(C)n.hiroto

見せつけた成長力。

4月22日に京都競馬場で行われたマイラーズカップ(G2/芝1600 外回り)はサングレーザーの優勝に終わった。

豪華なメンバーが揃った安田記念前哨戦は意外なワンサイドのレコード決着となった。レースを分析していきながらサングレーザーがレースを制したポイントやエアスピネル、モズアスコットなど他馬の敗因を探っていこう。


結果・着順

馬名騎手
厩舎
人気
オッズ
1
サングレーザー福永騎手4
牡457(栗東)浅見6.8
2
○外モズアスコットルメール騎手2
牡456(栗東)矢作3.5
3
エアスピネル武豊騎手1
牡556(栗東)笹田2.9
4
ガリバルディ和田騎手11
牡756(栗東)藤原英152.6
5
ベルキャニオン藤岡佑騎手10
牡756(美浦)堀113
6
グァンチャーレ古川騎手8
牡656(栗東)北出27.8
7
ロジクライ川田騎手3
牡556(栗東)須貝4.4
8
○外ダッシングブレイズ浜中騎手7
牡656(栗東)吉村24.4
9
ブラックムーン秋山騎手6
牡656(栗東)西浦14.2
10
ムーンクレスト松田騎手13
牡656(栗東)本田318.9
11
□地ピークトラム小牧騎手14
牡756(地方)山口浩572.3
12
ヤングマンパワー岩田騎手5
牡656(美浦)手塚13.9
13
テイエムイナズマ四位騎手12
牡856(栗東)武英279.7
14
カデナ幸騎手9
牡456(栗東)中竹83.7

払い戻し

単勝5680円4人気
複勝05
09
04
160円
130円
120円
4人気
2人気
1人気
枠連04 - 061,010円5人気
馬連05 - 091,270円5人気
ワイド05 - 09
04 - 05
04 - 09
410円
280円
230円
5人気
3人気
1人気
馬単05 → 092,840円11人気
三連複04 - 05 - 09860円2人気
三連単05 → 09 → 047,060円15人気

レース分析

まずラップを見てみると、前半が45秒8、後半が45秒5とほぼイーヴンなラップとなっていた。

レコードタイムが示すように超高速での決着であり、持続力とスピードが求められるレースとなった。では、各馬を振り返って行こう。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 サングレーザー

後方の内を進んだ。外は回らず内目をさばいて中団まで進出し直線へ。

そこからすさまじい決め手を発揮し、エアスピネルを捉えると先に抜け出していたモズアスコットまで楽に差し切ってみせた。完全に本格化。

2着 モズアスコット

早めに2番手に上がり、直線も早々に先頭を奪った。そのまま粘り込みを図るが最後に勝ち馬に捕まってしまった。ただこの馬としてはかなり積極的な競馬をしたこともあり、次走溜めが利けば弾ける可能性は高い。

3着 エアスピネル

中団のイン、ポケットの位置を追走。前を射程圏に入れて直線も向いたがイマイチ伸び切れず。甘さを見せたが、休み明けとしては及第点か。

7着 ロジクライ

ハナへ行きレースを引っ張った。そこまで厳しい流れではなかったがモズアスコットに早めに来られさほど抵抗できず。逃げる形はあまり得意ではなさそうだ。

まとめ

驚くほどスムースなレース運びで快勝を収めたサングレーザーの前途はあまりにも明るい。

早くから将来を嘱望された素質馬が善戦続きだった昨秋から一変、凄味すら感じる逞しさを披露した。豊作な4歳マイラーにまた主役候補が一頭誕生した。

文=櫻井秀幸

おすすめの記事