(C)Pelusa214

2018年4月15日、中山競馬場で皐月賞(GⅠ/芝2000m)が行われる。ワグネリアン、ステルヴィオ、キタノコマンドール、オウケンムーン、ジャンダルム、エポカドーロ、ジェネラーレウーノ、タイムフライヤーらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

先週の桜花賞に続き、いよいよ3歳牡馬クラシックレースも開幕する。

「最も早い馬が勝つ」皐月賞では、1993年ナリタタイシン、ウイニングチケット(ダービー馬)ビワハヤヒデ(菊花賞馬)3強のレースや、2005年3冠馬になるのが確実と競馬ファンに思わせたディープインパクトなど数々の名勝負が繰り広げられている。

当然のことだが3冠馬となるためには皐月賞を勝たないことには達成することは不可能で、3冠馬になれるような素質馬がいるかどうかを見極めることができるレースでもある。

また、2000mという距離で行われることから、3歳時代だけでなく古馬になってからも中長距離の各路線の先頭で活躍する馬も多く、2400mのGⅠ・ダービーよりも今後の路線選択する幅が広いレースとも言える。

配当傾向を過去10回で見てみると、単勝1番人気が2勝と苦戦しており、三連単では2013年を除き万馬券となっている上に昨年2017年は単勝9番人気→4番人気→12番人気の大番狂わせの組み合わせで1,064,360円と高配当となった。

2018年はどのような決着となるのか。

今回は中山競馬場で行われた2007年以降の皐月賞の結果を元としてデータ分析するが、特に過去の穴馬の共通項から激走馬を探っていく(2011年は東京競馬場で行われたため対象外)。


過去10回の該当馬(2007年以降・単勝6番人気以下で3着以内)

着順馬名
20171アルアイン
20173ダンビュライト
20161ディーマジェスティ
20143ウインフルブルーム
20102ヒルノダムール
20103エイシンフラッシュ
20092トライアンフマーチ
20081キャプテントゥーレ
20082タケミカヅチ
20071ヴィクトリー
20072サンツェッペリン

注目点① 人気薄を狙うなら単勝6番人気から10番人気を中心に

該当馬のリストを見てもわかるように、過去10回で馬券圏内に入った延べ30頭のうち単勝6番人気以下が11頭と4割近くとなっていて高配当を裏付ける結果となっている。

ただし、過去10回のうち昨年のように2頭が該当することも4回ある一方で、該当馬がいないことも3回あり、人気薄を狙うかどうかはじっくりと検討を加えていかなければならない。

それでも今回の該当馬を人気別に見ると、高配当になる場合の人気にはそれほど気にする必要がないことがわかるが、単勝11番人気以下の極端な人気薄を狙うのが得策ではないことがわかる。

人気別集計 皐月賞 過去10回

人気着別度数勝率複勝率
1番人気2- 1- 2- 5/ 1020.0%50.0%
2番人気1- 3- 1- 5/ 1010.0%50.0%
3番人気2- 1- 2- 5/ 1020.0%50.0%
4番人気1- 1- 2- 6/ 1010.0%40.0%
5番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
6番人気0- 2- 0- 8/ 100.0%20.0%
7番人気2- 0- 0- 8/ 1020.0%20.0%
8番人気1- 1- 1- 7/ 1010.0%30.0%
9番人気1- 0- 0- 9/ 1010.0%10.0%
10番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
11番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%10.0%
12番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%10.0%
13番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
14番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
15番人気0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%
16番人気0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%
17番人気0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%
18番人気0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%

集計期間:2007年 ~ 2017年

馬名人気単勝オッズ
2017アルアイン922.4
2017ダンビュライト1256.1
2016ディーマジェスティ830.9
2014ウインフルブルーム824.9
2010ヒルノダムール610.7
2010エイシンフラッシュ1140
2009トライアンフマーチ851.3
2008キャプテントゥーレ717.1
2008タケミカヅチ616.7
2007ヴィクトリー717.3
2007サンツェッペリン15100.6

注目点② 父・ロイヤルチャージャー系に注目

過去10年単勝6番人気以下で3着以内に入った11頭中8頭がロイヤルチャージャー系種牡馬となっている。

ディープインパクトやステイゴールド、オルフェーヴルに代表されるように現在の日本種牡馬界の王道とも言えるロイヤルチャージャー系の成績は、クラシックで活躍するような距離での活躍が特に目立ち、皐月賞はまさに十八番と言える。

種牡馬系統別集計 皐月賞 過去10回

種牡馬系統着別度数勝率複勝率
ロイヤルチャージャー系8- 7- 6- 90/1117.2%18.9%
ニアークティック系1- 2- 0- 21/ 244.2%12.5%
ネイティヴダンサー系1- 1- 3- 26/ 313.2%16.1%
ナスルーラ系0- 0- 1- 10/ 110.0%9.1%

集計期間:2007年 ~ 2017年
ソート:着別度数順

馬名父系統種牡馬
アルアインロイヤルチャージャー系ディープインパクト
ダンビュライトネイティヴダンサー系ルーラーシップ
ディーマジェスティロイヤルチャージャー系ディープインパクト
ウインフルブルームロイヤルチャージャー系スペシャルウィーク
ヒルノダムールロイヤルチャージャー系マンハッタンカフェ
エイシンフラッシュネイティヴダンサー系King's Best
トライアンフマーチロイヤルチャージャー系スペシャルウィーク
キャプテントゥーレロイヤルチャージャー系アグネスタキオン
タケミカヅチロイヤルチャージャー系ゴールドアリュール
ヴィクトリーロイヤルチャージャー系ブライアンズタイム
サンツェッペリンニアークティック系テンビー

注目点③ 社台ファーム・ノーザンファーム生産馬に注目

馬産地について注目をすると、今回の該当馬13頭中7頭が日本競馬界を席巻している社台グループの中心である社台ファームかノーザンファームの生産馬となっていて中小の個人牧場の生産馬が馬券圏内に食い込んでくるのはなかなか難しい。

生産者別集計 皐月賞 過去10回

生産者着別度数勝率複勝率
ノーザンファーム4- 6- 4-39/537.5%26.4%
社台ファーム3- 1- 1-20/2512.0%20.0%
社台コーポレーション白老ファーム1- 0- 0- 8/ 911.1%11.1%
服部牧場1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%
出口牧場1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%
道見牧場0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%
追分ファーム0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%
橋本牧場0- 1- 0- 0/ 10.0%100.0%
ビッグレッドファーム0- 0- 2- 1/ 30.0%66.7%
パカパカファーム0- 0- 1- 2/ 30.0%33.3%
ヤナガワ牧場0- 0- 1- 1/ 20.0%50.0%
筒井征文0- 0- 1- 0/ 10.0%100.0%

集計期間:2007年 ~ 2017年
ソート:着別度数順 ※3着以内に入った生産者のみ

馬名生産牧場
アルアインノーザンファーム
ダンビュライトノーザンファーム
ディーマジェスティ服部牧場
ウインフルブルームビッグレッドファーム
ヒルノダムール橋本牧場
エイシンフラッシュ社台ファーム
トライアンフマーチノーザンファーム
キャプテントゥーレ社台ファーム
タケミカヅチ社台ファーム
ヴィクトリーノーザンファーム
サンツェッペリン道見牧場

注目点④ 関西馬に期待!

調教師の所属別で集計すると該当馬11頭中8頭が関西馬という結果となった。

西高東低と言う長らく競馬界で常識となっている東西の能力差が、関東で行われるGⅠという関東馬にとっての地の利を凌駕するほどにあり、関東馬は実力・人気共に兼ね備えた馬しか結果を残せていない。

調教師所属別集計 皐月賞 過去10回

調教師分類着別度数勝率連対率複勝率
美浦4- 2- 2- 56/ 646.3%9.4%12.5%
栗東6- 8- 8- 91/1135.3%12.4%19.5%

集計期間:2007年 ~ 2017年

馬名所属厩舎
アルアイン関西池江泰寿
ダンビュライト関西音無秀孝
ディーマジェスティ関東二ノ宮敬宇
ウインフルブルーム関西宮本博
ヒルノダムール関西昆貢
エイシンフラッシュ関西藤原英昭
トライアンフマーチ関西角居勝彦
キャプテントゥーレ関西森秀行
タケミカヅチ関東大江原哲
ヴィクトリー関西音無秀孝
サンツェッペリン関東斎藤誠

注目点⑤ 前走は3着以内

今回の該当馬11頭中9頭までが前走でも3着以内と好走している。

クラシックへ向けては勝ち抜き戦の様相が強いこともあり、皐月賞では他馬との比較で人気を落としていても前走で好走していた馬が、前評判を覆した場合に馬券圏内に入ってくることを示している。

前走着順別集計 皐月賞 過去10回

前確定着順着別度数勝率複勝率
前走1着8- 4- 5- 48/ 6512.3%26.2%
前走2着1- 3- 2- 27/ 333.0%18.2%
前走3着0- 1- 2- 20/ 230.0%13.0%
前走4着1- 1- 0- 9/ 119.1%18.2%
前走5着0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%
前走6~9着0- 1- 1- 23/ 250.0%8.0%
前走10着~0- 0- 0- 15/ 150.0%0.0%

集計期間:2007年 ~ 2017年

馬名前走着順
アルアイン1
ダンビュライト3
ディーマジェスティ1
ウインフルブルーム2
ヒルノダムール2
エイシンフラッシュ1
トライアンフマーチ2
キャプテントゥーレ4
タケミカヅチ3
ヴィクトリー1
サンツェッペリン8

まとめ

ここまでの5つの注目点から、人気薄で激走する可能性のある馬を選定すると次の2頭が該当する。

キタノコマンドール
グレイル

なお、本原稿は最終登録の段階で執筆しているため、仮に今回の該当馬が上位人気に支持されたり、出走回避した場合などは、人気薄が上位に食い込む可能性は低いと見て、素直に上位5番人気までの堅い決着を予想する方法もありそうだ。

後は予想時点での単勝人気やオッズも確認の上、検討を加えていくのも、面白いのではないだろうか。

おすすめの記事