ステルヴィオの勝因、ルーカスの敗因は?スプリングステークス2018の回顧


© 2017 Ricky All Rights Reserved.

皐月賞戦線を終わらせない。

3月18日に中山競馬場で行われたスプリングステーウス(G2/芝1800)はステルヴィオの優勝に終わった。レースを分析していきながらステルヴィオがレースを制したポイントやルーカスなど他馬の敗因を探っていこう。


結果・着順

馬名騎手
厩舎
人気
オッズ
1
ステルヴィオルメール騎手1
牡356(美浦)木村2.3
2
エポカドーロ戸崎圭騎手3
牡356(栗東)藤原英5.3
3
マイネルファンロン柴田大騎手6
牡356(美浦)手塚16
4
バールドバイ北村宏騎手10
牡356(美浦)木村48.9
5
レノヴァール北村友騎手7
牡356(栗東)高野24.8
6
カフジバンガード内田博騎手9
牡356(栗東)松元30.3
7
ゴーフォザサミット田辺騎手4
牡356(美浦)藤沢和7.8
8
□地ハッピーグリン大野騎手5
牡356(地方)田中淳10.9
9
ルーカスMデムーロ騎手2
牡356(美浦)堀4.6
10
ビッグスモーキー浜中騎手8
牡356(栗東)清水久25.1
11
コスモイグナーツ津村騎手12
牡356(美浦)高橋祥194.5
12
ライトカラカゼ丸山騎手11
牡356(美浦)相沢115.4
13
○外フォルツァエフミナリク騎手13
牡356(栗東)森383.4

払い戻し

単勝8230円1人気
複勝08
05
12
120円
180円
260円
1人気
3人気
5人気
枠連04 – 06570円1人気
馬連05 – 08680円1人気
ワイド05 – 08
08 – 12
05 – 12
290円
460円
800円
2人気
4人気
9人気
馬単08 → 051,120円2人気
三連複05 – 08 – 122,230円5人気
三連単08 → 05 → 127,440円11人気

レース分析

レースのラップを3分割すると、35秒6、36秒1、36秒4となっており比較的ハイペースの消耗戦だったと言える。飛ばしたコスモイグナーツ以外の面々は平均的なラップだったとはいえ荒れ気味の馬場も含め若駒にはタフな条件だった。

好走した馬たちは底力があると言えるが、ここから短いスパンで疲労を回復できるかも皐月賞好走のカギとなるだろう。では各馬の勝因・敗因について見ていこう。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 ステルヴィオ

中団から進め直線もスムースに外に出すロスの少ない競馬。そこから末脚を繰り出しエポカドーロでほぼ決まっていた大勢を覆して見せた。

展開が向いたとはいえ最後並んでからのキレは素晴らしかった。追走に不安が残るタイプで200延長もむしろ歓迎ではないか?東の大関が前哨戦を制し再度G1に挑む。

2着 エポカドーロ

2番手を進み直線でしっかり抜け出したが惜しくもステルヴィオの鬼脚に屈した。目標にされたことを考えれば勝ち馬に近しい評価はすべきだが、本番で戦法の似かよる王者ダノンプレミアム相手にどう戦うかは悩ましい。

3着 マイネルファンロン

先団から運び直線もしぶとく脚を伸ばし皐月賞の切符を手に入れた。厳しいレースでステイゴールドの血が生きれば本番でも見せ場を作れるかもしれない。

9着 ルーカス

中団を進み勝負所で鞍上は内に進路を求めたように見えたが、操縦性が悪く結局中を突く形から直線はさほど追われることもなく沈んだ。前走直線の放馬の影響などもあるのか走りに集中出来ていない感が強い。出直しだろう、兄モーリスも古馬になって変わった。

まとめ

ダノンプレミアム1強ムードが漂う中、西の大関タイムフライヤーが無残に沈んだ翌日にこちらは見事に存在感を示した。

坂を上がってもうひと伸びした姿は中山向きを思わせる。3度目の正直は夢ではない。

文=櫻井秀幸


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る