カテゴリー:回顧

ゴールドクイーンの勝因、アサクサゲンキの敗因は?葵ステークス2018回顧

(C)Yusuke Tsutaya

鮮やかな逃げ脚で初代王座に輝く。

5月26日に京都競馬場で行われた葵ステークス(新重賞 芝1200/内回り)はゴールドクイーンの優勝に終わった。

距離短縮をものともしない気っ風がいい先行策で勝負を決めた。このレースを分析していきながら、同馬がレースを制したポイントや、アサクサゲンキなど他馬の敗因を探っていこう。


結果・着順

馬名騎手
厩舎
人気
オッズ
1
ゴールドクイーン古川騎手9
牝354(栗東)坂口正29.4
2
ラブカンプー和田騎手6
牝354(栗東)森田11.5
3
トゥラヴェスーラ福永騎手2
牡356(栗東)高橋康4.3
4
ウィズ浜中騎手13
牡356(栗東)清水久110.9
5
○外アサクサゲンキ武豊騎手1
牡357(栗東)音無3.3
6
アンヴァル藤岡康騎手3
牝354(栗東)藤岡4.5
7
タイセイプライド岩田騎手4
牡357(栗東)西村8.3
8
ペイシャルアス国分恭騎手10
牝354(栗東)坂口正50
9
マドモアゼル酒井騎手8
牝355(美浦)斎藤誠29.3
10
ビリーバー杉原騎手11
牝354(美浦)石毛54.5
11
ミッキーワイルド北村友騎手7
牡356(栗東)安田隆19.7
12
アイアンクロー池添騎手15
牡356(栗東)斉藤崇215.4
13
セイウンクールガイ国分優騎手14
牡356(美浦)奥平130.5
14
オジョーノキセキ松山騎手5
牝354(美浦)伊藤大10.4
15
ウインジェルベーラ松岡騎手16
牝354(美浦)金成279.5
16
レグルドール高倉騎手12
牝354(栗東)杉山81.5

払い戻し

単勝32,940円9人気
複勝03
01
14
590円
370円
200円
8人気
6人気
2人気
枠連01 – 02
02 – 07
770円
1,080円
6人気
8人気
馬連01 – 03
03 – 14
6,980円
4,700円
36人気
28人気
ワイド01 – 03
03 – 14
01 – 14
2,660円
2,380円
1,580円
31人気
26人気
16人気
馬単03 → 01
03 → 14
16,520円
12,060円
85人気
68人気
三連複01 – 03 – 1435,170円100人気
三連単03 → 01 → 14
03 → 14 → 01
138,780円
124,940円
696人気
644人気

レース分析

ラップを見てみよう。前半が33秒9、後半が34秒1となっていた。推移自体はイーヴンの平均ペースだったが、馬場状態を加味すれば前に有利だったことは否めない。では各馬の、勝因・敗因について見ていこう。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 ゴールドクイーン

すんなりハナを奪いそのまま単騎で直線へ。もつれた2着争いを尻目に悠々と先頭でゴールイン。

恵まれた部分もあったが、形にもちこめばしぶとさを発揮出来るタイプだろう。この路線には強力な先行馬が多々おり、さらにパワーアップして一級線に挑みたい。

2着 ラブカンプー

コーナーワークで2番手に上がりぎりぎり粘りこんだ。枠も展開も向いたが距離短縮で本領を発揮。

2着 トゥラヴェスーラ

中団のやや後ろを追走。直線は大外を回り展開的には厳しかったがぐいぐい伸びて連を確保。アストンマーチャンの近親が力を付けている。中身に濃い走りだった。

5着 アサクサゲンキ

スタートのタイミングが合わず出遅れ。後方から直線差を詰めたがここまで。コンマ2差まで来ているだけにゲートが非常に悔やまれる。

6着 アンヴァル

中団を進みやや外に出されたがそこから伸びきれず。もう少し積極的に進め、スピードで押し切る形のほうが良さが生きるだろう。

まとめ

父に初の芝重賞タイトルをもたらしたゴールドクイーンが自身としてもうれしい重賞初勝利。

芝・ダート兼用の個性派がここに誕生。美しい栗毛の馬体から繰り出す外連味のない逃げ脚は止まらない。

文=櫻井秀幸


ワグネリアンの勝因、ダノンプレミアムの敗因は?日本ダービー2018回顧

(C)MAZIMICKEY

不惑の童顔なダービージョッキーは何度も何度もガッツポーズを繰り返した。

5月27日に東京競馬場で行われた東京優駿(G1/芝2400)はワグネリアンの優勝に終わった。

失意の皐月賞から1か月半。大物との噂を確かなものにした府中の舞台でその素質は再び解き放たれた。このレースを分析していきながら、同馬がレースを制したポイントやダノンプレミアム、ブラストワンピースなど他馬の敗因を探っていこう。


結果・着順

馬名騎手
厩舎
人気
オッズ
1
ワグネリアン福永騎手5
牡357(栗東)友道12.5
2
エポカドーロ戸崎圭騎手4
牡357(栗東)藤原英10.5
3
コズミックフォース石橋脩騎手16
牡357(美浦)国枝223.7
4
エタリオウボウマン騎手13
牡357(栗東)友道99.1
5
ブラストワンピース池添騎手2
牡357(美浦)大竹4.6
6
ダノンプレミアム川田騎手1
牡357(栗東)中内田2.1
7
ゴーフォザサミット蛯名騎手7
牡357(美浦)藤沢和21.3
8
ステルヴィオルメール騎手6
牡357(美浦)木村16.5
9
アドマイヤアルバ丸山騎手17
牡357(栗東)須貝231
10
ステイフーリッシュ横山典騎手10
牡357(栗東)矢作39.8
11
タイムフライヤー内田博騎手14
牡357(栗東)松田110
12
キタノコマンドールMデムーロ騎手3
牡357(栗東)池江8
13
サンリヴァル浜中騎手12
牡357(栗東)藤岡87
14
グレイル岩田騎手9
牡357(栗東)野中29.2
15
オウケンムーン北村宏騎手15
牡357(美浦)国枝130.4
16
ジェネラーレウーノ田辺騎手8
牡357(美浦)矢野23.8
17
○外ジャンダルム武豊騎手11
牡357(栗東)池江71.2
18
テーオーエナジー藤岡康騎手18
牡357(栗東)宮306.9

払い戻し

単勝171,250円5人気
複勝17
12
07
410円
390円
3,640円
5人気
4人気
17人気
枠連06 – 083,190円14人気
馬連12 – 177,950円23人気
ワイド12 – 17
07 – 17
07 – 12
2,710円
34,420円
30,290円
28人気
113人気
108人気
馬単17 → 1215,520円49人気
三連複07 – 12 – 17521,600円453人気
三連単17 → 12 → 072,856,300円2,229人気

レース分析

レースのラップを見ていこう。前半が48秒4、中盤が48秒9、後半が46秒3という推移だったので極端な上がりの勝負だったと言える。

また内が伸びる馬場も作用し力を出し切れなかった馬も多くいたように思われる。では、各馬について見ていきたい。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 ワグネリアン

積極的に出して行き予想外に前目の位置取りとなった。タイトになりそうだった1コーナーでも位置を主張し好位をしっかりとものにした。結果的に言えばこの時点で勝負はついていた。

そのまま絶好位を進み直線もスムースに外へ。粘ったエポカドーロに手を焼いたものの最後はきっちり抜けて危なげなく優勝。世代の頂点に立った。外が伸びない馬場状態で自身は外枠。その不利を打ち消す見事な積極策だった。

2着 エポカドーロ

気合いを付けてハナへ。淡々と流れるペースを演出しゴール寸前まで先頭を保持し世代最速の実力を存分に見せつけた。

ペースや馬場に恵まれた部分は大きく距離はぎりぎりだったように思える。中間も軽めの調整で少なくとも前走以上の出来にはないように思えたが、その中でのこの奮闘は価値が高い。負けはしたがやはり力がある。

3着 コズミックフォース

ワグネリアンの内目に位置したが、早めに動き直線を向いたところですでに2番手。そこからもしぶとく食い下がり馬券内に残った。

この馬も展開面の恩恵はあったが、初のG1でこの走りは立派。一級線相手でも見劣らない実力馬だ。

4着 エタリオウ

スタート直後は最後方。そこから少し追い上げて後方のインを追走。直線はやや強引な動きもあったがグイグイ伸びた。この展開でここまで追い上げたのは地力の証。最後ラップが落ちたところでの急追した勝負強さは実にステイゴールド産駒らしい。

5着 ブラストワンピース

先団のやや後ろを追走。直線はワグネリアンの内から外に切り替えるシーンが勿体なかった。もう少し好走出来た可能性は十分にある。体もやや緩かったか。

6着 ダノンプレミアム

内の3番手を追走。やや力んでいた。直線は進路も微妙だったが、敗因は距離と力みのほうがメインだろう。着差はさほどなく、リラックスして走れていれば勝ち負けまであったか。短縮で見直し。

12着 キタノコマンドール

後方のインを進み、直線は大外へ。しかし内の馬たちが全く止まらず出番なし。展開は間違いなく向いていないが、それを差し引いても残念な大敗。戦法の引き出しのなさ等キャリアの浅さが響いた。

まとめ

府中でなら弾けてくれないか?届かなければ仕方ない。おそらくワグネリアンを本命にした多くの人の思いはそうではなかっただろうか?

それがふたをあけてみればまさかまさかの先行策。こんな器用な競馬が出来るとどれだけの人が思っていただろうか。しかしそれはこの大一番で鮮やかに成し遂げられた。

未完の大器かと思われた素質馬が、一世一代の大舞台で奏でた旋律はあまりにも美しく、一家の悲願と多くの感動を呼ぶのに十分すぎるものだった。

文=櫻井秀幸


アーモンドアイの勝因、ラッキーライラックの敗因は?優駿牝馬オークス2018回顧

(C)shin1k

悠々と春二冠。

5月20日に東京競馬場で行われたオークス(G1/芝2400)はアーモンドアイの優勝に終わった。

圧倒的に人気に応え秋には三冠を、という期待を誰もが抱くような走りを見せ堂々と駆け抜けたアーモンドアイ。このレースを分析していきながら、同馬がレースを制したポイントやラッキーライラック、サトノワルキューレなど他馬の敗因を探っていこう。


結果・着順

馬名騎手
厩舎
人気
オッズ
1
アーモンドアイルメール騎手1
牝355(美浦)国枝1.7
2
リリーノーブル川田騎手4
牝355(栗東)藤岡12.3
3
ラッキーライラック石橋脩騎手2
牝355(栗東)松永幹4.1
4
レッドサクヤ福永騎手11
牝355(栗東)藤原英83.9
5
マウレア武豊騎手6
牝355(美浦)手塚28.7
6
サトノワルキューレMデムーロ騎手3
牝355(栗東)角居5.5
7
パイオニアバイオ北村宏騎手9
牝355(美浦)牧72.9
8
ウスベニノキミ三浦騎手12
牝355(栗東)鈴木孝200.3
9
オールフォーラヴ和田騎手5
牝355(栗東)中内田24.7
10
ロサグラウカ戸崎圭騎手8
牝355(美浦)尾関70.2
11
○外ランドネ内田博騎手10
牝355(栗東)角居80.8
12
シスターフラッグ岩田騎手16
牝355(栗東)西村406.4
13
カンタービレ田辺騎手7
牝355(栗東)角居36.3
14
トーホウアルテミス松若騎手13
牝355(栗東)谷241.3
15
ウインラナキラ大野騎手17
牝355(栗東)宮669
16
サヤカチャン松岡騎手14
牝355(栗東)田所262.5
17
オハナ藤岡康騎手15
牝355(美浦)堀338.4

払い戻し

単勝13170円1人気
複勝13
01
02
110円
200円
120円
1人気
4人気
2人気
枠連01 – 07260円1人気
馬連01 – 131,190円4人気
ワイド01 – 13
02 – 13
01 – 02
370円
160円
390円
4人気
1人気
5人気
馬単13 → 011,410円4人気
三連複01 – 02 – 13750円2人気
三連単13 → 01 → 023,360円5人気

レース分析

レースのラップを見ていこう。前半が47秒6、中盤が48秒9、後半が47秒3という推移だったので比較的上がりの勝負だったと言える。

先週に続き馬場状態も良く、また天候にも恵まれ今週も高速決着となった。では、各馬について見ていきたい。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 アーモンドアイ

やや内にもたれたスタートだったが先団の後ろにすんなり位置することが出来た。

直線を向いても手ごたえは絶好。追われてからも内によれ2着馬にやや不利を与えたのは良くなかったが、能力的にはやはり抜けていた。

2着 リリーノーブル

好枠からしっかりポジションを取り3番手をがっちりキープ。

直線も一旦抜けだしたがそこを勝ち馬に強襲され抵抗出来ず。前述のとおりやや不利はあったがそれを差し引いても完敗。例年なら優勝馬レベルの水準にはあるだろう。

3着 ラッキーライラック

5番手あたりを追走し、最後も脚は使ったが惜しい敗戦ではなかった。直線はリリーノーブルの内に差し込んだほうがいくらかチャンスはあったか。

4着 レッドサクヤ

中団から進め直線はラッキーライラックの後ろから。捌いてよく伸びたがここまで。力は出し切った。

5着 マウレア

サトノワルキューレやオールフォーラヴらと同じような中団の位置から。掲示板には載ったがそこまで見せ場はなかった。世代上位ではあるがトップクラスとの差もかなり大きい。

6着 サトノワルキューレ

この馬も中団から。直線は外から伸びかけたが前の組には遠く及ばず。力の差を見せられた。

9着 オールフォーラヴ

中団のインを進み直線も内目から。止まってはいないが目立つ脚を使えず。血統的にも本格化は秋以降か。

まとめ

三冠も良いが凱旋門賞に行ってほしい!そうも思うほどの破壊力を見せアーモンドアイが圧勝で春二冠を達成。

相変わらずやや不器用なところも見せてはいるがそのスケールの大きさは牝馬離れしているし、三歳馬離れもしている。

オークス2着だった母の無念を晴らしたじゃじゃ馬な孝行娘の行く末にこれからも目が離せない。

文=櫻井秀幸


サンライズソアの勝因、グレイトパールの敗因は?平安S2018回顧

(C)Arappa

強行軍が闘争心を呼び戻す。

5月12日に京都競馬場で行われた平安ステークス(G3/ダート1900)はまさかの大敗から中1週の強行軍で鮮やかな変わり身を見せたサンライズソアの優勝に終わった。

このレースを分析していきながら同馬がレースを制したポイントや、グレイトパール、テイエムジンソクなど他馬の敗因を探っていこう。


結果・着順

馬名騎手
厩舎
人気
オッズ
1
サンライズソアMデムーロ騎手7
牡457(栗東)河内18.7
2
クイーンマンボルメール騎手3
牝455(栗東)角居11
3
クインズサターン四位騎手5
牡556(栗東)野中17.1
4
ミツバ松山騎手6
牡657(栗東)加用17.3
5
グレイトパール川田騎手1
牡557(栗東)中内田1.7
6
テイエムジンソク古川騎手2
牡658(栗東)木原3.4
7
メイショウスミトモ和田騎手14
牡758(栗東)南井274.4
8
アスカノロマン太宰騎手13
牡757(栗東)川村234.9
9
コスモカナディアン丹内騎手10
牡556(美浦)金成102.8
10
メイショウウタゲ武豊騎手11
牡756(栗東)安達135.6
11
プリンシアコメータ岩田騎手9
牝554(美浦)矢野88
12
ナムラアラシ福永騎手4
牡556(栗東)牧田15.7
13
トップディーヴォ田中勝騎手8
牡656(栗東)昆78
14
サンマルデューク武士沢騎手16
牡956(美浦)和田勇355.5
15
クリノスターオー幸騎手12
牡856(栗東)高橋忠183.5
16
マイティティー岩崎騎手15
牝654(栗東)本田301.3

払い戻し

単勝91,870円7人気
複勝09
14
10
740円
650円
580円
7人気
6人気
4人気
枠連05 – 071,650円5人気
馬連09 – 145,940円13人気
ワイド09 – 14
09 – 10
10 – 14
1,830円
2,530円
2,180円
18人気
26人気
22人気
馬単09 → 1416,030円33人気
三連複09 – 10 – 1424,480円55人気
三連単09 → 14 → 10168,500円303人気

レース分析

ラップを見てみよう。最初の100メートルを除外すると37秒1、36秒1、37秒という推移となっており、中盤がやや速い消耗戦の要素が強かった。

上がりがかかる展開を逃げ切った勝ち馬のスタミナ光ったレースと言える。では各馬の、勝因・敗因について見ていこう。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 サンライズソア

押して前に行きハナを奪った。後続の突き上げもあったが直線入り口で振り切りそのままゴールに駆け込んだ。

行きっぷりの悪かった前走から一変、厳しい流れを押し切ったのは地力の証。ムラな面はあるが能力は高い。

2着 クイーンマンボ

中団から進みミツバやグレイトパールの押上げをやり過ごし脚を溜めた。外目を良く伸びて連を確保。牡馬相手でも見劣らない。

3着 クインズサターン

中団の後ろ目を追走。2着馬よりさらに後方から脚を伸ばしたがわずかに届かず3着まで。堅実な末脚で手堅いが勝ち味には遅いか。

5着 グレイトパール

後方から進めたが道中でミツバを連れて一気に進出。しかし捲りきれず、伸びきれず。強引なレースぶりだったとはいえやや不本意。

6着 テイエムジンソク

3番手あたりから進めたが、そこから少し下げて先団の一角。直線は内から伸びようとしたが、先に抜け出す形に持ち込めずあまり見どころのない走りとなった。らしさの出せないレース運びだったが、大敗のフェブラリーステークスの影響も感じた。

まとめ

高齢馬の息の長い活躍が目立つダート界で4歳の新鋭が初の中央重賞勝ち。気分よく自分の形に持ち込めば本当に粘り強い。

大レースに再度挑む日も近いだろう。わずかクビの差でG1タイトルを逃して早1年と経とうとしている。雪辱への予行演習は完了だ。

文=櫻井秀幸


ムーンクエイクの勝因、ダンスディレクターの敗因は?京王杯SC2018回顧

(C)masakin0712

確かな絆で叩き出したレコードタイム。

5月12日に東京競馬場で行われた京王杯スプリングカップ(G2/芝1400)はムーンクエイクの優勝に終わった。

安田記念を睨む府中の舞台に揃った18頭。1番人気の単勝オッズ4.9が示すように混戦が予想され、実際直線は激しい叩きあいとなった。このレースを分析していきながらムーンクエイクがレースを制したポイントや、ダンスディレクターなど他馬の敗因を探っていこう。


結果・着順

馬名騎手
厩舎
人気
オッズ
1
ムーンクエイクルメール騎手4
セ556(美浦)藤沢和7.1
2
○外キャンベルジュニア石橋脩騎手7
牡656(美浦)堀17.4
3
サトノアレス蛯名騎手2
牡456(美浦)藤沢和5.1
4
グレーターロンドン田辺騎手3
牡656(美浦)大竹5.5
5
ラインスピリット森一騎手14
牡756(栗東)松永昌170.3
6
リライアブルエース戸崎圭騎手6
牡556(栗東)矢作13.4
7
ウインガニオン津村騎手11
牡656(栗東)西園21.8
8
シュウジ横山典騎手8
牡556(栗東)須貝18.5
9
アドマイヤゴッド内田博騎手17
牡656(栗東)須貝286.3
10
テオドール石川騎手13
牡556(美浦)国枝40.9
11
トウショウピスト田中勝騎手15
牡656(栗東)角田172.2
12
セイウンコウセイ三浦騎手5
牡557(美浦)上原8.4
13
ビップライブリー大野騎手10
牡556(栗東)清水久20.9
14
○地アイライン北村宏騎手16
牝654(美浦)高橋裕176
15
ダンスディレクター武豊騎手1
牡856(栗東)笹田4.9
16
ノボバカラ武藤騎手18
牡656(美浦)天間327.4
17
ダイメイフジ松山騎手9
牡456(栗東)森田19
18
○外フィアーノロマーノ川田騎手12
牡455(栗東)高野26.2

払い戻し

単勝5710円4人気
複勝05
17
01
270円
430円
200円
4人気
8人気
2人気
枠連03 – 081,700円7人気
馬連05 – 176,000円24人気
ワイド05 – 17
01 – 05
01 – 17
2,300円
870円
1,740円
30人気
5人気
19人気
馬単05 → 179,890円38人気
三連複01 – 05 – 1711,860円33人気
三連単05 → 17 → 0176,780円241人気

レース分析

ラップを見てみると最初の3ハロンが34秒2、ラスト3ハロンも34秒1となっておりほぼイーヴンな流れだった。

東京競馬場の馬場状態が異常と言えるほどよく、時計は非常に速いが展開の有利不利はさほどない一戦だったと言えるだろう。では各馬の、勝因・敗因について見ていこう。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 ムーンクエイク

中団の外目を追走。直線を向いたところでもまだ前とは差があったがそこからしぶとく脚を伸ばした。

ゴール前は2、3着馬の間という厳しいスペースに位置しながらもしっかり抜けきった。大事に使われてきた素質馬がタイトルを引っさげ、いざ本番へ。

2着 キャンベルジュニア

勝ったムーンクエイクの少し前目の位置取り。残り100で先頭に立ったが最後で力尽きた。ただ昨年結果が出なかった1400に対応出来たことは大きな収穫。

3着 サトノアレス

後方からの競馬になり直線も大外から。一気の決め手を見せたが最後は同じ脚色に。しかしこれで3戦連続での好走、G1馬がいよいよ完全復調か。同門のムーンクエイクと共に大一番へ。

15着 ダンスディレクター

勝ち馬の後ろに位置した。直線は差を詰めようとするものの伸びることが出来ず。着順ほど負けてはいないが、酌量の余地も少なく残念な大敗。年齢的なものもあるか。

まとめ

1分19秒5という驚異的なレコードで駆け抜けたムーンクエイクが初の重賞挑戦で見事に優勝。

ルメール騎手では8戦6勝の同馬だが、他の騎手では4戦全敗。癖の強い馬を未勝利時代から藤沢トレーナーと二人三脚で育ててきただけに鞍上の喜びもひとしおだろう。

文=櫻井秀幸


競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る