(C)masakin0712

確かな絆で叩き出したレコードタイム。

5月12日に東京競馬場で行われた京王杯スプリングカップ(G2/芝1400)はムーンクエイクの優勝に終わった。

安田記念を睨む府中の舞台に揃った18頭。1番人気の単勝オッズ4.9が示すように混戦が予想され、実際直線は激しい叩きあいとなった。このレースを分析していきながらムーンクエイクがレースを制したポイントや、ダンスディレクターなど他馬の敗因を探っていこう。


結果・着順

馬名騎手
厩舎
人気
オッズ
1
ムーンクエイクルメール騎手4
セ556(美浦)藤沢和7.1
2
○外キャンベルジュニア石橋脩騎手7
牡656(美浦)堀17.4
3
サトノアレス蛯名騎手2
牡456(美浦)藤沢和5.1
4
グレーターロンドン田辺騎手3
牡656(美浦)大竹5.5
5
ラインスピリット森一騎手14
牡756(栗東)松永昌170.3
6
リライアブルエース戸崎圭騎手6
牡556(栗東)矢作13.4
7
ウインガニオン津村騎手11
牡656(栗東)西園21.8
8
シュウジ横山典騎手8
牡556(栗東)須貝18.5
9
アドマイヤゴッド内田博騎手17
牡656(栗東)須貝286.3
10
テオドール石川騎手13
牡556(美浦)国枝40.9
11
トウショウピスト田中勝騎手15
牡656(栗東)角田172.2
12
セイウンコウセイ三浦騎手5
牡557(美浦)上原8.4
13
ビップライブリー大野騎手10
牡556(栗東)清水久20.9
14
○地アイライン北村宏騎手16
牝654(美浦)高橋裕176
15
ダンスディレクター武豊騎手1
牡856(栗東)笹田4.9
16
ノボバカラ武藤騎手18
牡656(美浦)天間327.4
17
ダイメイフジ松山騎手9
牡456(栗東)森田19
18
○外フィアーノロマーノ川田騎手12
牡455(栗東)高野26.2

払い戻し

単勝5710円4人気
複勝05
17
01
270円
430円
200円
4人気
8人気
2人気
枠連03 - 081,700円7人気
馬連05 - 176,000円24人気
ワイド05 - 17
01 - 05
01 - 17
2,300円
870円
1,740円
30人気
5人気
19人気
馬単05 → 179,890円38人気
三連複01 - 05 - 1711,860円33人気
三連単05 → 17 → 0176,780円241人気

レース分析

ラップを見てみると最初の3ハロンが34秒2、ラスト3ハロンも34秒1となっておりほぼイーヴンな流れだった。

東京競馬場の馬場状態が異常と言えるほどよく、時計は非常に速いが展開の有利不利はさほどない一戦だったと言えるだろう。では各馬の、勝因・敗因について見ていこう。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 ムーンクエイク

中団の外目を追走。直線を向いたところでもまだ前とは差があったがそこからしぶとく脚を伸ばした。

ゴール前は2、3着馬の間という厳しいスペースに位置しながらもしっかり抜けきった。大事に使われてきた素質馬がタイトルを引っさげ、いざ本番へ。

2着 キャンベルジュニア

勝ったムーンクエイクの少し前目の位置取り。残り100で先頭に立ったが最後で力尽きた。ただ昨年結果が出なかった1400に対応出来たことは大きな収穫。

3着 サトノアレス

後方からの競馬になり直線も大外から。一気の決め手を見せたが最後は同じ脚色に。しかしこれで3戦連続での好走、G1馬がいよいよ完全復調か。同門のムーンクエイクと共に大一番へ。

15着 ダンスディレクター

勝ち馬の後ろに位置した。直線は差を詰めようとするものの伸びることが出来ず。着順ほど負けてはいないが、酌量の余地も少なく残念な大敗。年齢的なものもあるか。

まとめ

1分19秒5という驚異的なレコードで駆け抜けたムーンクエイクが初の重賞挑戦で見事に優勝。

ルメール騎手では8戦6勝の同馬だが、他の騎手では4戦全敗。癖の強い馬を未勝利時代から藤沢トレーナーと二人三脚で育ててきただけに鞍上の喜びもひとしおだろう。

文=櫻井秀幸

おすすめの記事