競馬で勝つための方法って?サトノクラウンに学ぶ前走不利を受けた馬を狙う重要性

(C)masakin0712

サトノクラウンは皐月賞でドゥラメンテやリアルスティールを抑えて1人気の支持された。しかし、6着と惨敗し、日本ダービーでは3番人気に評価を落とした。

もっとも、ダービーでは3番人気3着としっかりと人気に応え、馬券圏内を確保している。なぜ、皐月賞で惨敗した馬がダービーで好走できたのか。

今回は巻き返しに成功したきっかけとその要因を分析し、競馬で勝つための方法を導き出していこう。

スポンサーリンク

皐月賞凡走という“布石”

皆さんは前走、着外に負けている馬をどう思うだろうか。いろいろな考え方があるだろうが、普通は「弱い馬」と考えてしまうのではないだろうか。だからこそ、人気は落ちる。事実、サトノクラウンは皐月賞の1番人気から3番人気まで評価を落とした。

もちろん、「弱い馬」という判断が間違いとはいえない。大抵の場合、その判断は正しい。

ただし、サトノクラウンの場合は違った。

なぜなら、皐月賞では「凡走するべくして凡走していた」からだ。

4コーナーの不利

皐月賞では4コーナーを周り終えるタイミングでドゥラメンテが大きく外に斜行し、サトノクラウンを初めとして多くの馬が不利を被った。

馬に合図を送って加速を始めるタイミングだっただけに、立て直すことは非常に難しい状況だった。実際、被害を受けた馬はほとんど下位に沈んだ。しかし、サトノクラウンだけは上がり34秒5の末脚を使い、6着まで迫った。

向かなかった展開

さらに展開も向かなかった。

ドゥラメンテが衝撃的な末脚を披露したことで忘れられがちだが、皐月賞は「事実上前残りの競馬」だった。2着以下の4コーナーでの順位を見てみると……

2着 リアルスティール 4角3番手
3着 キタサンブラック 4角2番手
4着 ブライトエンブレム 4角5番手
5着 クラリティスカイ 4角1番手
7着 ミュゼエイリアン 4角5番手

ご覧のとおり、ドゥラメンテとサトノクラウン以外の上位馬は4角5番手以内で競馬をしていた。サトノクラウンは4角9番手。明らかに展開が向いていなかった。その中で、6着に入った。

・4コーナーでの明確な不利
・前残りの展開
(・おまけに出負け)

以上のように明確な不利が重なっていた。つまり、「弱いから6着に負けた」のではなく、「負けて強しの6着」だったのだ。

これだけ多くの不利があった負けたのだから、ダービーで巻き返す可能性は高かったといえる。少なくとも何の不利もなく2着に入ってダービーで2番人気に支持されたリアルスティールより、期待値は高かった。

不利を見つけることで馬券が当たる

サトノクラウンに限らず、「不利によって凡走→次走巻き返し」というパターンは多々見られる。

例えば今年の桜花賞を思い出してほしい。

前走のチューリップ賞で惨敗していたクルミナルは7番人気の低評価だった。しかし、前走は不良馬場という明確な敗因があった。良馬場の桜花賞で2着に巻き返したのは“必然”だったといえる。

さらに同じく高松宮記念で馬場に泣いたストレイトガールは良馬場開催となったヴィクトリアマイルで巻き返している。

その馬が前走や前前走でどんな競馬をしているのか。目に見える不利がなかったか。そういったことを知ることで、その馬に対する評価は大きく変わってくる。前走着順が悪い馬は人気になりにくい。「馬券に勝つ」という意味でも、前走不利を受けた馬を探すことは大切なのだ。

的中に向けた確定的な手法がない競馬というツールの中で、少しでも最良の結果に近づようと思うのであれば、「不利を受けた馬」を探すことが“勝つための最短ルート”なのである。

【関連記事】
サトノクラウンの血統や距離適正は?日本ダービー3着馬を徹底分析
サトノクラウンがダービーで巻き返せた要因とは?上がり最速馬の将来性
ドゥラメンテの血統や菊花賞への適正は?日本ダービーの覇者を徹底分析
ドゥラメンテの凱旋門賞遠征に「NO」!2冠馬のベストローテとは?
リアルスティールがダービー馬の栄光に届かなかった理由とは?敗因を探る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


この著者の最新の記事

関連記事

人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る