カテゴリー:回顧

競馬予想のヒント!次走の注目馬は?馬券的中に繋がる未来の激走馬/11月第4週

(C)競馬TIMES

競馬を予想するのは楽しい。しかし、予想を繰り返すだけでは馬券が当たるようにはならない。

どうすれば馬券が当たるようになるのか? 一つは、過去のレースをしっかりと振り返り、次走激走しそうな未来の穴馬を見つけていくことだ。

そこで本連載では先週の競馬を徹底分析。不利を受けた馬や強い競馬をした馬にフォーカスし、未来の激走馬を導き出していく。


次走の注目馬 11月25日(土)

ラスティユース/田中勝春騎手(15人気3着)

東京6R 2歳新馬(ダート/1600m)

スタートで出遅れて最後方からの競馬に。道中も前に大きく離されて直線に入った。直線を向いて外に出し、そこから後方一気。前の2頭には離されたが、すごい脚で追い込んでの3着。スタートからスムースに競馬ができれば次走十分勝ち負けに期待できる。直線一気であるため直線の長い東京が狙い目。3着だったこともあり、次走人気することも予想されるが、前の2頭が勝ち上がって善戦するようであれば単勝でも。

メリートーン/丸山元気騎手(7人気5着)

東京10R 銀嶺S(ダート/1400m)

外枠まずまずのスタート、後ろから3頭目あたりまで下げて3-4角へ入った。4角は外を回って直線へ、外からいい脚で伸びて行って5着入線となった。3-4角で外を回ったことが大きなロスとなった。3-4角メリートーンの内を回って直線に入ったプリサイスエースは、いい脚で追い込んで2着でゴールした。次走道中ロスなく立ち回ることができれば馬券内にきても驚きはない。

次走の注目馬 11月26日(日)

ヤマイチジャスティ/田中勝春騎手(10人気4着)

東京6R 3歳上500万下(ダート/1600m)

内枠3番からまずまずのスタートで芝からダートに入って行く。後ろから5頭目あたりで3-4角へ、11番ポップアップスターの内にポジションを取っていたが、仕掛けるタイミングが遅く11番を待ってから追い出す形となった。いい脚を使って4着まで来ていることもあって、スムースに追い出すことができれば馬券内も。騎手が替われば人気する可能性もある。

エンジニア/北村宏司(4番人気2着)

東京8R オリエンタル賞(芝/1800m)

まずまずのスタートから中団内にポジションを取った。直線内から追い出して馬群を捌いての2着入線。勝ち馬との差は直線の捌きのスムースさだろう。最内から1つ外に出す際にロスがあった。2着だったため次走の人気は必至だが、騎手替わりで狙いたい。

レインボーライン/岩田康誠騎手(8番人気6着)

東京11R ジャパンカップ(芝/2400m)

スタートでダッシュが付かず昨年同様後ろからの競馬となった。岩田騎手のイン突きに期待したファンも多かったのではないか。シンガリで直線を向くも、コース取りに迷ったように見える。マカヒキの直後に付いて上がり最速の脚で追い込んだ。6着という結果に終わったが、岩田騎手もコメントしているように中団に付けて競馬ができればまた違った結果になったかも知れない。実際馬券となった3頭との差は小さいとは言えないが、雨馬場専用と見限るのは時期尚早ではないか。

次走の注目馬 11月18、19日

ミュージアムヒル/北村宏司騎手(3人気2着)

東京9R 赤松賞(芝/1600m)

まずまずのスタートから、中団内で道中へ。直線を向いていいタイミングで外前に進路がなかった。遅れて出してスピードに乗ったところで前の馬がヨレて減速。そこからもう一度追い込んできて2着。次走人気必至だがまともなら勝ち上がりレベル。前の馬がヨレなければ勝ってもおかしくなかった。

ニシノジャガーズ/北村宏司騎手(3番人気2着)

東京1R 2歳未勝利(芝/1400m)

スタートで出遅れて後方からの競馬となった。直線では詰まって追い出すのが遅れた。外の馬を待ってから外に出して2着入線。待って先に行かせた馬が勝ったようにまともに乗れれば勝てる馬。次走乗り替わり、人気するのは必至だが自信を持って買いたい1頭。


グレイルの勝因、タイムフライヤーの敗因は?京都2歳S2017回顧

(C)n.hiroto

2017年11月25日、京都競馬場でラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス(GⅢ/芝2000m)が行われ、2番人気に推されたグレイルが差し切り勝ちを収めた。

一番人気のタイムフライヤーは僅差の2着に終わった。

勝者、敗者をわけた“分岐点”はどこにあったのだろうか? 振り返っていくことにしよう。


結果・着順

2017年11月25日(土) 5回京都7日 天候 : 晴  馬場状態 : 良
【11R】 第4回ラジオNIKKEI杯京都2歳S
2歳・オープン・G3(馬齢) (国際)(指定) 芝・内 2000m 9頭立

馬名性齢
6グレイル牡22
2タイムフライヤー牡21
1ケイティクレバー牡25
4アイトーン牡27
7シスターフラッグ牝26
9ナムラアッパレ牡29
3マイハートビート牡24
8スラッシュメタル牡23
5ランリーナ牝28

LAP 12.6-11.5-12.6-12.4-12.6-13.0-12.3-11.6-11.3-11.7
通過 36.7-49.1-61.7-74.7  上り 72.5-59.9-46.9-34.6  平均 1F:12.16 / 3F:36.48

払い戻し

単勝  6 \480
複勝  6 \130 / 2 \110 / 1 \190
枠連  2-6 \400 (1)
馬連  02-06 \380 (1)
ワイド 02-06 \190 (1)/ 01-06 \620 (10)/ 01-02 \320 (4)
馬単  06-02 \1000 (4)
3連複 01-02-06 \1180 (5/84)
3連単 06-02-01 \5450 (21/504)

レース分析

勝ち時計の2分1秒6は重賞に昇格する以前も含めて考えてもほぼほぼ平均的な時計で特段ハイレベルとは言えない。

ただラスト5Fはわずかながら1分を切っており、特に最後の3Fは持続力と瞬発力を問われるレースとなった。

逃げたケイティクレバーが3着に残ったとはいえ、前2頭とは着差があり1、2着馬の力が目立ったレースと判断できるだろう。

出走馬勝因、敗因

1着 グレイル

特に勝ったグレイルは不良だったデビュー戦とは全く違う条件をあっさりこなしたあたり、万能型のクラシック候補と言えるだろう。

断然人気のタイムフライヤーとは残り1Fを切ったあたりでも2馬身ほどの差があったが、そこからぐいぐい差を詰め捕まえきった。

馬場不問に、鋭い決め手。出世が見込まれる。

2着 タイムフライヤー

僅差負けのタイムフライヤーも十分に力は見せた。

前半楽をしていた前を自力で捕まえ、一旦は完全に抜け出していた。最後は出し抜けを食らうような形にもなり、運もなかった。

マークされる立場であったことが大いに影響したレースであり、まだまだ見限れない。展開ひとつで勝ち馬を逆転することも可能だ。

1、2着馬はともにハーツクライ産駒。寒い時期になると走る傾向が強く、この時期以降特に超注意だ。

3着 ケイティクレバー

こちらは好調ハービンジャー産駒。産駒得意のそれほど重い馬場ではない中でよく踏ん張ったが、前走と走破時計はほぼ同じ。力は出し切ったし、恵まれの入線だった感も。

人気しないタイプで馬券的妙味はある馬なので、メンバー構成次第で狙いどころを絞れば面白い存在だ。

4着 アイトーン

5着 シスターフラッグ

6着 ナムラアッパレ

7着 マイハートビート

8着 スラッシュメタル

9着 ランリーナ

人気どころではマイハートビートとスラッシュメタルは大敗に終わった。


良いところなく沈んだスラッシュメタルに関してはしばらく静観としたいところ。

ただマイハートビートは巻き返しに期待できる。

まずスタートで2馬身は出遅たが、ここ2走そういう傾向はなかった。出遅れ癖のある馬とは言えず、まずこの要因は度外視する。

そして後方から進めたが、ピッチがあがった残り600から一気に進出してしまい、最後は失速。1400mからの1Fは外を回って11秒前半で動いている。

これでは止まるのも当然で、むしろ瞬間的加速力に期待が高まる。展開に注文のつく面はあるが、評価を落とすのは危険だ。

その他では上がり3Fで1、2着馬に続いたナムラアッパレの末脚に多少見どころがあった。

掲示板に載ったとはいえ、なだれ込んだ印象が強いアイトーン、シスターフラッグもまだまだ地力強化が必要。ランリーナは関東の自己条件から出直し。

文=櫻井秀幸


シュヴァルグランの勝因、キタサンブラックやレイデオロの敗因は?ジャパンカップ2017回顧

(C) 2017 Ricky All Rights Reserved.

11月26日、東京競馬場でジャパンカップ (GI/芝2500m)が行われ、シュヴァルグラン(牡5/栗東 友道厩舎)が優勝した。逃げた1番人気キタサンブラックを直線で捉え、念願の初GIタイトルを手にした。

強豪がひしめく今年のジャパンカップ、人気馬を退けて優勝したシュヴァルグランの勝因は何だったのか、3着に沈んだキタサンブラックの敗因はどこにあるのか。

勝者、敗者をわけた“分岐点”を、振り返っていくことにしよう。


結果・着順

2017年11月26日(日) 5回東京8日 天候 : 晴  馬場状態 : 良
【11R】 第37回ジャパンカップ
3歳以上・オープン・G1(定量) (国際)(指定) 芝 2400m 17頭立

馬名性齢
1シュヴァルグラン牡55
2レイデオロ牡32
4キタサンブラック牡51
11マカヒキ牡46
14アイダホ牡410
9レインボーライン牡48
8ソウルスターリング牝34
16ヤマカツエース牡512
3ギニョール牡59
1012サトノクラウン牡53
1113シャケトラ牡47
125サウンズオブアース牡611
1210ブームタイム牡616
1417ラストインパクト牡714
156イキートス牡513
1615ワンアンドオンリー牡615
177ディサイファ牡817

LAP 13.0-11.2-12.1-12.1-11.8-12.1-12.3-12.2-11.8-11.3-11.8-12.0
通過 36.3-48.4-60.2-72.3  上り 71.4-59.1-46.9-35.1  平均 1F:11.97 / 3F:35.92

払い戻し

単勝  1 \1330
複勝  1 \190 / 2 \140 / 4 \120
枠連  1-1 \1780 (6)
馬連  01-02 \1770 (7)
ワイド 01-02 \460 (5)/ 01-04 \350 (3)/ 02-04 \230 (1)
馬単  01-02 \5250 (19)
3連複 01-02-04 \1300 (2/680)
3連単 01-02-04 \13340 (36/4080)

レース分析

まずはレースラップをチェックしていきたい

13.0-11.2-12.1-12.1-11.8-12.1-12.3-12.2-11.8-11.3-11.8-12.0(36.3-35.1)

ポイントは2つ

・ラスト3Fが最速ラップだったこと
・前半のペースがややスローではあるものの、昨年より早いペースだったこと

全馬ほぼ揃ったスタートでジャパンカップの幕が開けられた。前走とは変わってスタートを綺麗に決めたキタサンブラックがハナに立って1角へと進んで行った。キタサンブラックがそのまま自分のペースに持ち込んだものの、前半のペースがやや早く、昨年のようなキタサンブラックの楽逃げとはならなかった。

その流れの中でのラスト3Fが最速ラップとなり、キタサンブラックには少々苦しい形となった。ギニョールの後ろ、3列目内にポジションを取り、3、4角をロスなく回ったシュヴァルグラン、スタートで挟まれてポジションを下げることになったレイデオロが直線で抜け出して脚を伸ばして行った。

この2頭が直線でキタサンブラックを捉え、そのまま後続を寄せ付けず残り100m付近でシュヴァルグランがキタサンブラックを捉えた。レイデオロはゴール前でキタサンブラックを交わし、3着で入線した。

不良馬場での開催となった天皇賞(秋)に出走せず、万全の状態でジャパンカップに臨んだ2頭での決着となった。期待された天皇賞(秋)組が馬群に沈む中、かかってこいと言わんばかりに堂々と逃げての3着、キタサンブラックは負けて強し、立派な競馬だったのではないか。

(C) 2017 Ricky All Rights Reserved.

出走馬勝因、敗因

1着 シュヴァルグラン

綺麗にゲートから出て、若干出負けしたレイデオロの進路を締める好スタートとなった。内からギニョールの後ろにポジションを取り、3列目内を回って3角、4角とスムースにレースを進めた。

直線を向くと少し外へ追い出して進出し、あとは苦しい展開となったキタサンブラックを直線で捉えるだけとなった。残り100mでキタサンブラックを抜いて先頭に立ち、悲願の初GI制覇となった。

京都大賞典を叩き台に使い、天皇賞(秋)を回避して万全の状態でこのジャパンカップに臨んだこととボウマン騎手のスムースな騎乗が噛み合ったことが大きな勝因だった。

2着 レイデオロ

スタートが良かった両脇に馬に対し、若干出負けしてしまったレイデオロは、ポジションを下げることを余儀なくされる苦しいスタートとなった。中団の内めで3角まで乗り進めるも、4角から直線に向くところで外へ出し、キタサンブラックを目掛けて進出した。


ジリジリと先頭との距離を縮め、ゴール前でキタサンブラックを交わしての2着入線となった。優勝はならなかったものの、初めての古馬との戦いとなった本レースで堂々の2着は評価に値するものだった。

3着 キタサンブラック

前走とは異なり、綺麗にスタートを決めてスムースに先頭に立った。そのまま自分の競馬に持ち込むも、昨年ほどのスローペースに持ち込むことはできなかった。

前半のペースが昨年より早かった中で、ラスト3Fが最速ラップとなる早仕掛けとなったキタサンブラックは、3列目で脚を溜めていたシュヴァルグラン、中団外めから脚を伸ばしてきたレイデオロに交わされて3着に沈んだ。

天皇賞(秋)の疲労や鞍上武豊の怪我など不安要素がいくつかある中、1番人気を背負ってスタートを迎えた。天皇賞(秋)組で馬券に絡むことができたのがキタサンブラックだけであったことから、やはり前走の疲れは計り知れないほど大きく、その状態で3着に残った力はやはり怪物級だった。

7着 ソウルスターリング

毎日王冠、天皇賞(秋)と惨敗しても4番人気に推されたのは、これまでにソウルスターリングに魅せられたファンの想いだろうか。C. デムーロ騎手を鞍上に、勝ったオークスと同じ舞台でスタートを迎えた。

スタートを決めるも折り合いの不安からか中団にポジションを取った。道中少し掛かり気味で3-4角へ。直線を向いてシュヴァルグランの直後に進路を取って進出するも直線で手応えなく、前と離されて7着となった。

好位に付けたかったが折り合いに問題があり、前に壁を作るためにポジションを下げた。それでも力んでしまい、直線では脚が残っていなかった。

10着 サトノクラウン

M. デムーロ騎手の成績を考慮してか、道悪ではないものの3番人気に推された。外めの枠からスタートし、後方外めにポジションを取った。

3-4角で外からジリジリ押し上げて行き、外から直線伸びて行くと思われたが手応えがなく前と離される。M. デムーロ騎手も無理することはなく10着入線となった。実力を十二分に発揮できる条件が狭い印象が強まる結果となった。


なぜシュヴァルグランはジャパンカップで勝てたのか?GI初制覇の4つの理由

(C)はねひろ

今年最後の大レース、直線の叩き合いに府中が揺れた。

2017年11月26日、東京競馬場でジャパンカップ(GI/芝2400m)が行われ、シュヴァルグランがキタサンブラックやレイデオロとの叩き合いを制し、GI初制覇を成し遂げた。

今までなかなか大レースで結果を出すことのできなかった馬が、なぜジャパンカップという大舞台で好走できたのか? その理由を探っていこう。


好走への3つのカギ

まずは好走への3つのカギ、すべてが揃ったことが大きかった。レース前に挙げていたポイントは3つ。一つ一つ、見ていくことにしよう。

ポイント① レース質はどうなる?

シュヴァルグランは中距離馬というよりステイヤーだ。阪神大賞典を勝ち、天皇賞春で2着。また、スタミナの問われるアルゼンチン共和国杯も勝っている。

ジャパンカップとアルゼンチン共和国杯は100mしか違わないが、コース形態上、2500mのほうが遥かにスタミナが求められるようになっている。よって、ジャパンカップは得意条件からズレるのだ。

よって、シュヴァルグランにとって有利な展開……例えばハイペースでスタミナが問われる展開になることが“必須条件”といえる。

今回はキタサンブラックが逃げ、淀みのないペースを作った。ペースが流れて瞬発力勝負にならなかったことが、大きな勝因の一つだったわけだ。

ポイント② 馬場状態

次に馬場状態もカギになる。ある程度スタミナの問われるような馬場状態になったほうが好都合なのだ。

これに関しては、シュヴァルグランに追い風になっている。

ジャパンカップは東京の最終週に行われる。ただでさえ、馬場が良くないことが多いことに加え、今年は雨が続いて不良馬場の中で開催が行われていた。馬場が痛み、スタミナが問われる状態になる可能性は十分にある。

東京は良馬場開催だったが、パンパンの良馬場ではなく、タフなコンディションだった。スタミナ自慢のシュヴァルグランにとって、好都合だったわけだ。

ポイント③ 位置取りが命運を左右する

そしてもう一つカギになるのが、位置取りだ。シュヴァルグランはスタートが上手ではないため、どうしても位置取りが後ろになってしまう傾向にある。しかし、後方から全馬を差し切るような瞬発力は持っていない。

むしろ、好位置につけて持ち前のスタミナを生かして粘り切るような競馬のほうが合っている。

今年の天皇賞春や、昨年のアルゼンチン共和国杯がそうだった。直線の入り口では5番手以内につけ、上がりを3〜5位でまとめてフィニッシュ、という競馬がいいわけだ。

今回は内枠をいかし、前に出して好位置で競馬ができた。ボウマン騎手のエスコートは完璧、120点の騎乗だったと言っていいだろう。

この3つのカギが揃ったからこそ、GIという扉をこじ開けることができたのだ。

さすがのハーツクライ!脅威の成長力

そしてもう一つ。血統的な要因を挙げずにはいられない。

シュヴァルグランの父ハーツクライは、4歳の有馬記念で当時無敗だったディープインパクトを破ってGI初制覇を果たした。その後、ドバイシーマクラシックを楽勝。日本馬にとって最も難しい大レースの一つであるキングジョージでは3着に敗れたものの、当時欧州最強だったハリケーンラン、エレクトロキューショニストと真っ向勝負を演じた。


血統的に、古馬になってから驚異的な力をつける傾向にあるのだ。

それは、産駒を見ても同じ。代表産駒のジャスタウェイは、4歳の秋に天皇賞秋を制し、そこから世界最強馬に駆け上がった。そしてウインバリアシオン、カレンミロティック、アドマイヤラクティら、古馬GIで活躍する馬は多い。

要するに、ハーツクライ産駒の成長力がビッグタイトルの獲得につながったわけだ。

まとめ

悲願の栄冠を手にしたシュヴァルグラン。次なる戦いの舞台はどこになるのだろうか? 年末の有馬記念でキタサンブラックと再戦か。あるいはより大きな舞台を見据えて来年へ備えるのか。今後も目が離せない。


ワグネリアンの勝因、ルーカスの敗因は?東スポ杯2歳S2017回顧

(C) 2017 Ricky All Rights Reserved.

11月18日、東京競馬場で東京スポーツ杯2歳ステークスが行われ、福永祐一騎手騎乗のワグネリアンが重賞初制覇を飾った。2着にはルーカスが入り、3着はシャルルマーニュだった。

ワグネリアンの勝因、ルーカスの敗因はどこにあったのだろうか?


結果・着順

2017年11月18日(土) 5回東京5日 天候 : 曇  馬場状態 : 良
【11R】 第22回東京スポーツ杯2歳S
2歳・オープン・G3(馬齢) (国際)(指定) 芝 1800m 7頭立

馬名性齢
3ワグネリアン牡21
7ルーカス牡22
5シャルルマーニュ牡23
4カフジバンガード牡26
2ゴールドギア牡24
1コスモイグナーツ牡25
6ケワロス牝27

LAP 12.4-10.9-11.4-11.8-12.0-12.3-12.0-11.8-12.0
通過 34.7-46.5-58.5-70.8  上り 71.9-60.1-48.1-35.8  平均 1F:11.84 / 3F:35.53

払い戻し

単勝  3 \140
複勝  3 \110 / 7 \120
馬連  03-07 \170 (1)
ワイド 03-07 \110 (1)/ 03-05 \210 (2)/ 05-07 \300 (5)
馬単  03-07 \240 (1)
3連複 03-05-07 \380 (1/35)
3連単 03-07-05 \820 (1/210)

レース分析

スタート良く飛び出した①コスモイグナーツが先頭に立つと、⑥ケワロス,⑤シャルルマーニュがこれを追い掛けるが、④カフジバンガード,③ワグネリアン,②ゴールドギア,⑦ルーカスの4頭は無理せずに後ろに控えて追走する展開。

4コーナーを回る残り600mで後方4頭のペースが上がり、前との差を瞬く間に縮め、ほぼ一塊になって直線へ。

残り400mでエンジンが掛かった③ワグネリアンが外から加速して行くと、残り300mまでは何とか踏ん張った①コスモイグナーツの脚が止まり、③ワグネリアンが一気に先頭へと抜け出した。

後続も懸命に③ワグネリアンを追うものの、脚色の違いは素人目に見てもわかるほどに異なり、その差は開く一方となった。

結局ゴール前は福永祐一騎手が抑える仕草も見えるほどの余裕を見せた③ワグネリアンが3馬身差を付けて優勝。

2着争いは3頭での激しい叩きあいとなったが、R.ムーア騎乗の⑦ルーカスが制して2着を確保し、ハナ差3着に戸崎圭太騎乗の⑤シャルルマーニュが粘り込んだ。

少頭数で広い東京コース、紛れのない現在の実力がそのまま反映されるガチンコ勝負だったため、完成度と最後の瞬発力が決め手となった。

走破タイムは1:46:6、スムーズに流れた前半1000mは58.5秒、上がり3Fは35.8秒で、3F最速上がりをマークしたのはワグネリアンの34.6秒だった。

略歴と今後

優勝したワグネリアンは栗東・友道康夫厩舎所属、馬主は金子真人ホールディングスで父:ディープインパクトの2歳牡馬。

馬主の金子真人ホールディングスは過去にディープインパクトやカネヒキリなどのGⅠ馬を所有していたことでも有名で、現在もマカヒキ,シャケトラなどのGⅠ,重賞ウイナーを所有している。

友道康夫厩舎はアンライバルドで皐月賞、マカヒキで日本ダービーを制覇しており、クラシックにも強い厩舎である。

母方の祖母が芝短距離重賞1勝、ダート短距離重賞5勝を上げたスピードとパワーを併せ持った名牝ブロードアピールであることが、この馬の重馬場対応能力や時計の掛かる馬場での勝負強さに繋がっているのだろう。

2着のルーカスは父:スクリーンヒーローで全兄モーリスと同じ美浦・堀宣行厩舎所属、馬主は(有)シルクレーシングである。

堀宣行厩舎は2015年にドゥラメンテで皐月賞,ダービーのクラシック二冠を制覇、現在もサトノクラウンやネオリアリズムの海外GⅠ馬が所属している。


父スクリーンヒーローもクラシック不出走、4歳秋のアルゼンチン共和国杯でブレイク、そのままジャパンカップを制した遅咲きで、全兄モーリスもクラシック不出走で4歳春の安田記念が重賞初制覇であり、完成されるのが遅いいわゆる晩成型が多く、ルーカスもその可能性が高い。

ワグネリアンは東京スポーツ杯を優勝したことで、ほぼダービーまでの出走権を確保できたため、今後は休養して復帰は来年の皐月賞トライアル弥生賞GⅡを予定している。

ルーカスは現時点では次走未定だが、これだけの素質馬のために大事に使っていくことは間違いないだろう。


競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る