実力馬に待望の初タイトル。

5月6日に新潟競馬場で行われた新潟大賞典(G3/芝2000 外回り)はスズカデヴィアスの優勝に終わった。骨っぽいメンバーがそろった難解なハンデ戦に爆発的な末脚で決着をつけた。

レースを分析していきながらスズカデヴィアスがレースを制したポイントやトリオンフなど他馬の敗因を探っていこう。


結果・着順

馬名騎手
厩舎
人気
オッズ
1
スズカデヴィアス三浦騎手5
牡756.5(栗東)橋田8.2
2
ステイインシアトル秋山騎手9
牡757(栗東)池江26.7
3
ナスノセイカン丸山騎手11
牡655(美浦)矢野43.2
4
トリオンフ松田騎手1
セ457(栗東)須貝3
5
トーセンマタコイヤ柴田善騎手8
牡754(美浦)加藤征18.4
6
マイスタイル田中勝騎手2
牡455(栗東)昆5.3
7
ケントオー石川騎手15
牡656(栗東)西橋80.9
8
ハクサンルドルフ丸田騎手4
牡555(栗東)西園8.1
9
アウトライアーズ横山武騎手13
牡454(美浦)小島65
10
シャイニープリンス勝浦騎手16
牡856(美浦)栗田博180.3
11
ステファノス和田騎手3
牡758(栗東)藤原英5.9
12
カレンラストショー荻野極騎手6
牡654(栗東)橋口15.9
13
ハッピーユニバンス藤懸騎手10
牝651(栗東)平田37.4
14
ロッカフラベイビー杉原騎手12
牝651(美浦)鹿戸59.7
15
ナイトオブナイツ津村騎手7
牡554(栗東)池添兼18.2
16
ラインルーフ森一騎手14
牡654(栗東)松永昌80.4

払い戻し

単勝1820円5人気
複勝01
14
02
280円
940円
1,020円
4人気
10人気
11人気
枠連01 - 071,710円10人気
馬連01 - 1410,890円36人気
ワイド01 - 14
01 - 02
02 - 14
3,080円
3,370円
14,750円
34人気
39人気
94人気
馬単01 → 1420,690円70人気
三連複01 - 02 - 14106,860円248人気
三連単01 → 14 → 02581,000円1,284人気

レース分析

ラップを見てみると前半が62秒3に対して後半は57秒7。前後半で5秒近くも差がある完全な上がりの競馬となった。

各馬が脚を残した状況で馬群は大きく横に広がる差の付きにくいレースとなったが、勝負の分岐点はどこにあったのだろうか?勝因・敗因について見ていこう。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 スズカデヴィアス

枠なりに進み道中は中団の内。直線も比較的内を突く形で開いた進路をぐいぐい伸びてきた。

重賞でも何度も上位に食い込みながら、勝ち運に恵まれなかった実力派が遂に重賞制覇を果たした。

2着 ステイインシアトル

2番手を進み直線は外を選択し良く粘りこんだ。逃げない形で好走出来たことも収穫。

3着 ナスノセイカン

先団を進み直線はステイインシアトルの内を突きこちらもしぶとい粘り腰。叩き2走目で前進。成長力のあるハーツクライ産駒で今後も楽しみ。左回りも強い。

4着 トリオンフ

中団を進み、直線では外から追い上げを図ったがここまで。決めて勝負はあまり向かないタイプか。

6着 マイスタイル

中団の外目に位置し、直線は大外へ。止まってはいないがロスの多い競馬でやや消化不良。

11着 ステファノス

後方から進めたが直線も伸びるシーンはなかった。直線は前に壁がある形だった上に元来休み明けも苦手。しかし負け過ぎた感は大きい。

まとめ

今期好調の三浦騎手の手綱も軽やかに何度も何度も差し損ねて来た重賞の舞台でスズカデヴィアスがあっさりと突き抜けてみせた。

妹のレイホーロマンスも好走が見られるように特にローカル重賞では頼りになる血統。この日の直線で見せた脚のように息の長い活躍をまだまだ見せてくれそうだ。

文=櫻井秀幸

おすすめの記事