-08 \790 (11)
馬単  03-08 \2370 (7)
3連複 03-06-08 \2280 (5/220)
3連単 03-08-06 \12120 (27/1320)

レース分析

レースラップは以下の通りである。12.7-11.4-12.4-12.0-11.4-11.9-11.6-11.4-11.7-12.1(36.5-35.2)

ニシノジャーニーが出遅れたが、まずまずのスタートでチャレンジCがスタートした。プリメラアスールが先頭に立ち、気合いをつけてマイネルミラノが2番手に位置を取った。

サトノクロニクルがその後ろの好位につけ、中団後ろにブレスジャーニーとモンドインテロが、デニムアンドルビーは後方からの競馬となった。

1000mの通過が59.9秒とそこそこのペースで流れ、この辺りでデニムアンドルビーが進出を始め、それに続いて中団に陣取った馬も仕掛けていった。

4角で先頭がマイネルミラノに変わって直線を向くと、好位から抜け出したサトノクロニクルが先頭を楽に捉え、後方から追い込んできたデニムアンドルビーと併せるように追い比べ。さらにその後ろからブレスジャーニーとモンドインテロが一気に差を詰めて前4頭が並んで入線した。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 サトノクロニクル

好位につけてロスなく道中を回ってきたサトノクロニクル。この辺はさすがM. デムーロ騎手と言ったところである。直線を向いて楽に先頭のマイネルミラノを捉えて見事優勝した。

-10kgで臨むことになったが、決して細く映ることはなかった。ゴール前の4頭を見てみると、どの馬が勝ってもおかしくない展開であり、その中でサトノクロニクルを勝たせたM. デムーロ騎手の手腕はもう疑う余地もない。

2着 デニムアンドルビー

後方からの競馬となったデニムアンドルビーは1000mを通過したところで位置をスルスルと上げていった。早めに仕掛けて最後までいい脚を使い、レース運びが非常に上手かった。

新旧対決となったチャレンジCだが、7歳でもまだまだ勝負ができることを示した。なかなか結果の出ないこの馬を2着に持ってきた弟の技術もまた素晴らしい。今回は馬の状態も非常に良かった。

3着 ブレスジャーニー

骨折明け菊花賞で使って2走目、2番人気に推されたが3着入線となった。多くのファンが復活を心待ちにした1頭である。まだまだ発展途上の同馬が3着に食い込んだことでこれからの期待が大きくなった。

中団後ろの内でロスなく進み、直線で外に出して追い込んだ。若干デニムアンドルビーの後ろで詰まったようにも見えるが、鞍上柴田善臣に導かれて次に繋がるレースができた。

4着 モンドインテロ

中団後ろの良い位置で道中運んだ。デニムアンドルビーの後ろを続く形で進出し、ブレスジャーニーと併せて良い脚を使った。終いもしっかり伸びたが届かず、僅差の4着となった。

5着 スーパーマックス

地方所属の3歳馬ながら堂々の掲示板入りとなった。前の4頭との差はあったものの今後が非常に楽しみな1頭である。

中団内でロスなく進み、直線では渋とく脚を使って5着入線。マイネルミラノに先着しており、上位入線した他の3歳馬同様、スーパーマックスも今後の成長が楽しみである。


6着 マイネルミラノ

スタートから気合いをつけてプリメラアスールに続く2番手に位置を取った。4角で先頭に躍り出るも、道中好位で運んだサトノクロニクル、そして後ろから追い込んだデニムアンドルビーらに捉えられて6着入線。

ハナにこだわらず2番手に控えたことが敗因か。斤量減で穴として注目されていたが、直線で持ちこたえることができなかった。人気落ちしたローカル競馬場で1発狙いたい。


競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る