(C)MAZIMICKEY

混迷を極める短距離戦線に急浮上。

3月3日に中山競馬場で行われたオーシャンステークス(G3/芝1200)はキングハートの優勝に終わった。レースを分析していきながらキングハートがレースを制したポイントやダイメイフジなど他馬の敗因を探っていこう。


結果・着順

馬名騎手
厩舎
人気
オッズ
1
キングハート北村宏騎手10
牡556(美浦)星野31.3
2
ナックビーナス横山典騎手3
牝554(美浦)杉浦5.1
3
ダイメイフジMデムーロ騎手1
牡456(栗東)森田5
4
ネロミナリク騎手6
牡756(栗東)森9.8
5
ビップライブリー戸崎圭騎手4
牡556(栗東)清水久6.5
6
レーヌミノル和田騎手2
牝455(栗東)本田5.1
7
ロードクエスト三浦騎手11
牡556(美浦)小島31.4
8
ラインスピリット森一騎手9
牡756(栗東)松永昌26.9
9
フミノムーン国分優騎手13
牡656(栗東)西浦42.3
10
○外リエノテソーロ吉田隼騎手7
牝454(美浦)武井13.8
11
スノードラゴン大野騎手8
牡1057(美浦)高木18.9
12
ジューヌエコール北村友騎手12
牝454(栗東)安田隆37.3
13
ラインミーティア西田騎手15
牡856(美浦)水野102.1
14
□地ブレイズアトレイル内田博幸騎手16
牡956(地方)山田信505.4
15
エポワス田辺騎手14
セ1056(美浦)藤沢和62.7
16
アルティマブラッド津村騎手5
牝654(栗東)音無9.4

払い戻し

単勝73,130円10人気
複勝07
13
10
650円
180円
230円
11人気
1人気
4人気
枠連04 - 072,240円11人気
馬連07 - 137,530円26人気
ワイド07 - 13
07 - 10
10 - 13
2,340円
2,670円
680円
30人気
34人気
3人気
馬単07 → 1318,140円72人気
三連複07 - 10 - 1313,740円43人気
三連単07 → 13 → 10134,890円494人気

レース分析

レースのラップを見てみると前半が33秒5、後半が34秒8となっている。前傾ラップではあるがスプリント重賞なのでこのぐらいであれば平均的なペースと言える。現に逃げたネロも寸前まで粘ったように比較的前有利のレースとなった。では各馬の勝因・敗因について見ていこう。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 キングハート

昨夏以降あまりらしい走りを見せていなかったがここで一変。先団から勢いよく直線を向き、早めの抜け出しから人気どころの追い込みを退けて見せた。大幅プラスだった前走に続いてプラス体重だったが、重苦しいところはなく本格化を思わせる。重賞戦線で揉まれた経験がここで花開きうれしい重賞初勝利。このコースを得意とする鞍上の手綱さばきも抜群だった。

2着 ナックビーナス

中団から枠なりに外目。最後は際どいところまで勝ち馬に迫ったがわずかに及ばず。重賞とはいえこのメンバー構成ならやはり力が上だった印象。G1では少し足りないタイプではあるが、安定感を武器に本番でも食い込みを狙う。

3着 ダイメイフジ

準オープン勝ちからの参戦にもかかわらず人気を集めた。今年4戦目の押せ押せローテも不安だったが最後は出色の末脚。決め手はここでも通用した。ただ流石にそろそろ疲れが心配ではある。

5着 ビップライブリー

中団前目の良い位置にいたが勝ち馬の後ろにいる間にナックビーナスに被せられ思ったように前を追えず。もとより届いていなかった可能性も高いがやや消化不良な敗戦。

6着 レーヌミノル

2番手から進め手ごたえ良く直線を向いたが結局逃げたネロさえ捕まえられず。激戦続きだった昨秋の疲労があるのか、早熟だったのか。着差はわずかだったとはいえ明るい材料には乏しい敗戦だった。

16着 アルティマブラッド

中団の内から運ぶも直線は後退する一方。得意の中山だったが大惨敗だったと言わざるを得ない。社台の6歳牝馬、引退も近いか。近年はシンボリクリスエス産駒牝馬の仔の躍進が目立つ。次の活躍は母としてになるのだろうか。

まとめ

人気通り混戦となった今年のオーシャンステークス。勝ったキングハートはもちろんこの後高松宮記念に向かうだろう。重賞を1つ勝っただけではまだ大きなタイトルには早いだろうか?

答えはレース本番が終わるまでわからないが、少なくとも12年前重賞未勝利で挑んだ高松宮記念で優勝した馬がいる。キングハートの父でありコミカルな馬名で人気を博したあの馬だ。愛息子の姿を天国からきっとチチハミテイルゼ。

文=櫻井秀幸

おすすめの記事